5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

誰にも理解されない自分だけの名作ありますか?

1 :名無しさん@そうだ選挙へいこう :2000/09/09(土) 23:19
人に話しても理解されない
検索かけてもヒットが少ない
そんな
天海飛行船ルゲイラングが自分だけの名作。

2 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/09(土) 23:26
ロバート・アスプリン:作(訳者は忘れました)
<マジカルランド>シリーズが好きです。
面白いと思うんですけど、周りは誰も読んでいないのです。




3 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 23:35
>2
おまえだけの名作があんなに続編出るか、ぼけえ!

と、思ってサイト探したらhttp://www2.tomato.ne.jp/~skeeve/
これしか見つかんねえ(泣


4 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 23:48
ザンヤルマの剣士だな。
ホームページ一個しかなかった。
しかも放置されてるっぽい……

5 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/09(土) 23:57
「六覇国伝」と「みならい忍法帳」
知ってるやつ2ch意外で見た事無いぞ。

6 :デビッド・ブリン :2000/09/10(日) 00:16
 の「リフトアップ・ウォー」シリーズは、名作です。
「ガイア」なんかもおすすめ。あー、早く続きを書いてくれー!

7 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 00:21
上杉光の「次元城TOKYO」かな。


8 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 00:42
ロ…ローダンシリーズ
誰も読み出そうとしてくれない…

9 :名無しさんの魂に安らぎあれ :2000/09/10(日) 00:45
花田一三六。
短編が多いから読まないのかもしれないけど、
かえって短編のほうが良かったとか思ったりした。
長編のほうはイタダけないけど、短編集はオススメなのになぁ。

10 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 00:48
>>4
ここでは結構評価されてるよ。
もちろん俺も。

11 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 00:52
真樹操の「金陵城内記」
ここ数年のスニーカーで唯一買っていたシリーズ。
神仙も英雄豪傑もでないほのぼの中国ものなのに…

12 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 01:02
>5
「みならい忍法帳」!
おう懐かしい。続刊ついに出なかったな。
作者は時代小説の方にいってるらしいし絶対出そうに無い。
イラスト無くてもいいから書いて欲しいんだが。



13 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 01:35
 秋月達郎「カーネーションの午後」かな。
 クライマックスの字組の美しさに圧倒された。

14 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 02:19
『緋牡丹警察2−0』 鳴海丈 徳間アニメージュ文庫
高校生当時、それこそ穴があくほど読んだ。
当時一番気に入っていたJ−popを聞いているとき、
「あ、これ、この話のエンディングとかにいいなあ……」
と閃いて、音楽に合わせて場面や動きを空想する癖がついた。
「こんな風に想像してもいいんだ」と目から鱗が落ちたその瞬間は、
今でもはっきりと思い出すことができる。
それから妄想癖がエスカレート。留まるところを知らず。
十何年たった今、わたしは同じ業界で生活している。
“名作”って言うより、“忘れじの一冊”ってかんじかな。
むろん今も、色あせた初版が、自分が関わった本と同じ棚にある。

                  ……ところで続巻は?

15 :名無し。 :2000/09/10(日) 02:20
ここ(2ch)で,あまり話題にならない,好きな作品という判断でなら……

富士見ファンタジア
 「装甲戦闘狩兵の哀歌」水無神知宏
 「スターシップ・オペレッタ」とまとあき・塚本裕美子
角川文庫
 「放課後,アイスティ」窪田僚
 「黄金拍車」王領寺静
角川スニーカー文庫
 「ヴァージンナイト・オルレアン」結城恭介
アニメージュ文庫
 「理姫−YURIHIME−」結城恭介
 「サンダーロード」鳴海丈
ワニブックス
 「同級生 もうひとつの夏休み」中山文十郎
ジャンプジェイブックス
 「おいしいコーヒーのいれ方」村上由佳

……話題にならないのは,単に,古い作品なだけか?


16 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 02:44
鳴海丈つながりで「聖痕者ユウ」も仲間に入れて下さい。
ちなみに本命は、小林信彦の「オヨヨ大統領」シリーズ。
そらまぁ、大阪万博時代だけどさぁ……でも今読んでも面白いよ。
火浦と並んでヤングアダルトの笑える双璧だと信じている。

17 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 03:18
誰にも理解されないに小林信彦をいれたら怒るやついっぱいいるぞ。
オヨヨは名作。もう古典になりかけているが。

18 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 03:29
古典…
くぅっ

19 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 04:48
>>15
おいしいコーヒーのいれ方は続きはどうなるのでしょう。
雑誌のJnovelが発刊されないとなると書き下ろしという形になりそうだけど。
俺も装甲戦闘狩兵の哀歌は良いと思うが、
2作品しか無い上かなり古いから話題には上がらないでしょうね。


20 :ペンネームC :2000/09/10(日) 09:50
装甲戦闘猟兵の哀歌は一冊のみ。
正しくは「鋼鉄の虹の小説は2冊」というべきだろう。
2冊めは甲斐甲賀という人が書いた。水無神氏の「哀歌」
と比べてしまうと、面白いとはいえなかった。ちょっとだけ
コメディ調の作品。

21 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 11:16
鳴海丈なら「虹の鯨とアップルパイ」も、是非〜。

22 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 11:31
阿木慎太郎「天空少女拳」
・・・理解は求めないよ・・・

23 :ペンネームC :2000/09/10(日) 14:02
>21
鳴海丈氏は「卍屋龍二」でヒットを飛ばし、
「エロ時代劇」「エロ剣豪小説」
みたいな人の路線になっちゃったから、
ああいうほんわか路線の話はもう書かないんでしょうね。
「神戦隊ノアフォース」も一巻のみで消えてしまったし、
ジュブナイルを書いていた頃の鳴海氏は不遇の作家でしたね。

24 :名無し。 :2000/09/10(日) 16:23
 >19
 >おいしいコーヒーのいれ方は続きはどうなるのでしょう。

たぶん,書き下ろしなり不定期連載なりで出版するんじゃないかな?
4巻の発売まで,ずいぶんブランクがあっても結局出版されたし。
最近になって集英社文庫で2巻まで出たよね?
つーことは続けるんじゃないかなー,と期待してるんだけど。

……それとも続きが期待できないから,出せるだけ出して収益を
上げようという,出版社側の陰謀なんだろうか……想像だけど。

 >ペンネームC

そうなんだよね。昨年になって,大型書店で彼の作品が気になり
「鳴海丈」で検索かけたら……結構ショックでかかった(笑)


25 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 17:48
>六覇国伝
>みならい忍法帳
>「黄金拍車」王領寺静
>「ヴァージンナイト・オルレアン」結城恭介
>「理姫−YURIHIME−」結城恭介
>装甲戦闘猟兵の哀歌

これらは私も面白いと思う。
しかし、流石は2chだ(笑
特に、理姫は思春期真っ只中に読んだからもう、なんか。

ニュータイプノベルズの「NOёL」は良いと思う。
3巻でねーのかな。

あと自航惑星ガデュリンもなにげに好きだ。



26 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 17:59
追加

飛火野耀の「もうひとつの夏へ」
だったか。モノが実家だから確認出来んが…。
同意は得られんかもしれんが、心に残る作品ではあった。



27 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 20:58
>ロバート・アスプリン:作(訳者は忘れました)
><マジカルランド>シリーズが好きです。

SF板の方が仲間いるかもよ。
ハヤカワ系ファンタジーはどうも向こうの範疇みたい。

>真樹操の「金陵城内記」

いいよね。あの雰囲気。
徳間から出ていた「蘇州狐妖記」がよくて続きでないと思ったらスニーカー
で新シリーズ書くようになってこちらも出ない。

藤井青銅も最近書かないからかあんまり語られてないけど、
「死人にシナチク」や「愛と青春のサンバイマン」は大笑い出来て好き。


28 :ペンくん :2000/09/10(日) 22:54
 元気か?。私が誰だかわかるかな?。そう某オペラ歌手
でーす。ちなみに、6は私でーす。

29 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 22:54
「雨の日はいつもレイン」川崎ぶら
「悪の江ノ島大決戦」(だったかな?)とまとあきと、誰か


30 :>27 :2000/09/10(日) 23:20
すっかり忘れてたけど、オレも好きだったんだよ。藤井青銅。
「愛と青春のサンバイマン」には笑ったなあ。
爆笑じゃなくて、にやにやって感じで。
あー、なんか読みたくなってきたよ。
ほんと、素直に、思い出させてくれてありがとう、って感じだ。
サンキュ!


31 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/11(月) 00:07
「死人にシナチク」かなり好きだった。
青年の主張、辺りは大ウケしたおぼえあり。

ところで、シナチク(もしくは支那竹)は、やや使用禁止用語に
なりかけ。「死人にメンマ」にタイトルは変わるか?
つーかもう売ってないか……。絶版なのか……。
 鬱だ……。「エルピー・プロジェクト」でも読もう……。


32 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/11(月) 04:39
藤井青銅って、今でも構成作家やってないか?
最近、どっかで見た記憶がある。

33 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/11(月) 11:01
中崎達也の「ビート・ガンナー」
結構名作だと思うんだけどなぁ・・・。

34 :名無しさん@ぼうや良い子だチョンボしな :2000/09/11(月) 11:08
>「愛と青春のサンバイマン」

10年近く前、NHK-FMでやってたラジオドラマは強力だった。
なんせ、例の『藤井青銅節』替え歌片っ端から流してたしな〜。

薦めないけど、私的お気に入りは、
「グッドバイ・ロリポップ」 松村光生、ハヤカワJA


35 :名無しさん@そうだ占拠にいこう :2000/09/11(月) 11:11
>人に話しても理解されない
>検索かけてもヒットが少ない

そんな
「血まみれ学園とショートケーキプリンセス」が自分だけの迷作。


36 :柏武文 :2000/09/11(月) 12:04
おれはリュカオーン。
スレイヤーズじろゃなくてこっちの路線も大切にして欲しかったにょ、富士見。

37 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/11(月) 12:43
>>34
実はつい最近読み返したばかりだったり。>グッドバイ・ロリポップ
近未来のネット社会に乾杯。
いや、俺も好きです。マジで。

38 :名無し。 :2000/09/11(月) 13:36
「理姫−YURIHIME−」結城恭介
私も思春期の頃に読んだんですよ,アニメ−ジュ文庫という媒体が
気恥ずかしくなっていた頃だったので,誰にも薦めれなかったけど
すごく好きな作品だった。

この作家,「ヴァージンナイト・オルレアン」以外には
「ガンダム0080・ポケットの中の戦争」のノベライズも
書いているんだよね。
この人のあとがきも好きだった,まっすぐで健全なあとがきを
書いていたのが印象に残っている。
……他に何か書いているのかな?


39 :名無し。 :2000/09/11(月) 13:42
>結城恭介
今,検索かけたら,ミステリーたくさん執筆してやんの。
帰りに書店よって探してこよっと(笑)


40 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/11(月) 14:26
>>36
おう、久しぶりじゃねぇか柏武文。
俺もリュカオーン大好きだったぞ。
縄手秀幸だっけ?今どうしてんだろ。

41 :柏武文 :2000/09/11(月) 14:40
>40
頑張っていて欲しいなあ。あれはいいよ。
あの頃はまだ天野喜孝もスカスカの絵じゃなかったし。

42 :柏武文 :2000/09/11(月) 14:53
俺は魔術師オーフェンよりも「一つ火の粉の〜」の方が断然好きっていう男だからなー。
古いタイプのライトノベル読みなのかしら。

43 :名無しさん@1周年 :2000/09/11(月) 15:43
おれも「一つ火の粉の〜」はちょっと好きだった
「ファンタジアもこういう路線出すのか〜」と期待してたら
出たのはあんなの(笑)で失望してたら世間じゃ大人気
自分にライトノベルは会わないと痛感しました
(最近やっと読めるようになった)

44 :名無しさん :2000/09/11(月) 18:16
あー、オレも「一つ火の粉の雪の中」はかなり好きだ
オーフェン片付いたら、またああいうのを書いて欲しいなぁ(もうムリ?)

五代ゆうがファンタジア大賞を受賞したのとかもあの前後の時期じゃ
なかったっけ?
あの時期は、富士見をいちばん熱心に読んでた(今は電撃好き)

45 :名無しさん@1周年 :2000/09/11(月) 22:27
「破剣戦鬼ジュネウ」荻野目悠樹
「シインの毒」が人気だけれども、個人的にはこっちが好き。
マジで暗いけどね。

46 :ペンネームC :2000/09/11(月) 23:11
藤原京氏の
「狼たちの荒野」
「狼たちの郷愁」
「狼たちの傷心」
 西部開拓時代のアメリカを思わせる異世界で、
賞金稼ぎたちが復讐や金のために、拳銃と
超能力で戦う話です。面白いし、アクションにも
迫力があるけど、暗すぎる。読者の気分がよくなった
瞬間を狙って、最悪の事態が発生する。だから売れ
なかったんだろう。鈴木雅久のイラストがついてるんだから、
売れたっていいのになあ。

47 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/11(月) 23:30
管浩江のセンチメンタル・センシティヴシリーズ。
今はなきSFアドベンチャーで山岸真が熱いレビューを書いていたので購入。
今でも続きが読みたいなあと思ってるんだが、無理だろうなあ。

>>34 37
グッドバイ・ロリポップは私も好きです

48 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/12(火) 00:38
名作か。
電撃文庫から出ていた(←過去形)、『星の果てまでぶっ飛ばす!』だな。
実に楽しんで読めた。
イラストレーターが楽しんで描いているのも、見ててとても気持ちいい。

『ソリッド・ファイター』についてはだいぶ既出なのでここではパス。

49 :名無し。 :2000/09/12(火) 03:12
角川文庫「水曜日にまた逢おう」小林弘利
 なんつーか,独特のテーマがあったような気がする……
 子供だましに近かったけど,俺りゃーその時子どもだったんだ。


50 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/12(火) 20:16
岬兄吾「ラブ・ペア」シリーズ。
子供心に衝撃的なエロさだったなはぁ。

51 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/12(火) 21:47
ソノラマ文庫「少女のようにキララかに」山下定。
素晴らしきかな変態。

52 :ホモスキー :2000/09/13(水) 19:10
「フィレンツェの魔風」武上純希。
アニメ・特撮方面の脚本で活躍されている方ですが、そのヘボンぶりは
決して「作り」ではなかったことを、これを読んで確信しました…。
大好きです。ビバアホアホ。

53 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/13(水) 20:07
笹本祐一『裏山の宇宙船 前・後編』ソノラマ文庫。
最初に発売予定載ってから随っっっっ分待たされた。
『星のダンスを見においで』発売当初は、こっちが『夏の宇宙船』の
改題だと思ってた私。ん?それでいいんだっけ。
両作とも夏休み万歳って作品に変わりないけど。

54 :名無しさん@1周年 :2000/09/13(水) 20:39
>『星の果てまでぶっ飛ばす!』
いやもう俺も無茶苦茶好きです。おやじのコレクションを見たときとか
思い出すだけで笑える。
鋼鉄の虹は両方とも好き。哀歌のほうが評価されてるのもなんとなくわからんでもないが。
売れてないんだね知らなかった。
ソリッドファイターも好き。ゲーセンに通ってた中学時代を思い出す。
どれもこれも、小説は売れなくても続編は出るもんだ
と思い込んでた時期の作品だねえ。

ヴァージンナイト・オルレアンもいいね。絵のきらびやかさはひくけど。

55 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 03:07
>26

「もうひとつの夏へ」か。村上春樹がそのままサイコSF書いたみたいな話。
無論厨房だった頃、だが、思想というか人生観に影響した小説というと、
「もうひとつの夏へ」と「星虫」だけかもしれない。

56 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 03:50
SQ文庫初期の「空飛ぶ龍鳳学園」が自分だけの傑作かなあ。
学園がまるごと異世界に飛ばされる、って話だったけど、
キャラ一人一人の立たせかたとかが上手かった。

イラストレーターの都合とかで中断されてて、結局そのまま
SQ潰れて沙汰やみになったのがすっげえ残念。

57 :56 :2000/09/14(木) 04:16
「空飛ぶ! 竜峰学園」でした、スミマセンm(__)m
作者は和智正喜さん。

58 :名無しさん :2000/09/14(木) 07:56
>56
竜峰学園、懐かしいなあ。「さあ諸君、反撃だ。」

 ゲームノベライズすれでちょこっと出てたけど
苑崎透の「超攻合神サーディオン」ってやっぱ
誰も読んでないのかなあ。
名作なんだけどなあ。


59 :名無しちゃん :2000/09/14(木) 11:31
>58
「超攻合神サーディオン」ならブックオフの100円コーナーで見つけて
読みました。ヒロインの回想や話の終わり方が、なんだかしんみりきますね。
苑崎透の著作ではシリアスモノで「トップをねらえ! ネクストジェネレーション」
なんかもオススメですよ。サーディオンに感じが似てますけど。
他にコメディタッチな「メルクリウスプリティ 錬金術師の憂鬱」
なんてのもなかなか面白かったです。

60 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/16(土) 03:59
ソノラマ文庫「クルーズチェイサー・ブラスティー」
どっかのスレッドで話題になったような気がするが。

61 :名無しさんMe :2000/09/16(土) 20:48
大久保町シリーズ。
くだらなくて好き。

62 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 12:18
>管浩江のセンチメンタル・センシティヴシリーズ

おおアレを知ってる人がいたか。

何で昔のヒロインてのは、設定が一見アレでも
「ギャルゲー臭さ」みたいのがないんだろうなあ。
(今読んでも)


