5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ライトノベル以外で何読んでる?

1 :名無しさん@1周年:2000/12/14(木) 02:13
ライトノベル読みは他ジャンルの本も読んでいますか?
今読んでる本でも今まで読んできた本でもいいので
ライトノベル以外で読んでる本を教えてください。

2 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 02:25
東野圭吾なんか好きだけど。
「同級生」、「放課後」なんかはミステリだけど、
学園ものだからライトノベル読みにもおすすめかな。

3 :そうだ本でもよもう:2000/12/14(木) 02:31
スティーブンハンター
『極大射程のシリーズ』は面白かった

4 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 02:40
今日はチャンピオンの発売日だな

5 :名無しさん@そうだ名無しになろう:2000/12/14(木) 03:40
池波正太郎とか藤沢周平とかの時代小説家

6 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2000/12/14(木) 04:01
漫画、他ジャンルの小説、純文学、スポーツ関連、
とジャンルには拘らないで、その時おもしろいと思ったのを読んでる感じかな。
サッカーに興味があるなら、湯浅健二さんの著作を推薦。ド素人でも楽しめて
分かりやすい内容で、エセ評論家より一気に玄人になれる(マジで)。
『サッカー劇場にようこそ』はサッカー入門書として日本最高の一品。

最近て事になると、ちょっと古いけどC・P・スノーの『2つの文化と科学革
命』て本に考えさせられますた。

7 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 04:08
ビートたけしの毒舌本&小説。
短編集の「少年」は良かった。

8 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 04:10
>>5
俺も時代小説。というか最近じゃ時代小説がメインでライトノベルは
たまに、だね。
司馬遼太郎と池波正太郎が多いかな。
ライトノベルで地雷を踏むと途中で放り投げちゃうけど、時代小説は
ハズレがないからいい。

9 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/14(木) 04:12
今読んでるのは「風の博物誌」ライアル・ワトソン。
みんな、いろんな本を読もう。

10 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 04:24
一番読んでるのはマンガ。マンガやライトノベルって低く見られがちだけど
基本的にはどのジャンルでもゴミの山から宝石だから特に気にしてねーです。
俺も司馬遼太郎は好き。

11 :名無しさん@1周年:2000/12/14(木) 04:35
歴史。歴史小説ではなく歴史。
今、ギボンの『ローマ帝国衰亡史』を読んでます。
活字で埋まった500ページ超の分厚い本が10巻。
死にそうになるけどおもしろい。

12 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 05:44
何でも読むけど、主にミステリー系。
浦賀和宏  後味の悪さが良い。
殊能将之  「ハサミ男」は大当たり。
松尾由美  ライトノベルファンにも「ブラック・エンジェル」はお薦め。
阿佐田哲也 とりあえず、麻雀放浪記は必読。
大石圭   「処刑列車」ネオ麦か…(´Д`;)
麻耶雄嵩  本格好きなら。
西澤保彦  「七回死んだ男」素晴らしい。
井上夢人  「ダレカガナカニイル…」ぽあ。
東野圭吾  「名探偵の掟」「変身」前者は本格好きなら爆笑。後者は恋愛小説、ただし…。
      なお、「秘密」「白夜行」はいまいちだった。
恩田陸   「光の帝国」ライトノベルファンも楽しめるのでは。

まだまだあるけど、キリが無いのでここまで。

13 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 06:05
トータルで見たら俺も漫画かな。今はライジングインパクトのコミック
がお気に入り。オマケ満載&ほんわかしてて良いです(笑)
昔のこち亀も好きだった。

とりあえず食わず嫌いはしたくないので、何でも読むかな。
今年は立花隆の、脳を鍛える、がヒット。

14 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 10:00
今は「レ・ミゼラブル」と「ドン・キホーテ」を同時に読んでる。
その前は「十五少年漂流記」を読んでた。
児童文学って年取ってから読むと結構面白い。
日本人では岡田淳さんがとてもいいお話を書いてる。
機会があればぜひ一読あれ。

15 :山犬。:2000/12/14(木) 10:31
冒険小説,ハードボイルド小説,恋愛小説が多いいかな,
あと青春小説とミステリーを少し。

(冒険小説)
  佐々木譲・真保裕一・船戸与一・大藪春彦
(ハードボイルド小説)
  大沢在昌・原遼・藤原伊織
(恋愛小説・青春小説)
  村山由佳
(ミステリー)
  東野圭吾・宮部みゆき

江戸川乱歩賞受賞作,小説すばる新人賞,は結構チェックして読んでる,
受賞傾向と個人的嗜好が合致しているらしい。
最近ではサントリーミステリー大賞が気になっていて,過去受賞作を探索中。

ホラー小説だけは苦手で読めない,恐いの駄目なんだ。


16 :山犬。:2000/12/14(木) 10:32
最近は別の友人の勧めでSFにも少しだけ手を出し始めたかな?
友人から紹介なので外国人作家ばかりになる
「銀河の荒鷲・シーフォート」「渚にて…」「ヨブ」など
個人的に探し出した外国作家では,ドン=ウィンズロウ。
ソフトボイルド系の「ストリート=キッズ」シリーズはお気に入り。

……と,一般っぽい所ばかり並べていると殴られるな。
漫画も読むよ,好き。
漫画遍歴は長くなるから,現行で楽しみにしている作品は下記。

(少年漫画)
  黄金伝説ジパング・からくりサーカス・クロノアイズ
(青年漫画)
  RED・Dr.ハーレー・砲神エグザクソン・ベルセルグ・鋼
(少女漫画)
  KIRAI・ダーリンは生モノにつき


17 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/14(木) 10:41
なんかライトノベル以外での面白い作品紹介になってますな、俺的推薦は隆慶一朗の
諸作と「モンテ・クリスト伯」。面白いよ〜。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/14(木) 11:08
『神曲』や『ファウスト』などファンタジーの源流ともいうべき古典。
マンガなどに使われた元ネタが結構見つかって楽しいよ。

19 :名無し@クロノスジョウンター:2000/12/14(木) 11:59
SFの「夏への扉」を昨日よんでたら、主人公が冷凍睡眠から覚醒する日だった。
古典SFが考えた未来と現実とのギャップが結構新鮮。
文化女中器は、いまだ実用化ならず・・・・。

古本屋で昔のSFものを買いあっておりますです。

20 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 12:41
ノンフィクションでいいなら、色々。
単行本に落ちてたのでようやく読んだ。
「人間を幸福にしない日本というシステム」
あと、ついでに
「英語オンチが国を滅ぼす」
どっちももっともだと思う自分は異端者のようだ。

21 :山犬。:2000/12/14(木) 13:26
文化女中器……
そうか,今はそれが実用化されている時代だったのか(笑
帰宅したら,確認してみよう。

22 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 14:43
そうか今は「夏への扉」の時代か
・・・ヌーディストビーチは流行ってないなあ

23 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 21:39
 ブックオフで100円で売っている本。
 サンリオSFを100円で買ったこと
がいちばんの思い出だなあ。
 あと、新聞の書評欄で紹介された本を
読もうと読もうと思いつつも、図書館で
は予約入れないとかりれないし、全部買
うほど裕福ではないので、とにかく、安
く読める本を読んでまふ。貧。


24 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 08:02
塩野七生のローマ人の物語は毎年読んでいる。
でも、ハンニバル戦記以降は本当に面白い!と思えたことはない。

あとは架空戦記を時々かな。
つーても先細りが酷く、最近は出るかどうかもわからない佐藤御大しか読めなくなっているが。
食えないジャンルになったからね。

25 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 09:49
隆慶一郎 「吉原御免状」「捨て童子松平忠輝」
藤沢周平 「蝉しぐれ」「風雪の檻  -獄医立花登手控え-」
塩野七生 「海の都の物語」「コンスタンティノープルの陥落」
この辺は世界に入りやすいかと思います。
残念ながら隆氏と藤沢氏はもう新しい作品は読めないですけど。

井沢元彦「逆説の日本史」も歴史の見方の一つとして面白い作品です。
ただこっちも併読しとくとなおいいかも。
//member.nifty.ne.jp/suzumei/izawa/

26 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/16(土) 17:56
なんでも読むにゃー。小説はデバイスで、他の物語を取り込むための素地だからにゃー。
今読んでるのは天使の囀りだけど、本棚にある『野生猿の百科』『殺人病ファイル』『イラスト感染症内科』『解剖学 第6版』『コア人体の分子学』『樹木ガイドブック』『ときめきメモリアル攻略ブック(笑)』『性格』『脳内麻薬と頭の健康』などが副読本として面白く読めますネ。
あと『上と外』『永遠の仔』『ガダラの豚-I-』も似たような話として面白いかなーと。
これを読んだらキノの旅を読む予定。

でも熱烈に崇めてるのは堀井憲一郎なのだにゃー。

27 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/16(土) 18:45
読んでる本を羅列するだけじゃあ面白くないから簡単な感想とか
この本のこんなところがライトノベル読者にはおすすめできる
とか書いてくれたほうが有益になりそう

俺は今読んでるのが「プログラミング言語C 第2版」なので
感想もお勧めもできないのがあれなんだが(w

28 :26:2000/12/17(日) 05:01
>>27 そうか…
『野生猿の百科』データハウスお得意の豊富な図版と一定のフォーマットに
よる野生種の猿のビジュアルで極めて即戦力的な図鑑だ。内容の割りに薄く
て小さくて安いのも◎。同じ形態の野生イヌと野生ネコもお勧め。
『殺人病ファイル』エキセントリックなタイトルと装丁だが日経BPが出し
てるだけはあって、それなりにしっかりした内容。門外漢が便覧がわりに読
むのに向いている。
『脳内麻薬と頭の健康』今ではすっかりメジャーになったA10神経のことを
解説した本。一般向けで読みやすくてすげー好き。大木幸介の本は大概なん
でも面白いけど、これは『間脳論』並みにエキサイティングだった。

29 :26:2000/12/17(日) 05:06
で、
『上と外』あまり言うとネタバレになるがアマゾンで政争に巻き
込まれた兄妹のサバイバル小説。読んでるうちにほのぼのすると
いうか、おばあちゃんの知恵袋的ストーリーに萌え(w
『永遠の仔』この作者はいつも同じことを題材にするので新味に
欠ける面は否定できないが──真摯だ。あまりにも悲惨なストー
リーで辛い話だが、最後のオチにすごく救われた気になれた。
『ガダラの豚』日本の冒険小説の最高傑作だと思う。終わり方の
チープさもまたヨシ。簡単に内容を説明すると文庫本における1
が「新興宗教危機一髪」、2が「アフリカ危機一髪」、3が「T
V局危機一髪」で、まさに急転直下ノンストップ冒険小説。

なんてこの三作品は俺が解説しなくても誰でも読んでるよな(w

30 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 05:07
北方謙三の『水滸伝』はライトノベルっぽくて(テンポよく読みやすいって事ね)
しかも熱くて面白い。
ちなみに私の中ではイラスト は(無いので)原哲夫に変換してます(w

でも生粋の水滸伝ファンからはブーイングの嵐らしい…

31 :26:2000/12/17(日) 05:23
で。俺が熱烈にアイシテル堀憲一郎っすけど
『新・スキーの便利帖』ゴワッとした装丁から二色刷りの本文印刷、
アホなまでに馬鹿馬鹿しい、でもデータ主義な内容の本文……どれ
を取っても愛さずにはいられまへん。文庫化したけど、ソフトカバー
版がサイコー好きです。
『漂泊のスキー』北海道編と四国編。単行本化される日を愉しみに
待っているのですが……ブラボースキーに連載していた、その名の
通りの、旅行記。
小説じゃないっすけどね。
あと『タイムマシン夢書房』とかダイスキ。特に手触りが。

32 :名無しさん@そうだ名無しになろう:2000/12/17(日) 05:41
「剣客商売」池波正太郎著
     日常のドラマを書いてるで好きなんだ

33 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 06:43
バトルロワイヤル。

34 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 08:45
今本棚を見たら「失楽園」と「オペラ座の怪人」と「リア王」と「必殺・マニラの地獄」が並んでた。

35 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 09:33
スティーヴン・キング

36 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 10:36
D・シモンズのハイペリオン。

37 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 13:08
「惑星カレスの魔女」
ライトノベル的でおもろいよ。
まぁみんな知っているかな。

38 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/18(月) 03:07
海外ミステリーかな

39 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/18(月) 13:39
ふと本棚をみてみると、
日本書紀・古事記とか夏目漱石とか魯迅とかケルト神話とかが、文庫本で
ごっちゃに並んでいる。岩波文庫依存率が高いなぁ。
指輪物語が文庫旧版で並んでたりもする。

あーでも、誰かのおっしゃってた隆慶プッシュには激しく同意。
『捨て童子〜』での忠輝が好きでねー<新聞連載時に
リアルタイムで読んでた

(でも一番たくさん買ってるのは富野御大将の一連のガンダム小説だったり
……いやそれはライトノベルか)

