5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武侠小説家金庸についてのスレッド

1 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 09:45
ミステリーでもSFでもないのでここでいいでしょうか。分類は歴史物+
チャンバラというところです。

2 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 15:49
金庸より古龍の方が好みです。
(西門吹雪萌え〜)



3 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 16:16
古龍もいいが、出版社を一つに決めて出してほしい。

4 :タイムマシン:2000/07/25(火) 17:26
>3
うむ、確かに。
聖白虎伝はやばかった。(何だ!あの表紙は)
小学館文庫は頑張ってほしいものだ。

5 :黄蓉萌え〜:2000/07/25(火) 21:29
この作家にこれほどの萌えキャラを創りだせるとは思いませんでした、はい。

6 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 10:03
俺は父親の東邪が好きだな。「神チョウ剣侠」でもいい味だしてるし。

7 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 10:37
親に読ませたら「必殺技が多くて読みづらい」と云われた

8 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 11:11
中国名って覚えられないから大変


9 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 13:50
最初に「書剣恩仇録」を読んだときにはテンポが悪すぎて辟易した
が、途中から逆にこれで具合が良くなってくる……

10 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 13:54
しかし、洪八公の「九指神丐」を「九指神乞」、「丐幇」を「乞食党」って
変えるな、『射雕英雄伝』。漢字が活字に無い訳じゃあるまいし……『神雕
侠侶』だと「丐幇」に戻ってるし……

11 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 11:23
「中国の吉川英治」と思う

12 :>10:2000/07/28(金) 07:23
洪七公だよ〜

それはともかく『射[周鳥]英雄伝』は訳者が台湾人だから
どこまで日本語に訳して良いのか加減が判らなかったのだろう。

『笑傲江湖』とか『碧血剣』とかの訳者も台湾生まれなので
そういう傾向はある。

(掌門−>総帥とか。「若き侠客」とするところを「少年侠客」とか
20歳を過ぎている令狐冲は日本語では少年ではない)

13 :>11:2000/07/28(金) 07:24
どっちかっていうと山田風太郎のような気が…あんまりやらしくないけど

14 :>11.13:2000/07/28(金) 09:03
 金庸=山田風太郎は確かに近いと思うが、金庸はあそこまで爽快に
ぶっとんでいない。笑傲江湖は確かにその片鱗はあったんだけど...

 しかし、「神[周鳥]剣侠」は美少女盛りだくさんなのに、小龍女
以外はぱっとしないな。まぁ、小龍女が他に比べるとキャラ立ちし
ていで、それよりも李莫愁おばさんの方が立っているつーのも。

 そもそも、金庸はじじいが猛烈にキャラ立ちする作家だからなぁ〜
どの作品でも結局物わかりのわるそな爺さんの印象ばかりが残る。

15 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 12:35
作品の倫理観が吉川英治っぽいと思うんだが。山田風太郎には技の奇想
天外なとこが似てる。

16 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 13:28
神周鳥剣侠は郭芙が最大の悪者じゃないのか。わがまま過ぎ。

17 :>15:2000/07/28(金) 13:37
 確かにそれは言えるかも……吉川英治なら「国民的なお手本」に
なれるけど、山田風太郎はさすがにできないからね……

18 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 13:40
 『笑傲江湖』の任我行教主の死に様が「なんか打ち切りくせぇな」と
思った人いない?

19 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 17:07
任教主は最初出てきたとき、「きっついけど魅力ある人だな」と思っていたら
アサハラ系の人物に変貌してしまった。
18さん、打ちきりはないと思います。あの作品確か金庸氏の新聞で
連載していたはずなので。あの人は連載終了後、作品に手を加えるそうなので
構成を失敗したと思って書き直した所がああいう感じになったのでは。

20 :>19:2000/07/28(金) 21:30
 たしかに、任教主は魅力的なキャラ。でも、「毛沢東批判」云々に
絡められてしまって読者から見ると損しているような……

 本当はラストは令狐冲と盈々が手に手を取り合って暴虐な父と戦う、
かと思ったらなんちゅーかその、腰抜けな展開が……まぁ、日月神教v.s.
正派同盟書いていたらあと1巻あっても足りなかっただろうな……と
なると、基本的な後半の構成配分しくじったのか?

 あそこで大乱戦が繰り広げられて大団円があれば、傑作娯楽小説と
言っても過言ではなかったと思う。でも、金庸は令狐冲と岳不羣・岳
霊珊の話が片づいた時点で執筆のパッションが落ちたんだろうな……
と邪推することにしておきます*ンB

21 :>16:2000/07/28(金) 21:32
 わたしは郭芙は「書剣」の陳家洛ぐらい駄目なんじゃないのかと思うぞ。
 というか、カーロウの兄貴は主人公としてちとダメ度が……

22 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 23:17
雪山飛孤のラストどう思います。個人的には「ずるいよー、これは逃げだ」
と思いました。義理と人情どっちが重いってとこか

23 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 11:00
武侠小説の必殺技は、みんな連携コンボなんでしょうか。一撃必殺じゃないようで

24 :>22:2000/07/29(土) 15:09
あの義理と人情を玉虫色で終わらせるのが金庸らしさとも。
でも、そうなると義理を仏恥義理してしまった楊過は度胸ある破格の
人物だったのかも

25 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 23:13
楊過は普通の教育を受けてないから、平然と仏恥義理できたんでしょうね。
でも金庸の主人公は品行方正な人が多かったので、作者も変わったことを
したかったのでは。

26 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 19:07
神[周鳥]剣侠、第三巻の時点で最強なのは誰なの。郭靖、それともなんたら大師、
それとも周伯通、いったい誰なのか

27 :>26:2000/07/30(日) 21:23
おそらく2巻に出て来た黄蓉の父である東邪・黄薬師だと……郭靖夫婦
金輪法王・周伯通・小龍女&楊過の第一集団に次ぐ実力者の李莫愁を瞬殺
できるけど、世代の差から出来なかった云々からするとおそらく。
 それに次ぐのが老玩童・周伯通……ああ、結局じじいが強いのか……

28 :名無しさん@1周年:2000/07/31(月) 09:39
金庸世界では、じじいは内功の鍛錬が出来ているから強いというのが多い。古龍とは
また傾向が違うようです

29 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 09:29
金庸は作品がたくさん映画化されているそうですが、日本でビデオになってるもの
ありますか

30 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 09:49
 映画化は「笑傲江湖」→「スウォーズマン」、「倚天屠龍記」→
「カルトカンフーマスター」が比較的手にしやすいかと……あと、
「書剣恩仇録」もなにか日本公開されていたよな……徳間の金庸本
にちゃんとリストがあったと思います。
 あと、プレ「射[周鳥]英雄伝」の「楽園の瑕」……うーむ、西毒
ってそういうやつだったか?と不安になること請け合いの出来。

「カルトカンフーマスター」好きだったんだけどなぁ……

31 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 10:52
ありがとうございます、ビデオ屋で探してみます

32 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 17:15
「スウォーズマン」見たけど、東方不敗が「笑傲江湖」とまったく別人だった。原作じゃ
ただのオカマなのに、映画では美形のお姉さん。改ざんしすぎ。

33 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 19:47
さすがに『笑傲江湖』のキモいおっさんを映像化したくなかったん
でしょ。その代わりあの映画はブリジット・リンで続編が出るほど
ブレークしたけんね。


34 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:57
続編、笑傲江湖と内容関係無しだったと思います

35 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 08:57
 もちろん「風雲再起」は「笑傲江湖」とは関係なし。でも、ブリジット・リン
の東方不敗人気を示すいい証拠ですな。

 まぁ、原作もああいうキャラだったらあんなにあっさり倒されはしなかったと
思うけど。

36 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 09:48
原作の東方不敗はなんであんなにあっさり倒されたんでしょうか、任教主を
毛沢東っぽくするためなんでしょうか

37 :>36:2000/08/03(木) 12:59
1,本命は任我行・岳不羣だから軽めに抑えた
2,キモいおっさんを金庸はあまり書きたくなかった
3,あのまま大活躍だとキャラ立ちしすぎて周囲が薄くなるから

 んなとこじゃないでしょうか?金庸はモラリストだから、インモラル
な東方不敗を大活躍させづらかったと……

38 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 14:01
1ですかねー。モラリスト金庸のアンモラルなキャラ、大活躍して欲しかった

39 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 15:40
『剣侠』の楊過少年が並み居る美少女にココーンと手を着けて回れば
なかなか楽しい話になるかとおもいますが、そういう話は『鹿鼎記』
まで待ちましょう。でも、いいなぁ、小龍女を初めとした面子の修羅場
をくぐる楊過というのは。

 楊過なら上手く切り抜けそうな気がしますが、カーロウの兄貴こと
陳家洛は自滅するだろうな、現にウイグル姉妹でやっちまってるし。
他の作品は……袁承志はそうなりかけたけど結局青青を選んでる……

40 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 15:43
 周伯通v.s.桃谷六仙というカードもなかなか見物だと思う。試合
結果は注意散漫に遊びすぎてノーコンテスト。

41 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 17:51
>>30
>「カルトカンフーマスター」
カンフーカルトマスターかと。

原作と扱いが全然違うけど、東方不敗の藍鳳凰、萌え〜

42 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 17:57
まだ訳されていない作品を語る人って、やっぱ原文を読んでらっしゃるんですか?(おそるおそる)

43 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 21:27
>42
うんにゃ、そんな語学力は私にない。徳間の金庸本とかその辺の
情報がメイン。原文で読めればなぁ〜

44 :>41:2000/08/03(木) 21:30
 フェニー・イェンは映画両方で唯一同じキャストだったからなぁ。よっぽ
ど藍鳳凰役が似合っていたのか。

45 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 12:01
AGE

46 :名無しさん@1周年:2000/08/07(月) 12:17
『剣侠』三巻読んでたら「剣魔独孤救敗」という墓が出てきたが、これって「笑傲
江湖」に出てくる「独孤九剣」に関係あるんですか


47 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 14:51
>>46
俺も連想しました。
なんか関連あるのかなーと、とりあえず、笑傲江湖が
宋のより前の時代設定かどうかを確かめようとと思ったら・・・
まったく分からず(汗)
笑傲江湖内に、時代背景を感じさせる要素ってありましたっけ?


48 :名無しさん@1周年:2000/08/07(月) 14:55
金庸氏は歴史に絡めて話を書くのが大好きなのに、「江湖」にはまったくその気配無しです。
やはり文化大革命批判を絡めるためその辺りはぼかした方がいい、としたのでは

49 :47:2000/08/07(月) 17:56
>>48
やはりありませんでしたか。>時代背景の絡み
文化大革命うんぬん、ってのは良く分からないんですが、
江湖の世界だけで話が閉じていた分、最初に読む(訳す)のには
向いていたのかもしれませんな。
もし、最初に書剣恩仇録とかが訳されてたら、ここまではまったかどうか・・・

50 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 08:29
朝一age

51 :名無しさん@1周年:2000/08/08(火) 09:08
『江湖』の中の善悪定かならぬ派閥抗争について、金庸氏は「歴史上普遍的なことを書いただけ」
とインタビューのとき答えていましたがやはり執筆当時の中国の文化大革命批判の
要素は絶対あったと思います。任教主が毛沢東のパロディなら岳不クンは誰のパロディ
なのでしょうか、まあああいう口では正論を言いながら腹の中ではドス黒いことを
考えている人は何時の時代にもいそうですが。

52 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 14:49
age

53 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 16:52
この板にあるのが悪いのか、やはりまだ知名度が低いのか・・・
いまいち盛り上がりに欠けるのぉ・・・

知人に広めたいのですが、
「小説版ドラゴンボールみたいだ」
と薦めると、今だ誰も読みたいと言ってくれません。
なんて薦めたら読んでもらえるですかね〜
一度読ませさえすれば、結構はまってくれると思うんですが。

54 :名無しさん@1周年:2000/08/08(火) 17:14
年配の方には「中国版吉川英治」と云ってみては。若者には「香港映画の
元ネタ」ぐらいしか浮かびません。僕の住んでる地域の図書館でもあまり
借りられていないようです。面白いのにねー。

55 :名無しさん@1周年:2000/08/09(水) 08:58
漢字が多いのと日本の時代劇などとテンポが違う(主人公が必ずだいぶ後から登場
する)などがとっつきにくい理由でしょうか。僕が中学生ならもの凄くのめりこんだと思う。

56 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 20:57
>>46.47
 独狐求敗は同一人物で、神[周鳥]剣侠では帯剣を楊過が継承するけど独狐九剣
は出てこないそうです。

57 :名無しさん@そうだ選挙に憩う:2000/08/10(木) 09:36
>>56
??
独狐求敗と令狐冲が同一人物って事でしょうか?

58 :名無しさん@1周年:2000/08/10(木) 10:45
違います、令孤沖が習った独孤九剣の始祖が独孤求敗です。だから「江湖」の
時代は「剣侠」のかなり後の時代になるようです。

59 :名無しさん@そうだ選挙に憩う:2000/08/10(木) 13:12
>>58
あ、なるほど。さんくす。

60 :名無しさん@1周年:2000/08/10(木) 20:22
独孤求敗が香港映画「楽園の瑕」に出てくるというのは本当ですか

61 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/11(金) 10:47
>60
 出てたよ、配役は確かブリジット・リンで水面をばんばん爆発させながら剣を
振るっていたので、どうみても東方不敗先生みたいだった。
 でも、慕容という姓で最初は出ていたから、天龍八部とも関係あるんだろうか……


62 :名無しさん@1周年:2000/08/14(月) 02:27
1ですがこのスレどうも伸びが悪いようですが、ミステリー板かSF板にもスレ立てた方が
いいでしょうか

63 :名無しさん@1周年:2000/08/16(水) 10:37
反応がないぞー

64 :名無し:2000/08/16(水) 15:51
だって,歴史ものって読んでいる人少ないだろうし……
>オレモナー

ミステリー版の「ハードボイルド板できました」みたいに,
「歴史ものスレッド」とか「剣豪小説スレッド」とかにしたらどうだろう?


