5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おにぎりワッショイ!(in食べ物板) 2

1 :( ´∀`):01/09/02 11:07 ID:gOuVKIB2
新スレです。

前スレ http://salami.2ch.net/test/read.cgi?bbs=food&key=994251504

108 :もぐもぐ名無しさん :01/09/19 17:56
 /■\
 (´∀`)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (⊃▲⊂) >>105 直してみたよ。これでどうかな?わっしょい
       \_____________________________

109 :もぐもぐ名無しさん:01/09/19 18:13
 /■\
( ´∀`)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ⊃▲⊂) これでどーよ
     \_____________________________

110 :もぐもぐ名無しさん:01/09/19 18:16
 /■\
.( ´∀` )/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ⊃▲⊂) 鬱だ死のう
     \_____________________________

111 :もぐもぐ名無しさん:01/09/19 22:51
 /■\
 (´∀`)
 /■\
.( ´∀` )
どっちもいいぞ ワショーーイ

112 :ウトゥだった人:01/09/20 01:53
<<110
ずれが直ってる。うれしワショーイ!ワッショイ!ワッショイ!

113 :満腹:01/09/20 09:14
http://dabou.s1.xrea.com/swf/onigiri_motemote.htm

      

 /■\   これを観てマッタリしてるよ ワッショーイ♪
(ノ´∀`)ノ

114 :満腹:01/09/20 09:15
アァンちょっとズレちゃったわ いやぁん

115 :おにぎりわっしょい!:01/09/20 09:19

    二二(二二二二(二二二
      |      |
      .|      |
      |      |
      |      |
       | /■\ | ワショーイ♪
       |(´∀` )|
       ⊂    つ
        ( (  く_|
         し' し'
      ノノ

116 ::01/09/20 10:15
かわいいー

117 :(;´Д`) :01/09/21 08:08
|
|■\ 
|´∀`)  おにぎりワッショイ・・・
|  /
| /
|/
|

118 :うに:01/09/21 09:03
今、おにぎり久しぶりにツクテ食べたのでおにぎりワショイ

           おにぎりワッショイ!!
        \\  おにぎりワッショイ!! //
 +   +    \\ おにぎりワッショイ!!/+
                   +      +      +          +     +
  +   *            +
       /■\        /■\    /■\   /■\ + * ∩/■\     +
      ( ´∀`)   *  (, ´∀`)∩(´∀`∩) (,, ´∀`)     ヾ( ゚Д゚)
   + (( ( つ  ~つ )) (( (つ    ~ノ (つ  丿 (つ  つ ))   /   ⊃ )) +
 +    乂  ((⌒) )) + ヽ (⌒ノ  ,( ヽノ     ) ) )    0_ 〈
    +  (__) ̄      (_)U  し(_)    (_)_)      `J

119 :もぐもぐ名無しさん:01/09/21 10:47
麦ご飯でおにぎり作ったら
ぽろぽろ崩れちゃったよ・・
鬱堕死脳・・

120 :( ´∀`) :01/09/21 12:12
モナ板から転載です。

会社での残業を終えた俺は、暗い夜道を一人歩いていた。
時間はもう夜11時を回っていて、他に人影も無い。
いつもの道を、いつものように、アパートに向かってノロノロと歩く。
クタクタになった体は鉛のように重いが、いつもより、気分はいくらか軽い。
明日は久しぶりの休みだ。明日はゆっくりできるな…
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::∧_∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::ε-(・−・  彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::>   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::(∨‖∨ ))):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     


アパート近くの公園に差し掛かると、なにやら園内の木陰に見慣れないダンボール箱が置いてある。
公園と言っても、ベンチと砂場しかない小さな公園だ。誰かがゴミでも捨てていったんだろう。
疲れていたのでそのまま通り過ぎようとも思ったのだが、よく見ると中で何かがごそごそと動いている。
どうも様子がおかしい。