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 09:57
この前道士リジィオ1巻と家畜人ヤプーを一緒に買った
レジの姉ちゃんがかわいくて恥ずかしかったなぁ

41 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/19(火) 19:57
リジィオ買うのは恥ずかしいもんなあ>激しく勘違い

42 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/19(火) 23:04
ななつのこ(加納朋子/創元推理文庫)
ライトノベル的雰囲気あるよ。版元、分類ともにミステリだけどそんな感じしないねぇ。

43 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/19(火) 23:10
>33
ボクの中では「バトルロワイアル」はライトノベルです。

44 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 01:03
 三国志(吉川英治/講談社文庫)
 特に盛り上がるでもなく淡々と進むんだけど、これがすごく面白い。別に三国志
ファンってわけじゃないけど、読み終える頃にはそうなってしまいそう……
 あと、達文だからすんなりと向こうの世界に行ける。

45 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 01:12
>>44
おれ水滸伝を吉川版でよんだ。なんかほのぼの相撲で終わってて不完全燃焼・・・・

46 :名無しさん@そうだ名無しになろう:2000/12/20(水) 01:21
>45
吉川版の水滸伝は最後まで書くことなく吉川英治が死んだので、途中で終わってるはず。

47 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 01:34
ハルバースタムの「ベスト&ブライテスト」
すごく頭の良い人間(ケネディのブレーンね)がどうしてベトナムの
泥沼を回避できなかったのか、アメリカの権力とかも勉強できて面白い。

田原総一郎の「日本の官僚」
森のバカが文部大臣の頃とかを書いてるから、今の実情と比べると
笑える。

48 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 05:50
歴史小説。
宮城谷 昌光が好き。春秋戦国ものならこの人に限る。
漢字の使い方が凝ってるのがいい。


49 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 06:10
ロバート・P・パーカーの探偵物。
スペンサーがタフでよい、でも振られて荒れたり情けないとこもまたよい。

50 :黒い雨:2000/12/20(水) 07:40
>36 ハイペリオンは、単なるスペースオペラの類だなとしばらく読んでいなかったので
すが、結構面白かったですね。SF系が好きな人なら読んでみることをお勧めするかな?
他には、ドキュメンタリーとかが多いな、「ボーイング747を創った男たち、ワイドボディの奇跡」
とか「空へエヴェレストの悲劇はなぜ起きたのか」というの。


51 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 21:31
「傭兵ピエール」佐籐賢一、集英社文庫
最近で一番面白かった。本格西洋歴史小説。
ならず者だった傭兵がジャンヌ・ダルクに出会い
乱世を駆け抜けていく冒険物語。骨太なストーリー
と筆力はぐいぐい引込む。今のグインにお嘆きの
貴兄には特にお薦めだ。歯ごたえあるぞ〜。


52 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 21:54
三十路過ぎたら、古典が読みたくなって、ときどき図書館から
ダンテの「神曲」とか「千夜一夜物語」とか、ドストエフスキーとか。
読めなくて挫折する本も多いけど、あとは図鑑的なきれいな本とか。
スポーツとかの入門書とか。

53 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 22:27
ディックフランシスの競馬シリーズ。

54 :名無しのオプ:2000/12/20(水) 22:31
原哲夫「アテルイ二世」爆笑。

55 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 23:49
本棚には講談社のイヌがずらり・・・・・・
ま、ライトノベルと境界線はっきりしないけど

56 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/20(水) 23:55
今日買ったのはこのミス、BRI、上と外の3巻。
どれもこの板でもできる話題かもネ。

57 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 00:12
クリスマスのフロスト。傑作。

58 :イラストも好きな名無しさん:2000/12/21(木) 00:23
ハーレクイン・ロマンス 笑える。マジで。
小説なら、あとは普通に推理モノとか海外翻訳ミステリとか
歴史小説とか

59 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 00:27
なんか、自分の偏見を押しつける人がいなくていい感じ。

そういう俺は、町田ひらくのエロ漫画を読んでます。(笑ってくれ

60 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 00:31
笑ってやろう。

俺の場合、学校の図書館か市の図書館に、週に何回か行って、適当に
借りてくる。電車で読むので、文庫か新書。
最近は講談社新書がお気に入り。

61 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 00:33
>>59-60
ジサクジエン

62 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 00:35
スウェーデンボルグ ラブクラフト ラカン・・・鬱田

63 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/22(金) 00:30
>61
正解。書いてから気付いた。間抜けな俺。
鬱だし脳・・・。

64 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/22(金) 00:31
も、モ板の小説・・・・

65 :山犬。:2000/12/22(金) 11:00
>51
同じ作家の「ジャガーになった男」の方は読了済み?
現在,古本屋で見かけて購入を考慮中。
「傭兵ピエール」の評判が良いのは,書評記事でも
見かけてはいたのだが……ためしに買ってみようかな。

66 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/23(土) 20:00
小説ではないよ。
『女がリセットボタンを押すとき』by亀山早苗from芳賀書店
将来のことについて、いろいろと思い悩むことがあったときに元気づけられました。
別にそれで悩みがなくなったということではないんだけどね。

67 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/23(土) 20:12
新聞…HowTo本…
聞かれてる内容が違いそうだな
でもこれぐらいしか活字読まない

68 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/23(土) 21:44
【片付けられない女たち】
思いっきり私でした。鬱だ。。。。。。

69 :51:2000/12/23(土) 23:55
読んだ>65
あちらもテイストは同じだ。でも俺はピエールの
方が好き。主人公はもちろん、仲間もより描き込んであるから。
あと、ジャンヌが性格欠点だらけで全然聖女じゃないところ
も好きだなあ。

70 :名無しさん@公演中:2000/12/27(水) 01:39
TVの特番でネゴシエータースペシャルをやってたとき、ちょっと興味を持ったので、
図書館で本を借りてきた。
「犯罪交渉人」毛利元貞著
結構面白い。小説の体裁をとっているが、実際あった事件を元にしているらしい。
交渉の成功例ではなく、失敗例のみを取り上げているのがすごくリアル。
んで、この本の参考文献に挙がってた「犯罪者プロファイリング」を
今読んでいるが、これもなかなかイケる。
犯罪者の病理分析等を見ると、小説のキャラって、犯罪者とまでは行かないまでも
犯罪者一歩手前って奴が実に多いんだな〜という気がする。
やっぱ健全な奴らばかりでは話が進まないんだろうか?

71 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/27(水) 01:53
>70
それ出てたのか。探してたんだよオレ。ハードカバー?

健全なやつらの話見ても面白くないじゃん。オレが好きなのは田中光二の
「冷血」。先天的にサイコパスにされた双子の話。

72 :山犬。:2000/12/27(水) 11:55
>69
レスありがとう。
「ジャガーになった男」を読んだところ面白かったので,
「傭兵ピエール」も早速購入した。
冒頭しょっぱなからディープですなぁ……面白い。
年末年始の時間でじっくり読み進もう。


73 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/29(金) 09:32
浅田次郎「蒼穹の昴」。面白かった。
西太后の時代はよく知らないが、
歴史人物の解釈が独特そうな気がしたので
同じ時代の他の作家の作品も読んでみたくなった。

74 :70:2001/01/02(火) 20:54
>>71
 >それ出てたのか。探してたんだよオレ。ハードカバー?

それってどっち?交渉人のほうはハードカバーだよ。
確か角川かどっかの大手出版社から出てたと思う。
プロファイリングの方はハードカバー…ではないなー
文庫でも新書でもないし、A5版のマンガみたいな装丁だった。
中身は学術書っぽいけど、ぱっと見はオカルト本の類みたい(笑)


病んでる奴が面白いってのは確かだけど、健全な奴の話が楽しめない自分自身の
人間性にふと疑問を抱いてしまう今日この頃…


75 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/05(金) 22:58
藤原伊織の直木・江戸川W受賞作は実はまだ読んでない。
私にとっての原点とも思えるのは「ダックスフントのワープ」。
NHKのドラマになったけど、原作の方がよかった。
文庫に併録されている「ネズミ焼きの贈りもの」も薄暗いけど結構好き。
ライトノベル感覚でさくさく読めるんではないでしょうか。
無頼派の男のロマンチシズムみたいなのも、この頃のはそれほど鼻につかないし。

76 :うがってる君:2001/01/05(金) 23:10
最近だけど、大沢在昌の「新宿鮫」シリーズ読んでます。

77 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/06(土) 02:35
母が若い頃読んでいて家に置いてあった、
エド・マクベインの87分署シリーズを読み始めたところ。
所々抜けているので、本屋に探しに行ったのだが、
何故かどこにも売っていない…。


78 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/06(土) 04:55
親が若い頃読んでたホームズ、ポアロ。
文体が古臭くて良い雰囲気なんだな。
あ、後ラヴクラフト全集(w

79 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/06(土) 08:01
井上夢人「オルファクトグラム」、めちゃくちゃ面白かった

80 :山犬。:2001/01/06(土) 12:31
>75
ダックスフントのワープってドラマ化されてたの?
知らなかった……。
あの作品は俺も好きだな,図書館で検索かけて借りてから,
気に入ったので注文取り寄せまでした書籍だよ。
切なくて,後悔と懺悔の香りがするラストが良い味出しているよね。

藤原伊織は,男性のロマンティシズムの極地,「女性幻想」が
フォーマットで入ってるのがすげぇよ。
『テロリストのパラソル』『ひまわりの祝祭』を読む良く分かる。
1作目はともかく,2作目では脳死に至りそうだった……

短編集『雪が降る』に収録されている『紅の樹』では
「やっぱりこの作家,ロリコンだったんだ……」
的な感想まで感じてしまった。

半分本当で,半分嘘です(笑

81 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/09(火) 18:24
ちなみに自分も大沢だけど、今は過去に回帰しております。
(標的走路、ないねー。)

82 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/09(火) 19:04
がいしゅつだが、宮城谷昌光さん。
特に「太公望」は最高ッス!
ヒロイックファンタジーじゃん、これ。

83 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/09(火) 23:18
>>80 あの賞を撮った小説は結構映画化ドラマ化されてますよ。確かすばる
文学賞でしたよね(沙耶のいる透視図とか)

84 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 00:12
主に文学かな
太宰治をよく読む。何か暗いイメージがあるが、そうでもない。
結構ユーモアあるれる作品も多くて、ぷっと吹き出してしまうこともある。
安部公房「第四間氷期」なんか完全にSFだし、「燃えつきた地図」はミステリーですねぇ。
ミステリーだと麻耶雄嵩かな。「夏と冬の奏鳴曲」は一読の価値あり(ワラ
あっ、京極夏彦も読んでいたがもういいやって感じだ。あと中井英夫も読むなぁ。
それから小林恭二も読む。「ゼウスガーデン衰亡史」はなかなか
おもしろい虚構世界を創り上げていて、好きだ。

個人的には安部公房とか小林恭二がお勧めかな。

85 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 00:55
>>84
麻耶雄嵩の夏冬を他人に勧める人間は信用できません(ワラ

86 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 01:04
ロード・ダンセイニ「魔法使いの弟子」
多くのファンタジー作品に多大なる影響を与えた作品(作家)…らしい。
まだ途中までしか読んでないもんで。
有名な作品らしいんで読んだことがある人も多いかもしれない。
お金に困った領主の息子が、錬金術を学ぶために魔法使いに弟子入りする。
そこで色々と事件が起こるわけです。
プロイスラーの「クラバート」に似た感じのお話。
実際は「クラバート」が「魔法使いの弟子」に似てるんだろうけど。
正統派のファンタジーなんでライトノベル好きなら読んで面白いのではないかと。




87 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 02:04
 ダンセイニよむなら、ジョージ=マクドナルドも読まにゃあ。
 娯楽はしていないけど、逃避はできる。

88 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 02:30
K・W・ジーター「悪魔の機械」
しかし……スチームパンクって懐かしい言葉だな、オイ(藁

89 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 02:59
マクドナルドは読んでいたら頭オカシくなりそうだったよ。
訳が最悪だと思うんだけど(ヒント:荒俣宏)
クトゥールーも全然ダメだった(ヒント:荒俣宏)

90 :匿名希望さん:2001/01/11(木) 04:09
奥泉光(純文学作家)の小説はほとんど読んでる。
とりわけ『ノヴァーリスの引用』は絶対におもしろいよ。
場違いな意見だったらごめん。でも、とにかく文章がよいのだ!