65 :名無しさん@1周年:2000/08/19(土) 23:56
ミステリー板にスレ立ててみたんですが、反応が無いです。何読んでる人たちが
金庸読むんでしょうか

66 :>65:2000/08/20(日) 22:40
漫画家の馬榮成の作品を読んでる自分みたいな人とかです。
ちなみに漫画版の武侠もの。金庸氏が原作やってたりするやつね。
こっちはぜんぜん翻訳されてないけど(涙)

67 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 22:58
紹介者&監訳の岡崎由美が最初に金庸を紹介したのは
大修館書店のアジア文化誌「しにか」だったんですよね。
それを読んでウケた徳間社長が出版決定した。
だから読者はその筋(「しにか」を読むような人間)に
多いのかも・・・って、2chではどこにいるのかな・・・
僕も「しにか」読者ですけど金庸はあまりフォローしてないです、
すまんです。

68 :67:2000/08/20(日) 23:01
ちなみに僕もすごく面白いと思います。
僕がツン読になっちゃってるだけ。

69 :名無しさん@1周年:2000/08/21(月) 01:05
1、65ですが知り合いにアジア文化誌とか読んでる人はいません。読み出した切っ掛けは
ある雑誌の時代劇特集で、海外の歴史物という感じのページがありそこで知って
図書館に行ったらあったので読み始めました。こういう切っ掛けの人間他にいませんかね

70 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 11:06
>66
金庸原作の漫画は見てみたい物が多いのですが、どの辺で入手できるでしょうかね?

71 :66>70:2000/08/21(月) 21:38
日本では売ってないみたいです。一通り探しましたが。
ちなみに「倚天屠龍記」を漫画化している馬榮成のオフィシャルサイトはここです。(開設したばかり)
ゆくゆくはオフィシャルサイトから海外向けに通販出来るようにすると
雑誌の後記かなんかで書いてましたが、現在はまだだめみたいです。

http://www.comicsworld.com/index.htm

金庸原作じゃないけど、この人の「風雲」という漫画(これも武侠ノリ)は素晴らしく面白いです。
私はどちらも香港のおたくビル(信和中心)で買いました。

72 :名無しさん@1周年:2000/08/21(月) 21:50
「風雲」て千葉慎一が出てた映画の原作ですか

73 :66:2000/08/21(月) 21:51
つけたしです。「笑傲江湖」については向こうでパソゲーになってました。
中文版ウィンドウズがないと動かないのでまだ手を出していませんが、
「伝統的武侠文化と最新のテクノロジーが結合し云々」なんて
キャッチコピーが貼られていてもにょもにょします。

74 :66>72:2000/08/21(月) 21:53
入れ違っちゃいましたが、そうです<千葉真一が出ていた映画の原作
でも原作と映画はかなり違う…というかほとんど別物です。

金庸スレッドの主旨から外れちゃってすみません。

75 :66:2000/08/21(月) 22:01
ついでだからごめんなさいついでに最後にひとつだけ。これで消えます。

http://www.silencer.china-town.net/jin_kang.html

ここで金庸作品含めて武侠小説が死ぬほど読めます。中文(繁体字)ですが。

76 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 07:43
中国板
http://mentai.2ch.net/china/index2.html
にスレッドがありました。これを復活させるという手も…

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=china&key=952482525&ls=50

77 :笑傲江湖の時代背景:2000/08/22(火) 07:55
>47,48

??? 「笑傲江湖」は明代中期としか考えられません。

(1)明の太祖の事績が作中人物によって語られている。
だからそれ以降であるのは間違いない。
第6巻で岳霊珊が林平之に言っていますよね?

(2)弁髪の登場人物が一切いない(清の時代ではない)。

(3)碧血剣と同一組織が登場するが登場人物が重ならないので
(「華山派」「五仙教−>五毒教」)
明末清初でもない。

(4)作中風俗からして中華民国でも中華人民共和国でもない。

…というように、考えれば、明代中期としか考えられません。
例の香港映画では、明の万暦年間ということになっていましたね。

78 :>70:2000/08/22(火) 08:00
東京都千代田区、神田神保町の『内山書店』(中国系書籍で有名)2階に
『神[周鳥]侠呂』のマンガを発見しました。
(1巻がなくて、全巻揃っていませんでしたが…)

近くには『東方書店』という
やはりその筋では有名な中国系書籍の専門書店があります。

79 :47@里帰り:2000/08/22(火) 10:07
>>77
おおお、読み解くとそこまで絞れるですか。感謝。
そういや碧血剣に、その辺の絡みがあったのを忘れておりました。
もう一度読み直しておくかな・・・

>>74
主旨外れでスイマセン。
風雲みました。原作は全く知らなかったんですが、
個人的には大ヒット。
しかし、俺が「ウォォォォォ」と興奮している場面で、
何故周りからは失笑が聞こえてくるのだ!
武侠小説のノリを知らない人が見ると、
いきなり扇を使って空を飛ぶのは、確かに滑稽かも知れませんけど(笑)


80 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 13:14
>78
神保町の内山書店か……あそこならあり得るなぁ。横浜の中華街の向こうの書籍
の扱いがある書店のみかなぁ?とか思っていた物で……


81 :神[周鳥]剣侠の4巻:2000/08/22(火) 22:16
今月、まだ、みかけないのですが…果たして今月出るのかな?
(毎月中旬ではなかったか…)
毎月毎月、もう徳間が打ちきったのかと不安になります。

82 :名無しさん@1周年:2000/08/23(水) 01:45
書剣恩仇録そろそろ文庫になりませんかね、新書高いんで

83 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 02:04


84 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 02:05


85 :というか:2000/08/23(水) 07:28
最初から、文庫で出せばもう少しメジャーになるような気がするのだが。
版権高いのか?

ちなみに私は図書館で読んでますが、みなさん買ってるの?

86 :神[周鳥]剣侠の4巻:2000/08/23(水) 07:57
>85
ごめんなさい。図書館&立ち読みです(笑)

文庫というのは、実は結構持ち出しになるので
よっぽど売れないと、採算がとれないらしいです。

「文庫になったら」メジャーになるかと言えば…

小学館文庫の古龍の作品は…?(笑)
続きでていないでしょ?




87 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 09:50
昨年の年末に、笑傲江湖を一気買いして、田舎に帰る資金を使い込んでしまいました。
高いぞ!(涙)

88 :名無しさん@1周年:2000/08/23(水) 10:49
古龍作品出ませんね、小学館もう見捨てたのか

89 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 15:08
>85
 書剣と碧血は図書館、それ以降は買っています。
 しかし、剣侠4巻そろそろ出ても良いのになぁ……

90 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 15:11
性質上、出そろったのを待って、一度に買うってのが良さそうなんですが・・・
そんなに人間、賢くなれません。
早く出てくれ〜>剣侠4巻

91 :名無しさん@1周年:2000/08/23(水) 19:54
去年の「射ちょう英雄伝」も、お盆を挟んでたので4巻目の発売は遅れましたよね。
それと同じではないでしょうか、剣侠の4巻も。
まさかシリーズ途中で打ち切ったりはしないでしょう^^;

92 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 20:36
>91
 それやたれたらたまらん<打ち切り
 でも、これから大物の倚天屠龍・天龍八部・鹿鼎記があるから、人気
が出ないでうち切られる可能性が……先に飛狐外伝やるのかな?


93 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 20:40
 皆さん、今までの金庸男性・女性キャラで誰が好きですかね?
 私は男性だと令狐冲・女性だとホチントン……あと、「好きな爺」
部門も必要かなぁ?

94 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 21:35
ていうか翻訳自体が大変だと思うんですが。あの分厚さじゃ。
中国語からの翻訳でしょ。
驚異的なペースですよ。

95 :>93:2000/08/23(水) 23:51
男性だと、
1:壬我行(in『笑傲江湖』)
2:欧陽鋒(in『射[周鳥]英雄伝』『神[周鳥]剣侠』)
3:洪七公(in『射[周鳥]英雄伝』『神[周鳥]剣侠』)

女性だと
1:何鉄手(in『碧血剣』)
2:壬盈盈(in『笑傲江湖』)
3:藍鳳凰(in『笑傲江湖』)
…というおいらはやっぱり変人扱いかな?(笑)

96 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/24(木) 14:54
>中国語からの翻訳でしょ。驚異的なペースですよ。
分かっちゃいるんですが、読者は我が侭なんですわ。


>>93

好きなキャラは

男:洪七公

女:藍鳳凰

あと、絶対爺枠要ります(笑)

爺:老頑童

普通かな、俺。
洪七公は、何か爺のイメージがしないです。


97 :名無しさん@1周年:2000/08/24(木) 16:32
洪七公は五十代ぐらいのオッサンのイメージがするんですが

98 :>97 :2000/08/25(金) 08:16
>洪七公は五十代ぐらいのオッサンのイメージがするんですが

射[周鳥]英雄伝のとき、50代なら、
『神[周鳥]剣侠(神[周鳥]侠呂)』のときには70代になりますよ。


99 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 09:41
藍鳳凰人気あるなぁ、金庸は異民族=無礼で破格として書いたつもりなん
だろうけど、ニッポンジンからしてみるとナチュラルで愛嬌のあるキャラ
に早変わり。


100 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 13:58
100GET+age

101 :96 :2000/08/25(金) 14:16
>>99
そっか、文化的な違いで、キャラの魅力も変わるって事もあるのか。
いわれて見ると、他にもあるですな。

金国、モンゴルなどの、他民族の支配に抵抗するって行為が、
漢民族にとっては、最大の英雄として扱われるらしいです。
郭靖が、モンゴルと戦うあたり、正直展開がうざいと思ったのや、
生まれの故郷と、育ちの故郷である国との間での葛藤が、
ちょっと足りないかなぁ、と思ったのも、その辺にあるんでしょうな・・・

書剣恩仇録の主人公が、いまいちかなーと思ったのも、その辺が原因か?

102 :99 :2000/08/25(金) 17:33
>101
 わてらは「東夷」なので、中華の皆様の生理的な感覚による正義は
わからんところがあるような……神[周鳥]剣侠でフビライが郭靖に
言う台詞ももっともに聞こえる……って、フビライはニッポンジンの
敵でもあったじゃないか、忘れてた。

 陳家洛は、読書人だから云々、と金庸は言っているみたいですが、
どう見てもダメ主人公の風格が……ホンチトンは誤解し、カスリー
は自害に追いやる……知り合いは「駄目なえろげの主人公みたいだ」
と(笑)。

103 :101 :2000/08/25(金) 17:48

>>「駄目なえろげの主人公みたいだ」

あちゃー、笑ってしもた


104 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 20:46
 剣侠4巻Get!
 しかし、終盤の黄蓉のあれは口三味線にしか見えんぞ……

105 :>104 :2000/08/26(土) 00:18
おいらも剣侠4巻発見!

でもまだ半分くらいしか読んでいないのでまだネタバレしないでね(^^;

106 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 12:25
剣侠四巻読みました。読んだ感想:誰か郭芙のガキをぶち殺してくれ、この女取り返しの
つかない事しすぎ。ネタばれになるから言わないけどホントシャレにならんぞ。そして神[周鳥]兄、
アンタ男気ありすぎ、かっこいいぞ。

107 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 13:07
剣侠4巻・一灯大師も登場、結局東邪西毒南帝北丐全部出たな……
確かに郭芙は……絶情谷美少女大集合でも「あんただけは……」と
思った。その分妹の郭襄がまともな美少女であることを祈ろう……

108 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 13:43
あっ、剣侠4巻出たんですか。さっそくチェックせねば。
楊過は今まで読んだ金庸作品の主人公の中でも一番すきなんですよねぇ。
しかし、黄蓉が楊過を嫌うのは一種の近親憎悪だと思ってたけど、似たもの同士なだけに、うちとけてくると阿吽の呼吸を発揮したりして気持ちいいですな。


109 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 16:35
 4巻を2ch風に言うと、「郭芙、逝ってよし!」
 つうか、郭靖の親父は筋を通してすぱーっとやっちゃえ

110 :105 :2000/08/26(土) 23:05
105です。ようやく4巻読了。

今回初めて涙が出そうになりました。

本当にいいところで次の巻に続きますね。
次の巻発売されるのは2000/09/25くらいかな…

111 :105 :2000/08/26(土) 23:08
それはともかく『神[周鳥]兄』はミュータントです(^^;
絶対、人間以上の知性と能力を持っていますね。

112 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/27(日) 01:31
『神[周鳥]兄』ミュータント説賛成、そもそもあの鳥幾つなんだろ。
百超えてそう。

113 :105 :2000/08/28(月) 05:32
『神[周鳥]兄』大きさが人間と同じですから(「翼長」ではなく「身長」が!)
翼を広げるとどれほどの大きさになるのか…。でかすぎて飛べないらしいですが
地上を走ってくる…

良い言い方でいえば「神[周鳥]」だけど、悪く言うと「化け…」
−−−−−−−−−−−−−−−−−
書き込みはここで途絶えている…

114 :99 :2000/08/28(月) 08:23
>113
 いや、楊過は気が付いていないだけで、神[周鳥]はモアかエミューである
可能性も否定できない(笑)。

115 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/28(月) 11:01
いつの間にか出てたなー、4巻。
ここをチェックしてたら、発売日とかの書き込みがあるものとばかり思ってました。
使えねー<なんてことを
俺も読了してないので、ネタばれはご勘弁を〜

116 :>115 :2000/08/28(月) 14:53
??? 発売日は毎月中旬…とか表向きには成っていますが、
だいたい、20日過ぎが発売されることが多いですね。
奥付では末日になっていますが…
公式発売日など発表されたことは今までありません。
公式HPにすらだってね。

2chのスレッドをチェックしてどうする(笑)