゙゙゙゙゙゙゙)  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙)   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙)  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
W/   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  _______________ ::::::::::::::::::: ∧_∧:::::::
|||||  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   |≡≡≡≡‖ ::::::::::::?(・д・  彡::
|||||           __________   /≡≡≡≡/| :::::::::::::   >   < :     
||||| (( /二二/|  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|  ‖ ̄ ̄ ̄‖  ::::::::::::  (∨‖∨ ):   
|||||  _|__:|/_  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/          
~~~~          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
             

121 :( ´∀`):01/09/21 12:13
気になって近づいてみると、狭い箱の中でワッショイが一匹、せっせと踊っていた。
ワッショイ、ワッショイ、ワッショイ
どうやら捨てワッショイらしい。しばらくじっと見ているが、飽きもせず、ずっと踊り続けている。
今朝はこんな箱、あったかどか気にもしなかったが、こいつは今までずっとここで踊っていたのか?

                                
         +   +              +    +

           + ワッショイ、ワッショイ、ワッショイ + 
       +               っ            +
                   ./■\ っ
              ___(´∀`∩) ___
            /|   (( (つ  ノ    /|
          /  |     ( ヽノ    /:: |    
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::/ 
          |                |/            
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「お前、疲れないのか?」ぽつりと呟いてみたが、当然、俺の言葉なんて理解できるわけも無い。
能天気な顔で俺の顔を見上げただけで、相変わらずせっせと踊っている。
ワッショイ、ワッショイ、ワッショイ
                              /ヽ     /ヽ
                             /  ヽ__/  ヽ   
                           ミ/           彡
                           ミ|    ●      彡
    +   +         +    + ミ|─          彡
                            \         /丶
      +      /■\      +    /\      /   ヽ
        ___ (  ´ー`)___      |  \   /      ヽ
      /|   (( (つ  つ    /|   :  |   \/
    /  |     ( ヽノ    / :::|  
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | : :/ 
    |               | /            
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

122 :( ´∀`):01/09/21 12:14
「お前、腹減らないのか?」俺の問いかけには、やはり反応しないが
俺がおもむろに、カバンから昼食に買ったホカ弁を取り出すと、ワッショイの動きがにわかに慌しくなる。
最近、疲労ですっかり食欲を無くしていて、大分残していたのを、勿体無いからと持ち帰っていたのだ。
「ほれ食べるか?」ウィンナーを一個、手でつまんで目の前に持っていってやる。
ワッショイ、ワッショイ
嬉しそうに口に含んだものの、どうやら気に入らないらしく吐き出してしまう。

                /                /
             :  (    l            :(    l
                \_/             \_/
               ::/ヽ )             /ヽ )
              /ヽ /            /ヽ /
         :/■ /ヽ /      /■\ :/ヽ / 
        (  ´)-(  /       (´Д` )(O /  
        (  つ           ○゚。゚  つ 
                       
               
肉は嫌いなんだろうか。ワッショイの好みはよくわからないので、仕方なく弁当ごと箱の中に入れてやると
ワッショイは素早くご飯に飛びつく。が、よく見ると食べようとしない。俺の顔を能天気な顔でじっと見上げると
オニギリワショーイ、オニギリワショーイ
妙な声で鳴きだした。…ひょっとしてこのご飯を、オニギリにしろって言うのか?




              /\                  
            /(((((l \                
           /\((((l[]◆\                        
         / /)\[]◇/ \   + +            + +
         |\@/) \/    \   + オニギリワショーイ  +
         | :\@ミ /       \     オニギリワショーイ
         \  \/:/■\     \
           \ \(  ´∀`)●   :/|
            \ (  つ))    /  |
              \) ) )   /  /
               l_)_) /  /     
                \  |  /
                  \|/

123 :( ´∀`):01/09/21 12:15
「悪いけど疲れてるんだ。オニギリにしなくたって食べれるだろ?」
段々面倒くさくなってきた俺は、そう言って立ち上がると、公園の出口の方へ向かって歩き出した。
ワッショイは慌てた様子で、ゴトゴトと箱を鳴らして踊っているようだが、
戻ってやる気力も無かったので、そのまま歩き続けた。
公園を立ち去るまでオニギリワショーイの声は止まなかった
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧_∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                               
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ     ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   < ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::              
