5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昭和40年代末の東宝特撮映画

1 :名無しより愛をこめて:2001/08/05(日) 22:59
「狼の紋章」「日本沈没」「エスパイ」など昭和48〜49年に制作されたこれらの作品、何か関連書籍では冷遇されてるような気がするんだけど…。

例えば朝日ソノラマの「東宝特撮怪獣映画大鑑」では「SF&ファンタジー」の章に、怪獣も宇宙人も変身人間も超兵器も出てこない「世界大戦争」が載ってるのに「日本沈没」は出てないし、れっきとした怪人(ウルフガイ)が登場する「狼」が変身人間の章で扱ってないし…。

そうかと思うと、これらより後の作品である「惑星大戦争」(昭和52年制作)は良く扱われてる、この理由は一体何なんでしょう…?

2 ::2001/08/06(月) 19:26
誰かレスして〜

3 :名無しより愛をこめて:2001/08/06(月) 19:27
レスしてあ・げ・る

===============終了===============

4 :名無しより愛をこめて:2001/08/06(月) 19:43
>>1
東宝特撮怪獣映画大鑑はまだ見てもいないんだけど、
世界大戦争だと、ミニチュアワークやカメラワークなど、
特撮部分にいろいろ語るべき要素があるし、
惑星大戦争は「スターウォーズのフォロワー」としても
特撮映画史の部分で語られて当然みたいなものがあるし。
対して、
「狼の紋章」→下手すると松田優作ミーハーでも知らない奴がいる。
「日本沈没」→地割れ・噴火・津波/洪水/水没など、
       特撮シーンは特に作品の目玉でない。
「エスパイ」→当時の東宝としては、当時売出し中だった草刈正雄出演と
       由美かおるの乳くらいしか特に売りの無いSFアクション。
       これまた特撮部分に、特撮映画としての目玉要素が無い。
そーゆーことなんでわないかと。

5 :名無しより愛をこめて:2001/08/06(月) 23:43
ずっと新しいけど「首都消失」「ガンヘッド」「さよならジュピター」なんかも、扱いは似てると思う。

6 :名無しより愛をこめて:2001/08/07(火) 00:09
>>5
それはただ面白くなかったからと思われ

7 :名無しより愛をこめて:2001/08/07(火) 00:29
>>4日本沈没は充分目玉では?この板にも前にスレが有ったはずだし。

8 ::2001/08/07(火) 00:31
劇場作品「日本沈没」の作品中の特撮部分が担うウェイトの話。
特板で扱うとかそういう話じゃないよ。

9 :名無しより愛をこめて:2001/08/07(火) 02:18
>>7
君、文章読解力不足。

10 :名無しより愛をこめて:2001/08/08(水) 00:22
結局「特撮SF映画」と「一般映画」の境界線ってどこなんだろう…。

11 :7よく分かりません:2001/08/08(水) 00:32
う〜ん。それでは日本沈没の目玉はどこですか?
例えば2001年宇宙の旅だって娯楽作品としての目玉は
やっぱり特撮でしたし、SFとしての絵も特撮が主だった。
日本沈没も同じと思いますが。
戦争・怪獣映画だけが特撮映画というのは違うのでは。

12 :名無しより愛をこめて:2001/08/09(木) 18:52
円谷英二が絡んでる作品は「世界大戦争」のような人間ドラマだけでも「特撮映画」と呼ばれ、そうでないのは「一般映画」なんじゃないでしょうか?

13 :名無しより愛をこめて:2001/08/09(木) 18:57
>>11
地面グラグラ・火山ドーン・津波ザー・地割れパカーなら
特撮映画にくくるってのもねえ。

14 :名無しより愛をこめて:2001/08/09(木) 19:11
7氏は別におかしくはないんじゃないの。「日本沈没」は立派に
特撮が目玉になってる、ちゃんとした「特撮映画」でしょ。一般映画の
中の特撮てのは、特撮があくまで本編の「特殊効果」として使われて
いるものがそうであって、特撮がなくては成立しない映画は、これは
特撮映画と呼んでいいのではないかな。
結局、この時期の東宝特撮の評価がイマイチ低いのは、円谷英二信仰
みたいなのが強いからでしょう。「日本沈没」「ノストラ」
「東京湾炎上」の3部作における中野昭慶の仕事は、円谷時代では
なしえなかった破滅・破壊のビジュアルを強烈に描いていると思うし。
庵野、樋口らこれに影響された人も多い。おれも、もっと再評価されて
しかるべきだと思うよ。

15 :名無しより愛をこめて:2001/08/09(木) 22:33
ダイゴロウ対ゴリアスはいい話だよなぁ。。。

16 :名無しより愛をこめて:2001/08/09(木) 22:43
>>14
ありていに言ってパニック映画じゃん。
つーか、技術に関わったもの以外、関係者の誰一人、
良くも悪くも「特撮映画」とは思ってないでしょ。

17 :名無しより愛をこめて:2001/08/09(木) 22:55
>>14
そんなに大層なもんかなあ。
スケール感も何も関係なく
ボカボカガソリン焚いてるだけ
みたいだけど。

18 :名無しより愛をこめて:2001/08/11(土) 09:21
すげーぜ、しょーちゃん!!

19 :gt;gt;18:2001/08/11(土) 09:32
◎昭◎
 ↑
これと「すげーぜ、しょーちゃん!」で
全て語れちゃうもんなあ。

20 :19:2001/08/11(土) 09:33
いけね。◎中◎だっけ?

21 :名無しより愛をこめて:2001/08/11(土) 11:03
>>16
特技監督の率いる特撮班が特撮シーンを撮影してる映画が、
なんで「特撮映画」じゃないんだ?

22 :名無しより愛をこめて:2001/08/14(火) 09:02
あげ

23 :名無しより愛をこめて:2001/08/15(水) 08:49
age

24 :名無しより愛をこめて:2001/08/16(木) 00:30
この時期の作品って、封印されてる「ノストラ」も含めて、原作本の方が有名だからじゃない?

25 :7:2001/08/16(木) 01:22
>>17崩れる家屋の感じ等は良かったと思います。
一応この映画は特撮関係の賞を受賞しましたが。
>>13しかし、やはり見所はそこでしょう。
線引きはよく判りませんが、例えば日本誕生は特撮映画でしょうか?

26 :名無しより愛をこめて:2001/08/16(木) 01:26
>>25
日本誕生は特撮映画でしょうけど、「オールスター映画」のくくりにも入ります。

27 :名無しより愛をこめて:2001/08/16(木) 10:28
ちょっとズレるけど「緯度0」って30年代の怪獣路線以外の特撮作品(地球防衛軍〜海底軍艦)と、これらの作品群との間で、ポツンと孤立した作品ですね。

28 :名無しより愛をこめて:2001/08/16(木) 11:20
>>27
緯度0は、思い切って怪獣ものを終わらせたんで、東宝が次のトレンドを模索してた
次期の映画だったんですね。円谷の「怪奇大作戦」も同時期。
しかし、子供の人気は「巨人の星」や「タイガーマスク」「鬼太郎」に行ってしまったと。
「緯度0」の同時上映が「巨人の星」だもんね。

29 :名無しより愛をこめて:2001/08/22(水) 18:51
そー言えば「緯度0」(44年7月26日公開)って「総進撃」(43年8月1日公開)からちょうど1年後の作品。これがコケたため、その年の12月の「大進撃」で、急造でゴジラシリーズを復活させたんでしたよね。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)