117 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 09:13
>>116
いやー、検索するの嫌いなもんで。
公式ページのチェックとかも。我が侭でスマヌ。
4巻、ほぼ読了。今日中に終わりそう。
んで、
>>109
激しく同意。
悪態つく度に、「オマエモナー」とか言ってました。

118 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 14:20
四巻もう一回読んである事に気付きました。恐ろしい事に郭芙は一度も
楊過に謝っていません。黄容のしつけが悪いからでしょう。5巻でも誤らなかったりして。

119 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 14:33
黄蓉も、一歩間違えると、郭芙の様な我が侭娘になってたと思うと、ぞっとするです。
偉いぞ、郭靖。

120 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 15:09
黄蓉は目から鼻に抜けるような才覚があったのに対し、郭芙の中身は正直
言って愚鈍。なので、たとえ我が儘いっぱいでも黄蓉は人の迷惑にならないの
に対し、郭芙は周囲に多大の被害を……でも、耶律斉(よく老玩童に師事で
きたな……)に惚れた云々書いてあるので、悲恋の男・楊過くんに代わって
すぱっと振って頂きたいモノです。
 つうか、耶律家は旧遼・蒙古の名家なので、惚れたと言ったら郭靖親父に
刻まれるな。

121 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 15:13
しかし、3巻くらいからようやく可愛くなってきたな、小龍女。4巻を読むと
歴代金庸ヒロインの1,2を争うと言われる訳もよく分かる。

122 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 18:08
>>121
確かに。
正直なところ、いんしへいにごにょごにょで、めっちゃんこ引いた。
や、何と言われようと、男には処女願望ってあるんですわ。
特に、作品内のキャラクターには。
だが、4巻以降。すげー良い。小龍女はもちろん、楊過にも惚れた。
ラブラブ過ぎて、多少あてられたけどな(笑)


123 :ダビスタすき :2000/08/29(火) 18:13
郭芙は郭靖の愚鈍さと、黄蓉の我が侭さを併せ持つ、スーパーキャラなのです。(涙)


124 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 10:24
郭譲は5巻でどういうキャラに成長してるんでしょうね、お姉ちゃんに性格似てない事を
祈る。

125 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 11:34
>>124
そっか、めっちゃお年頃になって登場する可能性が高いな。楽しみじゃて。

126 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 11:35
双子の弟の方はお父さんに似た感じのなるのかな

127 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 12:00
現在、楊過って二十歳前後?
って事は、30半ばまで童貞か・・・(哀)

128 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 15:16
純愛を貫くにはそれぐらい我慢しないとダメです、我慢した甲斐があればいいけど。

129 :>127 :2000/08/30(水) 23:24
それはそれ、これはこれ(笑)…とか言ったら人気がでないかな(笑)

130 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 10:59
「剣侠」5巻では楊過と郭靖はちゃんと話をして分かり合えるのかが心配。

131 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 11:43
楊過、小竜女、共に子持ちで再開を予想。

132 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 15:01
郭襄、皆の期待を裏切らない萌え萌えな美少女剣士になっているかどうかが心配。

133 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 15:13
郭芙は5巻では結婚して人妻なんだろうが、性格直ってるのかな。心配です

134 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 16:02
>>129
楊過が島本和彦調で言うんですか?(笑)

135 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/04(月) 16:13
16年経ったら郭靖も黄蓉も50越したぐらいか、孫の顔は見れるんだろうか

136 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/09(土) 22:17
某所で中国文学の先生が「古龍の和訳は質が悪い」とカキコしてたけど、
それって本当なんですか?>読んだ方。
あちこちから出てるようですが、みんな読むに耐えないようなレベルなの?

137 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 22:53
>136
小学館の文庫はよいと思います。金庸の監修、翻訳をやってる岡崎さんが
ぴかいちかな。
サイテーなのは、ENIXから出てた「白玉老虎」の訳本。
和文タイトルも忘れちゃったけど、
そらもう質が悪い、なんてもんじゃなく、
中国語のわかる人がやってるんだろうか?ってなレベルでした。

138 :名無しさん@流星・胡蝶・剣 :2000/09/10(日) 14:02
古龍は原作そのものもクセが強いから……。
有名どころをあえて避けてるようなラインナップもちょっと疑問。

139 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 21:52
小学館が古龍作品を金庸作品のように、全て一括して翻訳してくれればよかったのに。

140 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 20:52
ええと、質問なんですが楊過の右手はどの辺で切断されてるんでしょうか。袖を振って
風を起すといってますから肘の関節から手首の途中ぐらいでしょうか

141 :136 :2000/09/18(月) 21:03
>137
ありがとうございます。
物によって差があるということですね、要するに。
小学館文庫は『楚留香』を読んだんですけど、
正直なところ、出来不出来はよく分かりませんでした。

>138、139
『楚留香』の後書きに、古龍は版権にルーズだった的なことが
書いてありました。変なラインナップであちこちから出てるのは、
そのせいかも。

142 :楚小鳳 :2000/09/21(木) 07:57
古龍スレッド作りました。
古龍作品についてはこちらで、マータリ語りましょう。

『武侠小説家:古龍スレッド』
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=969490071&ls=50

143 :次は… :2000/09/22(金) 08:00
次回作は『[イ奇]天屠龍記』(全5巻)だそうです。

5巻でコンパクトに翻訳しているということは
全7巻の『笑傲江湖』売れなかったんだろうな(^^;
(『射[周鳥]三部作』も『笑傲江湖』も40章で、原著は同じ分量)

翻訳者は林久之(『雪山飛狐』訳)、阿部敦子(『連城訣』訳)師弟だとか。

間に、『飛狐外伝』クラスの小物(それでも3-4巻)が入ると
思っていたのでびっくりです。

144 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/22(金) 09:23
まぁ、コンパクトに出してくれる方がありがたいです。さすがに笑傲
江湖7巻は懐に優しくなかった……この記録は天龍八部で破られるだ
ろうなぁ。

145 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/22(金) 09:30
>143
神[周鳥]5巻巻末ですでに倚天屠龍記のキャラがはみ出ていたので
さすがに間に何か挟む訳にはいかなかったんでしょうな。でも、「カル
トカンフーマスター」を見ていた身としては、本当に張無忌少年の背骨
が「ら」の字に折れ曲がる修行をやるのかどうかが気がかりです。

146 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/23(土) 01:03
金庸作品、長編は全部翻訳されるらしいけど、短編や中篇が出るんでしょうか。まだ長篇
全部出てないので先の話ですが。

147 :>146 :2000/09/23(土) 08:20
公式サイトの岡崎由美さんのインタビュー(09/20)では
間間に、短中編を入れるようなことを曰っていました。
さあ、確認せよ。http://www.tokuma.com/tfc/kinyo/

148 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/23(土) 21:55
ところで、某所で小島瑞樹の翻訳格闘記について話題になっていたのだが、
この御仁の文章の書きよう、なにやら気にならぬか?
翻訳の薀蓄を語っているわりには、軽率な物言いをしている気がしてならぬ。
いかがであろうか。

149 :名無しさん@1周年 :2000/09/24(日) 00:24
>148
某所ってどこよ?

150 :>148 :2000/09/25(月) 22:45
どのあたりが軽率な物言いいなのよ?

151 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 11:42
5巻あげ


152 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 15:51
おお、郭芙がやっと楊過に謝った。

153 :名無しさん@5巻未読 :2000/09/26(火) 17:54
>>152
そんな大事件、ばらさないで(笑)

154 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 17:59
すいません(笑)

155 :>151および152のお莫迦さんへ :2000/09/26(火) 22:08
「ネタバレ『神鳥剣侠』(by金庸)」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=967555482&ls=50
へ行け

156 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/01(日) 21:51
「飛孤外伝」は「イ天屠龍記」の後に出るのでしょうか

157 :>156 :2000/10/02(月) 11:24
自分で調べなよ

158 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/15(日) 15:29
「書剣恩仇録」読み直してるんだけど、紅花会は幹部多すぎ。区別しにくい。

159 :名無し :2000/10/16(月) 06:01
文庫化希望」

160 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/18(水) 10:31
>159
『書剣恩仇録』が出て3年は経ってるので文庫化されてもいい頃合ですが、まだ出ない
ようです.

161 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 12:35
独狐九剣あげ

162 :俺は教えて君主:2000/11/08(水) 02:38
家庭用ゲーム板に「射鳥英雄伝」のスレができたので、記念ageです。

163 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/25(土) 18:01
[イ奇]天屠龍記早く出ろage

164 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/05(火) 06:47
誰かまだここ見てますか?
ちょっと興味を持ったので読みたいのですが、どれから読めばいいのか…。
よかったらどなたかご指南を。

165 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 06:56
オイラは「笑傲江湖」だと思うけど全7巻なんだよね。
これは懐に痛い。
かといって初めて金庸を読む人に良く一巻だけってのを薦める人もいるけど
個人的には金庸の良さを堪能出来ないから、かえって良くないと私は思う。
長編の一巻を読んだだけでも面白さ解ると思うんだけど。
ま、七巻は長いというならば、「射鳥英雄伝」の全5巻かな。
さらに長いと言うならば「書剣恩仇録」の全4巻。
今年出た「神鳥剣侠」は「射鳥英雄伝」の後の時代の話だから止めた方がいいかな。

166 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/06(水) 11:36
>164
「射鳥英雄伝」から読み始めると良いのでは?「笑傲江湖」は1巻目だけ読んでも
全体像掴めないし、主人公が半分過ぎないと登場しないので金庸初心者には読みずらいのでは。


167 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/07(木) 21:42
神周鳥剣侠→雪山飛狐→連城訣と読んできて
次なにを読もうか迷い中。
やっぱし射鳥英雄伝?


168 :世界@名無史さん:2000/12/08(金) 10:39
>167
射雕にいくか、心機一転して笑傲江湖か

169 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/09(土) 15:06
俺は「侠客行」を読ませて反応を見る。
OKだったら次は・・・笑傲紅湖へ

170 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/15(金) 22:00
イ天屠龍記1巻発売記念age

171 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/16(土) 15:20
イ天屠龍記1巻を読む
ヤッと主人公が出てきたとこ


172 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/17(日) 16:23
えっ?もう出たの???

173 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/19(火) 09:06
郭襄は最初の二章しか出てないが、今後張三豊のように老人になってから
の再登場はあるのか?

174 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/19(火) 12:07
いやぁ、出ていたイテントリュー……


175 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/20(水) 10:22
金毛獅王謝遜が暴れまくってるが、二巻以降も登場するのか?

176 :シベール:2000/12/21(木) 07:06
映画,グリーンデスティニーの関連からこちらに来ました

29氏の
金庸で映画かされているものについての質問ですが,

金庸の小説の映画かではないですが・・・
方世玉1のクライマックスで書剣恩仇録のアノ方が突然でてきて
おいしいところをさらっていってます。
ちなみに方世玉2でも準主役級,ただし,優柔不断で
ちょっとダメ男的なところは小説と一緒のようでした・・。
他の映画にも金庸小説の登場人物がチラッとでてるかもしれませんね。
(0080皇帝ミッション の冒頭にでてくるつよそうな輩は最初金庸
のジジイたちかとおもっていましたが,知り合いにきくと,どうやらちがうようでした)

ところでグリーンデスティニーはアメリカのLA批評家協会賞を
とって一躍株をあげたとか。これが金庸の原作だったら・・と惜しい感じもします。


177 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/21(木) 11:52
>176 シベール氏

 映画の方世玉に出てきている紅花会の面子ですが、あれはなんという
のか……やっぱり向こうの人の受け狙いなのかな?とも思います。でも、
方世玉って実在があやふやな人間ですが、伝説では福建少林寺の焼き討ち
で死んでいたりとか死んでいなかったりとか、洪煕官とは義理の叔父甥
だったとか……

 ちなみにリンチェイの洪煕官だと、方世玉が太った変な親爺でした(笑)

 でも、グリーンディスティニーは納得せんぞ、ノヴェライズもずうぇん
ずうぇんだめみたいだし。

178 :177:2000/12/21(木) 11:55
 なので、紅花会=天地会だとすると福建小林時代に既に勇名を馳せていた
方世玉はその陳家洛=陳近南の一つか二つ上の世代になるような……そこも
あの映画は弄っていたといわけか。

179 :シベール:2000/12/22(金) 04:38
177氏へ
方世玉は・・・

キネマ旬報ムックの中華電英百科??だったっけ?中国文化圏の
映画一覧のようなA4版のでっかい本のなかでは
一応 方世玉は小説をもとにした架空の人物だとかかれていましたが・・
それはさておき、


> やっぱり向こうの人の受け狙いなのかな?