91 :黒い雨:2001/01/11(木) 06:30
「ロマンティックな狂気は存在するか」春日武彦著:新潮社
これを読むと、安易に「狂気」という言葉を使うことがためらわれますね。
「精神病院」というものに対しての偏見にも言及されています。この手の
題材を使っている人たちには是非とも一度読んでもらいたい一冊でず。

「私は、『狂気の世界の狂気は正気』なんぞと偉そうに書くような薄馬鹿は、
正気も狂気も分からなくなる位にぶん殴ってやる必要があると思っている」
末尾の著者の言葉ですが、なんとなく笑えた。


92 :匿名希望さん:2001/01/15(月) 17:42
W村上。

93 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/15(月) 17:52
凡百のトンデモ本

94 :名無しのオプ:2001/01/15(月) 19:15
>90
おれも奥泉は好きだよ。硬質つうか、青春の核みたいなのが感じられて。
ただ純文のSFぽいのにはまると、ライトノベルに戻れなくなるのが難点。

95 :遅レス:2001/01/15(月) 21:40
>>68
私も片づけは苦手…
でも「サルでもできる家事いっさいがっさい」を読んだら世の中上には上がいる
もんだと感心(安心?)しました。

96 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/17(水) 02:29
>94
いつでもかえってこれるけどなぁ。
奥泉なんてライトノベルに比べれば紙の無駄。

97 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/17(水) 02:50
ライトノベルと純文比べちゃいかん。
かたや大量消費文化が生み出した読み捨て小説。カストリ雑誌なんかと同列。
かたや由緒正しいオナニー小説。オナニーに使うトイレットペーパーと同列。
同じクズでもそれぞれクズな理由が違う。

98 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/17(水) 03:31
いやあそれほど変わらんよ今は
つーか奥泉程度の作家をジュンブンと呼ばないで贈れ
・・・脱線してルナ

99 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/20(土) 15:08
『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』
『アタマにくる一言へのとっさの対応術』

…ライトノベル板住人向けと言うより、2ちゃんねらー全般向けかな。

100 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/20(土) 20:22
サイトウさん?

101 :軌道名無しさん:2001/01/20(土) 21:04
ライトノベル以外で読んでるジャンル…
主に海外SFと架空戦記。
…うあ、なんかヤな感じだ…。
あ、あと村上龍。
…もっとヤな感じだ…。

うーん、もっといろいろな小説を読まなくちゃなーといつも思います。
(でもなかなか自分の知らないジャンルからいい本を発掘できなくて…)

102 :ペンネームC:2001/01/20(土) 21:07
>101
あなた、読んでるジャンルが私と全く同じ……
どうです、もっとヤな感じになったでしょ。

103 :軌道名無しさん:2001/01/20(土) 21:21
>>102
あ、やっぱり(見かける板の傾向とかから、なんかうすうす
そんな気は…(笑))。

…や、ペンCさんと一緒とは、嬉しいような、
なんかそれだけでもないような……(笑)

104 :99:2001/01/20(土) 21:24
>>100
もし私へのレスだとしたら違うと言っておく。
サイトウさんによろしく。

105 :イラストに騙された名無しさん21世紀:2001/01/20(土) 22:06
ライトノベル以外ね。
……古典SF各種、ハイライン他。推理各種、有栖川有栖他。
後は仕事上の業界専門書。
最近読んでないな、忙しかったからな。


106 :うがってる君:2001/01/21(日) 01:54
マンガで良いなら、今は「双葉文庫名作シリーズ」で出てた「蜜の味」読んでる(藁

107 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/21(日) 02:03
あー、漫画なら今、「光る風」読んでる。山上たつひこの。
気狂いそうな作風だな。石の花よりよっぽど怖いよ。。。。
サバイバルも面白く読んでる。

108 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/21(日) 14:54
いまさら東野圭吾の「秘密」を読んだが……
いかん。
「おっさんの小説」にハマれない……

109 :作家より愛をこめて:2001/01/22(月) 23:16

\ オレたっちゃ海の男だぜ〜! ニャー♪   /
                   \ 沈んだ奴を〜引き上げろっ! ニャー♪/
                                 ___
     ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)三三(
     |\\                     ∧∧  ∧∧ |    |   ∧∧   ∧∧
     |  \\                ( ・-・) ( ・-・) |    |   (   )  (   )
     |   \\            (( | ̄ ̄UU ̄ ̄UU ̄|    | ̄c⌒ ̄ ̄c⌒ ̄| ))
     |     \\          ̄UU ̄ ̄UU ̄ ̄|    | ̄ UU ̄ ̄ UU ̄
     |      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧∧     |
   ( ・-・)      |
  ( ̄ ̄UU ̄)   |
   ̄UU ̄ ̄     |
     ::         |
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


110 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/22(月) 23:59
ライトノベル以外か…。
……だめだ、なんにも読んでねー。

111 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 19:59
び・・BSマンガ夜話・・・うちBS入んないんだよ〜〜(泣)

112 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/25(木) 16:29
都筑道夫と東海林さだお。
都筑さんはどれでもいい。
東海林さんはまるかじりシリーズがオススメ。21世紀最初のまるかじりは
マツタケだよ♪

113 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/25(木) 16:44
 BS夜話は...。テーマになって初めて読んだってのが多すぎ。分かって
ないような人がちょっとひくなぁ。もっと面白い素材あるのにって思っちゃう
んで。

114 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/25(木) 16:57
>>113
ハマった時は面白いんだけどね……。
伊集院がマジ切れしてたのは笑ったけど、気持ちは解ったよ……。

115 :114:2001/01/25(木) 16:58
で。俺が読んだのは。
『田宮模型の仕事』
ごめん。今更で。
でもオススメ。
正しいマニアの生き方っていうかさ。情熱をこんな風に昇華させたいな、と思った。

116 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/25(木) 20:04
歴史小説って、大衆性とか(男性キャラがほとんどだけど)キャラ萌え
と言う点で、ライトノベルに近いものがあるんだよね。
定番でがいしゅつだけど、司馬遼太郎とか隆慶一郎、塩野七生なんか
はやっぱり好き。

117 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/25(木) 20:11
 そういや、新聞をいちばん良く読んでるよ。
 ちなみに西日本新聞。
(ここは笑うところではありません)

 朝日と読売の書評欄だけは会社で読んだり
している。さいあくの日曜出勤のすくない楽
しみだよ。

 書籍は朝日新聞に広告を出すなんてしきた
りも形骸化しているとは思うし、ライトノベ
ルにゃ関係ないけど、なぜか書籍は朝日新聞
で広告があるから見なければとすりこまれて
いる。なぜだ。

118 :名無しさん@そうだ占拠に行こう:2001/01/26(金) 11:09
今、吉村昭の「戦艦武蔵ノート」(文芸春秋)を読みかけてる。
「時代を生きた男達の言葉」は重いのぅ、かっちょええのぅ。

小川一水ならずとも転びたくなるわ。

これとか「ティーガー戦車隊」(オットー・カリウス著)とかの
律儀な人達が大真面目に戦争やってた手記物で、お薦めがあっ
たらどなたか教えてくだされ。


119 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/26(金) 12:21
うがが

120 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/26(金) 14:14
ほいせ

121 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/26(金) 14:33
>118
ちゃんと『戦艦武蔵』を読んでから読んだか?
吉村昭なら『深海の使者』(ドイツに派遣した潜水艦の話)もいい。
個人的には戦争を題材にしない作品の方が面白いと思う。『破獄』とか。
どの本も嘘、というか想像で書いたところが混ざっているが、これは気にしてもしょうがない。


122 :名無しさん@そうだ占拠に行こう:2001/01/26(金) 17:17
>>121
勿論であります!「戦史の証言者たち」も読了済みであります!

ちゅうか「武蔵」読まずに読むのは、原作未読の「ライトスタッフ」とか、
いきなり「イデオン発動編」に等しい暴挙、勿体無さすぎ。

なのに「戦艦武蔵」は絶版。納得いかんっ!

>『深海の使者』『破獄』

有り難う、次手をつけてみますわ。


123 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/28(日) 19:54
勉強のため歴史書をひっくりかえしたあとで「カンフーファイター」で口直し。

脳がゆれる〜〜

124 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/29(月) 22:45
「スポーツとエロス」
いえ、最近フィギュアスケートにはまってるもので。
…ってこれは板違いか。
スポーツ板逝ってきやす…

125 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/29(月) 23:00
ライトノベルと言われるかもしれんけど、餓狼伝読んでる。
なんか、濃いですねえ・・・。
太公望の下巻を早く読みたいのに、延滞して返さないやつがいる。
逝って良し!

126 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/29(月) 23:27
乱読だから面白そうなのは何でも読むけど、好きなのは
浅田次郎と池波正太郎かな。ここでも読んでる人多いね。
最近読んだのは「木島日記」。大塚氏、トンガってるね…。

ライトノベルと漫画以外はほぼ図書館で借りてます(w

127 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/02(金) 18:40
島田雅彦「彼岸先生の寝室哲学」
ブックオフで100円だった。暇つぶしに読むのにちょうどいい。

128 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/02(金) 18:56
「人の話を聞かない男、地図を読めない女」
興味深い本だった。
あとは、「山月記」。
学生時代に国語の教科書で読んで、何故か心にクルものが
あって、未だに文庫本を持ってる。
でも、こんな私はライトのベル好きでゲーマー。


129 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/02(金) 21:35
>>128
ゲーマーと聞いて思いだした。
知り合いの二十歳職人系男子、ゲーマー。高校卒業まで漫画以外の読書体験なし。
ゲームのノベライズで文庫本の存在を知り(それまで本屋に文庫のコーナーが
あることも知らなかったそうだ)、いきなり芥川龍之介を読み始めた。
今、芥川の全集読んでる。「芥川龍之介って面白いですよね」と、のたまふ。

芥川が凄いのか、それとも日本のタク文化の懐が深いのか・・・

130 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/02(金) 22:03
どんなものでも極めれば教養に繋がる……ってことかなぁ?
ライトノベルでも1000冊読めば、純文を読んでも理解できたり、
下手すると、音楽なんかも理解できたりすんのかな?

ところで、あえてこの板で、どんな音楽聴いてるかスレ立てていい?

131 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/02(金) 22:11
>>130
やめれ。>音楽スレ
まずは雑談スレで聞くが吉では

132 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/02(金) 23:07
ライトノベルに関する教養アップが関の山。
というか別に教養なんぞなくとも。

133 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/03(土) 00:13
 角川でポケットジョークのシリーズを翻訳していた植松黎が、しばらく見ないなあと思っていたら、へんな薬草の本を書いていた。
 『毒草を食べてみた』植松 黎 著
 命がけのジョークなのか、もとから変な素質があったのかを、私ははかりかねている。
 新書で690円。旧版はでかいサイズであったけど、新書になってよかったねえと、心の底から思ってしまった。
 もう変なもん食わなくてすむんやでー。とか勝手にドラマをつくってしまう。

134 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/03(土) 00:27
>>133
うわ、読んでる奴がこの板にいるとは……。あなどれないなあ。

135 :T・S:2001/02/03(土) 00:35
 ライトノベル以外で読むのは漫画と歴史とか民俗学関係の書籍とか。
 古い教会にこっそりと存在する異形の存在について書かれた「グリーンマン」は
なかなかに面白く、「いっちょ、これをモチーフに小説でも」とか思っていたら、
「ヴァリアブル・ジオ」の最終巻にグリーンマンを出されて少し鬱。
 そりゃあ、先に書かれようともっと面白くかければ問題無い訳で・・・・・・。
 

136 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/03(土) 04:19
ライトノベル以外で読むものか、
カードの「エンダーのゲーム」のシリーズかな。
あと、グィンの「闇の右手」
ハインラインの未訳とかギブスンの新作も読みたいねぇ。

日本のSFは、それこそ古橋秀之とかしか認めてないけど。
あと、牧野修の「マウス」はかなり面白かった。

137 :板に関係ないのでsage:2001/02/03(土) 09:49
俺もエンダーシリーズ好き!!
ここで聞く事じゃないかもしれないけど
「ジェノサイド」だけ見つからなくて困ってる。
どうやって手に入れればいいか教えて欲しい!!

138 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/03(土) 12:37
>>136
 君のお茶碗持つ手はどっちだ。

139 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/03(土) 14:47
>138
左手


140 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/03(土) 15:15
>>136
挑戦的な物言い<「日本のSFは、それこそ古橋秀之とかしか認めてないけど。」
に思わず熱くなりそうだったよ…長文書いてて思いとどまった…
もうSFとライトノベルの論争はキリがないからやめるんだったな
エンダーのゲームは俺も好きだよ作者の性格は別にしてな…<さりげない皮肉、許せよ、

141 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/03(土) 15:21
ライトノベル以外はライト経済かライト政治とかだな。あ、らいとPCも。
米語の勉強兼ねたにゅ〜ずうぃ〜くとか
日なしょなりずむな経済物。
が、かくのはエロホモ小説。

142 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/03(土) 16:51
エンダーのゲームは、ライトノベルだと思ってました……


143 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/04(日) 00:03
>>137
ジェノサイドは合わない人が結構多いと思う。
あまりおすすめはできない。
死者のの代弁者やエンダーの影は面白いのだが。

144 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/04(日) 02:45
学生の頃はガチガチのSFファンだったけどね〜
最近は半数がライトノベルで、あとはSF1割、ミステリ2割(但し講談社
ノベルズが半数)、新書1割、他1割ってとこ。
因みに今日買ったのはコバルトの「流血(4)」と「マリア様」

145 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/04(日) 18:05
ちょっと聞きたいんだけど、田口ランディってどうなの?

