5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不毛の荒野 特撮板

1 :月よりの使者正義の味方 ボードブレイカー:2001/07/07(土) 00:29
はっはっは!こんな無法地帯は世の為人の為あってはならんのだ!

2 :月よりの使者正義の味方 ボードブレイカー:2001/07/07(土) 00:32
はっはっは!こんな酷い所も滅多にない!潰れろ潰れろ!

3 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 00:34
さようならボールド無礼カー・・・
君のことは一生忘れるよ・・・

4 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 00:34
やっぱりお前の仕業か?

5 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 00:38
 手術台に仰向けに横たえられ、手足を鋼鉄の枷で戒められるのは、
あどけなさの微かに残る娘。長い黒髪の、優しげな顔の美女だ。
「何を……するの……?」
 怯えた声で問い掛ける彼女に、手術台を取り囲む白衣・白覆面の
男達は誰一人答えようとはしない。
「これより、改造手術に取り掛かる」
 代わりに男の一人が、覆面に篭った不気味な声で宣言した。
「改造……い、嫌です私っ! お願い、やめてぇっ!」
 男たちは、女の哀願など聞こえぬ風に、それぞれの手に禍々しい
形状の器具を構える。
 うち一人が、彼女の体を覆っていた白い布を無造作に剥ぎ取る。
露になる、白く美しい裸身。上を向いた豊かな乳房が、ふるると
揺れる。
「あ……いやぁぁぁぁぁぁっ、見ないでっ……!」
 羞恥に頬を染めて絶叫する彼女に、追い討ちを掛けるよう数人の
覆面が、手にしたチューブ付きの巨大な注射器を四肢に突き刺す。
「くぅぅ……ぅああっ」
 苦痛に美貌を歪める女は、チューブを通して極彩色の得体の知れ
ない液体が自分の体内に流れ込んで行く光景を目にして凍り付く。
「なに……それは、なに? ねえ、お願いです、教えて下さいっ」
 意外にも、今回は彼女の問いには回答が与えられた。
「筋肉増強材、皮膚硬化剤、細胞変質材、獣性誘引剤……まだまだ
有る。聞きたいか?」
「そんな……」
 その間も流し込まれ続ける液体。そして次第に体の芯から湧いて
来る焼けるような熱さ。半ば放心したような彼女に、覆面は思い出
したように付け加えた。
「獣性誘引剤には、副作用として強烈な催淫効果が有る。諦めて、
お前も楽しむことだ」
 男性経験の無い彼女には、その言葉の意味はよく理解出来ず、不
安と恐怖だけがどんどん膨れ上がって行くばかりである。
「――注入完了。これより、物理改造に取り掛かる」
 そして覆面の宣言と共に、部屋は魔物の唸りの如き機械音で満ち
溢れた。

6 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 00:38
「やめて…… お願いです、何でもあなた達の言う通りにするから、
どうか…… 許して、下さい……」
 ぼろぼろと涙を流し力無い声で訴える彼女を黙殺して、覆面達は
唸りを上げる凶器を照明の白光の下にかざす。ドリル、回転ノコギ
リ、レーザーナイフにマジックハンド……彼女の白い柔肌に、血に
飢えた凶器達が一斉に殺到した。
「ひッ……やめてお願いっ!? い……ぃやぁぁぁぁぁぁぁッ!」
 全身の肌に喰い込む冷たい刃の感触に、彼女は絶叫する。だが、
不思議なことに血は流れなかった。まるで無機物のように刃を受け
入れる自分の体に恐怖すると同時に、全身を襲う異様な感覚に彼女
は戦慄する。
 耐えがたい激痛はほんの最初だけ…… すぐに麻痺した痛覚は、
熱く甘い、傷口から体内に流れ込んだドロドロの蜜が意思を持って
蠢き這いずり廻るような、妖しく淫らな快感に取って代わったのだ。
「ぁ……なに……? わたし…… こんな……」
 肉体の内部を弄り廻され、異形の改造人間へと造り変えられつつ、
全身の肌を紅潮させてハァハァと荒い息を吐く。
「いや…… ぅあ……やめて…… 変になっちゃ……うぁあ……」
 恍惚とどこか遠くを見詰める瞳、身を切り刻まれる度にのけぞる
なめらかな喉。
「そうだ、お前はお前では無くなるのだ…… 最強の改造人間へと
我らの手で生まれ変わるのだ……」
 覆面の声も心なしか熱を帯びて、まるで改造という行為を通じて
彼女を犯しているかのような気迫で器具を振るう。
「いやぁ……改造、なんて……ぅあん……しない、でぇ……」
 改造が進むにつれ、彼女の喘ぎも激しく、切羽詰まったものへと
転じて行く。
 やがて覆面の一人が、厳かに宣言した。
「これで、仕上げだ……!」
 彼の手に高々と掲げられたのは、中心にスクリューの埋め込まれ
た楕円形の物体――その小さな風車の内に莫大なエネルギーを秘め
る神秘のシステム『ハリケーン』だ。
「……な……に……?」
 息も絶え絶えの彼女は、霞む視界に自分の太腿へ押し込まれて行
く得体の知れない物体を捉えた次の瞬間、そこから全身に向け迸っ
た凄まじい、今までのそれとは比べ物にならない快感に飲み込まれ
た。
「ひぃ……ぃやぁぁあぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ……あ……ぁ……」
 目を見開いて激しく絶叫する彼女。汗にまみれた裸身を痙攣させ
て絶頂を迎えると、そのままぐったりと動かなくなる。

 同時に、「ぴしり」と乾いた音を立てて、彼女を戒めていた手枷
と足枷が粉々に砕け散っていた。

7 :勇敢なるヤプールの民:2001/07/07(土) 00:39
ボードブレイカーに質問。

一連のPLA★VAM関連の事はどう思いますか?
答えてちょ

8 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 00:40
            o
            /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
           /   このスレは無事に  /
           /  終了いたしました    /
          / ありがとうございました  /
          /                /
         /                /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ∧_∧  /                /∧_∧
 ( ^∀^) /                /(^∀^ )
 (    )つ               ⊂(    )
 | | |                   | | |
 (__)_)                  (_(__)

9 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 00:41
>>7
頼むから一つのスレに統合してくれ。

10 :月よりの使者正義の味方 ボードブレイカー:2001/07/07(土) 00:44
はっはっは!お前らがギャアギャア騒ぐから悪いのだ!

11 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 01:17
最近、初心者はボウブレから入門しています

12 :月よりの使者正義の味方 ボードブレイカー:2001/07/07(土) 01:24
はっはっは!何に入門するのだ!

13 :名無しより愛をこめて:2001/07/07(土) 01:29
>>1
同一主旨のスレッドの乱立はご遠慮ください。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)