★余談ですが、Gガンダムというアニメの中では石波天とか
東方不敗とかジャイアントロボ7巻では「追魂奪命剣」など
今川監督の武侠好きがもろにでているようですし、この間
読んだエロ漫画のなかにも「韓椒子は笛の名手」(いや
これ本当に金庸小説の登場人物だったかわすれちったのですが)
などという台詞がでてきたりで、日本でも、金庸がじわじわとおタク文化
圏を浸食していっているようでちょっとうれしいところです。

グリーンディスティニーは神ちょう侠侶のような雰囲気が
あって私的にはよかった・・というかアン・ホイの
「書剣恩仇禄(風と興亡)」にくらべるとはるかに
マシな作品だったので、どうせ武侠やるならアン・リー
さん、金庸のをやってよ〜っておもったのでした
(あと、なかなか武侠片ではみられにくいしっとりとした
艶っぽさというか色っぽさがあったしね)
武侠小説ファンとしては、どの辺が不満でした?
(映画ファン的にはまた別な不満もあるでしょうが)
艶っぽいといえば・・遅ればせながら
今ちょうど神ちょう侠侶の二巻目にはいってるんですが、
(なんというか下世話な話しになってもうしわけないですが)
一巻目の最後の、
「酪乳のような・・・」ってな表現になんだかムラムラときてしまいました。その時の、揚過の屈折した感情もナイスでしたし。
射ちょう英雄伝あたりからかなり訳が短くなっているようですが、
原著ではその辺の描写どうなってんでしょうね。



180 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/23(土) 01:57
>176 シベールさん
『008皇帝ミッション』の冒頭に出てくるおじさん達は、
古龍『陸小鳳』シリーズの登場人物です。
みんなで屋根に登ってたのは、『決戦・紫禁城』の肝でもある有名な決闘シーン。

「韓湘子は笛の名手」ってのは『醉拳』の技じゃなかったかな。
あれは中国の八仙のひとりだから、武侠小説の登場人物じゃないですね。
(たしか田中芳樹『創竜伝』にも出てきたはず>八仙)
それにしてもエロ漫画ですか……どんな場面かちょっと興味があったりして(笑

>177さん
『グリーン・デスティニー』のノヴェライズは確かに萎え萎えでした。
訳者は他にも香港映画のノヴェライズを手がけてるライターさんだそうだけど、
武侠小説読んだことあんのか?というような出来。

陳家洛のモデルはやっぱり陳近南なんでしょうかねえ。
そういえば周星馳の『鹿鼎記』に出てくる陳近南は、『方世玉』の陳家洛によく似てた。
(俳優は別人だったと思う)

181 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/27(水) 14:02
倚天屠龍記出てたので、久しぶりにここを見た。
・・・全然スレ数少ないなぁ(笑)
まぁ、普段が回転の速いところにいるせいだと思うが。

とりあえず、今後に期待。
カンフーカルトマスターは、見なきゃ良かったよ・・・
大半が違うとは思うけど、展開が見えてしまうのが嫌だ。

182 :朝無忌:2000/12/27(水) 22:45
まだ読んでない人もいるだろうから、感想(ネタバレ)はこちらでね。
『ネタバレ倚天屠龍記(by金庸)』
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=977883592&ls=50

183 :金庸ファン:2000/12/28(木) 09:03
>>182
そのスレの4です。
ネタバレと分けたいのは分かるのだけど、
ファン自体が少ないので、作品単位で分けるのはどうかと思ってるんですが。
2つあれば十分じゃ無いか?

184 :シベール:2000/12/29(金) 07:55
180氏へ
返事 遅れて申し訳ないです。私もとんだミスをしていた
ようで・・情報ありがとうございます。しかし,物知りですねぇ・・
金庸の小説の中では自分より上手の人間をすぐに英雄だの,なんだの
と呼びますが,私も貴殿を師兄とでもよばせてもらいたいくらいです。
あと古龍の「決戦,紫禁城」
って映画になってましたよね。本はもう出ていたのですか?

ところで,私,古龍はあまり読んだことないのですが,皆さんは金庸とくらべて
どうでしょうか?既にでたことのアル質問なのではありますが,なんという
か,蝙蝠伝記を読んだ限りにおいては,武侠の武の部分の
描写があっさりしていて,なんとなく物足りないなぁ・というか。



185 :>シーベル:2000/12/29(金) 22:07
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=969490071&ls=50

186 :シベール:2001/01/04(木) 10:23
185氏へ
サンクス。
で,私も遅ればせながら,神チョウ侠呂 全5巻読了しました。
・・・最後の最後,あの展開がなければ最高の読後感だったのに・・

次への伏線ということなんでしょうが。
あと,映画化やドラマ化されてるようだけど,
肝心の神チョウはどう表現されているのだろう?
ひょっとして「コイサンマン3: キョンシーアフリカへ行く」の
ダチョウのような感じ? 

187 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/18(木) 10:20
次は何時だage

188 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/19(金) 21:40
そろそろ旧正月ですね。
...ってことで、神[周鳥]のPCゲーム作ってる会社のHPに、
楊過&小龍女の年賀カード/バレンタインカードがアップ
されています。イラストは毎度お馴染みの平凡&陳淑芬。
興味のある方はどうぞ:

ttp://tw.yahoo.com/pm/hawkman/c2.html#card


189 :名無し:2001/01/21(日) 00:31
屠龍記2巻発売記念age

190 :名無し21:2001/01/22(月) 20:28
屠龍記2巻読んだがなんか笑傲江湖みたいな陰険なキャラが多いぞ。

191 :sage:2001/01/22(月) 22:05
>>189,>>190
スレッドぼこぼこageるなヴォケが

sage sage!




192 :sage:2001/01/22(月) 22:07
>>189,>>190
スレッドぼこぼこageるなヴォケが

sage sage!



193 :191:2001/01/22(月) 22:11
ageちまったスマソ。しばらくはsageて頂戴

194 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/22(月) 23:36
本家age


195 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 07:13
>>194 語ることがないなら、ageるな!ヴォケ!

 倚天屠龍記の話題はこっち。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=977883592&ls=50

196 :名無し21:2001/01/23(火) 09:17
なんかヘンに煽る馬鹿がいるが、何がしたいの?
2巻の時点で主人公まだ強くなりません、三巻辺りで九陽真経マスターするのか?

197 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 10:57
おお!2巻出てたのか!早速買うぜよ。

って、どっちで語れば良いんだ?この板、ここしか見てないんで
空気読めないよ。

198 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 11:08
なるべくスレッドの数をおさえて
dat2落ちになるのを防ぎ、また
なるべくスレッドを長生きさせて継続的にお話ができるようにしよう、というのが
このへんの風なので
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=979034399&st=140&to=140&nofirst=true

バカがスレ乱立させて開きなおってますけど、いちばん古いこのスレを利用して
くれると嬉しいです。
スレが乱立してるから「1作家1スレにしよう」って流れなのに
「すでに乱立してるんだからルールは無意味」ってゴネるんだもの。あれは手のつけようがないです。

199 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 13:17
>>198
了解。

200 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 18:35
なんかとげとげしいのな……
こっちに書くけど。

201 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 21:28
かんべんしてくれよ武侠小説ファンの兄ちゃん姉ちゃんたちよ

おたくらみんな乱立スレの馬鹿みてぇな粘着なんかよ。ええ?
あれ引き取るかなんかしてくれよ

202 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 22:03
198のリンク先に書いてあることには納得。
金庸関係のスレは全般的に発言数少ないし、前回の神[周鳥]
スレだって発言数100行ってないじゃん。こっちにまとめ
たほうがいいと思うよ。

203 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/23(火) 22:22
>>202 そうかい。じゃあとりあえず、何か倚天屠龍記の具体的な感想書いてみそ。
こっちで、ちゃんと話が続けば、向こうの書き込みはなくなるんじゃない?

204 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 01:46
そんなに自分の立てたスレッドが愛おしいのかねぇ>彼
最初からこっちでやってれば波風たたないものを……

つか、孤軍奮闘する彼がちょっと笑えるのも確かだが

205 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 07:34
>>204 孤軍奮闘とか彼とか決めつけているのが嗤える

206 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 07:53
どうせこっちもすぐ沈むし

207 :名無し@オカルトさん:2001/01/24(水) 10:58
ねえ。ネタバレスレッドから来たんだけど、向こうとこっちじゃ話題が全然ちがってるじゃん。
何か荒れそうなので、下げるね。

208 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 11:07
>>201 おいおい、武侠とか金庸とか知らない住人が、倚天屠龍記スレッドと金庸スレッドとの関係わかるわけないじゃん。
関連づけている偏執狂の自作自演のなりすましってすぐ判るって。プ(藁
 確かにこっちの死にかけスレッドってこういうことでもないと上がらないもんね♪

>>207 向こうでマータリ語れ

209 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 11:11
>>208
何仕切ってんだよ厨房。
オウチでママと遊んでもらえ。もう少し成長してから出直してきな。

210 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 11:46

初心者のみなさんへ。

ライトノベル板では、なるべくスレッドの数をおさえてdat2落ちになるのを防ぎ、
また、なるべくひとつのスレッドを長生きさせて継続的にお話ができるようにするため
できるかぎり「1作家1スレッド」でやっていこうとしています。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=979034399&st=140&to=140&nofirst=true

しかし、なぜか「ネタバレ『倚天屠龍記』」というスレッドが立ち
重複スレをやめてもとのスレに合流させようという試みも無視されております。

「ネタバレの話題が出ればすぐ終了してしまい」
「武侠小説や金庸の読者がどちらで語ればよいかわからず」
「すでにあるここのスレッド(まだ200レスしかついていない)を死にかけと称する無駄づかい」など、
よいことがない状況です。

なぜか自分の立てたスレに固執する馬鹿にかまわず、初めからあるここのスレを
活用してください。
「新・削除ガイドライン」でも重複スレッドは削除対象です。
http://www.2ch.net/guide/adv.html

「ネタバレだから新スレッドでもええやんけ」なんてことを許したら全スレッドが二倍に増えます。
甘ったれの荒らしは放置してあげてくださいね。

211 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 17:04
 
あっちのキチガイはたぶんこれだな
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=966970750&st=219&to=219&nofirst=true

で、冷たく返される(笑)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=966970750&st=229&to=229&nofirst=true

中国板の濃さについてけないヘタレが
ライトノベル板ならウスさがバレないとでも思って頑張ってるんじゃないの?(笑)

ぜひとも鬱で氏んでもらいたいもんだね

212 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/24(水) 17:44
むこうは原文で読んでる層むけっぽいから
あんまりこっちとはかぶらないんじゃないかな>>211

213 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/26(金) 11:11
どーでもよいや。
何か白けた。

214 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/26(金) 13:13
test

215 :名無しのオプ:2001/01/31(水) 16:18
金庸の翻訳されてる分全部読んだが、この人面白くなったのって射鳥英雄伝からなのね。
それ以前の「書剣恩仇録」や「碧血剣」はまあまあだった。

216 :名無し2001:2001/02/01(木) 16:51
武侠小説は売れてないのか?小学館での古龍の翻訳止まってるし、他の作家の翻訳も
出ないし。金庸は売れてるんでしょうか?図書館には一通りあるようですが…

217 :名無しなんだよおっかさん:2001/02/12(月) 18:07
一応あげ

218 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/13(火) 16:48
この盛り下がりをみてるとダメダメであろうと思われる

219 :名無しなんだよおっかさん:2001/02/15(木) 11:16
イ天屠龍記三巻発売記念アゲ。主人公はやっと強くなりました。

220 :名無しのセコンド:2001/02/16(金) 13:09
三巻では二巻までの謎がかなり解明されたが、肝心のイ天剣・屠龍刀の謎は
さっぱり解明されてません。最終巻までもつれ込むんでしょうか?

221 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/20(火) 15:40
『倚天屠龍記』が話題なんだね。
『神G剣侠』を読み終わったところなので、勢いでこれも読みたいけれど、
途中までで我慢するしかないのはつらいところ。もうちょっと我慢しようかな。

楊過と小龍女の話は、とてもいいね。郭靖と黄蓉の話は、郭靖は本人が頼みも
しないのに、幼い頃から師が付きっきりで指導してくれているし、
黄蓉はいいところのお嬢さんだし、結局恵まれた人たちの話だもん。
ひきかえ、楊過たちの身の上ときたら、試練ばかりで、誰も応援してくれないし、
それでも懸命に立ち向かう姿がとてもいい。
ところで、全真教は『神G』では強姦暴力集団と堕してしまったね。
しかも、武芸もとても弱くて、ちょっと幻滅。

222 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/20(火) 16:14
みんなもっと頑張って書いとくれ

223 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/20(火) 22:27
『神G剣侠』は、第3巻の終わりあたりから最終巻まで、地理的・時間的な乖離が
目立つよね。楊過の場面から別に動いている小龍女の場面へと、時間も前後するので
けっこう読みにくかった。二人の動きを追いたかったのだろうけれど、それぞれが
長いので、ちょっと焦れた。カップルなのに別行動ばかりしているから・・・

224 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/21(水) 20:25
小説の頭を張る悪役は、いろいろ裏を読むと複雑な背景を読み取れておもしろいですね。
『射G英雄伝』ではなんといっても欧陽峰ですが、この人本当は素直な性格なんじゃないの?
と後半は特に感じます。「九陰真経」に関してだけ悪知恵が空回りするし、あくどい性格
でも口にしたことは必ず守る、というあたり、恥じ入るという感情を持っているのかな、と。
プライドが高いせいもありますが、彭連虎たち小悪党とは明らかに異なる雰囲気がありますね。
若い時はひょっとして善人だった?

225 :名無しのセコンド:2001/02/22(木) 12:27
>224
誰か若い頃の東邪と西毒を描いた映画「楽園の瑕」(原題:東邪西毒)見た人います?
金庸氏は関わってない作品らしいけど。

226 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/22(木) 23:06
>>225
あんまりおもしろくないですが、妙に映画ファンの受けはいいです。
武侠映画だと思わないほうがいいかも。

227 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/24(土) 11:46
金庸の原書を見つけたけれど、これって広東語?それとも北京語?

228 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/24(土) 22:05
原書を邦訳文と比較して読むと、訳文を短くするためにあちこち省略しているのが
見て取れます。おいらは、中国語はちょっとしか分からないけれど、段落ごと
すっとばしてあるとさすがに分かる。飛ばしてある部分は細かい説明や補足文
みたいだから、内容の理解にそれほど支障が生じることはなさそうだけど。
技の名前などが省略されていると一目でわかるからね。

229 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/25(日) 15:59
何年か前、香港で神G剣侠の漫画コミックスを買ったのが金庸を知ったきっかけでした。その漫画本、(全12巻のうちの5巻だった。)中途半端に内容がわかるので全体の話しが気になって数年翻訳をまちました。

230 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/26(月) 14:36
>>229
全12巻なんて、小説より集めるのが大変そう。漫画はおもしろいですか?
一度、日本語で読んだ話を原文で読んでみるのもまた一興です。

ところで、『倚天屠龍記』の完結は、四月まで待たないといけないのかな。
どうせなら、まとめて読みたいなあ。

231 :イラストに騙された名無しさん :2001/02/27(火) 02:23
>225
「楽園の瑕」に金庸剣戟のテイストは望めないよ
あれはウォン・カーウァイの映画。ホントに武侠映画か?
クリストファー・ドイルのカメラワークの好きな人がみたら面白いかも。
この撮影時にあんまり時間をかけすぎたので、オマケにもう1本撮っている
「大英雄(射鳥英雄傳之東成西就)」ってやつ。
設定は概ねいっしょだが、監督もちがいコメディになっている。
小説よんだあとで、両方見比べたら面白いかも。

232 :名無しの星を掴むまで:2001/02/27(火) 11:14
ジェット・リーが出てる「カンフー・カルト・マスター」は「イ天屠龍記」の映画化
だそうですが、あの長い話をダイジェストで纏めたヤツですか、それとも一部分の抜粋
なのでしょうか?