63 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 16:53
>>56
www4.justnet.ne.jp/~wachim/
ここでvol.5が読める。

64 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 18:31
>>63
56じゃないけどサンキュ。久しぶりで懐かしかった。
SQ文庫だったら「最後の審判」も自分的に面白かった。
続き書いてくれ。

65 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 18:35
最後の審判、オレも好きだった。
昔は続きを待ってたんだけどね・・・。

66 :惣一郎さん :2000/09/19(火) 02:37
宇宙皇子かな 

67 :WPX :2000/09/19(火) 04:47
斎藤栄の「魔法物語」。個人的に、所謂「剣と魔法物」の小説では、国
内最高の作品だと思っている。

68 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 13:28
>>66
勇者発見

69 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 18:11
ノアフォース
赤面、ころげまわるような設定が好きじゃった。

70 :名無しさん@カバーおつけしますか? :2000/09/20(水) 07:25
「パルメランの夢」井辻朱美 ■(ハヤカワ文庫JA)

異国の騎士、あやかしの姫、海の悪魔、魔法の指輪
ひとと添い遂げた女神、呪われし吟遊詩人、
そういった者たちのタペストリー


71 :名無し。 :2000/09/20(水) 09:36
>66
貴方は本当にその作品がお好き(だった)なのでしょう。
間違いなく『誰にも理解されない自分だけの名作』です。

しかし予測するに,ほとんどの元読者はソレをここには上げません,
そして,世間一般でもソレを「名作」と呼びません,
追記するなら,私も決して上げません。

……栗本薫の「グインサーガ」並に地雷だよ,この書籍。


72 :ななし :2000/09/20(水) 15:31
宇宙皇子ってどんな作品なんですか?68と71を見る限りではどんなんか
わからんので

73 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/20(水) 15:40
スレタイトルから「誰にも理解されない」とあるように
なまじの作品はダメです

まさに「勇者発見!」なモノを求む
鬱のミコはここ的にベストです。はい。

74 :ななし :2000/09/20(水) 15:53
「うつ」と読むのか…どうも

75 :名無し。 :2000/09/20(水) 16:20
宇宙皇子……角川文庫,藤原桂介著作
 全50巻をうたい文句に執筆された,作家渾身のライフワーク作品。
 1984年に発表され,どうやら一昨年あたりで完結了した(らしい)

 日本の飛鳥時代あたりを舞台(スタート時)に,額に角(つの)を
 生やした,特異な生い立ちの男の子「宇宙皇子」の成長物語。
 歴史的に実在していた(とされる)修験者「役小角」の元に
 弟子入りした宇宙皇子が,人間の本当の幸せや解放を目指し,
 都の帝や貴族達との確執をしたり,仏教の神様(仏様?)
 と喧嘩したりするお話し。
 中盤で主人公は,神様の仲間入りをしてます。


76 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/20(水) 16:24
映画は本当につまらなかった。うつのみこ

77 :名無し。 :2000/09/20(水) 16:31
地上編・10巻 天上編・10巻 妖夢編・10巻
……あと,よく知らない。

とにかく,主人公は悩みます。
人間は何故苦しむのか,何故幸せになれないのか,
愛情と責任の両立は可能か,何故人は死ぬのか,
本当の自由とはなんなのか,人を救うとは何なのか……

いつまでたっても同じところで悩んでます。
成長しても,能力が上がっても悩んでます。
神様になっても,指導者になっても悩んでます。

そもそも,死後の世界(仏の世界)が出た時点で,
当初主軸の『死』に関しての解答が出なくなります。
成長ものでありながら,年の取り方が最初の10巻で,
もう致命的なミスを犯します。
ハズレを覚悟すれば,まぁ地上編だけは読めるかもしれません。
決して私のように天上編まで読んではいけません,後悔します。

78 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/20(水) 17:36
たしかあとは・・・
煉獄編・10巻 黎明編・8巻・・・だったと思う。
拾遺伝とかいう番外編も4巻ぐらいでてた・・・と思う。
黎明編は7,8巻がそれぞれ2冊分の話になっていた。

スレの主旨と違うのでsage

79 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/21(木) 14:26
鬱の巫女にはかなわんが(笑

『星の果てまでぶっ飛ばす!』(電撃文庫)にもう一票。
ここで見てからいろんなエンジンで検索かけたが、ホントにヒットしなかった(笑

あと『念術小僧−大江戸サイキック・ボーイ−』(新潮ファンタジー) 加藤正和かな。
古典落語からのパクリまみれだけど楽しめた。
この人今なにやってんのかな?

80 :名無しちゃん :2000/09/21(木) 22:34
>77
>とにかく,主人公は悩みます。
だから鬱の皇子なのね……失礼。

81 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/22(金) 07:29
密かに「名もなき本」ゆうきりんは、面白かった。


82 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/24(日) 01:30
安彦良和の『鋼馬章伝』シリーズ。
ほんとにほんとに大好きで、今でもたまに読み返す。
もう、小説は書かないのかなぁ。

83 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/24(日) 03:32
東京忍者

84 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/24(日) 07:36
樋口明雄の「爆風警察」シリーズ

85 :電脳名無しさんの群れ :2000/09/24(日) 16:01
>>34,>>37,>>47

私も凄い好きです。何十回読み返したことか。
でも個人的には「わが母の教えたまいし歌」の方がおきにいり。
なんにせよあのネットワークの設定には爆笑させて頂きました。

ところでその後の松村氏が気になるようならこちらを尋ねてみるのも一興かと。
できれば励ましのメールも添えて。人生いろいろあるね。

ttp://www3.wind.ne.jp/kogeikan/ueno3.htm



86 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/25(月) 22:37
>84
>樋口明雄の「爆風警察」シリーズ
「爆風警察」もいいけど、個人的には「ハイスクール重機動作戦」のほうが好き。

87 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/25(月) 22:40
青の騎士ベルゼルガ物語

88 :>「ハイスクール重機動作戦」 :2000/09/26(火) 00:17
伊藤伸平のマンガ『東京爆発娘』をまるまるパクって知らんぷりした大問題作でしたねぇ(笑

89 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 00:43
お初にお目に掛かります。xx様。xといいます。
コナンの検索を辿ってきたら、このサイトに辿りつきました。 このサイトは新快なんですね。
嬉しいです。 私は、新快派なのですが、まだまだ数的には少ないんですよね。
だからここを見つけた時は、嬉しかったです。 小説も私好みで面白かったし。
これからもちょくちょくとお邪魔させて頂きますね。
サイト運営などは大変でしょうが頑張ってくださいね。
応援しています。このサイトは好きになりましたので。
それでは、失礼します。おやすみなさいませ。

Re: 初めまして。 x - 2000/09/25(Mon) 04:05 No.20 ハ
初めまして、xxxです。
早速ですが、諸注意を。BBSのカキカタについて、少し注意さ
れた方がいいと思います。
「私好みで」「好きになりましたので」などは、慇懃無礼な言い
方だとはお思いになりませんか?何気に使っている言葉であって
も、相手の立場で考えて、言われて嬉しい言葉と、そうでない言
葉とは理解された方がいいと思います。
初めましてから注意というのもなんですが、トップにありました
ように、ここはマナーを第一とさせていただいていますので、敢
えてレスいたしました。ご容赦ください。

//clover.cside2.com/TSUKIYA/bbs/yybbs.cgi
厨房観測中(笑

90 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 00:57
>85.88
あのシリーズは俺内ライトノベルランキングではベスト5に入る作品だ。
「爆風カーニバル」読んだ勢いで、学園祭の実行委員になってしまうほどにはまったぞ(苦笑)

パクリ元の漫画の台詞、一巻の冒頭に持ってきといて知らんぷりも何にもないだろう(笑)

91 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 01:11
小中千昭「ディフェンダー」(電撃文庫)

あー、すっきりしすぎる書き方(悪く言うとスカスカ)なんだけど、
これに関してはさわやかな感じがして、好き。


92 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 01:48
>>90
パクリ元の漫画の台詞を一巻の冒頭に持ってきたからといって
許されるもんでもないのでは…(許されるって言い方もアレだが)

しかし「ハイスクール重機動作戦」って『東京爆発娘』をパクって
いたのか、今度読んでみようかな。

93 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 02:48
メインキャラがどっかで見たような奴ばっかというのは難点だけど
(主人公は「爆発娘」だし、映研の部長は「うる星やつら(TV)」のメガネだし・・・・・・)
2作目以降のアクションは一読の価値ありだと思う。
伊藤伸平というより、伊藤明弘に漫画化して欲しい感じ。

94 :93 :2000/09/26(火) 03:00
しまった、sageてた。

正直な話、俺は「ハイスクール重機動作戦」自体はそれほどでもなかった
一回の高校生にあんなもん作れるか、ってのがあったし。
でも続編の「バンパイア特捜隊」「爆風カーニバル」は最高だから
「ハイスクール」に引いた人もガマンして読んでくれ。

95 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 02:01
このスレって手に入らないものが多そうだねえ

96 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/29(金) 23:17
とうにライトノベル適齢期を過ぎてしまった大きいお友達(含むオレ)が
適齢期に読んだもの書き込んでるからなあ。
「誰にも理解されない」ので人気無くて続編は出ないし再版もされない。

97 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/29(金) 23:21
とうにライトノベル適齢期を過ぎてしまった大きいお友達(含むオレ)が
適齢期に読んだもの書き込んでるからなあ。
「誰にも理解されない」ので人気無くて続編は出ないし再版もされない。

98 :名無しさん@そうだ占拠にいこう :2000/10/01(日) 16:11
大久保町シリーズは密かに人気ある気が。
あのまったりとしていてそれでいてしつこくない文章が好き。

99 :ペンネームC :2000/10/01(日) 16:45
98>
うん、普通の富士見とか読めないけど、
これは好きって人がいる。

100 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/02(月) 15:14
小室みつ子の「彼女によろしく」。

スニーカー文庫初期だったと思うけど、当時厨房だったオレは何回も何回も
読み返すくらい好きだった。
今でも古本屋で見かけると保護してしまう…。

101 :#aborn :2000/10/02(月) 17:39
清水義載のハンター&ウィッチが好きだ。

102 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/03(火) 23:46
 >92

 爆発娘と重機動作戦両方読んだけど、最初の設定以外パクッただけで後は全くの
 別モノよ。
 つーか、途中で放り出された爆発娘よりパクった方が格段に面白い。

103 :ペンネームC :2000/10/04(水) 00:15
嵩峯龍二の作品群についても書いておくべし。
とくに不遇の作品は「ルニセク群雄伝」かな。
出来はよかったよ。
忘れ去られるには惜しい作家だ。復活するって話だけど
本当かなあ。

104 :名無しより愛をこめて :2000/10/04(水) 00:24
>99
大久保町シリーズって電撃じゃなかったか?


105 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/04(水) 00:29
電撃だよ

ちなみに私も好きです>大久保町 悪魔の国からこっちに丁稚も持ってるし。

106 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/04(水) 04:16
サウロン・ハデシアの「魔法使いの探索!」を覚えている人はさすがに
いないかな。ライトノベルの先駈け的な作品だった。
今思えば、ということであって、今じゃ箸にも棒にもかからんやろうけどな


107 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/04(水) 04:45
>>106
げげ、コイツばかりはだれも知らないと思ってたのに。
1988年初版、東京出版。
そう、最初読んだときはショックだったよ。
読み返したいとは思わないけど、まだ本棚にある。
続編は出なかったんだよね、たしか。
再販はされたんだけどな。

108 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/04(水) 11:37
「かいけつ オヤコドン」(小山高生作 朝日ソノラマ)。
ガンダムフィーバー中に発売された、良くも悪くも70年代テレビまんがの尻尾を引きずったほのぼの家族ギャグ。
腰巻には「サンライズアニメの原作」と書かれていたが、結局アニメ化されなかった。

「旅立ち −亜美・終章−」(倉田悠子作 富士見美少女文庫)。
社長が角川春樹になり、角川のブランドを守るためかつて角川から発売していた奇書を富士見が引き取ることになって以来、富士見は時代小説とエッチな作品を出していた。
購買層が高くジュニアを取り込もうとしたのか、ライトエッチで出版された美少女文庫の第1弾。原作は言わずもがな。同文庫には吉岡平や「聖エルザ」の松枝蔵人も執筆。

「旅立ち」は作者の力量も高く、一人称のライトノベルでオムニシャント(第三者視点)が使われなかったのは珍しかった。(でも倉田悠子のオリジナル小説はつまらなかった)
93年「続・黒猫館」を最後に小説を発表しなくなる。誰かの変名だったのだろうか?

109 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/04(水) 18:31
>>102
爆発娘って完結編でてるよ。

110 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 05:23
逆に自分には理解できない小説ってある?


111 :>> 110 :2000/10/05(木) 08:06
 ロードス島戦記。

 挫折を知らない御都合主義全開成長物語ファンタジーに、あそこまで
 の支持が集まるのが最後まで理解できない。
 1巻だけなら短編としてわからんでもないけど、それ以降は全部駄目。

 あとは、ログナロク。
 そして、あかほりさとる全部。

 あんまり書くと「買ってはいけない」とカブるのでココまで。
 

112 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/05(木) 09:24
>110,111

スレの雰囲気ぶちこわし、別スレたてろ

113 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 10:39
波多野鷹の
”博習館シリーズ”、「都市に降る雪」
嫁さん(久美沙織)の本はいっぱい出てるのに・・・。


114 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/05(木) 15:02
>>112
別スレッドはたてなくていいです。積極的に。

115 :111 :2000/10/06(金) 07:58
 ごめん、つい脱線したよ。
 というわけで、本線復帰。

 銀河聖戦記 ソノラマ文庫 岡本賢一

 特に「ディアスの天使」クライマックス50ページほどの疾走感には素晴らしい
 ものがあった。
 後に続いた「銀河冒険記」が「タイムクラッシュ」以外イマイチだったせいか、
 本当に話題にならない。

 リナ・グレイ、ロリだけど良いキャラだよ。

116 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/06(金) 22:43
瀬川貴次 暗夜鬼シリーズ
文章はスカスカだし展開は先が読めるけど、なんかハマる。
空蝉挽歌編はつまらんが。

117 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/07(土) 10:31
「玻璃の惑星」櫻井牧

なんか、ああいう外惑星ファンタジーみたいなのが好きだ。

118 :ペンネームC :2000/10/07(土) 10:35
おお、そうだそうだ忘れていた。
字野耕平「ブートレガーズ 神仙酒コンチェルト」
1920年代アメリカを舞台にしたギャング同士の構想という
ネタはライトノベルでは珍しいと思うし、
かなりテンポがよく読みやすかった。「疾走感」はこの小説にも
あると思う。私はどうも洞察力が足りないらしく、「シングルショット」
の正体に仰天した。友人に言わせれば、「あれはすぐに気づくぞ」との
ことだが。
 瞬く間に読み終え、そのままファンレターを書いて投函しました。
 そんなことやった小説はこれだです。

119 :魔界皇子虎王伝 :2000/10/07(土) 10:57
「この身にかしずく者も持たなければ、この身がぬかずく者も持たぬ」

TVで流れた「魔神英雄伝ワタル」のアナザーストーリー。
現代編の「虎王伝説」はいまいちだったけど
異世界編の「虎王伝」は面白い。

120 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/10(火) 12:32
安芸一穂の「オペレーションMM」シリーズ。
期待を裏切らないが予想も裏切らない素直すぎる展開と、
ほとんど毒のない健全すぎるストーリーは、一面物足り
なくもあるが、妙に爽やかな読後感がある。
ヒネリすぎて失敗してるような小説の後にこれを読むと
心が和む。やっぱ直球こそ王道。

121 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/11(水) 02:39
 レディーガンナーの冒険と言うのが、全然周りで読んでる人がいない。
 あれは続きが出るのかどうか……

122 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/11(水) 22:31
>>121
それは私も読んだ。が、話はあれで完結していると思う。
おもしろかったけど、続きは出さないほうが良いかもしれない。

123 :ペンネームC :2000/10/11(水) 23:13
>120
「オペレーションMM」は確かに面白かった。
ヒロインの女の子が「ワン!」とか言ったりするが……
あれはもしかして、でじことか、えみるとか、くるみとか、
そのへんの「変なしゃべり方の女の子」のはしりかな。
 同じ作者がその後に書いた「サイドワインダー」のほうがより
好きだが。太陽系内だけで戦うスペオペってのが新鮮に感じられて。

124 :名無しさん@2周年 :2000/10/13(金) 03:56
なつみどり(現夏緑)「海賊船ガルフストリーム」
直球勝負の北欧もの。
コミカルにしようとしてるのにうまくいってない不器用さが逆に好きだった。

この人ゴルゴ13の原作書いたりしつつ最近もいくつか出してるけど、
個人的には面白くない。

125 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/13(金) 15:02
大久保町が大好きでした。
ああ、どこにしまいこんだんだ私・・・

126 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/13(金) 16:04
>124
ファミ通文庫から出た新刊は、北欧神話ネタです。雰囲気は、「ガルフ
」とは大分違うが。

127 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/13(金) 16:09
IP抜くぞと息巻いてたタコがどの口で言うかな。

128 :win :2000/10/13(金) 16:37
「小娘オーバードライブ」ってけっこう好きでしたね。
全体的な雰囲気がのんぽりしてて。

129 :名無しさん@そうだ煽りにいこう :2000/10/13(金) 17:30
>>127スレ違いです

130 :ななし :2000/10/17(火) 01:45
宇宙皇子以外考えられない

131 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/17(火) 07:37
「夜明けの歌を謳う天使」(SQ文庫)

・・・SQ文庫って潰れたの?