146 ::2001/02/05(月) 23:15
むしろライトノベルは「研究材料」としてしか読まない俺・・。デビューなんて無理かねぇ・・

147 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/05(月) 23:40
>>145
 メールマガジンを読んでいます。
 小説は読んでいません。
 メールマガジンだけで言うなら、あまりにも痛くて好きです。


148 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/09(金) 13:44
「鋼鉄の騎士」(上、下巻)藤田ヨシナガ、新潮社文庫。
第二次世界大戦前夜、フランスにやって来た主人公義正が、
ドイツ、ソ連、そして日本の駐在武官でもある父らのスパイ
工作に巻き込まれながら、メカニックのジャン、大盗賊の
弓王子らと冒険を重ね、日本人初のグランプリレーサーを
目指していく物語。世界が複雑に暗雲立ち込めるほど主人公
のバカ一途な生き方と好対称だ。



149 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/10(土) 13:25
>>82
私も宮城谷さんだ〜。
望と継ちゃん最高!

150 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/13(火) 17:51
>>145>>147
メールマガジン2本読んで私はイタくて引いて、購読止めた。
文学板だか雑誌板であったスレッドで誰も誉めない、叩かれるばかりだったよ。

151 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/15(木) 13:42
京極堂シリーズを3年ぶりに読み返しはじめた。
あまり「ライトノベル以外」とはいえないような気もする。

「ほう、」

ああ、生きてゐる。

152 :147:2001/02/15(木) 14:54
 DVことドメスティックバイオレンスには断固として反対しますが、
ランディが自分の妻なら撲殺してます。見る分にはかまいません。

153 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/15(木) 15:12
そんなに凄いのですか

154 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/15(木) 16:57
日本だと、有栖川有栖、京極夏彦、池波正太郎、原寮とか。
海外ものだとアン・マキャフリー、ディック・フランシスとか。
並べると、節操無しとしか言いようが無い。

155 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/15(木) 17:44
>>154
 ふ・し・だ・ら・さんなわけだ。
海外もので「DICK」とか。

156 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/15(木) 23:33
アン・マキャフリーはいい話多いんですが、
どうして気の強い女性がかっこいい男性と
くっつく展開ばかりになるんでしょう?
パーンシリーズとかクリスタル・シンガーとかダミア
とか…

157 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/15(木) 23:45
田口ランディの「コンセント」を最近読んだ。
単純に…面白くねぇ。

158 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/16(金) 00:00
ていうかランディというのは女性なのか

159 :山犬。:2001/02/16(金) 10:09
>>158
女性です,結婚して子供もいる。
ついでに純正の日本人で「ランディ」というのは100%ペンネーム。

遠洋漁業に従事していた父と,精神病を患っていた兄を持つ。
幼少から青年期にかけて,家族との折り合いが悪かった。
若い頃は,成り上がりたい気持ちが強く「ばりばり」働いており
会社を興して社長にもなったらしい。
才能とバイタリティがあるとの自己評価。

ただ,そういった馬車馬労働の生活の虚しさに気がつき,
のんびり生活したくなったし,良い出会いもあったので結婚,
家庭に入る。
でもそれだけではツマラナイのか,フリーライターの仕事と
メールマガジンのコラム書きをして,ここ最近,執筆活動へ。

私が知っている,書評,出版物,インターネットでの情報です。
個人的評価としては「面白くない作家」

160 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/17(土) 23:55
直木賞にノミネートはされたのだろ?

161 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/18(日) 22:51
今日買ってきた本
「妖怪馬鹿」新潮社OH!文庫
京極夏彦、多田克巳、村上健司

妖怪に関するよもやま対談集なのだが、特筆すべきはイラストを
ぜんぶ京極が書いていることだろう(w
イラストの元ネタが全部わかる人にはすごく面白いと思う
(京極ファンの10代の少女などには絶対わからないと思われ)

イラスト買いしたんだからある意味ライトノベルだが(w

あ、もちろん妖怪対談も面白いですよ、念のため

162 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/19(月) 09:15
>>156
そらーマキャフリィ女史本人の願望が表れているのでは?
離婚して子育て大変だったらしいし。

ところでダミアって・・・アレだよね、「九星系連盟シリーズ」
とか言うの。激甘設定すぎて読み通せなかった。
最近の「フリーダムス・・」も不完全燃焼。
やっぱりマキャフリィのはパーンか「船」だなー。

163 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/23(金) 23:56
ちょっと前に出た奴だけど、東大立花ゼミ生がまとめた『二十歳の頃』は面白かったよ〜ん。
角界の著名人&市井の無名人に、二十歳の頃どんな人生をおくっていたかをインタビュー
したもの。
自分自身の二十歳の頃なんて記憶にも定かでないけど、ちょうどそのころ書いた文章を
押入の奥から見つけた時、あまりの阿呆さ加減に赤面を通り越して殆ど憤死状態になって
しまった(w 思わず押入のもっと奥の方に放り込んじまったよ。(←捨てればいいのに…)
つくづく凡人なのだなあと実感。
ところで、この本は裏表紙に立花隆がゼミ生に伝授したとおぼしき取材・インタビュー時の
心得が掲載されているんだが、図書館でこの本を借りた時、貸し出し用のバーコードで一部
見えなくなってしまってた。ゴルァ!!そんなとこに貼るんじゃねっつっのよ!!


164 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/23(金) 23:58
牧野修の小説がお気に入り。偏執の芳香最高

165 :163:2001/02/23(金) 23:59
角界=各界でした。スマソ。
相撲取りはいなかったな…たしか…

166 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/24(土) 21:31
スローなブギにしてくれを今更読んだ。

既に知名度の高い本を読むのって、少しためらう。
ガキの頃に乱読するべきだったなぁ。

167 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/24(土) 22:31
ガキの頃はライトノベル濫読だったから……

168 :ひも:2001/02/25(日) 04:54
森博嗣なんかいいかも
理系SFとか言われて紹介されてるらしい
まだ1作目の「すべてはFになる」しか読んでないけど
ちょい展開はよめるがオススメ・・・かな

京極夏彦は「魍魎の匣」読んで精神汚染されたから今後パスしたいかも
精神軟弱者なんです私
あの文体は気持ち良くならない麻薬に近い



169 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/25(日) 05:14
>>161 たしかにイラストが凄く面白かった。。。
>>168 京極は狂骨の夢なんかオススメなんですがね、、、気軽に読み
たいなら百器徒然袋なんかお勧めですがね。

170 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/25(日) 17:53
京極は絵はさすがに達者ですね

171 :山犬。:2001/02/25(日) 17:55
>>166
素晴らしく,流行の時期から外れていますな。
そんな貴方には,せひこの勢いで「彼のオートバイ,彼女の島」も
読んでいただきたい。
「ボビーに首ったけ」「ボビーをつかまえろ」も捨てがたい。

……何年前だ? 15年以上前かな?(笑

172 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/25(日) 20:09
10歳くらいの頃、フランダースの犬と砂の器を同時並行で読んでいた私は異常ですか?
我ながら、なんでああいうセレクションをしたか理解できない……

173 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/25(日) 21:41
小学校の卒業文集に
座右の書:「指輪物語」「新明解国語辞典」「燃えよペン」
と書いた私に比べれば可愛いものかと……。

174 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/25(日) 22:07
10歳ぐらいの頃の座右の書は「ぼくは14歳」
ありがちなことに14歳になったら自殺しなきゃいけないような気がしてたっけ。。。

175 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/25(日) 22:18
 おれの学生のころの思いでといえば、ペンギンクラブ山賊版だぁ。
 マンガ雑誌だけど。しかもエロ。

176 :山犬。:2001/02/26(月) 10:33
>>174
自殺した少年の詩や作文を載せた本だよね?
「ぼくは12歳」じゃなかったけ? ……うろ覚えなんだけど。

177 :166:2001/02/26(月) 12:27
>山犬
「彼のオートバイ、彼女の島」「ボビーに首ったけ」は読んだ。
「ボビーをつかまえろ」はまだです。探してみようかな。
でも、絶版ですかね? 本屋で見かけない気がしますけど。

古本屋で、上記三冊と共に買った「舵をとり風上に向く者」(矢作俊彦)読了。
今から「リルケ詩集」を読み始める。ちなみに5冊100円だった。

178 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 11:56
偉大なるブックオフを称えよage

179 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 16:25
矢作は光文社文庫のやつが好きでしたね。

180 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 16:41
舟戸与一が好きだと言っても理解してくれない友人。
まあ、イラストがない小説なんて読む価値がないと言う奴だから、
何と言われてもいいけどねっ。

181 :山犬。:2001/03/01(木) 16:59
>>177(166)
「ボビーをつかまえろ」は,ボビーという名前の少年が出てくる
作品の総編集なので,同作家の作品をたくさん読んでいたら,
読んだ事あるものばかりになるでしょうから,買う必要はないかも。
あとは,作者インタビュー(対談)が載っているだけだし。

「リルケ詩集」とは,すごい。読了済み?
私は,ときどき漫画などで有名な詩が引用されていたりすると
気になって探して読んだりするけど,古いものだと「口語訳」が
好みに合致しなくて,きちんと読了できないこと,多数あり(笑

>>180
船戸与一ですか。
「猛き箱船」「蝦夷地別件」「砂のクロニクル」……
悪漢冒険小説って言ってしまって良いですか?
最近ハズレの印象が強いですが,上記の前2作は好きですよー。
獰猛で残虐で背徳的で,良くも悪くも男性的でカッコイイのだ。
民族問題が良い味を出している。

182 :とりさん:2001/03/01(木) 17:14
>>181
詩集なんてそんなもん×2。
さらっと読んだ後、有名な詩や自分の気に入った詩だけを暗唱。
全部、熟読暗唱したりする人間はめったにいないでしょう。
恥ずかしそうに岩波文庫に顔を臥せる文学少女は絶滅したみたいです(笑

どうも恋愛を扱った叙情詩は苦手、むず痒くなってしまいます。
戦史関連の叙事詩ばかり覚えてたり(笑

183 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/01(木) 17:55
船戸与一は、「伝説なき地」と「猛き箱船」だけ読んだな。
どっちも面白かったよ。ただ、他の本も読んでみようという
気にはなれなかったんだよなあ、なぜか。
いや、めっちゃ面白かったんだけどね。
そういうことってない?

184 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 18:06
ストライヤー生化学……
追試だバカヤロー!

185 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 20:09
口語訳といや、聖書の口語訳がどうも気に食わなくて
文語訳のやつを探して立ち読みしてたら新興宗教に勧誘されたことがあったなー

186 :156:2001/03/02(金) 00:51
パーンのシリーズでは短編の
「竜の歌い手」が一番好きです。>162
クリスタルシンガーは、主人公は嫌いですが(笑)
歌声で水晶を掘削するという設定がいいですねえ。

187 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/02(金) 10:25
季節がら、ユーミンの「卒業」(だったか?)がラジオでよくかかるが
聞くたびに法月の「二の悲劇」を思い出す

188 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/02(金) 15:21
のりりんの新刊が読みたいよ・・・

189 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/02(金) 17:32
>>187
 >>1の悲劇にしておけば、方が2chで受けただろうに。

190 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/02(金) 18:13
いきなりチャールズ・パリサー「五輪の薔薇」を借りてきた弟にひとこと。

君にはまだ早すぎるのでは。12歳のくせに……

191 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/02(金) 18:17
北川歩美の「猿の証言」が好き。
あと「模造人格」
新しいのも読みたいんだけど、今時間ない・・・

村上龍のコインロッカーベイビーズとか読んだときは
ライトノベルと言われるものとあんま変らんな、と思った。

192 :166:2001/03/03(土) 00:54
リルケ詩集読了。やっぱり、詩の楽しみ方が解らない。
「はぁ」とか「ほぅ」とか……その程度の感想しか抱けなかった。むぅ。
5冊100円じゃなかったら買わなかっただろうなぁ。
「天才〜創造のパトグラフィー」福島章
「戦史ドキュメント、賤ヶ岳の戦い」高柳光壽
「精神分析入門」フロイト
「鉄コミュニケイション1」秋山瑞人
読了。
よく「趣味が解らない」と言われます。そういうもんですか?
僕はジャンルのこだわりが無いので、
ミステリのみ、とか、SFのみっていう読み方してる人を見ると不思議な感覚に陥ります。

193 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/03(土) 01:39
今読んでいるのは、ミトコンドリアのDNAについての本。
次に読もうと思って買ってある本は、料理の本。

194 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/03(土) 07:40
「十八時の音楽浴」海野十三をブックオフでGET。
今まで作者の名前の読みを間違って覚えていたことに気づく。


195 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/03(土) 11:50
うんのじゅうざでした。

196 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/04(日) 18:20
大沢の「アルバイト探偵」。
しかしこれべつにライトノベルでも全然構わないな。