233 :イラストに騙された名無しさん:2001/02/28(水) 08:06
>>232
一部分です。元々3部作にするつもりで2部目を一番最初に作ったそうですが、
その2部目の興行成績が今一つだったため、1部目と3部目は作られずに終わった
とか(参考文献:「金庸の世界」岡崎由美監修;徳間書店)。よって映画は
原作の途中から始まり途中で終わります。映画の冒頭部分には”これまでの話”
として、1部目の簡単な説明がありますけどね。


234 :名無しの星を掴むまで:2001/02/28(水) 10:32
>233
なるほど、張無忌少年が大人になってからの話がメインならおもしろそう
なので見てみます。情報ありがとうございます。

235 :倚天ネタにチョイ触れます:2001/03/01(木) 00:31
『倚天屠龍記』を3巻まで読んだけど、あんまりのれないな。
なぜだか考えてみたけれど、
主人公・張無忌に存在感がない、話しの進行役、立会い役になっている、
奥義書をあっさり習得しすぎ、やはり魅力的な師匠に登場して欲しい、
3巻まで進んでもヒロインが未だ確定せず、
脇役が小人ばかり。正にしても邪にしても貫禄のある人物がほとんどいない、
などが不満の理由かな。

236 :名無しの星を掴むまで:2001/03/01(木) 00:53
>235
前のシリーズの主人公の楊過が凄くキャラ立ってたから張無忌じゃ見劣りするかも。
話の進行役という感じからいってRPGのキャラみたいだ。4巻辺りで悪役で物凄いキャラが
出てきて欲しい。

237 :名無しのセコンド:2001/03/01(木) 14:28
なんか張無忌って運命に翻弄されているだけで自分の意思という物を感じないキャラ
だな。前の2作が主人公が葛藤しまくる話だったので違和感あるのかな。

238 :235:2001/03/01(木) 21:22
>>236
とは思いながらも、小説の狙いとしてはその辺りにあるのでは、とも考えた。
前作、前々作で、名門正派とされた人達の子孫が派閥や体面にこだわった小人ばかりで、
彼らが魔教と蔑む相手がむしろ侠の行いをしているよね。時の移ろいとともに、
名門の精神は失われ、正邪の区別が曖昧になり、かつての正が邪に落ちて、
邪とされた者らが後に漢王朝を復活させるわけだから、たいへん皮肉な内容ではないかな。
まだ、先があるけれど、郭家、楊家の子孫は出てくるのかな?

239 :倚天ネタ:2001/03/03(土) 11:27
「乾坤大ナ移」をわずか2ページで習得するのは、やはり笑うところ?
金庸、さすがにこれは手抜きではないか・・・
胡青牛とのやりとりで医学を身につける下りはおもしろいのに。

240 :倚天ネタ:2001/03/03(土) 22:28
屠龍刀は、ひょっとして楊過の使っていた玄鉄剣かと思ってたけれど、
よく考えたら「刀」であって「剣」ではないもんな。倚天剣がひょっとして
そうかと思ったけれど、峨眉派が持っていた理由もよくわからないし、
結局、楊過と関係ないのでは?
こういう謎を持たせるゆっくりした展開は苦手。武侠小説は、バンバン行く
展開が望ましいな。

241 :名無しのセコンド:2001/03/03(土) 23:39
>240
峨眉派の開祖は郭譲だからイ天剣は彼女に所縁のあるものでは?

242 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/05(月) 13:07
結局、屠龍刀と倚天剣は、楊過らには直接関係ないという真相になりそうな気がするが。

243 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/05(月) 14:42


244 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/05(月) 22:43
香港在住です。
今、テレビでやっている連続ドラマが
金庸原作らしいのですが、書名を御分かりになるかたいらっしゃいませんか?

娼館で生まれた青年が、口のうまさだけで立ち回って
紫禁城勤めになり、皇帝とも友達になり、
なんだかんだで美人の奥さんを七人ももらう、
という植木等映画みたいなストーリーです。
すごく面白いので原作を読もうと思ったのですが、
原作タイトルがわかりません。
ドラマのタイトルは「小宝と康ヘイ」です。
だれか、教えていただけませんか?

245 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/06(火) 00:27
>244
鹿鼎記 だと思います。
時代は清朝で康熙帝が出てきますよね。
主人公は偉小宝(ホントはイべんなし)
主役がトニー・レオン(梁朝偉)だと10年くらい前にオン・エアーされてたと思うけど。
リメイクかな?映画では周星期が主役でした。

246 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/06(火) 20:49
おう、早く「倚天」読みたいよ。じりじり新刊を待つ気持ちって嫌だなあ。
次は、何日発売よ?

247 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/07(水) 00:28
>>245
ああ、ありがとうございます!
そうです、題名は「小宝と康熙」でした。
主役はトニー・レオンじゃないので新作です。
映画の「風雲」の人が天地会の首領でした。
原作は「鹿鼎記」ですね、明日にでも本屋にいってきます!
それにしても大変な話ですね。
アチャラカ主人公のまわりで
清朝の転覆を狙う結社やら邪教団やら
少林寺十八羅漢やら次々ゾロゾロ出てきて
どう収集つけるんだろう……とちょっと心配になりながら
楽しみに見ています。金庸の小説っていつもこんな
かんじなんですか?それなら大ファンになりそうだ……。

248 :245:2001/03/07(水) 01:06
周星期→周星馳 のまちがいでした。トニー・レオンのは調べたら15年前。
>245
そうです。金庸の作品には剣法と武術、興漢結社、正と邪はつきものです。
時代と団体?はちがっても必ずでてきます。
金庸作品の主人公はほとんどが武術の達人ですが、小宝はちょっとちがいますよね。
コメディ色の強い作品です。
「風雲」の人って郭富城ですか?
周星馳の映画判のはもってるけど、今度のも面白そうだな。

249 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/09(金) 13:21
『倚天屠龍記』がまだ全巻出揃っていないので、その間、何を読もうか考え中。
『笑傲江湖』を未読なのでそちらにいくか。でも、全7巻大変そうだね・・・

250 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/03/09(金) 13:41
>249
私は全巻図書館から借りました。

251 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/10(土) 00:16
『きわめつき武侠小説指南』の金庸インタビューで、金庸は、『碧血剣』の
袁承志が本当に愛していたのは、阿九だと断言しておりました。
私は、彼はてっきり青青ひとすじだとばかり思っていたので、もう一回ざっと
読みかえしてみると、たしかに阿九への愛が感じられる個所がありますね。
彼は、困った人を見捨てておけないまじめな人だから、それゆえにの行動かと
思っていたのですが、まだまだ読解力がたりないようです。
皆さんはどう思われますか?

252 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/13(火) 19:50
楊過と小龍女は、その後どうしたのかな・・・

253 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/13(火) 23:59
『倚天屠龍記』4巻出たよ。大きな書店ではもう積んである。
筋を忘れたから、また三巻の終わりくらいから読みなおさなきゃ・・・

254 :名無し2001:2001/03/14(水) 11:27
>253
え、出てるの?本屋寄ってかなきゃ。

255 :正道快感:2001/03/16(金) 12:51
4巻ではイ天剣・屠龍刀の謎がやっと判明します。郭家に関係する物でした。
あと明教の紫杉龍王の正体と光明右使も登場します。

256 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/16(金) 15:06
もう筋をすっかり忘れていて、また5巻発売まで焦れるのもいやだから、
全部発売されてから、あらためて最初から読むことを決意。
興が削がれちゃうよね。

257 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/16(金) 16:23
本屋からなくなりそうだぞ、それ。

258 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/16(金) 17:23
……図書館待ちです。
すいません。

259 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/17(土) 07:55
>>257
いや、もう4巻までは買ってあるのよ。なんだかんだいって、待ちきれなくてね。
出そろうまでは、・・・どうしよう・・・

260 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/19(月) 12:24
4巻読んだ、謝遜が出てきた。小召の正体も分かった。後残ってる謎ってあったっけ?

261 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/20(火) 13:07
4月5日に書剣恩仇録がいよいよ文庫化みたい。

262 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/21(水) 12:30
>261
おっしゃあ、やっと家に置く事ができるぞ。うれしいッス!「書剣〜」以降も
順次文庫化希望。

263 :イラストに騙された名無しさん :2001/03/24(土) 18:09
「地球の歩き方」に峨眉山の案内が載っているけれど、四大仏教名山の一つであり、
仙境とたたえられてきた、とかいてある。特に、武術が盛んだという記述はない。
武侠小説では、金庸だけでなく古龍の作品にも、峨眉派の名が出てくるけれど、これは
実在の武術の流派なのかなあ? 少林寺と武当派は、本当にあるようだけど、峨眉派や
華山派、崑崙派などは、なにか根拠があるのかなあ?

264 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/27(火) 10:37
>263
崑崙山は元々仙人が住む架空の山の事で後で西にある山に崑崙山の名前を当てはめた
という事だったと思います。中国の武芸話は仙人に教えを受けたというネタが多いので
崑崙派とかが出てきたのでしょう、

265 :イラストに騙された名無しさん :2001/04/04(水) 17:27
では、武侠小説に出てくる流派の名前は、みな嘘っぱちなんでしょうか。
現実に基づいて書かれていると思ったのに。

266 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/04/05(木) 10:46
>265
私の知ってる範囲で本当に有ると思われるのは武当派と少林寺ぐらいです。古龍
等の作品で峨眉派は出てきますが実在かどうかは分かりません。

267 :イラストに騙された名無しさん :2001/04/06(金) 16:06
>>248
おひさしぶりです。「鹿鼎記」のことを質問したものです。
原作、買いました。
簡易装丁版で全10巻、口絵入装丁版で全5巻と長い!
あまりの長さにうろたえて、なぜか全一巻の「雪山飛狐」を購入。
雰囲気がドラマ「鹿鼎記」で想像していたのとは違い、渋く、かっこいい!
しびれました。で、さらに先日「鹿鼎記」の口絵入り全5巻を購入。
ぼちぼち読みはじめることにします。
テレビドラマは今週で最終回です。
原作とはラストが違うとかで雑誌にとりあげられていました。
>「風雲」の人って郭富城ですか?
イーキン・チェンでした。
周星馳の映画もスーパーのVCD売り場で安売りにかかっていたので
買ってしまいました。昔のほうのドラマもみてみたくて、書店で
VCDセットがあるのを確認し、ちょっと惹かれています。
どんどんハマッていってます。
いろいろ情報ありがとうございました。

268 :イラストに騙された名無しさん :2001/04/08(日) 07:21
>>267
原文で読むの?すごいね。
書きこみ少ないから、sageずに書こうよ。

269 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/09(月) 09:16
授業で金庸の話を少しだけテクストとして使ったような気がする。
気のせいかも知れんけど。
授業内容は中国の古典芸能。武侠小説の源流らしい。
先生の趣味大爆発だった。面白かったけど。

270 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/10(火) 14:23
武道の峨眉派が実在するかどうかはしりませんが、李白の詩に「峨眉山月歌」が
ありますね。引用しておきます。彼には、他に「襄陽歌」もあります。

峨眉山月半輪秋
影入平羌江水流
夜發清渓向三峡
思君不見下渝州

峨眉の山の端に三日月のかかる秋、
月影は平羌江の水に落ちて流れて行く。
夜半に清渓を舟出して三峡に向う、
あなたを思っているのだが、顔を見ないままに渝州(重慶)に
下ってしまうのだ。

271 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/10(火) 15:17
思 夜 影 峨
君 發 入 眉
不 清 平 山
見 渓 羌 月
下 向 江 半
渝 三 水 輪
州 峡 流 秋


272 :>>167:2001/04/11(水) 22:21
荒らし吹く中国板でなら会話が成り立つかも。

273 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/15(日) 10:20
ようく見ると、峨眉山ではなくて「峨嵋」山なんだよ。
要は、別物ということじゃないのか?

274 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/16(月) 06:24
『倚天屠龍記』第5巻、本日発売です。いよいよ完結ですね。
ネタももうしばらくしたら解禁ですか? もっとも、人が集まりそうにありませんが。

275 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/04/16(月) 23:45
今日「屠龍記」5巻出てました。「最終巻に謎の女侠出現、その正体は?」てな
ところです。でも最後に張無忌が彼を取り巻く女性の中であの人と結ばれるとは
思わなかった。次回刊行されるのは短編集だそうです。

276 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/17(火) 19:51
倚天屠龍記最終巻出てたね。

ふと思ったんだが5巻に出てくる九陽真経って九『陰』真経の間違い
じゃないかな? 梅超風が使ってたのも九陰白骨爪だし。

277 :276:2001/04/17(火) 19:52
ついsageちゃった。
>>268の言う通り上げておくよ

278 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/04/18(水) 11:48
>ふと思ったんだが5巻に出てくる九陽真経って九『陰』真経の間違い
じゃないかな? 梅超風が使ってたのも九陰白骨爪だし。

そうそうあれって誤植、それとも金庸先生の勘違い?