132 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/19(木) 17:27
「能無しワニ」シリーズ(早川)
今ならどーみても、ライトノベルだよなあ。

133 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/20(金) 01:19
ライトノベルでも「能なしワニ」ぐらいのエロ描写はアリ
だと思うんだが、現実的には難しいんだろうなあ……。


134 :むは :2000/10/20(金) 02:44
お、能なしワニを知ってる人が居た..
当時中学生だった儂にはあのエッチ描写は、ドキドキ物だったな。
恥ずかしくて流し読みしちゃったり。
能なしワニの後に出た英雄モノはちょっと引いちゃって、結局続きどうなったのやら(1巻しか買わなかった)

その後作品見ず、数年後にGAMEノベライズで出会ったときは驚いたな、上巻は面白かった。

135 :名無しさん:2000/10/24(火) 20:32
こんな良いスレが100落ちしてるのはいかんよ、まったく。

136 :にゃふ:2000/10/24(火) 21:30
自分でもどこが面白く、何故毎回あんなに新刊を探しまわったのか
不明だけど、コバルト文庫「風の城の物語」シリーズ。
作者のセンスは古いし、目新しいネタはないし、これは完結した
ものの、同じ作者さんの他シリーズは中途打ち切りだし。
……しかし、私の中では屈指の名作なのだ。
主人公たちの旅が貧乏臭かったせいかもしれん(笑)。

137 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/24(火) 21:39
覚えてます<風の城の物語
後藤星のイラストが綺麗だったなぁ。


138 :>137:2000/10/24(火) 23:08
レスが来てるっ(感涙)。
って絵だけ?(笑)後藤さん、りゅーまのほうが有名やし。

>136
 追記。
 貧乏臭いのはセコイって意味じゃないだす。
 マジでビンボー……。コバルト一ビンボーな旅をした小説じゃあ
ないでしょうか。
 他の見所は…………あったかな

139 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/25(水) 22:12
冴木忍の作品の中でもとくに嫌われている「星の大地」
科学者の爺さんがあまりにダメダメでステロタイプなのは減点だが、

各登場人物が奮闘努力して、それでも大半はうまくいかなくて、
でもその中からなお、立ち上がって歩き出すラストシーンは大好きだ。

あのラストはよく救いがないと言われるが、
私は絶望の中から再起する主人公を描いたものと思っているぞ。


140 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/26(木) 00:59
「大菩薩峠の要塞」朝松健・・・だめですか?

141 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/26(木) 03:02
「俺の脚には鰓がある」が結構好きなんだけど。

142 :ペンネームC:2000/10/26(木) 09:05
>141
歴史群像で以前やっていた爆撃機の記事を見る限り、
「富永浩史さんはライトノベルではなく、
素直に架空戦記書いた方が向いてるんじゃないか?」
という気がする。

143 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/26(木) 11:24
>>142
sageは半角でな。

144 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/27(金) 00:28
何年か前に富士見ファンタジア大賞取った「風の白猿神」滝川 羊著は?あれ、バリバリ続く雰囲気だしてんのに続刊出ないんだけど。

145 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/27(金) 00:35
バーバラ・デリンスキーの「三つの願い」。
いいと思うのだが・・・。

146 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/27(金) 02:59
>>67
おお、同士発見。
「レイテア」「リクラノーム」の二編もよかった。

また、あの世界の物語を書いてくれないかな・・・。

147 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/27(金) 04:18
>>144
おお、そうですよね。あれって出たのもう5,6年前ですよね。
結構続き楽しみだったのに、まだ出てないんですか。。。
ぜんぜん完結してないのに。もしかして、作者は
断念したのか、もしくはつづきがうまくかけなかったのか。

148 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/27(金) 09:24
>144、147
スレ立ってますよ。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=951266444&ls=50

149 :名無し総理大臣:2000/10/27(金) 12:10
「ナノハザード」(電撃文庫)
結構面白いとおもうんだがなぁ〜。(軽く読むくらいという前提で・・・)

150 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/27(金) 13:49
丸我と南から北男

151 :世界@名無史さん:2000/10/30(月) 00:28
「暁はただ銀色」
知ってる人います?

152 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/30(月) 00:52
惣領隆の『彼女のつばさ』(講談社ホワイトハート)。
最大の弱点は、古本屋を含めどこにも売っていない。

153 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/30(月) 00:59
「Kの流儀 フルコンタクトゲーム」
講談社ノベルスから出た、極真空手バンザイ小説。
もろ少年チャンピオンなノリで、「刃牙」とか「覚悟」好きならはまると思うんだが、周囲に誰も読んだ人いない……。

154 :キラキラ星人:2000/11/01(水) 23:58
風の城・・・じゃなくて「青幻王のサーガ」どうなったんでせう??

鳴海丈。コバルト追放されたそうですが、「大江戸えいりあん草紙」の
つづきが読みたいよう。

155 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 09:23
五月香ロケーションシリーズ。
森雅裕著。

何処を切っても金太郎、な作者だが、好きなんです。

156 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 17:03
野尻抱介「クレギオン・ヴェイスの盲点」
スペオペいいっす。

157 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 17:05
スレッドあるやん、理解されてるって>156

158 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 17:14
>157
書きこんだけどめちゃくちゃレスが少ない。
自己レスで上げるのもアホみたいだから書きこめない。
こう見るとマイナーなのかなって思う。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/02(木) 19:26
>156=158
言いたいことはわかったから、このスレからは去れ。

160 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 21:10
「蜜柑山稀譚」
後、既出だけど「グッドバイ・ロリポップ」と
一連の小林弘利さんの小説ね。

161 :日本@名無史さん:2000/11/03(金) 15:34
なんかここに上げられてるの
って鈴木雅久が挿絵かいてるのが多いなあ
鈴木雅久が表紙を書くと良作でも売れなくなるのかなあ




162 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/03(金) 15:55
>>161
関係ないでしょう。
でもソノラマの岡本って人の作品、一回だけ鈴木さんの挿絵に惹かれて買ったけど、
面白くなくて投げ捨てた記憶あり。

163 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/05(日) 08:08
運命のタロットシリーズ。
認知度は(同人誌サイドで)あるんだけど、
名作と思ってる人はあんまいなそう。

うっせーなこれで人生について考えたんだよ、わりーかよ。

164 :名無し:2000/11/05(日) 10:21
ワイス&ヒックマン「ダーク・ソード」。確か富士見。
理解されないっつーか、俺の周りが誰も知らないんだけど。
サガフロ2はこれの設定モロパクリだね。
末弥純とのファーストコンタクトがこれだった気がする。
いい話だった。少し泣けた。

165 :ペンネームC:2000/11/05(日) 20:07
>164
海外ファンタジーは、ライトノベルとは読者層が
違う気がする。

166 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/05(日) 20:30
ワイスとヒックマンはドラゴンランス繋がり。
普段でかい口たたいてるわりにはモノ知らねえな>C

167 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/05(日) 23:48
トビヒノ。「UFOと猫とゲームの規則」もアタマおかしくてスキだー。

168 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/06(月) 15:09
「ラスト・マジック」
「星虫」の影にかくれていたけど、
密かにあたしゃ好きです。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/09(木) 02:13
最後の審判大好きだ〜!!!!!

170 :ブーリバ:2000/11/09(木) 09:03
最後の審判面白いねぇ。
今の人達はもう知らないのかな、やっぱ。
飯島氏はもう小説書かないんか・・・
ダンザルブや刺殺忍暗夜行の続きも見たいなぁ。
結局、完結してんのBURAIだけか・・・


171 :名無しより愛をこめて:2000/11/13(月) 15:57
マジでいまだに続編まってるんですけど>最後の審判

172 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/13(月) 16:59
>>164
ダークソード、暗いけど良い話だったという記憶あり。
私の周りでも読んでるやつ少なかったけど。
ドラゴンランス好きだったから読んだ。


173 :名無しのオプ:2000/11/13(月) 22:53
>>168
「ラストマジック」ときましたか。なぜかイラストも著者が描いてるという青春野球小説ね。
実は、まだ持ってます。
つーか、新潮ファンタジーノベルシリーズはほとんど持ってたり。「星虫」とか「イーシャの舟」
とか、「年術小僧」とか、「メルサスの少年」とか。

174 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/13(月) 23:07
「戦国魔神ゴーショーグン」アニメージュ、首藤剛士。
完結待ってます。
ビッグソウルはどうなったんだー

175 :名無しさん@そうだカダスにいこう:2000/11/13(月) 23:13
ソノラマのかたゆでマック。
作者も思い出せないし、最初の方は詰まらんのだけど
4巻の「ラットレーサーブルース」が良かったんだよー。


176 :狂気山脈いいとこ一度はおいで:2000/11/14(火) 02:00
ルニセク群雄伝。
いつになったら二巻でるんじゃ〜(マダアキラメキレン・・・)

177 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/14(火) 02:42
「ルドルフォ・3」図子慧
出ないって聞いても諦めきれない・・・

178 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/14(火) 03:06
>>176
ラストの誓いの言葉が忘れられんです。
まあ続きでないだろうけど(;;)


179 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/14(火) 03:22
最近のグッチ裕三見てると「オヨヨ大統領」シリーズの
ルミちゃんのパパを激しく思い出してしまう。
同志が多そうなので、ここに書いてみたり。

180 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/14(火) 12:24
内藤渉「カレイドスコープの少女」かなぁ。
しばらくライトノベル読んでなかったんだけど、これだけは一気に読めた。

181 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/19(日) 02:47
須和雪里の「サミア」
ホモだから薦めらんないよ(T^T)

182 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/19(日) 11:16
上げとく


183 :ペンネームC:2000/11/20(月) 13:26
このスレッドでいいのかどうか知らないが、
葛西伸哉「エシィール黄金記」(ファミ通文庫)は面白いよ。
一巻は大したことないけど二巻は凄かった。

184 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/20(月) 19:18
>>183
どう凄いんだ?

185 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/20(月) 20:29
>青の騎士ベルゼルガ

俺も凄い好きだ。
一生忘れない小説のひとつ。

後半は嫌いという人が多いが、俺は好きだ。
若いうちに読めてよかった…。


186 :ペンネームC:2000/11/20(月) 20:45
>183
国を滅ぼされた王子がいて、
最初は復讐を誓っていたんだけど、逃げてるうちに
考えがかわって、戦争というもの自体を否定する
ようになった。で、武力ではなく商売によって
戦争のない、みんなが幸せに暮らせる世界を創ろうと
努力する。それがエシィール黄金記。
 この題材からしていい感じだ。
 で、その途中で
「戦争ではなくても、人を死なせてしまうのは同じではないか?」
とか
「一つの想いをくみとれば、別の想いを切り捨てることに
なるのではないか?」とか悩むわけ。
 その過程がものすごく切実に描かれている。凄い。
 あと、商売を行うためには、でてくる国とかがどういう
組織構造をもってるとか、この勢力は何を求めている
とかそういう設定が必要だけど、そのへんも凄くきっちり
している。これが今年のベストかも知れない、と考えを
変えつつある。


187 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/20(月) 22:02
>この題材からしていい感じだ。

とおっしゃるあなたの感性とは一生相容れそうにないです。>ペンネームC様
煽るつもりはないのですが、エシィール黄金記の経済論は
非常に薄っぺらいという印象を抱きました。
同様に、2巻の遺髪をどうこう(ネタバレのため流します)いうエピソードも
ありがちな予定調和としか思えないのです。
延々とわらしべ長者物語をやっていた方が
オモロ話として良かったのにな。。。もう読まない。

188 :ペンネームC:2000/11/21(火) 01:24
>187
そりゃ失礼。まあそういう感性の差(そこまで言われると自信をちょっと失う)
があるからこそ、こういうスレッドが必要なわけだ。
まさしく葛西伸哉こそ、このスレッドにふさわしいな。

189 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/21(火) 05:59
会川昇のガンヘッド小説版。
銀光の狂獣、紅き荒野の狩人、ガンヘッド正伝、と3冊出た。

中身はサイバーパンク+ハードボイルド?
ライナー真島(正伝以外の主人公)の生きっぷりは
肯定はできないが反面無視もできん。

190 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/21(火) 06:07
ウォーターソング
名作、つーほど入れ込んでいるわけでもないんだが、内なる水の歌姫が好き。

かなりぼろくそに言われているが、そこまでひどいかなぁ?


191 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/01(金) 21:29
キノの旅上げ

192 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/01(金) 21:50
ルニセク群雄伝。
続きが読みたい。


193 :久世:2000/12/02(土) 00:53
>128
俺も好きだ>「小娘オーバードライブ」
上手く言えんが、面白い。俺は後の巻ほど好き。


194 :久世:2000/12/02(土) 01:17
「漆黒の戦鬼」
  シャドウラン・ノベルFirstRun。富士見ファンタジア。

近未来。東京。
「魔法」が復活し、世界は「覚醒」した。
メイジが企業に雇われ、銃が全てを制圧し、世界が企業に支配される
時代。上野の森には精霊使いが集い、人類史上主義者は亜人を迫害し、
電子と銃火器の発達した時代。

ストリートの中で、武術家の少女「桂」と、トロール涅槃が出会う。
師匠を殺される桂。脱走兵の涅槃。彼を始末すべく追う工作員と、
謎の男の動き。
フィジカル・アデプト(武術家)の少女の過去の物語。

クオリティは高いのに、是非以前に存在が知られてない作品。
俺は好きなんだけどな……。


195 :久世:2000/12/02(土) 01:21
>194
海外版のシャドウラン(ドロドロ陰湿。残虐)が好きな人には向かない。
けど和製シャドウラン(陰惨な世界で、それぞれの想いをかかえて生きる)
ってのが好きな人にはオススメ。


196 :久世:2000/12/02(土) 01:44
「五霊闘士オーキ伝」。電撃文庫。全5巻。

1巻だけだと、ありがちな戦隊もの。
 だが、巻を重ねるごとに「通常でない」展開が増え、話が急速に深みを増す。
2巻の時点で、ただの「戦隊もの」とはちょっと異色な展開が始まり、
3巻のラストで、物語は一気に急転換する。
 そこまで読めば、最終巻の5巻までノンストップで熱中するはず。

「ありがちな展開」
「よくあるパターン」
 を色々とぶち壊している作品。

1巻が「パターンそのもの」だけに、それが全てだと思うと大間違いだ。
 個人的には4巻の展開が好き。
めちゃくちゃ大風呂敷を広げて、綺麗にまとめた稀有な作品。
っていうか、話のスケールでかくなりすぎ……。


197 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/02(土) 01:50
マジですか? 五霊がいいなんて……。いや、人それぞれだから止めはしないが。
オレとしては「COOLDOWN」を一押しする。ハリウッド映画張りのアクション、
映像が目に浮かびそうな描写、ラストまで一気のストーリー。
アクション映画好きにはたまらない代物だ。

198 :名無しさん@そうだ本でもよもう:2000/12/02(土) 01:57
スニーカーの『海賊ランスロット・華麗なる冒険』
が結構好きだった。やくざと自警団と保険屋を足して
3で割ったような職業のお話。

199 :久世:2000/12/02(土) 02:00
>197
「なぜ『普通の』少年は東京ばかりに住んでいるのか」って疑問から、
主人公は三重県の少年だったりするし。
「農協の偉いさんになる野望」をもっていた少年、竹柴逢喜が、ある事件
に巻き込まれてから始まる戦いの日々。

伏線はめちゃくちゃ多いし。

200 :久世:2000/12/02(土) 02:03
悪り。失敗。>196のつもりだった。
それとは別に、

>197
マジで?
それ、5巻まで読んでの感想?
1巻読んで駄作だ、って奴は多いけど、5巻まで読んだ奴からは
悪い評判聞かないけどな……。


201 :名無しさん@そうだ本でもよもう:2000/12/02(土) 02:09
>>200
俺はわりと惰性だけど全部読んだ。
脇役がなんか意味もなくでばってものすごく
邪魔な話だった記憶がある。
そういや2巻の神様って何のためにでてきたの。萌え?

202 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/02(土) 02:11
5巻全部かったけど確かに悪い評判を言いたくなるほど
記憶に残る話ではなかったというのが俺の感想
関係ないので下げ

203 :ペンネームC:2000/12/02(土) 08:23
実は嵩峰龍二作品はけっこう人気があることがわかって、
嬉しいような悲しいような。
5年も間を開けて間って貰えるなんて、嵩峰さんはなんと幸福な
作家なのでしょう。
でも「遙かなる大地の伝説」には、致命的な矛盾があるように
思えてならないのですが。

204 :127:2000/12/02(土) 17:21
9でちょっと触れられてるけど、「野を馳せる風のごとく」。
こないだブックオフで100円で買ったら、意外と面白かった。
Y井K太郎達の今のスニーカーより、遥かにいいと思いますよ。
安易に魔法や神秘の超能力なんかを出さないのが好感を持てた。


205 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/02(土) 17:28
>153
超遅レスだけど、それ、俺も読んだ。
面白いけど、夢枕獏の「飢狼伝」と平井和正の「狼の紋章」を足して
2で割ったようなありがちな格闘小説ですね。
まあ、おもしろきゃいいか。
でもあれってライトノベル?