197 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/04(日) 19:29
介護福祉士になる方法

全くなるつもりも何にもなかったんですが、図書館で時間つぶしに。
〜〜になる方法ってのも結構面白いもんですね。

198 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/04(日) 20:05
ライトノベル作家になる方法ってのはどうだ。

199 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/04(日) 20:13
り氏のサイトでネタになってたぞ。ひとりあたま三万とって
小説家デビューさせる学校とかいうのが。

なんもしないで黙っていきなり倒産したらしい。詐欺だ。

200 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/04(日) 20:14
りや三宅一派の話は、なるべく持ち込まないでくれ。荒れる。

201 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/04(日) 20:15
 その騙された経験を本にしろとの教えにちがいあるまい。

202 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/04(日) 20:22
>>201
ワラタ
デビューできそうだ、それ

203 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/08(木) 20:52
落ちとるど

204 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/09(金) 22:53
なんか就職関係の本を読み始めた(遅ぇよ……)

205 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/09(金) 22:54
3月卒業なら遅すぎだな(w

206 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/10(土) 00:15
最近は、『火器の誕生とヨーロッパの戦争』(平凡社)という本を読みましたが、
これ一冊、読むのに、ライトノベル20〜30冊くらい読めるくらい時間がかかりました。

207 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/10(土) 00:30
>>199の「ドラゴンゲート」、噂の真相に載っちまったよ。

秋元康がからんでたとさ

208 ::イラストに騙された名無しさん:2001/03/10(土) 06:03
>>59-60
とっくに忘れ去られたジサクジエンにマジレス。
町田ひらく読んでます。良いよ。エロ漫画だけど女性にお勧めしたい。
「卒業式は裸で」


209 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/10(土) 06:08
>>208
俺はオススメしたくない。
女性読者が多いのは知っているが、知らないなら知らないでいいと思う。

210 :女性だが。:2001/03/10(土) 09:09
町田ひらくを女性に勧めるなら、「green note」あたりから
にした方がいいんでないかな。
「卒業式は裸で」は間違いなくロリ漫画の金字塔だけど、
面白がって読む女の子はかなり限られると思う。
まあ、届くファンレターは女性が多いらしいけどね。

211 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/10(土) 12:39
学問的にエロを見られるのもいやだな

212 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/12(月) 11:55
いま、ハンドラーのホーギーシリーズ読んでます。
最後の1冊になってしまった。
次は6月まで待てというのか……。
いやまあ1999年から待ってる人にくらべれば幸せなんだろうけど。

213 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/12(月) 12:32
デイヴィッド・ハンドラーはモリピロシが誉めてたから買ったな〜

214 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/14(水) 01:46
好きな小説はカラマーゾフの兄弟(キャラだけ見てるとアホみたいだ…)
好きな連載中漫画はエクセル・サーガと火星人刑事(キャラだけ見てると以下同文)
窮屈な感じがするものは読みません。森鴎外とか。

個人的にもっとも好きな日本の文学もの、大江健三郎の
「万延元年のフットボール」はライトノベルのようなもんだと思う。
いや、別に「そのココロは?」とか聞かれても困りますが。
展開もドラマチックで素敵。

215 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/14(水) 01:58
>>214
大江健三郎は、ボーイズノベルのテイストもあると思うんだな。
なぜといわれても困りますが。

216 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 00:48
海の男ホーンブロアとか読んでます。
つながりでオナーハリントンも。
ホーンブロアをリスペクトしたライトノベル希望〜

217 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 01:09
最近は、ノンフィクションを読んでるな
具体的な書名は伏せておくが

218 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 01:21
ライトノベルと殆どかわんないけど清涼飲料水によく似た名前の人の
「トップラン」

大目に見ても5巻までは面白かったと思う。くどくどしかったけどさ。
6巻。
・・・。
どうしたらいいんですか、こんなもの。新聞縮小版のほうがマシです。

219 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 01:48
>>218
奴になにかを期待できるのか?

220 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 01:50
InterCommunication
扱ってる題材は面白いんだけど、内容が難しすぎて難儀している、頭がスポンジ。

221 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 01:58
>>219
コズミックだっけ、1年間に1000件の密室殺人事件のミステリ。あれを
読んで期待してなかったはずなのだが・・・

活字倶楽部に騙された・・・!

222 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/21(水) 21:03
「聖の青春」講談社 大崎善生 を読了。
泣ける泣けるという評判だけは知っていた。泣いてみたくなって
読んだら、これが泣けない泣けない。がんばって泣こうと勤める
けど泣けない。なんだあ泣けるという書評はハッタリだったのか
と思っていたら、最後で泣いてしまいました。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/03/21(水) 23:07
マンガだと矢野健太郎の「邪神伝説シリーズ」
学研M文庫のクトゥルー神話辞典、魔道書ネクロノミコン、
クトゥルー怪異録。
空想科学読本1〜3……今は「妖神グルメ」、偏ってるな。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 23:12
>>216
シーフォートがそれでわ?
日本人で言うならEGコンバットあたりか?
異論は多そうだが。エンサイン物としてのくくりで。

225 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/22(木) 15:04
ゲーテとかポエム系

226 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/22(木) 15:37
>>224
バトルシップ(以下略

227 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/25(日) 00:17
>>224
本当だな! バトルシップ以下略はホーンブロアへの
リスペクトが入ってるんだな! ようし、読んでやる…
もしダメダメだったらライ神に懺悔させてやるからな!

228 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/29(木) 00:07
五木寛之「生きるヒント」
仕事でストレスがたまると、こっそりトイレに避難して角川ミニ文庫を読む。
ポケットに収まるので職場で持ち歩いてても違和感ないし。
でもあまりラインナップが多くないんだよなあ・・・

229 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/29(木) 00:15
リデル・ハート著「第一次世界大戦」

230 :先行者:2001/03/29(木) 00:24
やまむらはじめ著 カムナガラ

231 :山犬。:2001/03/29(木) 09:28
大沢在昌がお気に入りなので,我慢が出来なくてハードカバーの
「新宿鮫・風化水流」1700円
「佐久間公シリーズ・心では重すぎる」2000円
を買ってしまった,面白けど金銭的にキツすぎる。
せめて新書にしてくれ。
「新宿鮫・灰夜」880円,ぐらいなら楽に出せるから。

232 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/02(月) 20:39
最近の石原慎太郎の著作物。
首相になって欲しい人No.1って聞いて、都知事やってて首相なんかになれる
わけ無いじゃん、バカ国民どもが!と思ってたが、彼の本を読んでみて、私も
ちょっぴり石原首相を望むようになった。私もバカか?

233 :ルイ・アラゴン:2001/04/04(水) 03:48
「溶ける魚」読んだことがあるヤツいるんか?

234 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/04(水) 19:02
岩波赤帯だっけ。

235 :デフレスパイラル:2001/04/18(水) 22:37
このスレもう沈黙したかな

236 :山犬。:2001/04/23(月) 17:10
……沈黙はしているけど,チェックもしていたりして。

237 :デフレスパイラル:2001/04/25(水) 23:27
ハイペリオン読了
何で面白いのか自分でわからないのにとにかく楽しく読んでしまった
後書きの大森望の解説で何で楽しいのかわかった
ある意味ライトノベルの理想系なのであろう(SF板の人に怒られそうだが)

エンディミオンが楽しみだ

しかし読書のスピードと購入のスピードが噛みあわない…
購入速度と読書速度が等速ならいいのに>無茶苦茶言うな

238 :デフレスパイラル:2001/04/27(金) 22:24
スティーブンハンター「魔弾」を読み始める
結局、この人の小説はどれでも銃の薀蓄が語られるのだなあ
と、思ってみたり
でも凡百のライトノベル作家やワナビーと違うのは
その薀蓄が物語から決して剥離していないところなのであろう、
と偉そうなことを思ってみたり


239 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/29(日) 02:01
星新一とか、アルジャーノンに花束をとか

240 :・・・・・・・:2001/04/29(日) 02:03
死ぬことと見つけたり

241 :sage:2001/04/29(日) 02:07
よ〜く、考えるとこのスレッドって板違いのようなきがするな〜
だって、ライトノベル以外、の話題なわけでしょ?

242 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/29(日) 02:35
「以外の話題はここに集約」と解すれば
ひとつくらいは許容範囲かとも思われ
(いいのか?)
(まぁいいじゃん)

とか。

243 :かちゅ〜しゃヲタ:2001/04/29(日) 02:39
イアン・ワトソンの黒き流れシリーズ読了!
SF板ではオチが大不評のようだが、物語のオチとして個人的には、
まぁまぁ…

>>241
スレタイトルには、「普段ライトノベルを読んでる人は」っていう意が隠れているので、
問題ないと思われ。

244 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/29(日) 19:44
「放浪の数学者エルディッシュ」
興奮剤使って、一日14時間数学にとりくんだ、
実在したマッドな数学者の話。

変人好きにおすすめ。



245 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/11(金) 13:20
しかし実のところ、大概の本は「ライトノベル」に分類しようと思えばできちゃうよね。
偉大なり、ライトノベル(微妙に違

246 :デフレスパイラル:2001/05/11(金) 23:32
朝日文庫
東京地名考
まあようするに東京の地名解説本で小説とかじゃないんだけど
「地名」というのには何かしら意味があってつけられているのだな
と思わされ非常にファンタジーを感じる
家で読むよりは東京を散歩しながら読むのが正しい読み方か

各県版出してくんねえかな

247 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/12(土) 07:45
浅田次郎関係多し。

248 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/13(日) 22:52
中公新書とか岩波新書とか。



249 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/13(日) 23:35
シマダス
(財)日本離島センター

日本全国主だった離島850を網羅した島図鑑。
人口・面積・産業・名物・風俗だのを紹介したもので、伊豆諸島なんて有名なものも
あれば瀬戸内海の小島なんかも出てくる。
適当にめくっていると妙な歴史を持つ島とか出てくるので、暇つぶしにパラパラ読む
にはもってこい。
1154ページもあるので、雑学本として重宝している。

250 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 00:03
一番好きな作家は、太宰治。
けど人に勧めるのなら、初期の谷崎潤一郎。
「痴人の愛」とか「卍」とか、
主人公が超悪女に振り回される話が多くて
単純に読み物として面白いよ。
なんせ耽美的・悪魔的作風と評されていた頃の作品だしねぇ。

251 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 00:33
チーズはどこへいった?
は面白くなかった・・・。
なぜか小説と勘違いして買っちゃったのだ・・・。


252 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 00:47
夏目漱石が好きだ……。あの文体にはウットリする。もうメロメロ。
「夢十夜」ではまった。異色作だけど。

芥川龍之介は設定とオチが好きだ。目の付け所が違うんだよねぇ。読みやすいし。
みんな好きだが、中でも大鏡から題材をとった話がお気に入りじゃ。道長かっこええ〜〜〜。

253 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 00:50
>>251
あれって結局なんだったの?
立ち読みしようかと思うと売りきれる。

254 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 01:14
>>253
一言で言うと、こうすれば成功するよ的人生道しるべ本です。
ねずみと小人を主人公にした、一応物語形式になっております。
主人公達は「迷路」に住み、「チーズ」を捜し求めるのです。
「チーズ」は、仕事だったり恋愛、人間関係などをあらわしているのですね、はい。

255 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 03:48
講談社ノベルズが多いかなぁ。
やっぱり萌え萌えかもね。

256 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 03:53
神林長平。「敵は海賊」シリーズはライトノベルの範疇なんだろーか?
そうなような違うような。
もう神様みたいに好き。
硬派な作品では「完璧な涙」とか「プリズム」とかいいな。
「ライトジーンの遺産」も面白かった。

257 :山犬。:2001/05/14(月) 10:39
「宮部みゆき」の「パーフクトブルー」を購入。
……まだ,読んでない。

258 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/16(水) 17:36
働くことがイヤ人のための本
紹介と、はじめには以下で。

http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-02/16374/16374.html
http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-02/16374/tatiyomi/page2.html
http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-02/16374/tatiyomi/page3.html

259 :sin:2001/05/16(水) 17:57
故・池波正太郎の「剣客商売」
もはや別格。親父がハードカバー版を持っているにもかかわらず
ガッコの行き帰りに読むために文庫版買ってみたり。
もう続きは読めない…。
どっかで遺稿とか出んかな。

260 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/16(水) 20:37
新宿鮫読んだ。かなり面白かったので続きも読む。
でも図書館では人気の品なので、なかなか……。

261 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/16(水) 22:51
>>260
買ってもいいだろうよ、鮫の出来なら。
古本屋でもいいからさ。

262 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/16(水) 23:00
買うのは毒猿までって教えておこう。

263 :山犬。:2001/05/16(水) 23:46
>>262
私としては,新宿鮫シリーズは
「3.屍蘭」「4.無間人形」も良作と思うのだが。

>>260
古本屋に置いてあるよ,新書版で良いならなおさら。

264 :久しぶりにあげてみよう:2001/06/03(日) 00:15
「ぐるぐるなまいにち」
エッセイ集だけど、漫画、イラスト、写真がふんだんに
もりこんであって、サービス精神を感じる。
ビンボー話の「レインボーライス」に激ウケしてしまった・・・

265 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 02:05
春琴抄。

私が読んだ全集だと、句読点が異様なほど少ないので、
読みにくそーと思ったが、そうでもなかったデス。

266 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 02:27
柘植久慶。人がガンガン死んで楽しいっす。

267 :山犬。:2001/06/03(日) 02:29
真保裕一の「トライアル」

268 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 02:38
サカ板ではケチョンケチョンに言われている金子達仁の「決戦前夜」
ドキュメント風なのに嘘ばっかり書いているとの噂だが
この本を読んだ事がきっかけでサカーをマジで観るようになった。

269 :sage:2001/06/03(日) 05:20
このスレ、自意識過剰なのが渦巻いてるようで、気持ち悪い
「僕ちゃんはこんなの読んでるんだ〜」ってことだろ?