279 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/04/20(金) 18:41
「イ天屠龍記」最終巻読了。感想:「張無忌、お前は何考えてるんだ?」

280 :栗淋に騙された名無しさん:2001/04/20(金) 20:05
張無忌、陳家洛と並ぶだめ主人公ですな。

281 :イラストに騙された名無しさん:2001/04/20(金) 20:34
>>279
「倚天屠龍記」でよろしく

282 :Cavabien:2001/04/22(日) 11:05
「倚天屠龍記」完読。曖昧模糊とはこういう終わりの事を言うんでしょうか。

ところで、史実ではココテムールの妹は朱元章に捕らえられて彼の息子だか親戚だかの
妻になっている筈ですが、そう考えると張敏は最終的には・・・なのかな。
もっとも、二人目の妹が出来てないとも限らないしなぁ。

283 :276:2001/05/10(木) 13:29
文庫化記念age

「笑傲江湖」とかがでるのは当分先だろうが。

284 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/10(木) 19:01
それまで徳間がもてばいいんだけどねえ....
せめて新刊速報だけでもちゃんと更新して欲しいんだけど..>徳間のHP
金庸の本ってちゃんと儲かってんのかな?
sage

285 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/11(金) 16:21
>284
図書館には金庸氏の本入ってますが、小さい本屋にはあまり置いてないようです。
あんまり売れてないんでしょうかね?

286 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/12(土) 00:40
こんなスレあったんだね!!
金庸は「笑傲江湖」が好きだ・

287 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/14(月) 00:45
書剣恩仇禄読んだ。面白いじゃん。
三国志とか好きだから世界観にもハマれたし。

288 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 17:07
今度出る中短編集「越女剣」で、あと未訳(翻訳中?)の作品は「飛狐外伝」「天龍八部」
鹿鼎記」となりましたね、楽しみです。
「天龍八部」と「鹿鼎記」は金庸の二大最大長編とのことですが、「笑傲江湖」ですら7巻
もあったというのに、これらの翻訳本は一体何巻になることでしょうか。(収納スペースの
ことを考えただけで‥ウーム‥)

マニアでおおよその見当がつくという猛者の読者の方、いらっしゃいます?

289 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/18(金) 18:44
>>288
『鹿鼎記』は8〜10冊になると思われる。
ソースは『きわめつき 武侠小説指南』の金庸氏との対談。

それにしても10冊か。キツいな。

290 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/19(土) 03:06
>>288
持ってる香港版が5冊だ。
書剣(元本2冊)から屠龍記(元本4冊)とだんだん訳が短くなってきた。
江湖社会のきまり事や武器・技の種類に読者がついてきたのでくどい説明が
必要なくなり、文が短くなってきた。
訳者がだれか不明だが、1冊→2冊は長いんでは。
よって8冊とみた。というかこれくらいにしてほしい。

291 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/19(土) 03:51
金庸作品における、あのババア・キャラどもの異常な強さは
いったいなんなんでしょうか。

いや、好きなんだけど、主人公がかすんで見えるよー。

292 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/19(土) 12:01
>291
中国は年取った人=偉いなので、年取った人は修行年数長いから強いという
感じなのでは?

293 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/20(日) 00:56
>>252
「倚天屠龍記」最終巻読んだら判りますよ。

294 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/20(日) 01:04
>288・289さん。ありがとうございました。
金庸先生もいいのですが、李志晴先生描く装画もまた素晴らしいですね。
(あれを別のイラストレーターが“ライト・ノベル”のアニメキャラor
少女漫画風に描かれたら手にとる気もおきなかったでしょう。桑原桑原)
その李先生の射(周鳥)英雄伝のコミック版が香港でベストセラーになって
いるというニュースを以前見たことがあるのですが、欲しくてならんです。

先程YAHOOのブックサービスで検索していると、げっ!いつのまにやら
「書剣恩仇録」が文庫化しているではありませんか!単行本で集めている為
いま更欲しいとは思いませんが(装丁も単行本版のほうがはるかに良いし)
それでも解説者の顔ぶれが気になります。李先生の挿画もできるだけ大きな
版型で見たいですしね(文庫には収録されてるんでしょうか?)。



295 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/20(日) 01:27
>>294
ttp://jinyong.ylib.com.tw/
ここで李志清氏の漫画読むこと出来るよ。
一部だし中国語だが原作片手に読み進めると雰囲気は伝わってくる。
要中国語フォント(Big5)。

296 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/24(木) 13:54
>295様。
遅ればせながらご指摘、どうもありがとうございました。
しかし私のパソコンには中国語フォント(Big5)が搭載されていないみたいで、
アクセスしてもなかなか上手くいきませんでした(涙)。

そういえば読めるわけもないのに香港版YAHOOで「金庸」と入力してみたらば
全っ然べつのカテゴリーに飛ばされましたっけ(涙)。


297 :イラストに騙された名無しさん:2001/05/25(金) 01:20
Windows Update で言語の追加ができると思ったカスリーたん

298 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/08(金) 23:33
   ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (=゚ω゚)ノ < 我が武名はぁ〜 ぃょぅ なりぃ〜
 〜(  x)  \_____________
    U U


299 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/14(木) 20:53
めずらしく発売前に徳間書店のHPが更新されてた。
「越女剣」、6月16日に発売のようです。

もう手に入れた人はいるかな?

300 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/06/14(木) 23:52
>299
へ、もう出るんですか?
来月とばっかり思ってたので徳間書店のHPチェックしてなかった。

301 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/15(金) 03:08
ずっと気になってたんだ。金庸作品。
もうすぐまとめ読みできるだけの時間ができる…。長かった…。

302 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/19(火) 12:34
「越女剣」もう出ましたね。
中編3話がセットになってます。

303 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/06/19(火) 18:39
わっ、もう書店に並びましたか。
いつも巻末に予告が載る次の翻訳作品、何でしたか?

304 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/19(火) 18:49
次は
「飛狐外伝」(全三巻)
だそうです。
訳は阿部さん。

305 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/19(火) 23:38
阿部さんか。欲を言えば岡崎さんが良かったな。
でも新刊が読めるのは嬉しすぎる 楽しみだ。

306 :名無しより愛をこめて:2001/06/20(水) 00:03
価格が高いので図書館頼み…
1巻から4ヶ月経って2・3・4巻を3日で読む…
最終巻はいつ読めるのやら。

趙敏「三つ目のお願い…ボクのこと…うぐぅ…忘れて」
>>306
葉鍵板に逝け

はい…

307 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/06/21(木) 11:50
>304さん
どうもありがとうございました。
それにしても正編(全一巻)よりも続編のほうが長いとは(笑)。
このへんのアバウトさも魅力のうちですね。

308 :イラストに騙されて病院行き@ほとぼり冷めた:2001/06/21(木) 13:15
飛狐外伝はラストがゴルァな感じなんだけどね...

何ヶ月前金庸が中国の某大学で歴史の講義を開き、結局生徒不足だった
「歴史を楽しめるように改造するのは上手いが探求するのに向いているとは思えない」だと

309 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/21(木) 21:47
>>306
笑ってしまったので俺も一緒に逝こう・・・

310 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/22(金) 18:36
新刊出たのに盛り上がらないね・・・。
やっぱ、マニア向けなのでしょうか?

311 :要約:2001/06/22(金) 18:49
Q.漢字を開くって?
A.漢字をひらがなで書くことです。対象読者年齢層の低いライトノベル系作品では多用されますので、じぶんで、あらかじめ漢字を開くクセをつけておくといいかもしれません。

Q.ふりがなはだいじょうぶ?
Q.ルビはだいじょうぶ?
A.どちらも大丈夫です。ただし、ルビのふりすぎはあなたの健康を損なうおそれがあります。

Q.コカ・コーラやセブンイレブンなどの登録商標を作品中に出してもいいの?
A.あまりおすすめできません。とくに登録商標は、わかっている分はさけましょう。キャタピラ、ホッチキス、魔法瓶→無限軌道、ステープラー、魔法瓶。

Q.出版コードとか差別用語とかて気にする必要があるの?
A.応募原稿の選考段階では問題ありません。

Q.円環構造や劇中劇(紋中紋)構造の作品はライトノベルに適している?
A.適していません。また、そのような種類の作品を破綻無くしあげるのは困難で大きな労力がかかります。読むのも大変になりますので、あきらかにライトノベルには適していないと言うことができます。

Q.ライトノベル系小説公募で見かける角川系列ってなに?
A.富士見、角川、電撃のことです。資本的なつながりがあります。

Q.「すばる」と「小説すばる」って違うの?
A.「すばる」は純文学です。「小説すばる」は中間小説(死語)からやや軽めのものまでとりあつかっています。コーラとダイエットペプシぐらい違います。

Q.ライトノベルって、地元の書店じゃあんまりみかけないけど?
A.ライトノベルは、とくに大都市中心に販売がなされています。地方ではあまりみかけません。

Q.ワープロとパソコンどっちがいいの? 縦書きと横書きは? 辞書、電子辞書は?
A.つかいやすいものをお使いください。お好きなほうでどうぞ。便利なものをどうぞ。

Q.手書きはマズイのですか?
A.まずいことはありません。ただ、読める文字でペンを用いて書きましょう。

Q.☆、♪、@などの記号の使用はいいの?
A.賛否両論ですが、ライトノベルの想定する読者層からすると可であるとの意見があります。
Q.擬音語、擬態語、オノマトペなんかの使用はかまわないの?
A.なにをお使いになられようと自由です。あれをしていれば入賞していた、これをしていれば一次選考に通っていたなどの悔いがないように、やれると思ったことは全部やりましょう。

Q.イラストもつけるの?
A.むしろ、つけません。

312 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/22(金) 21:01
>>310
今回は短編集だから仕方ないでしょ。
次の飛狐外伝に期待…と思いたいが>>308のような発言もあるしな。

残りの天龍八部や鹿鼎記は人気のある作品だから神雕侠侶の
頃のように盛り上がること期待。

313 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/23(土) 00:24
短編だからかぁ・・・。

鹿鼎記はDVDで持ってるから、早く読んでみたいな。
でも、一番最後だから・・・来年か。

314 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/25(月) 00:34
新刊出てたんか
明日買ってこよ。

315 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/25(月) 21:06
いてんとりゅーき5巻読破。
今まで武侠小説を「ドラゴンボールのような小説」と人に勧めてきましたが、
いてんとりゅーきは「天地無用のような小説」と勧めるようにしようと心に誓った。

316 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/26(火) 00:29
>>315
なるほど、「天地」ですか。
差詰め「鹿鼎記」は「うる☆やつら」でしょうか?(笑)

317 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/26(火) 00:37
>>316
諸星あたるが主人公の武侠小説・・・想像つかねー(ワラ

318 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/26(火) 00:55
>>315
『倚天』=「天地」は激しく同意。
読後の感想がまさにそれだったからなぁ。

>>316
韋小寶は出会った女性を手当たり次第妻にしているから、
諸星あたるよりなおタチが悪いかも。
楊過とは対極にいるキャラだな。

319 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/26(火) 00:58
要領の良さもあるしなぁ。
諸星あたる+植木等を2で割らない(笑)

320 :イラストに騙された名無しさん:2001/06/26(火) 20:36
うむ、ろくていきのネタバレも怖いので再び去るか。
しかし

>>319
凄まじ過ぎる(w

321 :教えて不敗:2001/07/03(火) 23:33
越女剣の訳者あとがきに、鴛鴦刀が碧血剣と関係あるみたいに
書かれいてたが、それがどこか分かった人いるかえ?
何ページ目かだけでも教えてくりゃれ

322 :大陸での話ですが:2001/07/05(木) 15:43
大陸のある会社が70万香港ドル余りという額で武侠小説家ジン・ヨン(金庸)から『倚天屠龍紀』の撮影権を買った。
これは大陸で映像化されるジン・ヨン作品としては5作目である。
 http://news.searchina.ne.jp/2001/0703/entertainment_0703_001.shtml
見たい!

323 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/05(木) 23:46
>>321
蕭半和の「混元氣」であると思われ。
華山派の内功「混元功」のパロディではないかな。作者同じだから
「パロディ」という表現は合わないが。

そうでなければ「五毒聖姑」かな。
時代的に何鉄手本人ではないだろうけど。

324 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/05(木) 23:58
要するにネタの流用ね(w

325 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/09(月) 14:18
『碧血剣』文庫化記念age

326 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/07/10(火) 15:51
学研が「ムー伝奇ノベル大賞」創設&第一回受賞作発表を記念して出版した「伝奇M(モンストルム)」
という本は、金庸だけでなく、広く伝奇小説を愛好する者にとっての必読書とでも言うべきナイスな本の
ガイド・ブックでした(「ムー」云々というのが非常にナニですが、中身はしっかりしているうえに紹介
されている本もバラエティに富んでいて、この手の本としては素晴らしい出来映えです。お薦め)。
当スレッドでおなじみの岡崎由美先生が「中国伝奇」の世界を担当されていて、その中にはもちろん金庸
先生の作品も当然触れられているのですが、それ以外の伝奇作家にも多数頁が割り当てられ、タイトルを
見ただけでも読みたくて仕方がありません(特に翻訳がストップしてしまった古龍!)。
徳間書店のように全集でなくてもいいから、どこか古龍の選集を出してくれる奇特な出版社ってないもの
ですかねぇ…。

327 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/12(木) 00:06
http://www.cyborg.ne.jp/~sympow/entrance.html

328 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/12(木) 12:54
>326
そういえば古龍の作品、小学館からいっぱい出るかと思ってたら全然新刊出ませんね。
徳間書店が引き受けてくれないものでしょうか?