206 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/02(土) 17:29
花田一三六は最近のライトノベル向きじゃないんだよ…
厨房があんな話、とても喜ぶとは思えん

207 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/02(土) 19:53
ろくごまるにの「食前絶後」
封仙娘々スレッドでがいしゅつかもしれんが、
俺はいまだにこれの続編を待っている。

208 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/03(日) 04:51
>>207
アレの続編なんて出来ねえって。

209 :名無し@そうだ選挙に行こう:2000/12/06(水) 03:02
風のハヌマーン(ハヌマーンは漢字だったかも)。
富士見の大賞をとった作品。
文体は夢枕獏、
話はガンダム+ラピュタちょいエヴァ風味みたいな作品だったけど、
未だに続きが気になってます。

210 :207:2000/12/06(水) 03:21
>>208
マジで?
鬱だなあ。。。

211 :名無しのオプ:2000/12/07(木) 03:47
>>163 自分的には超ウルトラ名作なんですけれども!!!
あの世界観の意地悪さ、凝り方、因果律の織り込み方、どれをとっても一級品!
ガンダム20周年が恨めしく思います。というかとっくに過ぎてるんだから、
ガンダムのほうは諦めてほしい……

212 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/09(土) 22:05
ちょっとスレの主旨からずれるかもしれないんですけど、
「アルスラーン戦記」ってどうなの?
私はまだ未読なんだけど。
超有名作品だからここに上がってこないのか。
「誰にも理解されない名作」と言えないほどみんなが名作
だと思っているからなのか。
それとも駄作だからなのでしょうか。
読んだ方教えてください。
それと、完結してますか?
超初心者的質問ですみません。

213 :ペンネームC:2000/12/09(土) 22:13
アルスラーンは有名すぎるからここで話題にならないのでしょう。
まあ駄作だとは思いません。
この間10巻が出ました。
全14巻だそうですから、完結はまだですね。
9巻と10巻の間が5年くらい開いていることを考えると、
完結はとんでもなく先かもしれません。



214 :212:2000/12/09(土) 22:31
>213
なるほど。ありがとうございます。
その計算でいくと、完結は2020年・・・。
その前に、作者の作家生命がもつのでしょうか。
ますます、読むべきか読まざるべきか迷ってしまいます。

215 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/10(日) 00:05
アルスラーンの新刊は7年開いてたんじゃなかったかな。
第1部が8巻くらい(だっけ?)までで、面白いのはそこまでなので、
2部は見なかったことにして1部だけ集めてみるのが賢明かもしれません。(笑

216 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/10(日) 01:54
「日帰りクエスト」
…。
…好きなんです!!(涙)

217 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/10(日) 02:04
「リュウの聖戦」.多分,集英社スーパーファンタジー文庫.
第3巻しか読んだこと無いんだけど,心に残ってる.
未だに続編を待ち望んでいるのだけど,無理なんだろうね.

218 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/10(日) 02:33
>>216 俺も好き。いやむしろアタシも好き。ネナベでゴメン。

219 :>>211:2000/12/10(日) 07:43
163です。
レスつくとは(笑)ありがとう〜。
そう、あのどうしようもない意地悪い世界観がいい。
あと、リアル厨房の頃から読んでるもんで、最初の方の
<魔法使い>の説教で思いっきり考えさせられた。
これ読まなかったら、今でも厨房なんじゃなかろうか。マジで。

ガンダムの方は、もう終わりかけ(前文着手)らしいので
来夏には新作が読めることを期待、しよう…

220 :211:2000/12/10(日) 10:25
>>219
こちらもあんな亀RESにRESが返ってくるとはビックリ。
友達と「最初のほうはつまんないけど、最初のフェーデをクリアする
あたりから全然違うよね! 面白いよね!」とマイナーに盛り上がっ
ていたりします……。
説教部分にウェイトを置きがちな作品が多いなかで、基本的には設定
が主役なところがいい。なんだかんだ言ってキャラクター造詣も全員
きっちり立ってるし。
偏った作品であることは認めるけど、もっとメジャーになってもいい
と思うっすー。

講談社も一度、新装してくれてるし、頑張って待ってみます。。。

221 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/10(日) 22:49
age

222 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/11(月) 01:06
>>216
私も好きですよ、日帰りクエスト。小説だけでなくマンガも持ってまーす。

223 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/11(月) 02:14
一巻の書き出しが大好きです>日帰り
神坂さんって、短い文章だから、ああいうきっちりプロット
まとめて、勢いつけて書いた小品のほうが、いいもの作る
んじゃないかなあ。
シリーズになってるやつは、ダレちゃってるような気がして。

224 :名無しいさお:2000/12/12(火) 14:35
>>152
超遅レスですが。4年前に書店でバイトしているときに注文書にあったので買
いました。就職活動を控えた人に1巻はとくにオススメ!

あと、上記を知るきっかけになったソノラマの夏見正隆『わたしのファルコン』
シリーズも挙げときます。本屋にあっても出戻りの初版だし、第2シーズンも始
まらないところを見ると人気無かったのかなぁ。

225 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/12(火) 16:01
日帰りクエストは4巻がどうもヘボかった記憶が。
後、竜人の魔道士も4回も再登場するのはウザかった。
3巻までなら結構好きな作品だ。

226 :イラストに騙されたい名無しさん:2000/12/12(火) 23:52
>224
懐かしいなぁ。「彼女のつばさ」
ちょうど就職活動してるときに読んだよ。
読み始めたのは、新宿でのセミナー帰りの小田急の車内だったな。
読んで、いろいろ考えて、結局、進学した。
大げさだけど、人生の決断に影響を及ぼした本だよ。

それに、知るきっかけも同じだ。(笑)

227 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/13(水) 00:12
理解されないというか、誰も知らない名作。
花丸ノベル初期にでた「DRAGON THE FESTIVAL」中根文貴。
やおいではないファンタジー。
知ってる人、いませんか?

228 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 15:17
日帰りクエストにレスありがとう!
私は他の神坂作品も読んでるんだけど、コンパクトにまとまったコレが一番好きなんです。
やっぱり『もうちょっと続きが読みたいなー』くらいで完結するのが良いですよね!!

229 :ペンネームC:2000/12/15(金) 01:01
 葛西伸哉の「熱死戦線ビットウォーズ」は傑作だと今でも
思っている私。いやぜんぜん売れなかったらしいけど。
 あの設定がすごいんだ設定が。ハヤカワで神林長平がやるんならともかく、
富士見であれをやって、きっちり「超能力バトル物」としても「少年の成長物」
としても完成度の高い物にするなんて、凄い。マジで憧れる。
 この時点で私は葛西伸哉という作家の可能性に惚れ込んだのだが、
いまだ賛同者は少ない。いや、観光ダンジョンはあまり面白くないが。


230 :ブックス名無し:2000/12/15(金) 01:07
富士見の野尻抱介「クレギオン」シリーズ好きだなぁ。

231 :そうだ本でもよもう:2000/12/15(金) 01:33
>>229
ビットウォーズ
おお、あれはいいね。観測問題のあたりが最高。

ちなみにアレを読んだあと、グレッグ・イーガンの『宇宙消失』
と『順列都市』の後半を読み比べるはなかなか面白いと思う。

232 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 01:39
野尻ならロケットガールが・・・イラストに騙されました(藁

233 :軌道名無しさん:2000/12/15(金) 01:50
>>232
僕は逆に『ロケットガール』は、その昔、学校帰りに本屋で何度も
表紙を見かけていたのに、その度
「こんな表紙絵の本はどうせろくでもない話に違いない!」
とか思って半年くらい手にも取らずに素通りしてました。ああ純真
だったあの頃…(恥)
当時の自分に今の僕の本棚を見せたら泣き笑いだろうなぁ…。



234 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 02:00
 夜明けの歌を謳う天使や最後の審判が話題にでるなんて嬉しいところですね、ここ。
特に最後の審判を読んでミノタウロスがここまでかっこよくなるとは思いもしませんでした。
古本屋で探しているのですがどうやら完結してない様子。残念。
 そんな自分が今でも一番好きなのが『ゲッツェンディーナー 不屈の女神』角川スニーカ
ー文庫 作者はど忘れしているので略。
 新品でも古本でも見かけないのでかなり知られていないと思う。

235 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 02:05
富士見ファンタジアの最初のラインナップ
「酔いどれエスパー」
同作者の描いた徳間の
「死人にシナチク」シリーズ

知ってる人少ないだろうな。

236 :そうだ本でもよもう:2000/12/15(金) 02:05
>>234
菅浩江だな

237 :235:2000/12/15(金) 02:13
>「酔いどれエスパー」
これは仮題だったな。正式タイトルなんだったっけ?

238 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 02:23
>>234
スレの趣旨からは外れるが、私は菅浩江の神様三部作の中では
「氷結の魂」が一番好き。なんかタイトルうろ覚えで申し訳ないが、
新書で上下巻。確か徳間。
未読なら、ぜひ。

239 :そうだ本でもよもう:2000/12/15(金) 02:30
>>238
俺は『オルディコスの三使徒』が一番好きだ。
ファラリスみたいな神が好きってのもあるが。


240 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 06:26
甲斐甲賀の「こうもり城へようこそ!」。面白いのに誰も知らない。なにげに天才だと思うんだがなー。


241 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 09:23
>>238
「超能力はワインの香り」藤井青銅 でしたっけ?
死人にシナチクは あさりよしとお 御大の挿絵でしたっけ?


242 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 10:04
 240、激同意。でも、同じに富士見で出していた
数冊はつまらないことも書いておかないとダメなのが
辛い。
『こうもり城へようこそ!』は元が郵便でやる大規模
シミュレーションPBM(プレイ・バイ・メイル)で、
小説は小学館の文庫から。PBM期間が終わってから
はるかあとに出版、しかも、PBM時のイラストレイ
ター・たかしあきらからイラストレイターがかわって
しまい本屋で見つける動機も、見つけやすさも低下し
てしまった運の悪い本です。

 『こうもり城!』を運営してい会社、当時の遊演体
のPBMプレイヤーの間ですら、まったく話題になっ
ていません。(新城カズマのクローデンショーもだけ
どな!)

 せめて、甲斐甲賀シナリオの18禁ゲーム『学校の
きゃあ』でも、話題にならないかなあと思っていたら、
案の定、話題にはなりませんでした。
 つるかめつるかめ

243 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/15(金) 10:42
相河万里。第一回角川学院小説の金賞かな。
最初の作品が少女の一人称だったんで、多分売れなかったんだろう。
あーこの人の三人称の話が読みたいなーと思ってたんだが。
それっきりだな。

244 :イラストに騙された232:2000/12/15(金) 11:07
>>233
あのイラストに騙されてどうせクソだろと思ってたのだが、
暇なときに買って読んでみると意外に硬派SFで面白かった。
逆の意味でイラストに騙されました。

245 :ペンネームC:2000/12/16(土) 02:16
>243
私の周りでは「ベタベタやん」とか
いって評判が悪いが、私も「銀河鉄道スペースジャック」結構好きだ。
やっぱり魔法とか出てこないと売れないのかなー。
力のある人だと思うんだけどね。まあ純然たる青春小説だし、
他のところで再デビューしてくれるでしょう。
でも……同じ演劇+恋愛ネタの小説としては、
「石のハートのアクトレス」(葛西伸哉)のほうが好み。
これも私以外誰も褒めない。


246 :>227:2000/12/16(土) 02:22
遅レスすみませぬ。大好きでした、「DRAGON THE FESTIVAL」。
花丸がボーイズノベル化する前の貴重な良作でした…。

結局あとがきで予告していた続編も立ち消えになったようだし、
出版社変えて再発売とかないかなー。

247 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/16(土) 02:34
>>155 五月香(めいか)ロケーション、おっ、俺も俺も、俺も大好きだっ。
推理小説常習犯読んで泣いたヨ。……担当者の大ばかやろーってね(>_<)
>>190 ウォーターソング、それも好き。清く正しいジュヴナイルってカン
ジがいい。前半の作品の、デストピア的な設定なのにのんびりとした雰囲気
なのもいいし、後半の作品もステキだ(ラストの処理にもうちょっと枚数使
って欲しかったけどね)
イラストも、ものすごく良い雰囲気出してる。ペンネーム見て、姉妹なのか
なって思ったんだけど。あのイラストとあの世界観、懐かしくって好き。

248 :227:2000/12/16(土) 02:36
ご存じの方がいて嬉しいです〜。
続編、読みたかったんですけどねぇ。

249 :カミングアウトした名無しさん:2000/12/16(土) 02:40
俺も「銀河鉄道スペースジャック」は結構好きでした。本当の演劇部の人とかが読んだらどう思うんだろう。とりあえず俺の友人の演劇部員には「ガラスの仮面」は大不評でしたが。
2chで言うとバカにされるのが目に見えるようだけど、俺は純粋に「ラグナロク」好きです。

250 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/16(土) 03:15
相河万里に興味があるのなら、『久保庭幸子』で検索をする事も勧めておこうか。

251 :吾輩は名無しである:2000/12/16(土) 03:58
163=219>>220
あとあとあと、昔っから伏線に異様に凝る作家だったけど、
ほんと、読ませるのがうまいよね。
前に、時間軸図解して真剣に謎解明に取り組んだのさ。
あとついでに、ティー・パーティシリーズからずっとだけど、
いろいろ微妙に蘊蓄がでてくるので、なんか賢くなったような気にもなった。
自分で仏教世界調べちゃったりとかユングについて調べてみたりとか(笑)

突如饒舌でごめん…
周りにいないんだもんよー!これ語れるやつがよー!
↑この年ではある程度当たり前かも知れない
ネットで人材を探そうにもヒットするのはキャラ萌えばっかだしさ。
リアル友人に勧めても「背表紙ピンクは…」とか拒否しやがる。
友人と語れるなんて、羨ましいです。ほんと。

252 :251:2000/12/16(土) 04:27
キャラ萌えばっかってのは言い過ぎでした。ハイ。

253 :220=247:2000/12/16(土) 17:25
>>251
そそそ! それよ、それ! その伏線がいいっすよね、皆川ゆかは!
自分も正法眼蔵だのインド神話だの調べました(笑)
プレスタージョンとかはさすがにそこまでしませんでしたが。

年表は自分も是非作ってみたい。章タイトルが日付なのもそそる。確か
スタートは'82年で良かったんだっけか?
友人はでも専門学校から卒業して○年、年1回会うか会わないかだしな。
(年単位で本を貸し借りしっぱなしな仲……)

キャラ萌えもないワケじゃないけど、世界が面白くないと萌えれるものも
萌えれないよー、ってなワケで。ううう、解説HPが作りたくなってきた。

でもティパーティはまつり総受で読んでいたなんて邪道なことはここだけ
の秘密です。。。(ヲ

254 :153:2000/12/16(土) 19:02
>>205
こちらも遅レスですが、つい最近続編出たねー>「Kの流儀」
「牙の領域 フルコンタクトゲーム」。前作が売れてないみたいだから不安だったんだけど、待ってた甲斐があった!
相変わらず、めちゃめちゃな状況設定で戦ってます(笑)

255 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/16(土) 23:54
「牙の領域」読んだよ。味方側に、やられキャラが一人くらいいると、敵の強さが際だっていいと思うけど、格闘もの好きなんでそこそこ満足。あと格闘シーンをもう少し魅せる書き方をしてほしい。

256 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 17:46
このスレッド、けっこうよいよ

257 :205:2000/12/21(木) 19:41
>254,255
出たねー、ついに続編が。
あの作者、空手修行で忙しくて作品を書いてないんだと思ってたけど。
買ったけどまだ読んでない。楽しみだ。
自分も大学時代極真齧ってたんで、極真の黒帯の強さが表現されてるあのシリーズは嬉しいな。
私は緑帯くらい(取ったのは黄帯までだけど)なんだけど、黒帯はホントに強いよ。
それこそバケモン。
でも、プロのキックボクサーと顔面ありでやったら負けるはずなのに。と前作読んで思った。
そしたら、巻頭の登場人物見たら、骨法の使い手とかフルコン空手がどうとか出てるじゃないすか!
わくわくしてます。
グレイシー柔術が出てくるのは三巻以降か(笑)?
なんか、格闘技板みたいになってごめん。

258 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 20:55
アルドナの翼って、続きないの?

259 :152:2000/12/23(土) 02:58
>>224
>>226
私も『わたしのファルコン』で『彼女のつばさ』を知ったが、
どこにもなかった。
図書館で、しかも取り寄せてもらって
やっと全3巻(と言ってもあながち間違いじゃあるまい)を読んだ。
すごく続きが気になるんだけど……。

最近では、一色銀河著の『若草野球部狂想曲』が面白いのに評価されない。
まだ探していないが、スレッドすらないのでは?

260 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/23(土) 04:48
若草はスレないよ。2巻が出た時は電撃文庫スレで話してた。
野球に興味がないと手を取る気もおきんだろうし、
野球知ってたら知ってたでルールつっこみしたくなるもんらしい。
俺は好きだけどさ。

261 :ペンネームC:2000/12/23(土) 09:56
>260
ソノラマで谷山由紀さんが書いていた野球物もそうだけど、
どうもライトノベルでスポーツ物はハンデが大きい気がする。


262 :心ハ イツマデモ チュボー:2000/12/23(土) 10:21
理解サレルハズナイガ…
JUMP jBOOKSノ
新きまぐれオレンジ・ロード(I)とBASTARD(I)
俺ノ中デ名作デス

263 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/24(日) 00:12
若草悪くはないと思うが、野球ものが好きなら野球マンガの方がずっといーよ。
ちなみに好きなのは「シティガード風牙」。知ってるやつ誰もいない。四巻以後
出ているんだろうか。

264 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/24(日) 00:24
バスタードってベニー松山じゃないの?