270 :パタヘネ:2001/06/03(日) 10:10
>>269
だってそういうスレだもん。あたりまえじゃん。

271 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 12:12
平岩弓枝とか、宮部みゆきの時代物かな。
池波に負けずおとらず食べ物がおいしそうなのもいい。

272 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 14:32
原田宗典。の、エッセイ。ライトノベルじゃないけどライト。


273 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 18:36
グアテマラ虐殺の記憶。怖すぎ。

274 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 19:01
黒豹シリーズ。
大人のライトノベル。
面白すぎ。

275 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 19:14
中西輝政「なぜ国家は衰亡するのか」PHP新書
マジで面白い。図書館で借りたのに、本屋で買ってしまった。

276 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 20:13
三島由紀夫。
あと純文学系。

277 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 22:48
>266
 でも、柘植サンは間違っても「元グリンベレー」ではないので気をつけられたし。


278 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 23:48
>>276
 三島かぁ、結構好きだけど、読み出したキッカケが「帝都物語」だというのは周囲にはナイショだ(ワラ

279 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/04(月) 04:24
三島由紀夫の『午後の曳航』を読んで、
「ドキュソって昔からやることが一緒なんだな」と
呆れるやら情けないやら(w

280 :266:2001/06/05(火) 05:21
>277
よくは知らないけどそうらしいね。でもま、殺しのシーンがおもろいのでよいと思う。

281 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/05(火) 05:24
三島由紀夫。
谷崎潤一郎。
純文学が多いかな。
江戸川乱歩とかも。

282 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/05(火) 06:08
宮部みゆき・遠藤周作・池波正太郎・三島由紀夫・
つーかあんま読んでないな・・・

283 :名無しより愛をこめて:2001/06/05(火) 13:49
なんなんだ、この三島人気は?


284 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/05(火) 16:53
さいきん面白い発見があったからじゃないか>三島

285 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/05(火) 17:04
ふと本棚にあった、司馬遼太郎を読んだ。
思春期の頃を思い出した、、

啓蒙書とか、青臭い本はほとんど捨ててしまったが、
たまたま残ってた司馬読んで、捨てなきゃ良かったと少し後悔。
「坂の上の雲」の続きが気になる、買ってくるか…

286 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/05(火) 17:34
途中で止まってたんかい!

287 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/05(火) 17:54
>>286
捨てちゃったのよ…
「超整理法」かなんかを読んだ後の掃除で
本をまとめて捨ててしまった、、、

俺って貧乏だから、既読の本を何度も再読し続ける人間なのに…

288 :名無しより愛をこめて:2001/06/06(水) 18:17
>>287
いや、思春期のころ、途中でやめられたのかーと思って…

289 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/07(木) 00:34
ガンダム占い0079-0080 を読んだ。

ジオングだった。

290 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/09(土) 08:38
澁澤龍彦の高丘親王や幻想博物誌など。

291 :デフレスパイラル:2001/06/09(土) 11:03
俺、水中型ザク…

292 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/14(木) 08:33
解析概論
ランダウ力学
K&R


293 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/14(木) 10:00
俺も坂の上の雲読み出した〜。今一巻の終わり。
秋山の兄貴が以上にカッコイイ!

294 :アトガキに騙された名無しさん:2001/06/14(木) 15:53
西村寿行氏のシリーズです・・・
スゴクイイ・・・出会いは中学生当時のオナ目的だったけど
動物モノに哭く・・・あと徳田萌え(クク・・・



295 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/14(木) 22:26
>>246
谷川健一って知ってる? 岩波新書の日本の地名、続・日本の地名もスゲー面白いよ。
なんかこれのネタだけで推理小説のトリックとか伝奇小説の伏線に一味かませたり
できそーなぐらい。

296 :デフレスパイラル:2001/06/14(木) 22:49
>>295
知らなかったので購入検討リストに入れておきやす。ありがとうございます

そんなおいらが今日買ってきたものは「地球美紗樹」岩原裕二 角川エースコミックス
確かに「エースネクスト」なんて雑誌に載ってるとは思えないほど面白い>言い過ぎ

297 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/14(木) 23:10
パウル・カレル著  バルバロッサ作戦  焦土
ドイツ軍がカッコよすぎる・・・
壊滅の場面までカッコよく書かれている・・・


298 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/15(金) 13:07
存在と時間


299 :山犬。:2001/06/15(金) 14:36
……「ガンダム占い」が気になる。週末探してみよう。

300 :イラストに騙された名無しさん@既視感:2001/06/15(金) 22:09
宮崎市定の『遊心譜』(中公文庫)。ナカナカ面白いよ。

301 :エロ師:2001/06/16(土) 05:47
ダニエル・キース著 「アルジャーノンに花束を」
同 「24人のビリー・ミリガン」
同 「ビリー・ミリガンと23の棺」

うーん、趣味と資料がごちゃ混ぜだ。

302 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/16(土) 08:26
ザ・殺人術。

303 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/16(土) 20:47
資本論

304 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/16(土) 21:51
でぃだのガラス
昴5
南国動物楽園綺談

ぜんぶ漫画。一番下のが一番好きかな(動物のお医者さんにイタいぐらい影響されてるけど)

305 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/17(日) 18:08
今日は特攻天女の26巻を読みました。

306 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/17(日) 20:23
ローマ人の物語読み始めた……つまらん。
途中から面白くなるの?

307 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/17(日) 21:53
巻ではなく、自分が歳をとれば面白くなる。
塩爺とは逆に、中年オヤジのアイドルだから。

308 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/18(月) 03:53
>>306
人によると思う。
そういうのはじめてならなら。シーザーの巻をまず読むのがいいと思うよ。


309 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/18(月) 14:14
やっぱ一巻だからかなあ。
ハンニバルの話が読みたくて、ついでだから1から読み始めたの。
歴史を題材にしたのなら、宮城谷さんも司馬さんも好きだし、
もうちょっと先まで読んでみるわ。

佐々淳行さんの本と併読してるけど、ドキュメントの方が合ってるかも。

310 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/22(金) 23:27
大宰の「人間失格」
あぁ、鬱だ…。

311 :衝浪:2001/06/22(金) 23:35
>>310
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/6568/main.html
そんなあなたにこれをお勧め(w

312 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/30(土) 00:25
age
SF、ファンタジー系だと
指輪物語、アシモフ、ハインライン
文学系だと
半分お勉強として読むから
面白かったのはファイトクラブを書いた人の
サヴァイバー
新興宗教の生き残りの話。

313 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/30(土) 19:49
一橋文哉の新作が出たら必ず買う。
宅間をネタに書いてくれるのは何年後だろう。

314 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/01(日) 21:45
フォーサイス、マンセー! 『ジャッカルの日』萌えぇ〜!(←古いか?)

315 :山犬。:2001/07/02(月) 02:17
佐々木譲「真夜中の遠い彼方」

友人に1年以上貸していた本を取り返してきた(笑
これは、お気に入りの本の3つに間違いなく入る。思い入れなら1番かな?
高校時代、新宿の古本屋で購入した書籍。
小説の舞台も新宿、その頃、狂ったように新宿歌舞伎町通いをしていたから、
その舞台の演出がとても嬉しくて、登場人物たちが羨ましくて……

でも、絶版後に「新宿のありふれた夜」に改題するのは止めて欲しかった。

316 :新米:2001/07/03(火) 00:08
気の向くままに〜♪
というか、そんなに読んでないよ。(苦笑)
お薦めは宮部みゆき先生の本ですね。
・・・・・・・・・・・・みなさんよんでるだろうけど〜。
ちなみに私はこの人の江戸時代とかの話より推理小説(?)の方が好きですね。
(いや、いろいろ書いてるんですけどこの方・・・)

317 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/03(火) 00:21
自分のお気に入りは『ザ・ベスト・オブ・サキ』かなあ。

318 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/03(火) 00:30
秋田ファンで村上春樹ファン。

むろん文体自体はかなり違うんだけど、ああいう「うだうだと書きこまれる文章」っていうのが
好きなんだよね。

319 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/03(火) 00:56
澁澤龍彦、中島らも、牧野修…は見かけたら即買う。
村上龍、小林泰三、遠藤周作、貴志祐介、藤原伊織は財布の中身次第。

320 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/04(水) 04:09
##年ぶりにラリイ・ニーヴンの「リングワールド」を読み直す。
ティーラ・ブラウンは寿美幸の子孫説を激しく提唱(w

321 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/06(金) 00:04
ふとしたきっかけで聖書を読み始める
いろんな物語の原典なので知ってれば以降の読書がおもしろくなりそうだってことで、宗教は関係なし

(が、聖書単独で読んでもよくわからんし、わからんとつまらん。滞り気味)

他積んであるのは「不夜城」「アンドロイドは電気羊の…」半村亮の「妖星伝」
「デューン」も古本屋で仕入れたが、以前どこまでよんだか記憶が飛んでる…

322 :イラストに騙されがちな名無しさん:2001/07/06(金) 23:55
このスレ観てふと思う。
……ライトノベル以外読んでない(w
最近は、シーフォート、オナーハリントン、ヴォルコシガンサガあたりくらいか。
でも、これらってライトノベルっぽいしなぁ。

あー、竹内久美子の本はちょっと面白かった(「浮気人類進化論」他。)

323 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/08(日) 04:22
ライトノベル以外だと、有名所しか読んでないなあ。
「ファウンデーション」「アルジャーノンに花束を」「夏への扉」。
京極夏彦、島田荘司あたり。
純文学は川端康成と遠藤周作読んで挫折したな。
マンガはあさりよしとお、竹本泉、ゆうきまさみあたり。

ちなみに今読んでるのは「プログラミングPerl」だ。(w

324 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/08(日) 08:44
>>323 わはは、それオレも読んでる。。。でもはじめてのPerl購入を
検討中・・・とほほ・・・。

325 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/08(日) 16:41
なんかこのスレ見てると、ちょっと小難しい本なんかをこれ見よがしにカバー無し
で電車ん中で読んで、「俺はこんな難しい本読んでるぜー」って一人悦にいってた
厨房時代を思い出す・・・・

326 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/08(日) 21:10
そーかなー…
でてる中で小難しい感じの本は少ないよ
単純に好きだから読んでそう
有名どころは面白いのが多いから有名になるわけだし、

327 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 00:04
>>325
リアル厨房のころという条件つきなら、俺にも身に憶えあり。
興味も無い岩波の外国純文学とか、教室、電車で読んでた。
でもその本が好きな訳じゃないし、そういう(高尚な?)本を
読んでる自分が好きっていう超ナルシー状態で……若かったな。

328 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 00:11
小難しい本ってどれとどれのこと?>325

329 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 00:52
この一週間で「エンダーのゲーム」「死者の代弁者」
「ゼノサイド」「エンダーの子どもたち」を読んだ。
これから「エンダーズ・シャドウ」を読みます。
ううっ、睡眠時間が容赦なく削られて行く……
「僕はイーグル1・2」と(いまさら)「ブギーポッ
プは笑わない」も一緒に買ったんだけど、積んだまま。

330 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 01:18
>>329
エンダーがらみなら、無伴奏ソナタが抜けている。
で、それを読んだ後は、ソング・マスターに行ってみよう。
第七の封印と反逆の☆はあとまわしでも可。
第七はヒロインが妖獣に犯されるというすげー話です。

331 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 01:40
>>214
「ピンチランナー調書」の冒頭は笑った。
あのノリでライトノベル書いて欲しい。

332 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 02:05
>>329
なんだあんた俺のドッペルゲンガー?
というぐらいかぶったよ
つうかゼノサイドが何処の本屋にもなかったのはあんたのせいか。

333 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 02:08
>330
第七……。どんな話なんだ。興味がムラムラと湧いてきたぞ。

334 :329:2001/07/09(月) 02:28
>>332
とりあえず、結婚しとくか?