329 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/13(金) 00:25
>326、328
確かに古龍はもっと続きを出してほしい。でもエニックスみたいなヘタレ訳は勘弁な。
そういえば学研も古龍の訳を出していたはず。昔あった古龍スレによると、
訳者がドキュソな奴だったらしいが、訳自体がしっかりしてればこの際文句は言わん。

330 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/13(金) 10:51
自分の知っている範囲で古龍の翻訳本は、

楚留香 蝙蝠伝奇(上中下巻) 土屋文子訳 小学館文庫
陸小鳳伝奇(1巻) 安倍敦子訳 小学館文庫
辺城浪子(全3巻) 岡崎由美訳 小学館文庫
歓楽英雄(上中下巻) 中田久美子訳 学研歴史群像新書
聖白虎伝(原題:白玉老虎/全4巻) 寺尾多美恵訳 エニックス

だな。確かにエニックスのはかなりのヘタレだった。学研のは妙に
挿絵がジョジョチック。
他には小説じゃないがDVDで「決戦・紫禁城」が出ている。陸小鳳
シリーズの一つらしい。VHSはDVDの3倍ぐらいの値段がするので
買わない方がいいだろう。

個人的には陸小鳳シリーズを出して欲しいよ。小李飛刀も読みたいが。

331 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/07/16(月) 18:07
>330さん「決戦・紫禁城」って古龍原作でしたか!
まぁ、例によって相当にストーリーは脚色されているのでしょうが。

「新・流星胡蝶剣」というビデオが出ていたので借りて観たのですが
これもそうでしょうね。アクションシーンのあまりの荒唐無稽ぶりが
サイコーでした。

332 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/16(月) 18:28
陸小鳳と楚留香の2大シリーズは完訳してほしいもんです。

333 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/16(月) 19:48
学研の「歓楽英雄」、もう絶版になっちゃったみたいですね。
他の本も店頭ではめったに見ないし。買い手の負担はとも
かくとして、戦略的には金庸みたいにハードカバーで出した
ほうが良かったかも。文庫本じゃあ本屋の中国文学
コーナーにも置いてもらえないし、図書館にも入れても
らえやしない..

334 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/16(月) 22:15
何やら古龍スレ化してきたね。
まあ新刊は出ないし当の古龍スレは過去ログ倉庫行きだから
仕方ないけど。

>>331
「決戦・紫禁城」の原題は「決戦前夜」。陸小鳳シリーズの3作目ね。
「新・流星胡蝶剣」も古龍原作。「流星・胡蝶・剣」ってのがあるけど
原作との関わりは不明。

>>332
激しく同意!

335 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/07/18(水) 19:15
皆様、レスありがとうございます。
以前「辺城浪子」を最後に翻訳がぱったり途絶えてしまったので、小×館文庫編集部に
電話でその後の予定を訊いたことがあるのですが、応対に出た方いわく「人気がブレイク
してくれると、続きも出せるんですがねぇ」。

ポケモンでウハウハのくせに…セコいぞ、×学館!徳間を見習え!

336 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/19(木) 11:59
>335
×学館は金庸作品がある程度売れてるので古龍も売れるだろうぐらいの甘い考えで
翻訳始めたのではないでしょうか?
外国の作家を売り込むには映画のノベライズかミステリーの賞でも取ってない限り
文庫では売れない気がします。まして中国系の作家は日本人には馴染みが無いですし。

337 :⊂ia⊃:2001/07/26(木) 13:14
まだ新刊はでないのでしょうか?

338 ::2001/07/27(金) 21:34
スレ立てて一年経ったがこの書き込みの少なさはどうよ(涙

339 :>338:2001/07/27(金) 23:50
グリーン・デスティニーが当たったから そこから武侠世界に来る人多いかな
と 思ってたけどふえないね。

340 :⊂ia⊃:2001/07/28(土) 00:09
グリーン・ディスティニーはおもしろかったけど、武侠小説とか知らない
ひとがみたら、苦笑しそうな内容だったなぁ。
(ひとが飛んだり跳ねたりしてね)

GDが(日本で)当たったのは、武侠小説ファンの底上げがあったから
かな?
つまり、通常の香港映画ファン+武侠小説ファン。
武侠小説が刊行されてから、本格的な武侠映画がなかったんで、小説で
ハマった人にはものすごく見たかった映画だったんじゃないかな。

341 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/28(土) 01:27
>>340
風雲の時、俺が痺れてるシーンで、場内に失笑が沸いたのが未だに許せん・・・

あと細かいところだけど、グリーンディスティニーを武侠小説を知らない奴と
一緒に見てたんだが、最後の毒が回るのを内功使って抑えていたシーンで
解説求められました。ああいった細かいシーンでも、武侠小説知る知らないで
結構変わってくるみたい。

342 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/28(土) 01:39
自分は映画の笑傲江湖(swordsman)それも東方不敗で武侠に関心持った。
台湾・香港行った時に本買ってきたりしてたんだけど、なんせ読むのに時間かかりすぎる。
翻訳本が出てこれからもっといろんな作品が読める〜  と喜んだけど、
金庸・古龍だけだよね? 訳本でたのは。
金庸が大当たりすると他の作家も出してくれるのかな と図書館に措くようにリクエストし、
しかも自分も買っている。
この努力が実るのは何時だ!?

古龍の歓楽英雄買いそびれた読んでない 絶版だと!(泣〜
気と取り直し今週末は「臥虎蔵龍」読み始めるぞー

343 :342:2001/07/28(土) 01:45
> 気と取り直し ×
  気を取り直して ○
失礼しました

344 ::2001/07/28(土) 17:16
皆さん、武侠小説を普及させるため頑張ってください、とりあえず有名な作家ぐらいは
一通り翻訳が出て欲しいものです。

345 :⊂ia⊃:2001/07/28(土) 23:50
>1
徳間も、金庸が終わったら次はないのかな?
古龍の版権とって、出したりして欲しいけど。

346 :匿名さん:2001/07/29(日) 12:39
>345
金庸は自分の作品を完全に自分の手で管理しているようだが、古龍はその辺権利関係が
バラバラになってるみたいなので金庸作品みたいに全集として出すのは無理と思われます。
でも代表作だけでいいから翻訳してほしいです。

347 :⊂ia⊃:2001/07/29(日) 12:51
古龍の全集なんて、とてもとても。
だいたい、本人が生きていたとしても、版権管理できてたかどうかって
ところだし。
全集より、とりあえず武侠小説翻訳の光を消して欲しくないなぁってとこ。
小○館とかは腑抜けだしねぇ〜。

348 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/30(月) 10:37
なんでも古龍の邦訳が再開されるらしいという噂を耳にしました。
某所の掲示板の書き込みで、しかもその情報すら又聞きなので信憑性はかなり薄い
ですが、もし本当ならどんどん翻訳して欲しいものです。

そういえば昔馳星周が角川から古龍の翻訳を出すとか梁羽生の翻訳がでるとかいう
噂もあったけど、結局立ち消えになっちゃったのかなぁ。

349 :⊂ia⊃:2001/07/30(月) 19:06
>>348
ちなみに、出版社はどこだということでしたか?

350 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/30(月) 20:04
>>349
再開するなら小学館でしょうが、ハッキリしたことは分かりません。
信憑性のない噂なので信じない方がいいかも。

でも信じたいんだよなぁ。

351 :⊂ia⊃:2001/07/31(火) 13:16
>>350
ありがとうございます。
俺も信じたい(笑)

352 :イラストに騙された名無しさん:2001/07/31(火) 19:00
http://news.msn.co.jp/top/20010731-170057.htm
山田風太郎氏、死去。

ここで書くことじゃねーか?

353 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/05(日) 02:55
場違いだがいいでしょ、別に

354 :⊂ia⊃:2001/08/08(水) 00:11
そろそろ新刊の情報があってもよさそうなのに・・・。

355 :匿名さん:2001/08/08(水) 11:34
先月は文庫が出ただけだったし今月こそ出ますよね?

356 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/08(水) 20:26
徳間のHPにはすでに8月の情報がUPされているけど『飛狐外伝』の名前はなかった。
早くても来月、遅ければ10月か。間が3ヶ月空いたこともあったし。

『碧血剣』の文庫本2巻を読みつつマターリ待ちましょうや。

357 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/09(木) 01:17
あんまり、書き込んでないみたいだから、ネタ提供。

中国では金盲(金庸オタク)と呼ばれる人達が金庸作品の順位を付けているようですが、皆さんの格付けはいかがでしょうか?
対象は、現在の和訳済みの作品です。
ただ、台湾や中国、香港などのアジア諸国在中の方は全作品の格付けOKとします。
原本がありますからね。
ついでに自分は・・・。

神鳥剣侠>笑傲江湖>>射鳥英雄伝>倚天屠龍記>>>連城訣>>雪山飛狐>短編集>>>>>>>>>>>>>>碧血剣>書剣恩仇録>侠客行

・・・別に初期の3作品が駄目とかじゃないです。今出ているのがあまりに群を抜いてるからです。

358 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/09(木) 18:27
細かくは順位つけられないけど、歴史に絡まない方が読みやすく面白いなぁ。
多分、金盲の人たちとは全く逆なんだろうけど。

359 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/09(木) 22:09
自分は歴史からみの方が好きだなぁ。もともと中国史好きが高じて武侠小説に転んだ
質だし。倚天屠龍記なんて本文そっちのけで歴史考察してたっけ。

ちなみに自分の順位は

笑傲江湖>=神雕侠侶>射雕英雄傳>侠客行>=倚天屠龍記>
雪山飛狐>連城訣>>碧血剣>>>越女剣>白馬嘯西風>>>書剣恩仇録
>>>鴛鴦刀

上位5位はほぼ確定だけどそれ以下は変動する可能性あり。自分は結構狗雑種って
キャラ好きだから侠客行は上位に食い込んでいたりする。

残る三作品はおそらく天龍八部と鹿鼎記が上位に、飛狐外伝が下位に食い込むと
思われる。

360 :⊂ia⊃ ◆E3JMINgQ:2001/08/09(木) 23:33
碧血剣=神雕侠侶>射雕英雄傳>笑傲江湖=倚天屠龍記>書剣恩仇録>雪山飛狐>侠客行>連城訣>短編

こんな感じかな。
碧血剣は、主人公の成長と、どんどん敵が仲間になっていく「ジャンプ的」なところ
が好きかな。
あと、3巻で読みやすいし。

書剣恩仇録は、やっぱり初めて読んで衝撃を受けたという点を評価。
射雕三部作と笑傲江湖は、平均値が高い。

361 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/10(金) 00:44
倚天屠龍記=神鳥剣侠>笑傲江湖>射鳥英雄伝>>書剣恩仇録>侠客行>雪山飛狐>連城訣>短編集>碧血剣

やっぱり長編が断然面白いね。本当はどれも甲乙つけがたい。だから作品の出来というより、
趣味優先で選んでしまった。
笑傲江湖は初期の訳だからかな、文章があまり好きじゃない。それさえなければベスト1なのだが。
未訳の長編2つが出たら、たぶんトップに入ると思う。飛狐外伝は侠客行の次か、その次あたりと予想。

362 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/10(金) 21:17
新刊はまだなのかよ。畜生!

363 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/13(月) 08:17
9月には出て欲しいなあ…
>飛弧外伝

364 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR.:2001/08/20(月) 22:22
まだかなぁ〜。

365 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/21(火) 01:27
徳間のHPは毎月第一金曜日に更新らしいからその時には出かどうか分かりますね。
どうせ出ても次の巻が出まで一月かかるのですし、マターリ待つのが一番ですわ。

それにしても、徳間ってようやく早めに新刊情報出すようになったんですな。
ネットも普及してない昔なんて本屋に新刊情報聞いても先月分しかなかったりしたし。

366 :イラストに騙された名無しさん:2001/08/21(火) 19:33
はじめまして、僕は日本在住の台湾人です。金庸の小説が日本人に受け入れていただけるとは
個人的にとてもうれしいことです。みんなさん、どんどんファンを増やしましょう。

367 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/08/22(水) 17:25
いつぞやの「本の雑誌」の武侠小説特集で、カナダの中国人街の古書店を覗いてみたら、
壁一面金庸の本だらけで、改めてその人気のすごさを実感したと語っていた人がいました
が、日本以外にもファンがいる(当たり前だ!)とは嬉しいですね。これからもどんどん
ファンを増やしましょう。

最初、金庸の日本版が出ると聞いたとき、「どうせ何冊か訳してみて、売れなきゃ途中で
打ち切りだろう」とタカをくくっていたものですが、残すところあと3作品(うち2作は
最大長編だそうですが…)というところまで来るとは…感無量です。

遅ればせながら、故・徳間社長に感謝、そして合掌。

368 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/08/22(水) 17:28
>367
日本以外にも→日本人以外にも
−失礼しました…。

369 :李志清に騙されなかった名無しさん:2001/08/25(土) 15:03
「多情剣客無情剣」「武林外史」「絶代双驕」「流星・胡蝶・剣」「九月鷹飛」
「蕭十一郎」…おもだった古龍の代表作を前出「伝奇M」より拾い出しただけで
こんなにもあります。あぁ、読みたい!…。

370 :匿名さん:01/08/29 12:53 ID:FD/pKW.Q
新刊出ないので「侠客行」を1年ぶりに読み返したが、「書剣」や「射鳥」に比べたら
えらくあっさりした感じがした。

371 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 21:49 ID:3oQ900o6
>369
「多情剣客無情剣」
http://www.kadokawa.co.jp/book/contents/200109/200106000001.html

372 :名盤さん:01/09/01 23:00 ID:aSA9QG6.
>371
おおっ出てる。明日本屋にチェックしに逝こう

373 :イラストに騙された名無しさん:01/09/01 23:02 ID:tkZiVI3g
なんと! 「多情剣客無情剣」とは!
ついに小李飛刀の勇姿が拝める訳ですね。

しかしハードカバーは辛いな。二冊で5千円か…。(;´Д`)

374 :李志清に騙されなかった名無しさん:01/09/04 20:11 ID:BOwh7ALM
あまりのことに開いた口がふさがりません。
偉いぞ角川!この調子で頑張れ!

表紙の画像が見られないのが残念ですが(エニックスの某作品のこともあるしなぁ)
まぁ、大丈夫でしょう。

375 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/06 23:07
やった。
久しぶりに武侠小説にありつける。
早速、明日買いに行こう。

376 :イラストに騙された名無しさん:01/09/07 00:35
>375
発売は15日らしいよ。今しばらく待て!