265 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/24(日) 00:29
>>263
出てません。>「シティガード風牙」
程ほどにドキュンぽいところが良い味を出してましたね。

266 :山猫:2000/12/24(日) 01:59
ジャンプブックのバイオハザードのノベライズ。いい味出してる。

267 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/24(日) 03:54
瀬川貴次『闇がざわめく』

まじでシリーズ化きぼん! 3〜5冊ぐらいでいいからきぼん。

268 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/25(月) 01:07
井上ほのかの小説は? 敬遠されがちだが面白い。

269 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/25(月) 01:30
井上ほのかの女の子三人ぐらいが選ばれて戦うセーラームーンみたいな
話って完結してたっけ? ルーンなんとかエンジェルってやつ。

270 :そうだ本でもよもう:2000/12/25(月) 01:43
>>269
そう終わってない。なんかもうでそうにないんだけど。

271 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/25(月) 01:55
>>270
分厚い割には面白くなかったからね。萌えポイントをわかってないというか。
絵は可愛いから手にとってもらえる確率は多かったのに惜しいことだ。

272 :名無しさん@そうだ占拠に行こう:2000/12/26(火) 09:22
「砂の民の伝説」は良い話だった(そいや河出は何処行った?)

「G-SAVER」の筆者/絵描の組み合わせで思い出したんだが、
このGSがタコだっただけに寂寥感もひとしおデス藁


273 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/28(木) 01:49
「もぐり酒場と陽気なギャング」
わたしにとっては名作です。中島渉よ小説を書いてくれ!

274 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/28(木) 13:52
高千穂 遥 「美獣」
ダーティペアは有名だけど、こっちはあんまり知られてない。
筋肉ダルマが主人公の話ばっかり書いてたことあるのにな。

275 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/31(日) 14:10
このスレッドにあがってる作品をみつけるのは一苦労

276 :212:2001/01/06(土) 22:22
「アルスラーン戦記」、ようやく一巻読みました。
めちゃくちゃ面白いじゃないですか!
「誰にも理解されない」とは言えないかもしれないけど。
旅行中の飛行機の中で一気に読破してしまいました。
リアリティーのない魔剣や魔法が出てこないところが面白い。
魔法の威力の絶大さと、魔法をかけることの難しさと制約、が
同時に表現されているところが凄くいい。それに、戦闘シーンも
勝者と敗者が予測できないところがワクワクする。戦争や国家情勢の
描写も、史実を読んでいるような現実感がある。
↑このへん、全部、某「ラ○○○ク」への嫌味です(笑)。
ま、一巻だけ読んでここまで長く語るのも僭越でしたね。失礼。
これから二巻にとりかかります。
でも、長編はだんだんつまらなくなるのが運命だからな・・・。
グインみたいになっちゃったら嫌だな。

277 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/07(日) 02:20
あ、なんか懐かしいタイトルがいろいろ出てるぞ。
魔法物語(上巻オチがキツすぎ)とか
能無しワニ(中坊にあの性描写キツすぎ)とか
ダークソード(熱砂の大陸も良かった)とかはホントに自分の中で名作。

しかし…
なんで出てこないんだろ「私闘学園」←青春格闘モノ
古本屋で見つけたら立ち読みしてみて、馬鹿馬鹿しくて面白いから。


278 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/07(日) 06:58
小林弘利の「Hey!スピルバーグ」かなあ。
スピルバーグ(映画監督のあの人本人)がタイムスリップして、「風と共に去りぬ」を
制作していた時代にハリウッドで大アクションを繰り広げる……という、ちょっと信じられない
ようなストーリー。
(スピルバーグの許可って、やっぱり取ったんだろうか)

ストーリーははっきり言って厨房向けの脳天気極まりないもんなんだけど、作者の映画好きと空想力、
それに完全無欠すぎるハッピーエンド(悪役まで幸せになる)とが微妙な相乗効果を発揮して、
妙にいい味を出していたなあ。
あと、イラストが和田誠であるというのも映画好き泣かせ。

279 ::2001/01/07(日) 07:29
富士見文庫の「バトルテック」
久しぶりに読んでみたら妙におもしろかった。マロ−ダ−が
ヤケにカッチョイイ、もとがマクロスのグラ−ジとわとても
思えん。

280 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/07(日) 15:03
がいしゅつだがアニメージュ文庫の「理姫」。
あと「永遠のフィレーナ」を何故か全巻持ってる。

281 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/07(日) 19:04
>「永遠のフィレーナ」

ぬ゛ぬ゛ぬ゛、この名前を名作スレでみるとわ。


282 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/07(日) 20:52
電撃文庫で三冊出てた大久保町シリーズ

バカで笑えた

283 :あなたならどうする:2001/01/07(日) 21:45
>277
私闘学園は理解されてる名作だから
スレあるよ

284 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/08(月) 02:10
富士見の「東京忍者」が、あまりのバカバカしさで良い。
これを超えたバカ小説は未だ読んだこと無いです。
ラストも一瞬、自分を見失います。

285 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/08(月) 03:44
>>281
「誰にも理解されない」名作だからいいだろう。


286 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/08(月) 05:56
ほ、ほほほほ、「星の名はジパング」……

287 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/09(火) 02:36
やたらエラそうな >276 はアーシュラ・K・ル・グィンの「ゲド戦記」シリーズでも読んどけ。
相当前だがミヤザキハヤオのアニメ化企画もあった逸品だ。あ、となるとこれもスレ違いだな・・・
・・・失礼。

288 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/09(火) 03:47
星の名はジパング知ってるー。あれって割と面白かった。他にもなんか
あったなそーいえば。

289 :276:2001/01/09(火) 11:00
>287
俺、エラそうでした・・・?
ちょっと反省。
「ゲド戦記」読んどこ。
でも、どこで売ってるの・・・?

290 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/09(火) 17:33
あげとく。

291 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/09(火) 17:40
アルスラーン好きにゲド戦記を薦める神経ってよくわからん。
ベルガリアード物語とかリフトウォーサーガとかなら
まだわかるんだけど。
でも、ひょっとしたらもう読めないのか?
ファンタジー好きにも受難の時代になってるのかしら。

292 :287:2001/01/09(火) 23:08
>289
一応、一部「影との戦い」は岩波少年文庫かなんかで読んだ。
二部から四部までは図書館で読んだから、市販されてるかどうか知らん。

>291
まぁ、おっしゃる通りオレ軽率。「凄くいい」前後の部分で、そこら辺にリアリティ感じる嗜好なら、
ゲド戦記もアリかと思うたんじゃあ。
でも、ここは「ライトノベル」で「誰にも理解されない名作」板につき、
「ゲド戦記」とか世を経て既に名をなしたる感のあるヘヴィなファンタジーはスレ違いだのう。

ベルガリアード物語とかリフトウォーサーガは聞いたことないわ。理解されぬ名作なのか?
・・・暇ならばその面白さ、語ってみせてくれ。


293 :非291:2001/01/10(水) 10:03
ベルガリアード、リフトウォーともハヤカワ文庫FT。
正統派洋モノファンタジーっす。
アルスラーン好きならベルマロよりエレタムが良いと思うなぁ。
口巧者の騎士様軍団が陰険漫才繰り広げるし。

俺分類[ベルマロ=綺麗:リフト=汚い]
……いや、世界観というか描写がね。
さらに[力の言葉=非常に汚い]

……本棚のハヤカワFTの品揃えはそこらの本屋には負けんよー。

294 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/10(水) 23:15
age

295 :横レスなんすけど一応:2001/01/11(木) 03:04
>>289
ゲド戦記(作者アーシェラ・K・ル・グィン)は、岩波書店から
「影との戦い」「こわれた腕輪」・・・ええと、三冊目の第一次完結本は
タイトルど忘れしました、あと、この三冊のあと、作者が再びシリーズの
続編として書いた「帰還」の4冊が刊行されています。
今こういった骨太のファンタジーは書店での居場所を失っているので、
新刊書店での発見は難しいかと。
また岩波書店版は表紙のしっかりした本なのですが、この4冊をもっと
ふにゃふにゃした表紙に変えたものが・・・確か昨年新しく刊行されて
います。個人的には、岩波書店版のほうが、表紙裏に物語の舞台である
アースシーの全体図が入っていて、物語に入りやすいので、高いけど
こっちのほうがおすすめです。
買わなくても、正統派ファンタジーの金字塔だから、図書館で児童向け
の本棚に足を踏み入れる勇気さえ出せば、すぐに借りられると思いますよ。

ゲド戦記の内容についてなら、この板の「オススメの児童書」スレッドや
SF板で何か情報を仕入れることができるのではないかと思います。
ゲド戦記のソフトカバー版を見たと言う人が、「児童書」スレッドに
いらしたはずなので。

292さんのおっしゃっているのは、おそらく岩波書店が刊行していた
「同時代ライブラリー」というシリーズで文庫より一回り大きいサイズで
刊行された「影との戦い」のことかと思います。
ちなみに「同時代ライブラリー」でのゲド戦記の刊行は「影との戦い」
一冊きり。全巻読むならば、他の本をお薦めします。

好きな本ゆえの長文、スマソ。

296 :289:2001/01/11(木) 11:36
みなさん、情報ありがとうございます。
ゲド戦記、アルスラーンを読了してから挑戦したいと思います。
特に295さん、詳しいですね。感服。

297 :最近本読んでない名無し:2001/01/11(木) 18:06
ゲド戦記第3巻のタイトルはたしか「さいはての島へ」?だったかな?
一、二巻がお勧めだよ、個人的には。
村上春樹もなんだか評価してるらしい実力派、ル・グィン女史(ばーちゃんだが)
の父親は、確か文化人類学者で、北米最後の純粋インディアンの友人であり、その
文化の研究者。ゲド戦記で力強く描かれている世界観および人々の風俗が、キリスト教
世界をほとんどベースにしてないのは、その影響らしいよ。

298 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/11(木) 18:12
>>293
角川のは訳がサイアクなので。

299 :ル・グィンスレにする気はないんですが:2001/01/11(木) 23:05
>>297
ああ、だから少し前に出た「オールウェイズ・カミングホーム」みたいな
方向に行っちゃったんだ。
ゲド戦記でル・グィンはまったらこっちも良いよ。


300 :名無しさん@1周年:2001/01/12(金) 02:06
手塚一郎の「弦奏王」と
タニス・リーの「闇の公子」かな。



301 :名無しのオプ:2001/01/12(金) 10:59
>>293
俺の名作がリフトウォーだった。あんまり
ハヤカワ読んでないけど…ハードカバーまで買ったし。
ただまわりは読んでないし…

>ベルマロよりエレタム
この2作、正式名なんていうんだ?ちょっと興味アリ。

302 :293:2001/01/12(金) 11:48
>>301
ベルマロ=「ベルガリアード物語」&「マロリオン物語」
エレタム=「エレニア記」&「タムール記」
作者はデヴィッド・エディングス。
ただーし、「エレニア記」は角川スニーカーから出てるので今となっては
入手困難らしい。

303 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/12(金) 15:08
ゲドは第5巻が発売されるらしいぞ

304 :NPCさん@出張:2001/01/12(金) 16:06
がう、ナイス、ここに出てる小説殆ど全部持ってるぜ。
儂からは「蒼黒い獣」。
小説ではなく詩集だが、キマイラ吼のおまけみたいな奴。
編集者が夢枕獏なだけで、作者は違うんだが。

305 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/12(金) 16:18
デヴィッド・エディングスは一作毎にパワーダウンしていってるんで
一番おすすめはやっぱりベルガリアードだと思うなあ。
ベルガリアードが本国でものすごく売れたんで、あの当時あんな感じの
エピックファンタジーが沢山出たけど、本家にはかなわない感じ。
時の車軸なんかももろそうだと思うんだけど…どうよ。

306 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/12(金) 17:22
>304
「蒼黒いけもの」は、キマイラシリーズの登場人物の自由人たる詩人、
岩村賢治作、ということに夢枕獏がしたんじゃなかったっけ?
だから、あの中の詩は夢枕獏が書いたものでしょ?
違ったかな・・・?
不確かな記憶でごめん。

307 :NPCさん@出張:2001/01/12(金) 20:12
>>306
いや、儂も場末の古本屋で手にしたからなんとも。

308 :まったくグレートな名無しさん:2001/01/13(土) 14:32
なつかしのシュワちゃん主演映画、「コナン・ザ・グレート」の原作シリーズ、
コナン・ザ・バーバリアン。も一度読みたいがどこにも売ってねぇ!!

309 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/13(土) 15:52
 あっしは日野鏡子のラビア戦記「砂漠の少年」「青い目の少女」「楽園の夢」を推す。
 でもコレも鈴木雅久がカバーと挿絵描いてんのな・・・

310 :tomato:2001/01/14(日) 03:42
早川文庫 驚異のスパイダーマン
そのまま映画にしても面白いと思う

311 :T・S:2001/01/14(日) 20:53
 藤井青銅の唯一の青春小説「アロワナガール」。と彼のY大人まで出てくる、
「クールボイスでささやいて」。「東京ラヴストーリー」の替え歌は、この人
の作品のなかでも絶品!

312 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/14(日) 20:54
>>311
懐かしい。藤井青銅といえば死人にシナチクを読んでました

313 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/14(日) 22:15
「時計仕掛けの神々」・・・・は有名か・・・。


314 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/14(日) 22:22
時計仕掛けの神々・・・


315 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/15(月) 18:48
「機械じかけの神々」なら大好きだよ〜

316 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/15(月) 18:54
もう絶対に出ないだろうけど角川の海外文庫の
「ダンジョンワールド」
全6巻くらいの予定だったそうだけど、3巻しか出てねえよ。

317 :T・S:2001/01/16(火) 20:16
 >311
 すみません。「東京ラヴストーリー」じゃなくて「ラヴストーリーは突然に」の
替え歌でした。
 その名も「デヴストーリーは突然に」

318 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/17(水) 20:46
>「デヴストーリーは突然に」
あれは最初に読んだときは本気で大笑いした
「あの日あの時あの場所で」以降のフレーズは大傑作。

319 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/18(木) 19:26
天山文庫の
「夢拳士(ドリーミングヒーロー)アイドルを救え」著者:今野 敏

本当に、誰にも理解されそうにないか・・・



320 :山犬。:2001/01/18(木) 19:40
>318
その歌詞の先が気になる……

321 :T・S:2001/01/18(木) 20:02
 >319
理解しますとも。あのタイトルで実はアクション・スパイ小説だった
アレですね。

 

322 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/18(木) 21:39
角川の海外文庫なら「ドラッケンフェルズ」
…私の周りは誰も知らなかった…(涙)
絶版にしてくれた角川を恨んでやる〜〜…。

323 :ペンネームC:2001/01/19(金) 00:12
>316
それってファーマーか誰か、
外国のSF作家が書いてるんだっけ。
るりあ046がイラスト描いてて。
イラストのために買ったことがある。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/19(金) 02:52
ジュヌヴィエーヴたん…ハァハァ…


325 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/20(土) 16:22
一応、ドラキュラ紀元を読めば出てくるな>ジュヌヴィエーヌ

326 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/20(土) 22:39
SFかも知れない。
ちょっと判断できないけど、惑星カレスの魔女。

327 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/21(日) 00:12
矢崎麗夜。

328 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/21(日) 04:02
>>326
あれは、ライトノベルでもいいんじゃないか。
まあ、悪くても半ライトノベル。
同じ作者の他の本も読む価値があると思うけど、現在すべて絶版……。

329 :吾輩は名無しである:2001/01/21(日) 04:12
惑星カレスの魔女」はいいね。傑作だよ

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 21:25
>>319
わたしも。
今野敏が時々書くリリカルな(藁
雰囲気は好きです。


331 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/22(月) 13:33
>>330
ジャズ水滸伝シリーズとかですか?


332 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/22(月) 14:53
カレスは表紙はよい

333 :猫耳に騙された(?)名無しさん:2001/01/23(火) 23:02
出撃っ!猫耳戦車隊&猫耳戦車隊、西へ@伊吹秀明
ファミ通文庫より発売中
栞里たんハァハァ

334 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 23:24
ファミ通文庫の新世紀は猫耳戦車隊かよ……

335 :T・S:2001/01/30(火) 01:44
 >320
 あの日 あの時 あの場所で まげ・・・・・・・・・・・・ゲフッゴフッ

336 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/30(火) 01:59
そういや皆川ゆかそろそろ復活じゃよ〜。
あのガンダム大辞典が発売されるのじゃよ〜。

長すぎたよ。。。。。はやく真タロが読めますように。お願い講談社サマ!!