335 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 02:33
イーグル読んだらスレに感想かいてくれや。>>329
沈みがちなのよ。

336 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 12:47
今朝、積読の山ひっくり返したら
「つかぬ事をおうかがいしますが……〜科学者も思わず苦笑した102の質問」
とか言うのが出てきたので読んでます。

いつ買ったのかも覚えてない……

337 :クランケ:2001/07/09(月) 12:57
>>336
表紙買いしたのではないかと思われ(w
俺も読んだが役に立つような立たないような微妙な内容だった

338 :イラストに騙されがちな336:2001/07/09(月) 14:24
>>337
覚えてないけど十中八九、イラスト買いですねこれ(w

まだ半分しか読んでないけど、確かに、役に立つかどうかは……
ただ、こういうユーモアは結構好きです。たまにツボ入ってにやりとかしちゃいますわ(w

339 :ホン本:2001/07/09(月) 15:08
たけし怪獣記

340 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 19:44
>>329-330 >>332
あんたら吉野朔美の『瞳子』って漫画を読んでみてくれ!
無伴奏ソナタがとりもつ友情話(ごく一部)があるぞ!!

341 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 22:22
>>338
真偽を問わず、この手の雑学本ってけっこうネタになるから好き。

>>340
ほう……

342 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/12(木) 00:07
http://www.cyborg.ne.jp/~sympow/entrance.html

343 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/12(木) 00:29
最近読んだのは「フリッカー式」講談社ノベルズ

「おにーちゃん」と言って起こしに来る妹や、食事をつくりに来てくれる
幼馴染が登場する物語

でも、メフィスト賞だなぁ・・・

344 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/12(木) 00:57
俺は宮本輝が好きだ。
青春小説の名手と謳われるだけあって、ライトノベル読みでも案外いけるかも。
「避暑地の猫」とか。

345 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/13(金) 05:09
>>343
く、詳しいあらすじを熱烈にきぼーん!

346 :クランケ:2001/07/13(金) 05:49
「青の炎」もそんなような話(妹)だと聞いてきて借りてきたはいいがまだ読んでねえな

347 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/13(金) 23:07
>>345
最後の2行はメール欄・・・はぁ・・・

348 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 00:04
宮部みゆき
佐藤賢一
貴志祐介

などがコンスタントに面白いと思われます

349 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 01:34
似てるなあ、好きな傾向>348

ちょっと疲れたときには北村薫なんかも
いいです。「覆面作家」シリーズがお薦めです

350 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 17:47
佐藤大輔の「皇国の守護者」かな。最近新刊も出たし。

351 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 17:58
推測と反駁

352 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/18(水) 14:27
それはライトノベルという意見もあり>350

353 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/18(水) 16:46
「天使墜落」読了。オモロかった。
これの「萌えヲタバージョン」とか読みたいなぁ(藁

「天使墜落」のあらすじ。
・環境保護意識が狂的に高まった未来社会。SFは『環境破壊の元凶
となる科学技術を礼賛するもの』として弾圧されていた。
・ある日、地上と縁を切って独自に発展していた宇宙ステーションの
宇宙船が、地球に墜落してしまう。
・地球人に捕らえられれば処刑されてしまうこと間違いなしの宇宙飛
行士を救うため、政府の目を逃れて地下活動(SF小説を読む。同人
誌をつくる等)を続けてきたSFファンたちが立ち上がる。

と、こういう話。……しかし、児ポ法案が成立すれば、本気でライト
ノベルを隠れて読まにゃならん時代が来るかも知れない(藁

354 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/19(木) 01:12
文庫が出たので福井晴敏の「TwelveY.O.」を読んでみた。
面白かったと思うが……実はライトノベルかもしれん、これ。

355 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/19(木) 01:17
>>354
漫画やエロゲはともかく、ライトノベル、いや小説って
児ポ法に引っかかるのか? 画像が対象でなかったっけ。
まあ、それでもイラストがヤヴァいってことになるか。

356 :355:2001/07/19(木) 01:18
ごめん。
>>353だった。

357 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/19(木) 01:37
>>354 ガンダム書いてた人だね・・・

358 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/19(木) 06:09


やまむらはじめ 「エンブリヲン・ロード」

359 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/20(金) 11:12
>>353

人口問題の深刻化により、一組の夫婦が一人の子供を持つこと
しか許されなくなった未来社会。
祖父の遺品の中から「シスプリ」関連の書籍、映像作品を見つ
けた主人公(高校生・男)は、「妹」という存在に強い憧れを
抱いていた。
そんなある日、主人公の前に「主人公の妹」を名乗る少女があ
らわれて……というような話か?
見所は、「シスプリ」で歪んだ兄妹観を培われた主人公の、妹
に対する狂った言動(藁

360 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/20(金) 11:50
中国では、動物園などに子供を二人連れて行くと、
まわりから羨望のまなざしが集まって痛いらしい。
子供を二人もてるというのは、特権階級に属する人間だけだから。
そんな一人っ子政策の状況はもう変わったんだろうか。
海賊版にしろ、正規輸入版にしろ、日本の作品で兄妹が出てくる
ものは多かろうに。

361 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/21(土) 02:10
>>360

  二人目を妊娠してる女性が強制的に堕胎させられた(お
偉いさんの娘は当然、強制中絶を免れた)っつー、なんとも
気の重い話を読んだぞ……

中国に仕事で駐在してるおっさんの書いたページだった。

ネタであってもらいたいもんだ。

362 :イラストに騙されがちな名無しさん:2001/07/23(月) 06:19
中国の一人っ子政策って、実質終わったって聞いた気がする。

http://tanakanews.com/971101china.htm

363 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/29(日) 07:34
大塚英志と福田一也の書いた「Voice増刊号 選挙に行く前に読んでおけ」
まだ半分しか読んでねえ、間に合うか?

364 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/30(月) 00:27
学生時代の友人が中国から帰化した人だったけど、
母親が二人目を妊娠したときに近所の人(たぶん)に密告されて
強制中絶…そのときに不妊手術も勝手にされたそうだ。
もっと早く帰化していれば弟や妹ができたのに…と言っていた。

365 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/31(火) 13:48
>>364
洒落にならん程鬱になる話だな。
俺一人っ子だったから、小さい頃親に「兄弟が欲しい」って泣いてせがんだことあるよ。
今思うと恥ずかしいが。

366 :クランケ:2001/08/01(水) 22:25
本屋のベストセラーの棚を眺めて発見した
「この方法で生きのびろ!(草思社)」
アメリカでミリオンセラー!とか煽り文句がついてて
どうしてこんな緊急時の対処本みたいのが売れてるのかと中を読んで納得

「呼吸が止まってしまったとき」
「凍傷になったとき」
「腕や足を骨折したとき」
まあここらへんはまだいい

「車でスピンターンをするとき」
「熊に襲われたとき」
「銃撃戦にまきこまれたとき」
まあ、ここらへんもアメリカだしありだろう

「車に自分の車をぶつけて突破するとき」
「剣で戦わなければならないとき」
「走るバイクから車に飛び移るとき」
(;´Д`)ドンナトキヤネン

役に立つといえばたつんだが実生活に生かすことがあるのかどうか…

367 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/01(水) 22:31
池波正太郎や藤沢周平といった時代小説。
つうか、親父がこの系統をたくさん持っていたので、
時代小説 → ライトノベル だったりした。
剣客商売の佐々木三冬に萌え萌えだったなあ。

368 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/02(木) 13:30
>>366
>「車に自分の車をぶつけて突破するとき」
>「剣で戦わなければならないとき」
>「走るバイクから車に飛び移るとき」
ハリウッド映画に出るとき

369 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/04(土) 00:12
バイオハザードに巻き込まれたとき

370 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/07(火) 02:25
早川JA 谷甲州「星の墓標」
久々に読み返したけど、やっぱり泣ける。
基本設定はハードSFなんだけど、でてくる人々全てがもの悲しすぎ。

ジョーイ(イルカ)とオルカ戦隊、ジョーイの飼育係の話はかなり鬱になりました…

371 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/07(火) 02:59
マサヤの漫画。

372 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/07(火) 03:28
小説にのめり込んだ原点としてたまに赤川次郎
それ以外じゃ「Cの福音」シリーズ辺りか
なんか「主人公はこんなに凄いんだぞ〜」と言ってる感じがちょっと嫌なのだが
それを無視すれば重厚でなかなかいい

373 :ファメリカーレ:2001/08/07(火) 04:52
京極夏彦とか森博嗣、いわゆる講談社ノベルス系。

あとは外国だとクーンツとかウンベルト・エーコ。

374 :山犬。:2001/08/07(火) 09:16
東野圭吾「秘密」
文庫になったので購入しておいた品を,やっと読み始める。
映画は見たかったけど機会を脱してしまい,ハードカバー版は
高いし保管に場所を喰うから敬遠していた結果だ。楽しみ。

原作では,娘の年齢は小学5年生だったのか。
……ろりこん?

375 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/08(水) 22:23
>>371
逝ってこい
http://news2ch.omosiro.com/masayaita-moderu.html

376 :今日読んだ本。:2001/08/09(木) 21:51
「科学史はパラダイム変換できるか」
村上陽一郎へのインタビュー本。
理系の専門用語羅列本と違って平易な文章がとっつきやすい。
中学生くらいから大人まで楽しめそう。
・・・出版は10年前だけどね。

377 :読む暇作らなきゃ・・・:2001/08/10(金) 21:01
国内の純文学・・・と昔は即座に答えたもんだ。

漫画・ライトノベルばかり読むのにも飽きたので、四柱推命の入門書でも読もうかなぁ・・・。たまたま家にあるし・・・

378 :るはた:2001/08/11(土) 15:03
『バト・ロワ』がけっこー好きだ。かなりボリュームがあるけど。
あと手塚治虫の『ブラックジャック』もいいな。かなりお薦め。
後は皆ホラー系になるかな。鈴木光司に貴志祐介に宮部みゆきはホラーじゃ無いか。
そのへん。

379 :山犬。:2001/08/13(月) 15:58
佐々木譲「武揚伝」上下巻 各2200円
 江戸時代末期の函館戦争でリーダーを務めた榎本を主人公にあてた小説。

おおお,ちょっと高くないか? 高いよな,少なくとも私には高い。
おまけにでかくて保管に苦労する,新書で出して欲しかった。
ハードカバーなんて「手ごたえ」を楽しむもので,図書館で借りるものだっ,
まして2000円を越える書籍なんて基本的に買うものじゃ,買えるものじゃないっ!

それに外出先で読むのが主流の私にとって,このでかさ厚さはちょっと。
人を撲殺できそう,拳銃弾ぐらいなら止められますな,防犯道具ですかこれ。

……でも買いました。だって読みたかったんだもん。
この作家じゃなきゃ,ぜったいに買わねぇぞ (T^T)

380 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/14(火) 22:29
宮城谷の中国モノはある意味ファンタジーだな。
歴史小説の中ではかなりライトノベルよりだと思うぞ。

あとは金庸の武侠モノだな。
美少女キャラが奥ゆかしくて萌えたっぷりだ。

381 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/14(火) 22:43
>>378
バトロワはライトノベルです

382 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 13:46
えぇっ?! あれはムックっていうかペーパーバックだよ。

383 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 16:27
ハヤカワ・創元もライトノベルくさい。
好きだけどね…。

384 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 17:13
ライトノベルくさいかどうかは別にして…
スティーブン・ハンターの「スワガー・サーガ」シリーズ。
中でも「ダーティーホワイトボーイズ」が一番好きだったりする。
「外伝好き」なのかな、やっぱり。

「煙か土か食い物」も良い。主役の暴走っぷりがたまらん。

385 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 17:24
>>383
そんなあなたにカズオ・イシグロ

386 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 17:28
The UNIX SuperText

387 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 18:03
阪神が勝った翌日のデイリー

388 :山犬。:2001/08/23(木) 09:58
山田風太郎のミステリー集。

大正生まれだよ,この人。
傑作集で,ろくに聞いたこともない出版社から出ているので,
文庫のくせに1100円。
ハズレだったら泣くぞ。

389 :クランケ:2001/08/24(金) 22:46
諸星大二郎
「栞と紙魚子と夜の魚」
漫画が絵で書かれてることに意味を感じられる漫画
とりあえずこの板の住人だと「古本地獄屋敷」のオチは苦笑すること間違いないだろう
俺もああならないようにしなきゃ

390 :イラストに騙された名無しさん:01/08/26 20:11 ID:LWfinQeU
佐藤賢一「双頭の鷲」
いやあ、面白かった。
この作者ははずれがないよ。
直木賞作家というだけはある。

391 :山犬。:01/08/31 18:41 ID:McFgIWSs
崎山克彦「何もなくて豊かな島 南海の小島カオハガンに暮らす」
いかんな。こういったものを読むと,また何処かに行きたくなってくる。

392 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 12:56 ID:LRa69S.A
「パーンの挑戦」アン・マキャフリィ
買った。今から読む。
続きがでるまで、長かったなあ。
歌う船よりこっちがすきだなあ。

393 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 12:58 ID:pO3JoO9o
「葉隠」をすこしずつ読む。
鍋島武士かっこよすぎ。
隆慶一郎の「死ぬことと見つけたり」もセットでね。

394 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 17:54 ID:PJJcUiLA
岩波文庫の「アナバシス 敵中横断6000km」を読んでます。
この本を読んだアレクサンダー大王がペルシャ征服を志したという
エポックメーキングな実録です。簡潔な文体とギリシャ傭兵隊の
強さが光る一編です。
PS
 トルコとかイラクで迫害されるクルド人の先祖も出てきますが、
このころから人の話に耳を貸さない民族なんで驚きました。

395 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 18:03 ID:SS2vNnzk
>392
わ。やべ。本屋で見たのに買ってなかった。。。。
因みに俺が原書を手にいれたのは1992年・・・もう訳されないと思っていたよ・・・。

396 :イラストに騙された名無しさん:01/09/03 13:49 ID:DiMcJJEw
ハードSFに時代小説、純文学からノンフィクションまで。皆さん教養豊かですね。
ライトノベルは必要ないんじゃないかと思ったりもするのですが、やはりライト
ノベルにしかないものがあるのでしょうか?