377 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/07 22:32
>>376
そうみたいですね・・・。
早とちりしてしまいました。
でも、15日って休日・・・ということは、金曜日には並ぶのかな。

378 :狗雑種(ななし)さん:01/09/08 23:06
飛狐外伝も発売(予定)を確認しました。
発売は9月17日。タイトルは『飛狐外伝第一巻 風雨追跡行』。
情報源は徳間書店のホームページでございます。

しかし、今月は多情剣客無情剣上下巻5000円、飛狐外伝1700円と武侠小説好き
には財布の痛い月ですな。いや、うれしいんですが。

379 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/08 23:25
>>378
情報サンクス。

確かに財布がイタイ。
しかも給料前・・・。

380 :イラストに騙された名無しさん:01/09/09 14:07
>378
あちこちの武侠系掲示板にマルチポストしてる人ですか?
情報はありがたいけど、少しは内容に変化つけて欲しいな……

381 :狗雑種(ななし)さん:01/09/09 15:26
>>380
たぶんご想像の通りです。
ただ、あちこちといってもここの他は2ヶ所程度しか書き込んでませんが。

確かにネタはかぶってますが、自分が書き込んだサイトは訪れる人もそれほど
かぶってないので、その程度なら許容範囲かと思ってました。まったくのコピペでは
ないですし。
もし結構訪問者がかぶっているのだとしたら、自分の認識不足ですね。
以後気をつけます。

382 :380:01/09/10 10:41
>381
いやどうも。あの辺のサイトは前にここからもリンク張られてたことがあるし、
見てる人は見てると思いますよ。ROMはアクティブの3倍いるっていうから、
発言者のメンツだけ見て訪問者がかぶってないとは断言できないしね。
風紀ぶっちゃってスマソ。ま、本が出たらお互い感想でも書き込みましょうや。

383 :イラストに騙された名無しさん:01/09/10 12:50
角川のHPには(文書による)データーはあるのに、amazon.com.とヤフー・ショッピングでは
いまだに「多情剣客無情剣」が登録されませんね。直接本屋に注文するか…。

384 :狗雑種(ななし)さん:01/09/11 19:18
>382
はい。発売も近づいてきてますし、その時は存分に語り合いましょう。

それにしても、今月は武侠小説月間なのか、話題が尽きませんね。
今度は『神雕侠侶』のアニメ化だそうです。
情報元は今月売りのニュータイプ「ニュータイプエキスプレス」と
某所の掲示板ですが、ガセではないようです。

放送局はBSフジ。10月放送スタートの予定。
アニメ製作は日本アニメーション。

はてさて、どうなることやら…。

385 :イラストに騙された名無しさん:01/09/11 19:42
>>384
え゛ マジ?

386 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/11 21:16
>>384
ホントに?
でも、BSないから見れないよ。

中途半端な選出だなぁ・・・。
「射[周鳥]英雄伝」からやらなくて、大丈夫なんだろうか?

387 :パンダROMer:01/09/12 00:42
>>384

┐(´ー`)┌

388 :イラストに騙された名無しさん:01/09/12 20:14
見てきたよ「ニュータイプ」。徳間書店刊とクレジットしてあるのに、
タイトルは原題の「神G侠侶」なんだね。
小龍女はちょっと意地悪そうだったなあ

389 :イラストに騙された名無しさん:01/09/12 20:29
>>386
日本の今の萌え傾向からすると、黄蓉ではなくて小龍女なんだろうな。
要するに萌えアニメw

ヒロインに限らず、日本受けしそうなのは楊過>郭盛だろうし。

390 :イラストに騙された名無しさん:01/09/14 17:17
飛狐外伝 先に出てるよ,何やってんだ角川!


391 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/14 22:26
飛狐外伝、売ってましたね。

読む前に、雪山飛狐を読み直しておけばよかった・・・。
登場人物をすっかり忘れてる。

392 :イラストに騙された名無しさん:01/09/15 01:48
鹿鼎記の原作を読みたいと思って探しているのですが見つかりません。
もしかして、翻訳されていないのでしょうか?

393 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/15 08:17
>>392
原作なのに翻訳とは?

394 :李志清に騙されなかった名無しさん:01/09/15 11:25
イギリスで英訳されたというのを「金庸の世界」だったか「武侠小説指南」で
読んだことがありますが。

395 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/15 11:27
???
意味がわかりません。
392は外国人だということですか?

396 :392:01/09/15 12:20
説明不足ですみません。ドラマみたいなやつのビデオを外国でみました。
帰国してからそのドラマの原作の小説を探していますが見つかりません。
それで、もしかして日本では、翻訳発売していないのかと悩んでいたのです。
結構まじめに探していたので、ここのすれで話題が出たのを見て、
聞いてしまいました。
教えてくんですみません。

397 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/15 12:37
>>396
鹿鼎記の翻訳刊行は、一番最後です。
正確にどのくらい後、というのは不明ですが・・・。

398 :イラストに騙された名無しさん:01/09/15 12:43
>>396
ちなみに、粗筋だけなら「武侠小説の巨人 金庸の世界」
(岡崎由美:監修 徳間書店)と言う本に載っていますよ。

399 :狗雑種(ななし)さん:01/09/15 22:45
『飛狐外伝』ゲット。『多情剣客無情剣』はやはり手に入らず。
やっぱりでるのは週明け以降ね。

それにしても、本に挟まってたアニメ版神雕侠侶の広告、ちょっと
引いちゃった…。

>396
鹿鼎記ならDVD版を見るのもひとつの手かも。周星馳主演のやつで2作
出ています。発売元は日本じゃないのでちょっと手に入れにくいですが、
中華中心あたりの通販サイトを利用すれば手に入ると思います。

それとも、もしかしてこの映画をみて鹿鼎記に興味をもたれたのであれば
力になれなくてすいません。

400 :イラストに騙された名無しさん:01/09/15 23:01
アニメ版の話、どこかに情報ありませんか?>神雕侠侶

401 :イラストに騙された名無しさん:01/09/16 01:53
>400 「日本アニメーション」で検索かけて、新作情報見てみれ

402 :イラストに騙された名無しさん:01/09/16 02:17
>>401
感謝。
期待はしませんが。
見ますが。

403 :nanashi:01/09/17 05:02
古龍×2@角川だけど、発売日未定って話だ。

情報元…書泉ブックタワー(秋葉原)の1F店員さん。
角川のHPプリントアウトしたの見せたら知らなかったらしく
直接版元にTELしてくれたのだが…。

404 :イラストに騙された名無しさん:01/09/17 15:27
飛狐外伝の折り込みで神雕侠侶のキャラクターデザインを見た。
小竜女は純白の衣装に白銀の手袋、漆黒の髪と瞳というイメージが自分の
中で固定していたので、薄紅色の衣装と髪にはちょっとがっかり。
あのデザインは個人的には小龍女というより、梅超風や陸無双のイメージ
に近い。

405 :無忌:01/09/17 17:17
「多情」は9/25らしい。

406 :イラストに騙された名無しさん:01/09/17 21:12
ん??角川のHPで、「多情」が9月の新刊リストから消えちゃってるよ。
”もうすぐ刊行”の方へ移動されてる。

407 :イラストに騙された名無しさん:01/09/17 21:13
角川の古龍って、もしかすると
http://mentai.2ch.net/magazin/kako/969/969490071.html
の19あたりから話題になってたのと同じやつなのかな。
25の情報だと、こっちはソフトカバーで出す予定だったみたいだけど……
値段はハードと変わらないにしても、どうせならソフトの方が有難いな。

408 :392:01/09/18 23:35
>397-399さん

ありがとうございます。
そうです。鹿鼎記の映画の方だけ見て小説を探していたんです。
まだ、日本で翻訳されていなかったんですね。金庸なら待てば
いつかは読めるような気がしますから、気長に待っています。

古龍もどんどん翻訳して欲しいんですけどね。

409 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/20 23:43
>>404
確かにあのカラーリングは・・・って思う。
デザインもちょっと・・・。
楊過の服の色も、あんな派手でいいのかなぁ。

410 :イラストに騙された名無しさん:01/09/21 00:53
>>409
日本のアニメとしてみれば、むしろ地味過ぎるくらいだ。
動きで地味さをカバーできれば言う事は無いのだが。

411 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/21 01:06
別に日本のアニメだからってことはないでしょう。
作品に合うかどうかってだけで。

412 :李志清に騙されなかった名無しさん:01/09/21 13:08
日本アニメーションのHP、さっそく覗いてきました。

まぁ、ファンにとってキャラクターデザイン等、色々と不平不満はおありになると思いますが
金庸原作が、香港以外で映像化・アニメ化されることの意義には興味深いものをおぼえます。
李デザインでやったとすると…アニメーターが死ぬ(笑)。

金庸って誰?武侠小説って何?というトホホな状況が改善されるためにも。
そして、未訳の古龍作品が読めるようになるためにも(笑)。

413 :狗雑種(ななし)さん  ◆xxt2KwbI :01/09/21 17:39
>412
そうですね。このアニメ版が武侠小説人気の起爆剤になってくれるとうれしいです。
封神演義も藤崎版が人気になったのがきっかけで安能務訳文庫本が売れたり
関連書籍が山のように出てたりしましたからね。

日本アニメーションが作った作品は世界名作劇場をはじめとして結構良作が多いので、
よほどのことがない限り変な作品はできないでしょう。

414 :名盤さん:01/09/21 22:34
アニメで内功の概念とかを説明できるのだろうか、その辺が心配。

415 :イラストに騙された名無しさん:01/09/21 23:03
>413
本筋と関係ないツッコミですまんが、安能務の「封神演義」は、
フジリュー版が出る前からベストセラーだったよ。
逆にあれが売れたから、フジリューが漫画化を思いついたんじゃないの。
ところで安能訳の評判は知ってる?あれは武侠でいえば「聖白虎伝」。
そんなものがバカ売れして、アニメや漫画になったとしても、
正直、俺は嬉しくないよ。
もちろん今度の「神G侠侶」には期待しているけどね。

416 :狗雑種(ななし)さん ◆xxt2KwbI :01/09/22 00:18
>415
安能務訳「封神演義」ってそんなに評判悪いんですか?
確かに安能訳は独特の雰囲気を持ってるし、
様々な箇所に手を加えてある種別物にはなっていますが
「聖白虎伝」にたとえられるほど作品の完成度は低くないと思います。

ちなみに、自分も藤崎版封神演義のような展開の仕方は望んでません。
これは例えが悪かったですね。
中華系の作品で、日本で全く無名のものが爆発的な人気で広まっていった
例として浮かんだのが藤崎版封神だったので…。

417 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/22 00:22
>>417
超訳レベルだったという話は聞きました。
俺は、最初の「封神」は安能版だったので、逆に他のに違和感を感じて
いました。
それが良いことか悪いことかはわかりませんが・・・。

418 :415 :01/09/22 03:44
>416
いや、喧嘩売ってると思われたくなかったから415では曖昧な書き方をしたんだけど、
あなたの413は、第一に小説とアニメ/漫画の因果関係を逆に勘違いし、
第二に激ヤバの安能版封神を武侠の和訳と同列に扱ってるわけで、
要は展開の仕方がどうこういう前に、スタート地点から見当違いだって話なの。
「聖白虎伝」とどっちがマシかなんてのは二の次の問題。
翻訳として認められないって点じゃ、俺にとってはどっちも五十歩百歩だよ。

>417
うーむ、良いことか悪いことかと言われれば、悪いことと言うしかないけど、
どっちがオリジナルかさえ解っていれば、安能版が好きでもそれはそれで構わないと思う。
だから最初の刷り込みって大切なんだよね。
(くどいようだが、最初の武侠が「聖白虎伝」だったとしたら……ブルブル)
でも、安能版のあれは超訳なんてレベルじゃない。
あれが訳なら、吉川英治の「三国志」も「三国志演義」の立派な翻訳だと言えるよ。

419 :イラストに騙された名無しさん:01/09/22 08:30
>>412
起爆剤になれれば・・・とは思うが、やってるチャンネル見れる奴が
俺の周りに一人もいねぇぞ。誰が見れるんだよー

結局、武侠小説を知ってるコアな連中がビデオ(出るかどうかも…)
借りて見るってのが関の山のような気がする。悲観的じゃが

420 :⊂ia⊃ ◆LInVeuR. :01/09/22 08:39
うお!よく見たら自己レスしてる・・・鬱

>>418
刷り込みかもしれないなぁ。
というか、アレしか選択の余地がなかったから・・・。
流行ってから(という言い方で良いのかな)出た封神本を読んだけど、
しっくりこなかった。
(ハッキリ言うと、おもしろくなかった)

>>419
やっぱり、深夜でも良いから地上波でやって欲しかった・・・。
アニメがおもしろかったとしても、気軽に「見てよ」って周りに言えない
のは厳しい。

421 :イラストに騙された名無しさん:01/09/22 17:59
>>420
>>ハッキリ言うと、おもしろくなかった
中国の古典小説なんてそんなもんです。当時はライトノベル扱いだったんだろうけど、
現代の日本人が読もうと思ったら、時代や文化の差を補完しないと面白みが解らない。
安能氏の功績は、そのなかでも特に背景の解りにくい『封神』を、一般読者が楽しめるように、
徹底的にアレンジして世に送り出したこと。
ただ、そのアレンジが翻訳の範疇を超えてたのと、そのわりに基礎的な誤訳が目立つため、
一部では功より罪の方が大きいと言われてるようです。

もっとも、>>228でも触れてる人がいるけど、金庸の和訳も原文を丸ごと移してるわけじゃない。
(つか、エンタテインメント翻訳でそんなことは技術的に不可能)
原書の面白さを100%味わいたければ、結局は言葉を勉強しないと駄目ってことですね。
このへんの議論は中国板の前スレでも一時盛り上がってたから、興味のある人は見てみれば?
ただし向こうは原文を読んでる層が中心だから、多少のネタバレは覚悟してね。

422 :イラストに騙された名無しさん:01/09/26 16:42
飛狐外伝の感想は出ないのか?

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)