337 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/30(火) 03:56
朝日ソノラマ文庫の「ハイスピードジェシー」シリーズの外伝、

「あなたの魂に幸いあれ」(だったか)はハードボイルドっぽい渋い雰囲気を
書こうとしてて好きだった覚えがあります。

ジェシー本編および関連作品は、個人的感想としては逝ってヨシな感じ・・

338 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/30(火) 04:28
すごい前のレスで恐縮ですが・・・
<308 コナン・ザ・バーバリアン
創元推理文庫でまだ手に入りますよ。「コナンと石碑の呪い」〜「コナンと古代王国の秘宝」までの7巻です。
早川FTの第一回配本で、別訳があるのですがこちらはワタクシも一冊しか所持しておりませぬ。が、創元の宇野利野奏さんの訳の方が良いように思われます。
コナンはワタクシも名作だと思います。

339 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/30(火) 05:23
大霊獣&千億光年の魔界・・・

340 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/30(火) 12:16
けっこう他人に理解されてるなみんな

341 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/30(火) 13:22
SF水滸伝、石の血脈、日本沈没、復活の日、夏への扉、
ライトノベルじゃないけどな。

342 :337:2001/01/30(火) 22:17
>>337
>朝日ソノラマ文庫の「ハイスピードジェシー」シリーズの外伝、

タイトルは「天界に幸多からんことを」でした。肝心のタイトル間違えるとわっ。



343 :T・S:2001/01/31(水) 01:00
 神秘の世界エルハザードのアニメージュ文庫版。
 あれほどサービスたっぷりの作品なのに、何故外伝の二巻は出ない?
 知らないうちに出ているなんてことは・・・・・・。

344 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/31(水) 01:04
白泉社で昔出ていた「和泉探偵事務所」。孤独な乾杯とか銀色の罠とか、独特のセンスが
なんとなく好きなんだけど……知ってるひといる? もう10年近く前か。

345 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/31(水) 02:17
>>344
俺も結構好きだったよ
この人別ペンネームでボーイズやってそうなのだが。

346 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/31(水) 17:40
マザーの小説(久美沙織著、新潮社)。
2も出た・・・。
3はソフトが出ない・・・。


347 :イラストに騙された名無しさん :2001/01/31(水) 19:00
ソノラマ文庫、「猫の尻尾も借りてきて」著作:久米康之
大分前に買ったけど、タイムマシン利用のパラドックス物。

348 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/02(金) 01:23
>342
なつかし〜。確か殺人牧師の外伝でしたよね。
本編は……同感。美木本の絵に騙されて全巻持ってたって感じです。

349 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/02(金) 04:08
谷山由紀「こんなに緑の森の中」、ソノラマ。
読む前に癒し系とかって言われてかなりヒいたが、実は結構いい。


350 :308:2001/02/04(日) 07:44
>338
情報ありがとう!!探してみるよ。
にしても、久々に来てみるもんだなぁ・・・

351 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/07(水) 04:23
タイトル忘れたけど、今野敏の作品で宇宙空間を舞台にした
SFもの。「ニュータ○プ」が実は出ているやつ。
結構本格SFで俺好きだったな。

あと、「時間の国のアリス」だっけかな。アリスってマンガ家
がパラレルワールドに紛れ込んじゃうやつも。



352 :351:2001/02/07(水) 04:27
ついでに

「放浪王ガルディ」シリーズ(青心社文庫)

無茶苦茶世界観がしっかりしたファンタジーで好きだったなぁ。


353 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 04:18
カレスとかベルガリアードとか出てくるなら、これもいいかな。
ジャック・ヴァンスの「魔王子シリーズ」(早川SF)
傑作スペオペだと思う。
再版してくんないから、ヤフオクで買いなおしちまったい。


354 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 07:06
鳴海丈(だったと思う)が集英社のスーパーファンタジー
文庫初期に出した「大江戸えいりあん草子」。
あのギャグの勢いが好きで、当時何度も読み返しては
げたげた笑ったなあ。
……今は押入れに埋もれて、引越しまで発掘不可能だけど。

355 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 10:01
「聖女さま参る」角川スニーカー文庫。

356 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 12:39
昔、アニメック(懐かしい名だ)で連載されてた
南田操の「クラスター」って知ってる人いるかなあ?
「絶対無敵ライジンオー」みたいにクラスまるごとで
巨大合体ロボットを操縦して侵略者と戦う話だった。

もう一つ、こっちは短編で「ドマックス」っていう作品があって、
出てくるロボットは全長200光年、恒星を燃やしてエネルギーに
するというとてつもないスケールの話。

もう20年近く前になるけど、何故か未だに覚えてるってことは
ある種、「自分だけの名作」だったんだろうな。

357 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 12:51
>>356
 それ、トンデモ本っていわねえか?
 いや、全長200光年ってあなた。

358 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 13:32
>>352
>「放浪王ガルディ」シリーズ(青心社文庫)
>無茶苦茶世界観がしっかりしたファンタジーで好きだったなぁ。
その割に、タイトル間違ってるし(w
タイプミスってことにしといてあげよう(ww

359 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 13:39
以前は星虫だったけどメジャーになって嬉しいような寂しいような……。

360 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 16:20
そりゃ嬉しいでしょ

361 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/08(木) 19:31
>>353 ジャック・ヴァンスの「魔王子シリーズ」(早川SF)

あくまでも「魔王子」達が主役で、カースガーセンが脇役のストーリーですよね。
たしかに名作だけど、これをライトノベルと位置付けるのはちょっと…。

まぁ、私も好きですけどね(藁

362 :353:2001/02/08(木) 23:37
>>361
まぁ、ライトノベルっつーのは確かにきついかもしれんけど。
カバーもはぎおもとだし、まぁいいかなぁと思ってさ。

363 :柳龍光:2001/02/11(日) 02:34
>>353
俺も好きだったなぁ。特にレンズ・ラルクの話が。
以前はSF版にスレが立っていたけど、今は消滅したみたいだね。
とりあえず、ライトノベルではないと思うのでsage

364 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/20(火) 21:30
あげ

365 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/21(水) 00:17
昔、OUTに連載していた

「Oガンダム」

人力でまわるスペースコロニーと、
宇宙から拒絶されたニューロタイプが
忘れられない

366 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/21(水) 00:59
北野勇作「かめくん」・・・。
ヲレ的に超ヒットだったんだが話題になっていないのか???

367 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/21(水) 02:26
>>366
デュアルスレでは大人気だ
安心せよ

368 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/21(水) 02:39
谷山由紀「天夢航海」(ソノラマ文庫)
夏見正隆「たたかう!ニュースキャスター」(ソノラマ文庫)
西谷史「デジタル・デビル・ストーリー」&「新・デジタル・デビル・ストーリー」
(アニメージュ文庫)

メジャーじゃないが、それほどマイナーでもない、と思いたいが
やっぱ、マイナーか。

でも好き

369 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/22(木) 02:48
ピアズ・アンソニー「魔法の国ザンス」(ハヤカワFT文庫)
とっとと翻訳してくれい。

370 :名無しより愛をこめて:2001/02/22(木) 06:05
聖エルザクルセイダーズはメジャーでしょうか?

多人称の語り口と、適度にやさしい頭脳戦、1話ごとのクイズなんかも
好きだったんですが。
パンゲアは…おぼえてないや。よんだのに

371 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/22(木) 09:17
雑談スレに書き込んで速攻で忘れ去られた
「今日からマの付く自由業」(ティーンズルビー)
主人公が異世界に連れて行かれて騒動を起こすお約束な展開だが、
異世界での立場が逆になっている(タイトルでわかりますよね?)。
バカっぽい主人公の名前や、異世界への連れ去られかたが
公園の○○○○の○○の○から、などとにかく狙ってる作品。
自分は好きだが薦めない(笑)。立ち読みですませるのが吉

372 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/22(木) 12:23
東京創元社はやく「七つの砦」の完結篇翻訳しろ〜〜〜〜〜〜

373 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/23(金) 15:41
>>372
まだ完結してなかったのか・・・もう10年近く経過しとらんか?(w
で、何冊出てるの?私、多分2巻までしか読んでない。
『風の子どもたち』とか、そんなタイトルだったはず。

374 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/25(日) 22:35
 エリン戦記デ・ダナンの騎士は冨士宏のイラストで買ったのじゃがー
 続きでないー。

375 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/27(火) 18:51
篠崎砂美「歌姫〜カンタービレ〜」。
ええ、周りの友達誰も知りませんとも。
ええ、作者にさえ青春の傷のように思われてますとも。
ええ、これのおかげで野郎の身で中山星香にハマりましたとも。
篠崎屋HP
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA000787/

376 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 00:32
>>371
私も好きだが人には薦められない。
バカ以外の何者でもない作品。
でも密かに続編を待っている(藁)

377 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/01(木) 01:25
川崎康宏「進め!双角小隊 隊長は倒れてる」
富士見ファンタジア文庫
はどうでしょう駄目ですか?迷作だと思うんですが.....

378 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/01(木) 02:12
>>377
人には薦めないけど、続編が出たら買うだろうな。


379 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/01(木) 02:46
クリスマスのフロスト。ミステリだけどライトに読める。下品でスケベな
フロスト警部が主役の話。「おのれ、なんたるケツの穴!」とか。最高。

380 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/01(木) 13:01
「月と貴方に〜」一巻はまぁ許せるんじゃん、といったら
すごい目つきで睨まれた。
だめだったらしい。

381 :挿絵はありません:2001/03/02(金) 03:06
『アナン』飯田譲二&梓河人のライトノベルっぽい小説。
出版社は・・忘れた。作家はメジャーなのに・・・。
主人公のアナン君、○学生なのに同級生の女の子とシます。
こう書いておけば買う人いるかな?絶版だったら欝ですが。

382 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/03(土) 21:06
最近アクエリアンエイジノベル2巻の発売が楽しみで仕方ない。
いや「10cmの爆弾」なんてネタ若い世代には通じないのに。大丈夫か。
…ヤヴァイですな。鬱氏。

383 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/04(日) 02:23
「10cmの爆弾」って某ボクシング?漫画のやつでいいのかな
アクエリアンエイジとイメージが全然つながらないが

384 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/10(土) 02:35
>>383
暴れん坊型幼馴染ヒロインが、主人公とのエロエロな夢からの寝起きにおいて
「なんちゅー夢を見とるんじゃ私は!(意訳)」とか叫びながら枕に激しく
突っ込むシーンがあるのだ。その際の彼女のパンチ力を形容する単語として
さらっと「10cmの爆弾」という語りが。個人的に受けまくった。
…だが若い世代には通じないよなー、と(藁

385 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/13(火) 19:12
age

386 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/13(火) 20:21
>>384全然わからん。

387 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/13(火) 20:59
B.Bですな。
まあ、いわゆる寸剄。

388 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/13(火) 21:14
ソノラマ文庫の『電脳天使』(彩院忍)
なお、続編のIIとIIIとIVは入れません。


389 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/14(水) 22:11
既出かもしれないが、
ハヤカワFTのアラン・D・フォスターの「スペルシンガー・サーガ」


390 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/22(木) 21:17
「海のアリーズ」


391 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/22(木) 22:44
スペルシンガー・サーガは当初のヒロインがチアリーダー
なのが、まさにアメリカーンだ。と思ったら、向こうの
ナードちゃんの好みも日本のオタクちゃんと同じと判明
する中途参加のヒロイン! が萌える。
でも、1&2、3&4、でそれぞれ上下巻だというのがハメだ。

 ペイパーバック版訳ってことだとそれで正しいんだろう
けどよう。

392 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/22(木) 22:47
>>391
日本語になってませんが。

393 :391:2001/03/22(木) 23:03
イカン、薬が効きすぎてるようだ。
スペルシンガーサーガは、話当初のヒロインがチアリーダーなの
がアメリカ的だ。アメリカの小説なんだからしょうがないけどね。

しかし、そこはFT小説を読むような特定層・ナード(日本で言う
オタク)向けに何本も小説を書いているアランのこと(なれなれ
しげ)、ちゃんと別にヒロインを用意している。それは流石だ。
そのヒロインを見ていると、日米オタクの好みは同じってことが
わかる。

ただ、刊行形態が、実質上下巻なのに1&2とナンバリングしてあ
るのが卑怯だね。まったくもってファム&イーリーだ。(それは秘境)
おおっと、人外魔境コブだった?(それは魔境)。
そのままですね。

しかし、1&2のナンバリングも、アメリカのペイパーバック版を忠実に
再現しているといわれればそれまでだ。米国ハードカバー版は一冊だっ
たけど、ペイパーバック版にするさいに、ニ冊にわけて刊行して、その
際に上下ではなく、1,2とナンバリングしたそうだからね。

うむ、こんなもんか。

394 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/23(金) 01:23
具体的にどんなヒロインなのよ。

395 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/24(土) 08:13
嬉野秋彦のデビュー作、
「皓月に白き虎の哭く」
このシリーズが一番好きだったのにー。チキチキ辺りまではデビューから
ずっと追いかけてたのに・・。さいきんつまんない・・。

396 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/25(日) 00:48
あげ

397 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/27(火) 10:17
age

398 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/27(火) 20:33
>>377,378
おれもだ(藁
そんなおれの最新のメイ作は「激突カンフーファイター」
・・・逝ってくる。

399 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/23(月) 15:54
回避age

400 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/23(月) 16:00
>>398
カンフーファイター、漏れも好きなんだが……。
嫌いだっていう人の意見が物凄く納得できちゃうんだよな。

401 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/23(月) 17:14
>嫌いだっていう意見に納得

同意だ・・・・・

402 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/27(金) 23:01
>>372、373
七つの砦……検索かけたてみたらここに辿り着きました
そうか……
3冊出てるんだよね

403 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/29(日) 03:54
倉田悠子作品群、
今、どーしてんだろ

404 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/30(月) 16:49
富士見の長編小説大賞出身の、一発屋の人たちの作品ほとんど。

縄手秀幸『リュカオーン』
護矢真『漆黒の守護天使』
まみやかつき『翡翠の魔変身』
水無月ばけら『友井町バスターズ』
昆飛雄『杖術師夢幻帳』

二発屋の櫻井牧もここに入れる。
でも、滝川羊は却下。

405 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/30(月) 17:11
>>404
滝川作品は終わってないから、評価対象外かもしれんね。

406 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/30(月) 19:52
「玻璃の惑星」櫻井牧
こーいうSFって素敵だ。

407 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/30(月) 20:03
吉村 夜「魔魚戦記」
一巻ごとに絵師が変わりそうな予感…

408 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/30(月) 23:16
大林憲司「東京蛇神戦争」
この人の作品は小説としてどうかと思うが、これだけは突然変異的にデキがいい。
ミシャグジなんぞ出すあたりがツボ。


409 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/30(月) 23:20
水落晴美「夢界異邦人」
電撃文庫スレでも話題にならず

410 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/01(火) 01:10
水無月ばけら「友井町バスターズ」は、俺も好きだなぁ

411 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/01(火) 07:18
うう「僕らのペレランディア!」がなくて悲しい。
小学生か中学生ぐらいの子供達が廃船になった
宇宙船を修理して宇宙に飛ばす話なんだけど
誰か知らない?これ中学生の頃すご〜く好きだった。

412 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/01(火) 08:08
朝松健の「大菩薩峠の要塞」。
結局、完結していなかったとは思うが。

413 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/01(火) 10:16
>>412
あのあと病気したんだよね

414 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/03(木) 23:25
>>412

朝松健版忍法帖で未完の傑作といえば「妖戦十勇士」。
凄えところで中断してやんの。
早く続編出してくれーっ!

415 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/04(金) 00:54
マジカルシティナイトも中断だな。永遠に続き出ないと思う……。

416 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/06(日) 04:17
角川海外もの、ワイス&ヒックマンといえば『冥界の門』シリーズ
ですよ! 名作だよ! 薦めないけど。
あれだけしっかりした異世界を構築できるのはさすがの一言だ。
まったく違う舞台に共通する世界観……あんな壮大な話を書ききれる
ヤツはそうそういないよ。
なぜに完結させん角川……(血涙

417 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/12(土) 07:30
富士見ファンタジア文庫、著者 南田操
「コミケ中止命令!」

この頃のコミケに逝ってみたいい・・・(出版は平成元年)

418 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/12(土) 10:06
>>414

創作板でみたんだけど、KKは伝奇やめちゃったらしいぞ。
それが中断の理由だったらたまらんな。

419 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/16(水) 11:44
ではハルキ文庫で復活を(シャレにならんな)

420 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/17(木) 21:56
>>409
オレも「夢界異邦人」結構好きだよ。

421 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 02:49
久美沙織「ソーントーンサークル」
タニス・リー「黄の殺意」

…座右の書。

422 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 03:12
夏見正隆「わたしのファルコン」

…泣けた

423 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 08:17
うーん。タイトル忘れたんだけど、なんとか三国志とかいう、ファンタジー版
三国志。
キャラクターの命名センスが悪いのと、世界設定が一見ドキュソファンタジー
に見えるのを除けばかなり面白かった。
美樹本絵のイラストも良かった。

つーか、文章とストーリーだけを抽出すると、大概の歴史小説系の三国
志小説よりきちんとしてたぞ、あれ。


424 :T・S:2001/05/18(金) 10:39
 それは高千穂遙の「異形三国志」では?>423
 確かそんなタイトルだったと思う。「ノリエが将軍?」と「ガモスの魔剣」
続いて、以後どうなったんでしたっけ?

