5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★何をしてるの?小林弘利 ★★★

1 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/05(木) 22:06
10年前ぐらいにコバルト文庫等で、ほのぼの系のファンタジー小説を
書いてた小林弘利について知ってる人いますか??
個人的に好きだったんでど「東京キングダム」らへんから路線変更し
たのか、残虐系?みたくなってしまって…

どうしてか知ってる人いるでしょうか・・・。

代表作は「童話を胸に抱きしめて」とか
今は脚本家としてSPEEDの多香子さん&DA PAMPのイッサさん主演の
『ドリーム・メーカー』があるらしいのですが…。

2 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/05(木) 22:17
代表作は『星空のむこうの国』だと思うぞ。

3 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/05(木) 22:57
知名度的には、不思議の海のナディアのノベライスだろ。

4 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/06(金) 00:04
『星空のむこうの国』読んだよ。
好きな作家のひとりだったけど、いまいち花が咲かなかったね・・・

5 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/06(金) 00:34
映画が見たかったんだよなあ、星空の向こうの国。
ドリームメーカーみたよ。世間的な評判は悪いけど、結構好き。
でも描きどころを間違ってる。映画で切った部分の2、3歩先
まで見たかったんだってば!!
小林弘利だったのか〜。そういえば雰囲気合っていたかも。

6 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/06(金) 23:56
やっぱり誰も知らないのかな・・・

7 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/07(土) 00:10
悪名高い「ナディア」と、「ヘイ!スピルバーグ」しか読んだ事がないけど、
結構好きな作家。

登場人物の心理描写をひたすら丁寧に書いてるところが好み。

8 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/07(土) 03:53
>>7
なんで悪名高いの???
さすがに書いてると知ったときはビビッたが・・・。

9 :7:2001/07/08(日) 00:57
・「本編のクライマックスで、まるで打ち切りマンガのような強烈なはしょりを敢行」
・「外伝的作品で、「ライバルキャラの弟」という重要キャラがなんの説明すらもなくいきなり登場
(はじめて見たときは落丁かと思った。実は今でもそれを疑っているのだが確認ができん)」
・「それとは別の外伝的作品で、マリーが恋したオリジナルキャラが、エンディングで唐突に
○○だったことがわかるという驚愕のオチがつく」
(ネタばれ防止のため、伏字部分はメール欄に)

……悪名高い理由としては、こんなところだろうか。

10 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/08(日) 23:06
ソノラマのシリーズは続き出てるのかな?
2冊目以降。

11 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 00:59
そーいや「人が死なない小説」がモットー(?)で小説書いてたんじゃ
なかったっけ?
確かに「東京キングダム」は人がサクサク死んでたな・・・

12 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/10(火) 00:15
>>9
じつはやる気が無かったのか?

13 :7氏:2001/07/13(金) 19:02
「真夜中不思議族」は前半のように後半もしっかり&じっくり書きこんであれば、
青春ファンタジーの傑作になったであろうに、勿体ない。

ほか数冊読んだのだけれど、至らなさ(未熟さ)の割に説教臭かったり、ギャグは
はずまない(松戸っていうギャグメーカーがいるのだけれど全っ然笑えない)しで
途中で読むのをやめてしまいました。(いまから4年ほど前にソノラマ文庫から出た
作品を立ち読みすると今度はトンデモオカルトの世界に足を踏み入れてしまった様子
で…。「キネマ旬報」に寄稿していた映画評も電波が入っていてイタかったなぁ)

ところで「ドリームメーカー」ってまだ未見なんだけど、どこがどう酷いんでしょう?
よかったら教えて下さい。

14 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/13(金) 20:01
「ドリームメーカー」にも「松戸」は出てくるのだろうか。
コバルトではどの作品にも出てくるよね、松戸君。

15 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 03:05
筆力はあるんだけど、構成力とかの「それ以外に作家として必要なもの」を欠いてる気がするんだよなあ。

……「悪化した雑破業」ってなイメージがあるのは私だけだろうか……
(嫌いじゃない作家だけになあ……むう)

16 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 03:08
この人は、初期の頃の方が面白かった。
SFを「すこし不思議な」作品として書いてましたよね。

17 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 03:11
弾丸少年は忘れられた存在なのかね?

いや、忘れられてても仕方がないとはいえるかもしれんが。(w)

18 :7氏:2001/07/14(土) 12:41
ソノラマは過去の例から見ても、作者に2冊書かせてみて、読者からの反応がない(つまり、売れない)と
原稿依頼を打ち切るみたいなので、もう無理でしょうね(あの内容では仕方がないが)。

「悪化した雑破業」とは言い得て妙ですね。

19 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 19:56
9>妹じゃない?ユウリちゃんとかいう子。おいらも落丁かと思った(今も・・・)。
  「信じられないわ!兄がこんなことするなんて!」と唐突に出てきたあんたの
   存在が信じられないよ・・・。

20 :T・S:2001/07/14(土) 21:28
 ナディアの小説は悪い意味で書きこみ過ぎだった。不必要な心理描写でページ食い
過ぎ。

21 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/21(土) 01:21
>雑破と小林

どっちも「独特の文体にファンがついてる」っていう点では共通してるよね。
ただ、雑破は独創性はかなり欠けてるけど(「内気な少年と元気少女がたまたま出会ってラブコメ」ってな話ばっかり)
話を破綻させない構成力、という面で見るとそれなりの技量はある。
小林はその逆。独創性はあるけど構成力に大きな難。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)