397 :クランケ:01/09/03 13:54 ID:W7NO2gsM
本は「必要・不必要」で読むのではなく
心の従うままに読みたいものを読んでいるだけさ

398 :山犬。:01/09/03 14:15 ID:D66E6zM6
>396
美人の女子高校生や,可憐な女子中学生や,小憎らしい女子小学生が
半裸でラブってコメってきゃーきゃー言いながら,主人公を蹴たぐり
倒すのはライトノベルしかないんだな,これが。< 偏っ!

努力も訓練もせずに自己愛と自己正当化の結果,視野狭窄したヒロインの
後押しを受けて,稀有な能力で一方的な判断による「悪」を倒す,
ストレス解消的な物語もライトノベルにしかないんだな,これが。< 違っ!

399 :イラストに騙された名無しさん:01/09/03 14:17 ID:lwrCjWOQ
>美人の女子高校生や,可憐な女子中学生や,小憎らしい女子小学生が
>半裸でラブってコメってきゃーきゃー言いながら,主人公を蹴たぐり
>倒すのはライトノベルしかないんだな,これが。

○○○○じゃん(藁

400 :イラストに騙された名無しさん:01/09/03 14:19 ID:RVpPgA26
>>396
なんか低レベルな煽りだな。
ジャンル分けっていうのは便宜上の存在でたいした意味は無い。
ジャンル分けに縛られるな。

401 :雷手:01/09/03 15:00 ID:/5NyZccQ
「白い犬とワルツを」テリ−・ケイ、新潮社。
表紙の犬の絵に引かれて買ってしまった。
老人と犬のちょっといい話。ほろりとさせられちまった。

402 :イラストに騙された名無しさん:01/09/04 21:11 ID:S9rJQtkc
>386
おお、あんな分厚い物を!。
俺はUNIXプログラミング環境ですたい。edの使い方覚えてもなー。

403 :イラストに騙された名無しさん:01/09/05 21:45 ID:JyAQNmU6
日米空母戦史
淡々と繰り返される戦闘描写、日米の技術格差
アメリカ人のファイティングスピリットを嘗めきった腐れ大日本帝国軍人
日本が負けたのも当然だと納得する大作

404 :イラストに騙された名無しさん:01/09/05 21:54 ID:YGOQFMO6
InterCommunicationの最新号・・・・・・・・しまった、ひろゆきが出てる。
これじゃ難しそうな本に見えない(藁

405 :雷手:01/09/11 01:38
「呪禁官」牧野修 祥伝社。
呪術系学校の友情伝奇もの?なんつーか。
いや、それなりに読めたんだけど。
ジュブナイルテイストが強いんだよね。
これは20代前半までだろうなあ。>対象
一番気に入らないのは…年頃の女の子が一人も
登場しないことだッ。
なぜか映画のスタンドバイミーを思い浮かべた。

406 :山犬。:01/09/11 02:15
「BOOK OFF」にて各100円で発見。大当たり。

「バンコク楽宮ホテル」徳間文庫・谷恒生
  1990年初版。
  タイ,バンコクの安ホテルにたむろする日本人と娼婦にスポットを当て,
  ベトナム戦争後の東南アジア激動の時代,難民が大量に発生した時期の
  物語りなのだが……なんつーか,この作品でボートピープルだか
  紛争難民だかに高校生時代から興味を持っていたら,私の東南アジア観は
  おそらく大きく様変わりしていたことだろう。
  個人的なきっかけは,佐々木譲の「真夜中の遠い彼方」
  「きみの素敵なサクセス(プーケットの恋人)」が原因だったから。
  同じ題材で,ここまでアプローチや見解や物語り違うつーのも,なんだか。
  どっちも現実の一見解を,おおきく膨らまして物語にしているわけだが,
  (つか,現実を舞台にした創作物語ってそういうものだよな)色が違いすぎる。
  いや,出会った順番に後悔はしていないのだが。ま,いろいろ考えさせられた。

「そばにはいつもエンジェル」集英社コバルト文庫・佐々木譲
  見つかるとは思いませんでした。
  新書で1997年に再販されたけど,昭和59年(1984年)のコレが
  初出だった。その初出の品だ,絶版の極地。
  内容に関しては,ヒロイン(?)が乗る車が違うだけ。
  あとは装丁とイラスト。
  今度は「あこがれは上海クルーズ」「湾岸道路は眠らない」が
  見つかるといいのだが。ま,期待しないでおこう。つーか無理だ。
  しかし,イラスト野暮ったい(苦笑

407 :雷手:01/09/13 23:49
「Shall we ダンス?」アメリカを行く
周防正行 文春文庫
文庫化してたんだなあ。アメリカでの表題映画の全国上映の
サクセスストーリーの裏舞台を監督自らが旅行記っぽく
ばらしてる。475ページが長く感じなかったぐらい面白かった。
映画また見たくなっちゃったよ。

408 :イラストに騙された名無しさん:01/09/17 13:04
SFと戦史(NOT仮想戦史)と地理学がメインだなあ。
あとはたまにミステリ。純文学はよく判らない。

「闇よ落ちる無かれ」
 L.スプレイグ・ディ・キャンプの作品。
 早川文庫・早川銀背として出ていたが、絶版。
 タイムスリップものですが、タイムスリップした先の時代に関する
知識は十分にあり、言葉も不自由は無いが、ろくな道具も持たず
頭と口先で勝負する男が主人公。
 一読の価値有りだと思うんだけどなぁ。

【敵は海賊】シリーズ
 作:神林長平。
 凶悪無比な胃袋を持つ黒猫と凶悪無比な常識人であるところの
対コンピュータフリゲート(人工知能)と凶悪無比な実力を持つ海賊
のおりなすドタバタ喜劇(と書くと一部嘘)。
 能天気に読みたければ、同じ作者の「人工惑星迷惑一番」がお勧め
だけど。

409 : :01/09/18 14:22
「サリンジャーは二十歳までに読んでおけ」だとよ。
うるせえおおきなおせわだ。

「エズミに捧ぐ」  ナイン・ストーリーズ所収
 37頁の静かな短編。アメリカ文学で萌えるとは思わんかった。
「イギリス貴族令嬢(十三歳)」とか「ノルマンディー上陸作戦」とか
そういうキーワードに反応する人は、是非。

 「笑い男」   同上
 ボーイスカウト団長と、彼が語った冒険活劇にまつわる思い出話。
 打ち切りになった漫画や、続きが書かれなくなった小説の
あれやこれやを思い出して、なんか切なくなった。

410 :イラストに騙された名無しさん:01/09/18 14:44
それはサリンジャーを二十歳過ぎて読むとこっ恥ずかしいからだ。
なんつーか青いんだよな。ま、そこがいいんだけど。

アメリカ政局のばたばたを横目にフィリップ・ロスを読むのも
また一興。

411 :遅レス:01/09/18 16:32
>>343
↓の通りの本なの?
ttp://homepage2.nifty.com/tureduremuso-an/re-01.htm

412 :イラストに騙された名無しさん:01/09/18 17:00
>441 ワラタ なんつーか、解説だけでお腹いっぱい。新本格って
こいういうのだったけか?

413 :イラストに騙された名無しさん:01/09/20 16:26
The Art of Computer Programming

414 :イラストに騙された名無しさん:01/09/20 22:57
>390
自分もちょうど昨日下巻を読み終えた。
面白かった。
ただやっぱりこれはライトノベルに近いんだろな。

415 :イラストに騙された名無しさん:01/09/20 23:51
今マッカンドルー航宙記読んでます.
久しぶりの「もったいなくて先を読めない」本でした.
ライトノベルには,ない感覚なんだなぁコレ

416 :イラストに騙された名無しさん:01/09/21 18:31
井上夢人の本は面白かった。
がいしゅつだけどオルファクトグラム。
プラスティック・風が吹けば桶屋が儲かるも好き。

でも最近一番読んでるのは、2ちゃんのいろんなスレだ(ワラ

417 :一読者:01/09/21 18:51
なんだ、みんなまともな物も好きなんじゃん。

ならさあ、もっとライトノベルの間口も広げてこうよ。
あんましな文章のものが多すぎるよ。設定や、アイデアやキャラは
一流なひらめきなものが多々あるのにさあ。

418 :イラストに騙された名無しさん:01/09/21 19:28
菊地先生のエイリアンシリーズを読んでる。
オチが弱いなあ、この人。

あと竜馬がゆくを読んでるよ〜。

419 :イラストに騙された名無しさん:01/09/21 20:04
いま「エンデュアランス号漂流」よんでます。
なんかムショーにおなかが減ってくるな・・・

アーサーゴードンピムや狂気の山脈や氷のスフィンクスを読んだ身と
してはウェッデル海という文字だけでドキドキと緊張してしまう今日
この頃です。つかウェッデル海しか出てこないし。

420 :イラストに騙された名無しさん:01/09/21 20:06
>416
井上夢人は一番面白いのは「おかしな二人」だって。いやもうマジでマジで。

421 :416:01/09/21 21:18
>420
そうなの?
あれって岡嶋二人の時の裏話みたいなのだよね。
古本屋逝ったときに探してみるYo!

板違いなのでsage

422 :イラストに騙された名無しさん:01/09/22 21:36
風車祭読んでます。沖縄いきてーよー仕事休みてー

あ、婆ちゃんがいい味だしてました、この本。

423 :イラストに騙された名無しさん:01/09/22 22:02
パガジーパナス〜わが島の話〜?なんかそんなの書いてたよね風車祭の作者の人。
↑のヤツは好きだから、風車祭買ったんだけど、文庫分厚すぎて手ぇつけてないや(w

自分も沖縄いきたいなぁ。がっこやめてぇー

424 :イラストに騙された名無しさん:01/09/22 22:14
文庫出たので浅田次郎の『プリズンホテル』
笑えて泣けるですYO!

425 :山犬。:01/09/23 00:36
谷恒生「フンボルト海流」
 また娼婦ネタなのかっ,今度は南米ペルーが舞台だ。
 LET やる気なし主人公っ,一統航海士! そして男同士の友情っ!
 ヒロインが実にいい味出している,ああ,もう絶望するほどに。

426 :イラストに騙された名無しさん:01/09/23 08:41
>423
それ、漫画で読んだ(w すんげー面白かった。原作もこんなバカな話なのかな。
(いや、漫画化だから、それはそうなんだろうけれども) オージャガンマーが
少女漫画にしてはリアルにババァでなかなかイカすぞ。

このスレ、漫画もOKだよな?

427 :イラストに騙された名無しさん:01/09/23 08:44
>421
岡嶋二人の全著作を読んでからじゃないと強烈なネタバレだらけで(特に
トリック)非常に損をした気分になると思うんで、岡嶋二人の著作を読ん
でからにしとけよ。井上夢人ひとりで書いてることがポイント(w

428 :423:01/09/23 18:57
>426
原作も漫画と一緒でカナリ馬鹿だよ。
最終的には感動させる気満々て感じだけど。
漫画もいいけど原作もカナリイイYO。
カジマヤーの方も、さわりではカナリ馬鹿そう。
だけどその馬鹿さがいいんだよね。おもしろいもん。

漫画は・・。たぶんOKでしょ。限定されてるわけじゃないから、漫画も一応本だ。

429 :イラストに騙された名無しさん:01/09/26 10:39
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mystery&key=1001347476&ls=50
誰も読んでないうちからこの評判(w
ある意味、スゲェ読んでみてぇ。そんでバカにしてみてェ←・・・

430 :川上弘美:01/09/26 12:54
芥川賞作家ですがかなりキテマス。相当面白いです

431 :1:01/09/26 12:57
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

432 :イラストに騙された名無しさん:01/09/26 13:13
エッセイは話題の対象にはならないんでしょうか?

103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)