425 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 11:02
>>424
違う、高千穂のヘタレ文章ではなかった。
版形はノベルズで大筋の展開は三国志マンマだった。


426 :T・S:2001/05/18(金) 12:06
 じゃあ、違うや。
 ・・・・・・すみません。全然心当たりないです。

427 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 13:23
>>423
パンゲア三国志でしょ?
私も好きでしたよ。まだまだ序盤で終わってるんですけど
あのペースじゃグインサーガより冊数必要になりそうでした。

428 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/19(土) 09:24
日野鏡子の「エルンスター物語」
ブックオフ通ってようやく揃え直したよ。
……成人して読んでみると、コンドラ王がどんな人種かよくわかる。
ヤツはきっと美晴スト(w

429 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/19(土) 11:53
あきばっぱら

とかいう戦国もの。

430 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/19(土) 22:24
天野氏が表紙を描いてた「妖霊ハーリド」(クロフォード)。
既に絶版なため、見つけたら確保するよう心掛けてはや七年。
七年たって二冊しか見つからない(苦笑)。

431 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/19(土) 23:28
菊地秀行の初期短編「夏のタッチで」とソノラマの「インベーダーサマー」。
好きなんだよ…。地味だけど。

432 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/20(日) 20:17
野呂昌史「天背天昇秘記KIRYU!」(電撃文庫)
古武術の使い手同士がバトルする話。


433 :T・S:2001/05/20(日) 21:31
 >432
 それは漫画版の方だと思う。ノベル版では軍隊格闘術使いがメインだったと
記憶してますが・・・・・・。

 菊地秀行の短編集でしかもコバルトの「トワイライトレディ」。その上イラストは
めるへんめーかー。

434 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/21(月) 07:30
「龍王の淡海」
設定や文体がすげえ。
よくあんなの書いたね。

435 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/21(月) 12:15
>>434
あれは典型的なイラスト得だな。

436 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/21(月) 15:54
>>435
 イラストが無ければ売れないというのは同感。
 あの作品の凄さはライトノベルの求められている楽しさよりも、
 ガラス細工の様な設定の細かさだから。
 今手元に本が無いから言えないけど、
 イラストとして必要だったのは、最初のカラーにあった宝石の色くらい。
 緑と赤の宝石の色が何を意味しているか、
 暗喩や対比構造を分析すると、凄い考えられているのが解る。

437 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/21(月) 19:45
谷甲州「ヴァレリア・ファイル」、Cノベルス版のイラストは志朗正宗だ。

438 :山犬。:2001/05/21(月) 19:49
>>434
その作品って「スーパーファンタジー文庫」の作品で,
主人公の幼馴染である女の子が,別の女の子の事故死から
巫女決定の序列が変化し,今年の巫女として祭られる。
が,その裏の真実は……って話だっけ?


439 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/21(月) 20:42
>>438
 そそ。
 藤原京だったかな。

440 :432:2001/05/22(火) 01:03
>>433
おお! 俺のほかに知っている人が居たとは! ちょっと嬉しい。

>ノベル版では軍隊格闘術使いがメインだったと記憶してますが・・・・・・。

言われて確認してみたら、確かにそうですね。

・主人公 →古流武術・桐生塵流
・ライバル→殺人武術「名無し」
・ラスボス→組み技主体の軍隊格闘術+点穴術

ラスボスよりも、ライバルキャラの印象の方が強かったもので、
ついつい>>432のように書いてしまいました。


441 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/22(火) 13:51
漏れ薔薇姫様は名作だと思ってるんだけど。理解されない。

442 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/23(水) 14:21
富士見ファンタジア文庫「アルドナの翼」横手美智子
続きが気になる、なのに絶版。

同 「遥かなる波涛の呼び声」五代ゆう
「機械じかけ」の次に出したのが悪かった
彼女の作品では一番好きなのに・・・

443 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/23(水) 16:37
>>440
結構続編期待してたのになあ……。
いまとなっては某なまくら男とイメージかぶっちまって……

444 :名無したちの午後:2001/05/23(水) 20:19
>>438
事故死だったけ?
あれって,一定期間女王としてのお役目を務めたら次代の娘にバトンタッチ,
という設定だったような…
先代の女王(主人公の姉)のお勤め期間中は何事もなく済む.
で,幼馴染の娘に引き継いだタイミングで事件が起こり,娘は女王として
の能力発動,そして…てな筋書きだったような.

しかし,このスレ頭から読み直して見たけど買って損無しの名作ぞろい
だが,今となっては入手困難なものばかりだね…
まあだからこそ「誰にも理解されない」名作に該当するんだろうけど.

445 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/26(土) 23:50
「幾千の夜を越えて」駄目か?

446 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/26(土) 23:53
>>444
龍王の淡海だっけ?<タイトル

447 :名無し:2001/05/27(日) 01:27
あー、「龍王の淡海」懐かしー。
読んだ当時結構ショックだった。
絶対最後は、ヒロインが助かるものと信じてたから。
途中の軍事作戦はあんまり覚えてないけど、
ラストの主人公の台詞がすごく印象に残ってる。
「僕は龍王のなかでルーに会ったよ」みたいな、
台詞だったと思うが、あってるか自信がない。
大きな湖の前に一人で、たたずんでいるような読後感だった。
とにかく、一度読んだら忘れられない作品ではあると思う。



448 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/27(日) 01:52
人にはすすめないけど、寺田憲司が好き。
電撃の「ダークウィザード」とか、富士見の「シンディ・スウ」(正式名称忘れた)とか。
自分でもどこが好きかわからんし、今読んだら駄目かもしれない。
シンディ・スウって、完結してないよね?


449 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/27(日) 02:50
>>447
「龍王の淡海」ネタバレあるよ

同感。何気なく買ったが、自分にはちと読みづらい(個人的感想)本だったが、
最後は何とも満ち足りた気分になったわ。
まだ本棚にある。

仲間がばたばた死んでいくラスト付近に燃えたわたし。


450 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/27(日) 05:32
「龍王の淡海」をこれだけ覚えてくれてる人がいるのは嬉しい。
個人的には、あそこらの大賞受賞作で、一番だと思ってる。
構想とか、折りこまれた伏線とか、各種小道具の使い方とか、
小説の構図を分析するのが好きな人がみたなら、
あの作品はかなり凄い作品だと感じてくれると思う。

451 :蛇足のほうが・・・:2001/05/27(日) 05:58
大和真也(やまとまや)の「ジュゼ・シリーズ」6巻まで(未完)コバルト文庫で
内容はパラレルワールドの話です。<簡単すぎ
厨房の頃読んでました。

蛇足
イラストが逆井鋭二と言う人で、この人とお仲間のアニメ企画
「日本アルプスの少女ハイジ プロローグ編」が迷作です。
百式が出てきます。(Zガンダムの百式にあらず)

蛇足2
小説じゃないけど、ジ・アニメの冗談企画「ガンバル5」も迷作だと・・・


452 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/27(日) 09:52
>>448
寺田さんって確か、バビストックも書いてなかったっけ?
アレ、好きだったんだけど…何処に行った、私の本。

453 :ペンネームC:2001/05/27(日) 11:15
>>450
「龍王」だけでなく「狼たち」も、それから「ペイモン」
のシリーズもそうだけど藤原京はすごく突き放してるんだよね。
 特に「狼たちの傷心」は、「ひでえ。あんまりだ。この作者は
なんてひどい奴なんだろ」とか思いながら読んだ。あのラストは
トラウマもの。

454 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/27(日) 21:33
>>451
上から読んでも、下から読んでも「やまとまや」。
ジュゼシリーズの6冊って、

「フォックスさんにウインクを」「眠り姫にキス!」「回らない風車」
「水曜日には雨が降る」「アダ」「黄昏時は夢を見る」

だったっけ? 漏れも厨房の頃読んでたよ。

455 :447:2001/05/27(日) 22:16
スマン、ネタばれ

456 :449:2001/05/28(月) 00:56
>455
ああ、やっぱり誤解されてしもた。
すまん447、あの一文は自分のカキコに対してのことなんよ。
もう古い作品だしいいかなと思ってたんだけれど、いちおーと思って
最後につけ足したんだ。でもってカキコ終えた後、「あ、誤解されるかも」と思ってたんだ。失礼(w


457 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/29(火) 00:36
やっぱりおおかみ。
実は絵本だけどさ、語ってる事は、深いよ。

458 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/30(水) 06:04
ソノラマ文庫・文庫ナンバー1番
「宇宙船艦ヤマト」石津嵐
いまだに最高のジュヴナイルだと思ってる。

因みに、アニメとはキャラと設定以外は全然違う。
(ある意味では)地球も人類も救われないし、
なにしろ“ヤマト”は帰ってこない。

459 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/30(水) 06:55
>>458
島の鉄棒が記憶にのこってたよ。
板違いだけど
NHKの特番で「大和の沖縄特攻時にアメリカは1500隻の戦艦で迎撃した・・・」
て誤植があったなー


460 :名無したちの午後:2001/05/30(水) 14:57
「アベニールを探して」朝日ソノラマ
作者名は敢えて伏す(w

どの辺が良いのか突っ込まれると困るが,自分としてはかなり好き.

461 :458:2001/05/30(水) 16:00
“戦艦”だわなぁ

462 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/01(金) 04:27
小沢淳の金と銀のシリーズ大好き。
講談社のX文庫なんだけど。
知ってる人いる?
小沢さん今もかいてるのかな?

463 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/01(金) 05:38
金髪と銀髪の男二人組みが旅する話だよね。
1,2冊読んだことあるけど、内容全く覚えた折らず。

464 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/02(土) 00:31
異世界から来た2人の美形が、旅するお話。

465 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/02(土) 01:15
「ルスキエ・ビチャージ 死天使は冬至に踊る」
(富永浩史/富士見ファンタジア文庫)
同じ作者の「魔術師の名はシモン」(サークル文庫)
この人の作品は、文章の流れがいまひとつスムーズでないので
ちょっと読み辛いが、膨大な知識に裏打ちされた緻密な設定と
それを生かした意外な発想に痺れる。
「シャドウスキル」のノベライズなんか書いている場合じゃ
ない! 「バードウォッチャーシリーズ」の続きを書いてくれ!

466 :ペンネームC:2001/06/02(土) 01:26
>>465
こないだファミ通文庫で続編が出たじゃないですか(笑)

467 :T・S:2001/06/02(土) 13:34
 >466
 ああ、あれ続編だったんですか(w

「竜王の淡海」のラストは確かにトラウマ物。妹はあれを読んでしばらく、小説に
手を延ばそうとしなくなった。曰く、
「ラストでヒロインが助かると思ってたのに・・・・・・けど、ああじゃないと小説として納得できないし・・・・・・」
 私も、大体そんな感じ。

 >463
 小沢淳の金銀って、ムーンライトホーンとか言うアレ?
何冊か読んだけど、私の波長には少し合わなかった。
 最初から最後まで読めば違ってたかも・・・・・・。

468 ::2001/06/02(土) 16:35
>>462-464
砕け散った「第三の月」の民が、失われた故郷(砕けた月)のカケラを求めて旅するお話でしたっけ?
最初のシリーズが5冊(タイトル失念)、次のシリーズが「ムーンライトホーン」という副題で
何冊か出た所までしか記憶にないのですが……確か紫堂さんのイラストに惹かれて買いました。

469 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/02(土) 20:00
>468
紫堂さんのイラストのはムーンファイア−ストーンの方です。最初のシリーズ
です。ムーンライトホーンは登場人物が暗過ぎて読めなくなった(^^)
最初は気楽な珍道中って感じで面白かったのに〜。

470 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 01:16
おなじ作者ならスニーカーのラレンティアの方が好きだな。
ボーイズラブ色が少なくて。

471 :ペンネームC:2001/06/03(日) 01:53
>藤原京
 スーパーファンタジー文庫消滅で、
復活の可能性がますます遠のいた。くそう。

472 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 02:16
そういえばこないだコバルト本誌でコラム書いてたな、藤原……。刀の話。

473 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/03(日) 02:40
ライトではないがリチャードブレイドシリーズ。
デュマトレストと一緒に毎月購入してました、小六の頃。


474 ::2001/06/05(火) 21:42
>>469
>ムーンファイアストーン
ありがとうございます、名前が出てこなかったので教えていただけてすっきりしました。
主人公格の男二人の、男も女もイケルという設定に複雑な思いを抱いたのを覚えています。
ホワイトハートでボーイズをやって欲しくなかったので。
結局二人はどうなったんでしょうか。まだ終わってなかったりして?

同じ小沢さんの「もういない天使の黄昏」はタイトルだけで買いましたが、個人的には気に入ってます。
三人のヨウコが名乗るシーン……っとこれ以上はネタばれになりそうなので、控えておきます。

475 :イラストに騙された名無しさん :2001/06/09(土) 10:23
スーパーダッシュ「大嫌いな、あの空に。」花田十輝
展開みえみえ、突込みどころ満載。
……なのにイタさ加減が気持ちいいのか、割と好き。
Mの人にはお勧めかも。

476 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/09(土) 14:29
>>460
アベニールはなー…中途半端にガンダムだったのがどうも。
何の説明も無くミノフスキー粒子とか出てきて萎え、1巻で挫折。
あの後面白くなったんだろうか……

5年程前に出てた
コバルト文庫「CITY VICE」
立原とうや

「水」「食料」「環境保全技術」「エネルギー」を独占する四大財閥
に支配されたドームが舞台のサイバー・アクション。
舞台設定や、やたらとキャラ立ちしてる神父や博士等のサブキャラが好きだったなあ。

3巻まで出てたのにストップ〜もう続きは出ないのか。待ってるんだが。

477 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/10(日) 15:40
角川の、アーク島年代記の1作目(1〜6巻)。
好きです。

2作目は絵が鬱…。
でも打ち切りになっちゃった。

478 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/10(日) 16:23
>473
おお、デュマレスト好きがいたか。
ブレイドは読んでないが、デュマレストは大好きだった!

479 :深紅:2001/06/19(火) 20:36
「グラマリエの魔法家族」シリーズ。
続きが読みてーけど、レーベルがすでにない。
もっとも読み返した小説。

480 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/21(木) 04:37
コバルトの「ヴィシュバ・ノール変異譚」シリーズ。
独特の世界観、雰囲気が好き。
昔、コバルト延べる大賞の評価で、審査員の誰ぞが無国籍風の世界観がいかん、みたいなことを言っていて、何よんどるんじゃーと思った覚えがある。
このどこでもない雰囲気がいいのになー、と。
「海賊王の宝の章」のラストの辺りがとても好きだ。
なのに打ちきり(涙)。

481 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/21(木) 05:09
ルゲイラング、連載は結構好きだった。
毎月たのしみにしてました。
…本になったのを見て、萎えました。
もうどうでもいいです。

482 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/21(木) 08:27
首藤剛志の「ゴーショーグン」シリーズ(アニメージュ文庫)
OVAになった『時の異邦人』『遙か海原の源へ』が良かった。
コバルトなら小林弘利の一連のシリーズ。

483 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/21(木) 20:33
小沢淳の金銀シリーズは打ち切りじゃないかな?
もうずっと出てない気が。
私は魔術師の弟子が1番好きだったなー。
ムーン・ライトホーンは目的地までが長すぎて(苦笑)。
辿りつくまでは長いけど帰りは一瞬、みたいな覚えが。

狼たちのシリーズは読んでたけど、龍王は未読なんで探してみよーかと。
同人誌で言いから(笑)続きでないかなー。

484 :sage:2001/06/22(金) 00:29
ソノラマ文庫 「かたゆでマック」シリーズ 藤原征矢

ギャグ、シリアス、キャラクター、設定全てがそつない。
各巻の出来不出来のばらつきもない。
最後まできっちり楽しめる良作ライトノベルだと思う。

485 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/24(日) 00:16
ここで金陵城内記の紹介を読んで、今日買ってきました。
面白かったっす。thx

486 :ホン本:2001/07/09(月) 15:12
たけし怪獣記<太田出版>

487 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 23:24
・「獅子と薔薇の銀河」水沢蝶児 全5巻(続きがあったらしいが)
朝日ソロラマ。
SF。挿絵がまぁ奇麗だたし、ヒロインのカディアが可愛かったのが印象深いです。

・プラパ・ゼータ シリーズ
講談社WH。
竜珠の乙女編・精霊王編・魔導師編・ミルゼの使徒編(これは今月出たな)
各全6巻。
設定がいい、キャラがいい!!
なのに文はへたれ・・・。
美少女好き!美形好き!
両想いなのに「何でくっつかんのか、コラァ!」なまどろっこさが好き!
な方にはお勧め・・・します、はい。

・・・はっきりいって、主人公'S一人勝ちなんだよなぁ、私の中で。
精霊王の続き、書いてくれないかなぁ・・・。

488 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/12(木) 00:06
http://www.cyborg.ne.jp/~sympow/entrance.html

489 :たけし怪獣記の怪獣:2001/07/12(木) 16:11
arya

490 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/13(金) 17:04
高瀬美恵「クシアラータの覇王シリーズ」はスゲー良い!
結構有名か?

491 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/14(土) 08:41
H・Pチャダ(あだちひろし?)「天外魔境」全三巻

492 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/15(日) 20:20
>>490
エヴァーグレイス(PS2)シリースの方ですね。
小説かいてたと知って驚きました。
個人的に、最終巻の外伝の多さに驚いたのですが。

493 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/16(月) 17:18
>>492
エバグレってなんですか!!
ヤフーで検索してみたけどわからんかったです。
教えてください!!是非!!
クシアラータは沢影月が最高でした。笑えるけどかっこいい。
外伝の数あれくらいじゃ足りんですよ。
もっと続いて欲しかった〜。

494 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/16(月) 20:29
吉岡平の「鉄甲巨兵SOME-LINE」はロボアニメオタクにゃこたえられん作品だ。
そうま竜也のデザインしたSOME-LINEがかっこいいんだわ、これが。

あと、会川 昇の「ガンヘッド」
(映画はおおゴケしたけど小説はオモロイ)
SFハードボイルドなくせにやたらと熱いライナー真島編と、
良質のロボットアクションエンターテイメントになってる蘇る機神編、
どちらも好きだ。
この人今でもアニメ脚本やってるけど、いいうわさ聞かないな。

誰か同志求む(藁

495 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/16(月) 21:02
ひかわ玲子さんの「千の夜の還る処」。
かなりマイナーだと思うけどおもしろい。
あの雰囲気・世界観が好き。

496 :492:2001/07/16(月) 22:26
>>493
フロム・ソフトウエアから出ているPS2用のゲームです。
人気があったのか(?)続編がでたばっかりです。
公式に逝けば、詳しくわかるのでは。

ttp://www.fromsoftware.co.jp/

ちなみに、私はサラが一番好きでした。
だから余計に最終巻が・・・。

497 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/17(火) 00:05
エヴァーグレイスは1はあまり面白くないそうな。噂だけど。
あと、かたゆでマックは今でも傑作だ。面白いぞー。

498 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/17(火) 04:19
着替えコマンドのみが話題になりましたな>エヴァーグレイス

499 :493:2001/07/17(火) 10:27
>>496
ありがとです!早速いってきまっす☆
最終巻のシヴァ夫妻はもうヤバくてビビリでした。
なんか作者さん曰く(どっかのHPで見たけど)
シヴァは結局風邪こじらせて若くして死んじゃうそうな…。不憫じゃ〜。
サラはシヴァとくっつくよりあの終わり方のが良かったかも(笑)

500 :T・S:2001/07/20(金) 12:09
 >494
 確かにそれは面白かったと思うけど、雷光丸の伏線とか処理し忘れてるのがどうもね・・・・・・。
「超甲巨兵SOME−LINE R」は二年は待ったんだけど、もう作者も忘れてるか。

 会川昇の「南海奇皇ネオランガ」の小説は単行本化してるんですか? 出たら買うの
だけど。
 それとこの人、大昔に「孔雀王」のノベライゼーションやってなかったかな。全キャラ
の性格が原作と異なってるという奴。

501 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/20(金) 20:04
>>500
「超甲巨兵SOME−LINE R」は「華々しくやっといて出さない」というギャグでしょう。
マジンガーZの最終回のパロディで
こないだ最終回やった「破邪巨星G弾劾凰」というアニメのラストが
まさにそれだったのには大爆笑した。

502 :494:2001/07/23(月) 15:52
>>500
うーん、細かい伏線の処理を求める話じゃなかったような気がするのは私だけっすか?
(てか、雷光丸の伏線てなに?)
あとRは…メンバがもろに801向けだったので、その時点でギャグだと思ってました。
間違って出たらラッキーとは思ってたけど。

「孔雀王」のノベルは原作並みかそれ以上にエロかった記憶あるなぁ。
「ネオランガ」は知らないです。

503 :T・S:2001/07/26(木) 14:45
 雷光丸を作る際、皆の怨念が叩き込まれ、結果として「とんでもない妖刀になってしまう
のだが」と言う文章が書かれていたのだけど、そのエピソードが出る前に雷光丸は折れてしまい
ました。

504 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/26(木) 15:07
怨念といっても、あれは
「こんなくだらない事させやがって、クソッタレ」
という程度の怨念だったし、ただの軽いギャグだったのでは。

505 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/26(木) 15:44
掲げると雨が振るのが怨念の効果だと思ってました(w

506 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/29(日) 22:55
ソノラマ文庫、清水義範作「ランドルフィ物語」。
厨房の時、これがライトノベルとのファーストコンタクトだった。

507 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/15(水) 07:53
麻生俊平のミュートスノート戦記

508 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/15(水) 19:21
井上ほのか「都市戦記・妖魔アルディーン」の1、2巻が大好きでした。
3巻以降は少し暗すぎて・・・。

509 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/17(金) 04:12
名作とまでは言わないが、電撃のレディスクウォッター。

クレギオンには及ばないものの、それっぽい匂いがする良品だと思う。結構好
き。

10月に新刊がでるとか。個人的には続編は読みたかったが、正直出るとは思っ
てなかった。楽しみ。

510 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/17(金) 16:33
誰か知らない? ファミ通の『ルーンウルフは逃がさない』。俺、すげー好きなん
だけど。

511 :2ちゃんねらーJ(仮):2001/08/17(金) 19:23
電撃から出てる「テイルズオブデスティ二ー ルーティのルール」
元のゲームが好きで買ったんだけどマジ面白かった。
だけど原作のゲームやってる人があんましいなくて誰も読んでくれない、、、
ファミ通文庫から出てる奴は個人的にはちょっと・・・って感じでしたが。

512 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/17(金) 21:39
>>510
2巻でるよ。
>>509
叩くほど嫌いでもなければ、褒めちぎるほど好きでもないが、
あれ題名だけはどうにかして欲しかった。
ヒロインはレディでもなければスクウォッターでもないぞ。

513 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/18(土) 06:11
「レベリオン号ログノート」シリーズ 伊東麻紀
ヲタっぽいシリーズ名が痛い…。
内容はドロドロで深かった。トラウマまみれの登場人物達。
救いがあるようで無いエンディングが良かった。
作者の思想、哲学、宗教観とかがかなり文系で暗い。

514 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/19(日) 13:03
>>512 手に入れました。

515 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/21(火) 11:34
朝日ソノラマからでてた、コンビネーション。
プロ野球もの。作者の谷山由紀のその後、誰か知らん?

516 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/21(火) 12:09
>>515
朝日ソノラマスレでちょくちょく話題になってたよ
http://salami.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=949028052

517 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/22(水) 12:49
アルドナの翼、 もう続きかかれへんのやろか
古本屋で久々に見た気がする……

518 :イラストに騙された名無しさん:01/08/31 12:43 ID:3bwbrQLM
コバルト文庫 石堂まゆ
「夜光街」シリーズ
個人的に好きなんですけど・・・極道の息子の話。
一人でもいいから読んだことある人いないですよね。

519 :名無しのオプ:01/09/01 04:22 ID:cWoTnOqw
田中啓文 「蒼白の城XXX」「慟哭の城XXX」(上下巻)。

スーパーファンタジーじゃなけりゃあ、もっと売れてたはず。
読みやすい文章、魅力的なキャラクター、先が読めない展開、
そして救いのないラスト。
いやー、面白いよ。
読み終わったらやりきれない気分になるのは間違いないけど。

ところで、田中啓文ってマイナー?

520 :ナナシ:01/09/01 18:05 ID:Q9Mo9GDg
>>517
自分も続きを切望中。
リュウザとの話はきりがついたかもしれないが
根本的なところではなにも解決していないし
ライカの力についても出てきたばかり。
あそこで切るのはもったいない。

521 :ナナシ:01/09/01 18:07 ID:Q9Mo9GDg
ttp://www.fukkan.com/

こういうサイトもあるのだね。
こういうところでも票が集まらないから
「誰にも理解されない」なのかも知れないけれど(苦笑

522 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 18:29 ID:dObx5Hvk
ト、トライアングルディテクティブ、、、
もう忘れかけてるけど

523 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 19:54 ID:/vPCi/aY
>519
上巻だけ読んだが結構面白かったな、あれは。あの作者は結構マイナーだと思う。
スーパーダッシュで本出してたけど。

524 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 20:07 ID:o7Za0M2A
>522
鴉紋洋の? なつかしー。
オレ、鴉紋作品にハマったのって、トライアングルディティクティブシリーズからなのよー
アレはえがったなぁ

525 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 20:22 ID:aSA9QG6.
>519
それはもうきっぱりマイナーでしょう。
でもスーパーファンタジー以外のところから出してる作品で
少しずつ名が浸透している。喜ばしいことであります。

でも作品よりも「あの」日記の方が有名な気がする(藁

526 :名無しのオプ:01/09/01 22:47 ID:cWoTnOqw
しょうがないっていえばしょうがないけど、やっぱりマイナーか。
本人の人柄も良さそうだし、
作品も面白いんだから売れてほしいよ。

つーか、またスーパーファンタジーから出してるよ…

527 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 00:27 ID:BCtWyTZw
「ゲーミングマギ 1-3」 D.ビショップ 教養出版

これを知っている人は何人いるのでしょうか?
12,3年ぐらい前の本です。
検索かけても、HIT一桁です。(それも古本屋とかばかり)
表紙が、加藤雅基(唯登詩樹)なので、それに触れられているとこは
ありますが、本の中身に触れていることは、見たことありません。
面白いと思うんやけどなぁ


 「七都市物語」田中芳樹、早川文庫
  が好きだというのはやっぱり間違っているのでしょうか?
  昔、これ面白いといったら、友達にばかにされた・・・

528 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 00:36 ID:zYYoiraA
>>527
ゲーミングマギかあ、唯登樹イラスト(他の名義だった)が
炸裂していたのが印象深かった。
同じ文庫だと、アレール姫の指輪、氷結都市、魔法都市ライアヴエック
(1・2)とかがあった。

たぶん、手塚一郎、ベニー松山スレに知っている人間が固まっているはずだ。

529 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 00:48 ID:fWPUX9a2
田中啓文は「銀河帝国の弘法も筆の誤り」が最高だった。
あれ読んで仲間とメールで禅問答やったりした。

530 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 04:05 ID:jM7AlTac
>>527
ゲーミングマギ、俺も結構好きだったよ
なんか中途半端なところで終わった記憶があったのだが
続きはあったのだろうか

531 :イラストに騙された名無しさん :01/09/02 05:39 ID:V22Agbmk
じぱんぐ。加門七海はまだ小説化やってるのかな。
あと聖剣伝説とかもすきだった。大陸書房があんなことにならなきゃね〜
あと大野木寛はどこ行ったんだろう。結構好きだったんだけど。

532 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 05:47 ID:V22Agbmk
朝松建っていえばマジカルハイスクールの続きってどうなったんだろう
たしかドラゴンマガジンで2回くらいやってたよね。「わたしが天使に
なれたなら」だっけ。天使を召還しようとして宇宙人と交信してしまった
り、自称人格者になってしまったりしたやつ。それをバックブリカーだ
の、唐辛子をいぶしたりだので祓うってかんじだった。
やっぱ朝松建にゃどたばたギャグをかいてほしい。

533 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 07:15 ID:CX6CSdyI
それよりマジカルシティナイトはどうなったんだろうね、朝松。

534 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 15:05 ID:OqiRoA3.
稲本おさむ 「とねりこ荘綺譚」 そして2巻目の「ベルテインの火祭り」
いやゆる、ありがちな「下宿もの」だが、登場人物が丁寧に描かれており。
また「住職の跡継ぐが嫌で飛び出した」貧乏主人公も好感がもてる。
そしてなんといってもヒロイン(?)がダウナー系の13歳。ポイント高し。

535 :イラストに騙された名無しさん:01/09/02 15:10 ID:OqiRoA3.
>433
いまさらですが・・・・菊池秀行&めるへんめーかーとは渋い。
たしか、この組合せはもう一冊あったはず(でも違和感あるよな)

・・・・そういえば、めるへんめーかー最近どうしているんだろ?
   「森に住む人々」は好きだったが・・・・って鼬飼いスマソ

536 :531:01/09/03 01:33 ID:O2d6xE/6
失礼神剣伝説だった。
煎ってくる。

537 :イラストに騙された名無しさん:01/09/03 06:57 ID:K7ZZBf2.
バーンストーマーかな……。知らないと思うけど。

538 :イラストに騙された名無しさん:01/09/03 14:04 ID:VF4ZCYYY
>537
知ってる!

539 :イラストに騙された名無しさん :01/09/05 01:39 ID:YurPFE5A
バーンストーマー・・・悔しい。
喉まで出かかって、わからない。
どんな話でしたっけ?

540 :537:01/09/05 07:10 ID:Hsl41DLs
飛行機モノ。第一次大戦後の話。一巻しか出てなかったように思うけど……

541 :イラストに騙された名無しさん:01/09/06 19:37 ID:KiwcFfrE
このスレ今日発見して一生懸命読み終えましたyo。
見たことのある作家名がちらほらしてて嬉しくなった。
結城恭介の「美琴姫様騒動始末」(新潮文庫版)とか、
懐かしさのあまり本棚から引っ張り出してきちゃったよ。
新潮ファンタジーはいっぱい持ってたなぁ。

>>421(激しく亀レスですが
同じくソーントーン。ただし好きなのは1巻だけなんだけど。
消防の頃読んだんだけど、表紙がぼろぼろになってる。
石みたいにどこにでもごろごろ転がってるものが
慈しむ対象と成り得るなんて、と新鮮に驚きつつ読んでた。
でも2・3巻は子供心になんともつまらなかったんだよう...
今読んだら評価変わるかな。

そういえば久美沙織はけっこう好きでした。
「あけめやみ とじめやみ」とかドラクエシリーズ(w とか。
長文スマソー

542 :イラストに騙された名無しさん:01/09/06 20:01 ID:WC9txWgU
さすがというか、このスレのほとんど知らないや
もっといろいろ読んでみようか

私的には アーサー王子乱行記−全5巻 はまぁまぁ好きな作品
3巻くらいまでは801まがいな展開が続くが、4,5巻でいきなりシリアスに
そのギャップとシリアス部のSF的な「まともさ」がいい、かも・・・

543 :イラストに騙された名無しさん:01/09/06 20:13 ID:G7ftzns2
>541
「あけめやみとじめやみ」なつかしいな。短編集だっけ。
なかなかの佳作ぞろいだった気がする(あんまり覚えてないが)
久美沙織だとあとはMOTHERのノベライズかな。

544 :541:01/09/07 02:09
>543
「あけめやみ」、不思議な作品でしたよね。
実はわたしも表題作以外は忘れてたのですが(w
高校の図書室で一度だけ読んですごく印象に残っていて、
数年前に古本屋で再開して思わず購入してしまいました。
そういう思い出の物語です。

そういえば昔親父の本棚に
無能ワニがあったのをいま思い出した。
小学生にはあの描写は
赤面通り越して意味が分からなかったです。
ああいう世界観はわりと好き。
わたしにはどんな能力があるんでしょ。

545 :イラストに騙された名無しさん:01/09/08 02:05
加納一朗てどうだったの?

546 :sage:01/09/09 03:02
もんのすごい遅レスだけど、
>476
「CITY VICE」私も好きだった。
主人公の女の子が退化人間なんだよね!
私的には父親との確執がツボでした。続き出ないかなぁ。
この作者って最近見かけない気がするけど今何やってるんだろう?

何回か出てきてるけど、無能ワニってどんな作品ですか?
ちょっと気になります・・・。

547 :イラストに騙された名無しさん:01/09/09 11:07
>>546
能無しワニとは、超脳力西部劇風SF。
著者は中井紀夫だから、ちょっとひねくれた話。
イラストは沖 一だからイマイチ実用には向かないかも・・・・

>>543
「あけめやみ・・・・」 私は早川のSFベストコレクションで読んだ気がする。

548 :イラストに騙された名無しさん:01/09/09 14:07
ソノラマ文庫「こんなに緑の森の中」谷山由紀。
各年代のモラトリアムを描いた秀作です。

549 :あげちゃう:01/09/12 18:12
>>547
ついでアゲ

550 :名無しさんの元:01/09/12 20:35
メチャメチャ遅レスすまそ
>>520-521(アルドナの翼)
確かにこれからって所だったのにね。
やっぱり何か理由があったんだろうけど、
もったいなさ過ぎ。

今でも、思い出したように読んでたりしますよ。


>ttp://www.fukkan.com/
面白そうなサイトですね。
投票しようと思ったけど、入力しなきゃいけないのが
多くって、ちょっととまどっちゃったり(汗

551 :まだ20代:01/09/12 20:53
ふる〜いの出すからみんな読んでみてよ。

1:清水義範「魔獣学園」(ソツなし)
2:山田正紀「弥勒戦争」(神狩りよりイイ)
3:筒井康隆「俺の血〜」
4:タランシリーズ(ナルニアより個人的に上)
ロイド?アリグザンダー?

一応キシュツじゃないので選んでみました。
あえてSF板じゃなしに。

552 :イラストに騙された名無しさん:01/09/12 21:54
>551
タランシリーズじゃなくて「プリデイン物語」シリーズだよん。
評論社、全5巻。
作者はロイド・アリグザンダーで正解〜

553 :イラストに騙された名無しさん:01/09/13 17:31
ソノラマ文庫「プリンセス奪還」を書いておく。
お約束の嵐だったが、そこが好きだ。

554 :イラストに騙された名無しさん:01/09/13 23:03
笹本祐一
星のダンスを見においで

いまだに読み返すほど好き
あまり話題にならないんだよな〜

555 :イラストに騙された名無しさん:01/09/14 01:41
めっちゃ、亀レスですが、
>508
私もアルディーンの1と2大好きでした。
確かに香港の話はイマイチでしたね。
もう続きは出ないのかなあ。

556 :30歳:01/09/24 18:25
>>551
「魔獣学園」たしかにソツなくまとまってて面白かったね。
でも続編(完結編)の「魔獣学園II」は、ちょっとあっさりしすぎていたように思う。

557 : :01/09/24 21:35
「聖エルザクルセイダーズ」…
この作者さん、いまはどこへ逝ってしまったのか…

558 :イラストに騙された名無しさん:01/09/24 21:37
>>557
いや、あれを惜しむ人は多いというかスレなかったっけ?
パンゲア以降見ないような、しばらく原作とかやっていたような。

559 :イラストに騙された名無しさん:01/09/25 00:57
電撃王で連載してた忍者のやつやってたはず。
瑠璃丸伝だったっけ?

560 :やっぱりまだ20代(前半):01/09/25 06:23
>551
「弥勒戦争」はいいね。あの絶望的な終わり方がたまらん。

140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)