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ̄ ̄ ̄ ̄)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::オニギリワショーイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                 
:::::オニギリワショーイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::(( /二二/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::_|__:|/_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ─┼─  __    二|二 ||   |  |    | ̄ ̄|    
   / |            │       /      __ノ    ・ ・ ・ ・ ・
         ̄ ̄ ̄                  

124 :( ´∀`):01/09/21 12:15
次の日、昼まで眠った俺は、昼食の買い物がてら公園に寄ってみた。
昨日と同じ場所にあの箱が置いてあったが、近くにはそれを覗きこむ老婆が一人。
よく見ると、俺のアパートの大家だ。皺くちゃの皮だけになった、ヒヒのような婆さん。
近づいてみると婆さんは俺に気づいたらしく、声をかけてきた。
「ああ、おはようさん。ちょっと、これ見てみ」



          ∧((__∧@
         (д)`゙ 彡)          
          ( |//  )     ∧_∧
 /二二/|               (д・   彡 ))
: |__:|/                 >   <
                     (∨‖∨ )




箱をあごで指すので、俺はそっと覗き込む。昨日見たワッショイがぐったりと横たわっている。
その周りには、昨日俺がやった弁当の中身が、干からびて箱の中に散乱していた。
「こりゃあ、駄目だわ。死んどるな」特に悲しんでいる様子もなく、婆さんは無感情につぶやく。
「でも、誰かが餌をやってくれたみたいだ…。」
俺はどう反応していいかわからなかったが、無意識のうちにそう呟いていた。
「そうやねえ。でもこの子等はオニギリじゃないと食べられんけえねえ。」
婆さんの言葉をぼんやりと聞きながら、俺は何も言わず、ただ黙って横たわるワッショイを見おろす。
顔だけは相変わらず能天気だ。目をつぶったまま、もうピクリとも動かないが。



              /\                  
            /   \                
           /\     \                        
         / /)\   /\
         |\@   \/    \ 
         | :\ミ   /       \  
         \  \/:         \
           \  \    ○    /|
            \  \      /  |
              \  \   /  /         ◆   ◇
                \  \/  /   /■\      
                 \  |  /   (┐ ´∀ミ)ミ
                   \|/     (つ  ミつミ  (((((l      / )
 ((((l                       ) ) ミ)ミ              @
        []                l_)_ミ)ミ
 ●                 
           []

125 :( ´∀`):01/09/21 12:16
「このままにしとけんし、埋めとかんといかんね」
「俺が…やりますよ。埋めておきます。シャベル、借りますよ。」
何故かカラカラに乾いた喉から、それだけ絞り出すと、俺はアパートの方へ歩き出す。
「そぅかぁ?それじゃあ頼むわ。シャベルはアパートの小屋の方にあるけえね。」
背中にかけられた婆さんの声が、やけに遠くから聞こえるような気がした
      

                       ∧(())∧@
                      (´д)`゙ 彡)
                      ( |//  )


                      /二二/|    
                      |__:|/                       
  ∧_∧
  。 。  彡
   −  <


シャベルを持ってくると、公園の隅っこの、土の柔らかそうな所に穴を掘った。
「あ、もうちょっと深く掘ってな、臭うとかなわんし」
横でじっと見ていた婆さんが言う。俺はただ無言のまま穴を掘り続けた。

  

                       /
                     /
                    (         |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ( /\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              /| \   /  /  /
            /  |   \/  /ヽ_/
           /   |       /
          /     |      \
         /     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
       |     /        /
       |             /
       |            /
       |          /
       |______/

126 :かわいいね:01/09/21 12:29


                               
         +   +              +    +

           + ワッショイ、ワッショイ、ワッショイ +
       +               っ            +
                   ./■\ っ
              ___(´∀`∩) ___
            /|   (( (つ  ノ    /|
          /  |     ( ヽノ    /:: |   
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::/
          |                |/           
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

127 :もぐもぐ名無しさん:01/09/22 13:49
     /■\
   ⊂(´∀` ) ツカマエタ!!
  / ̄ ⊂   )
 (^◇^|ヽ( 丿
 (    ) (_)
  ''ゝ'''ゝ''
ぴよぴよ
      /■\
  / ̄(´∀` ) ウフフ・・アッタカーイ!
  .| ^◇^) ⊂ )
 (   ,ゝ',) | |ワショーイダヨ
  ''ヽ'''ノ''(_(_)

128 :もぐもぐ名無しさん:01/09/23 04:44
>>120〜125 うぇーんかわいそすぎるぅ・・・何でモナー死なせちゃったのー!
>>121飽きもせず能天気な顔で相変わらず踊ってる>か、かわいすぎっ!
>>123ど〜しておにぎりにしてあげなかったのよぉーーーっっっ!!!鳴いてた
というのに!!!もう本気でかわいそーになってるんだけど!涙出そうだよどーしよ〜!(マジ)
私なら絶対即、家に連れて帰る、の、にーーー!!!!!モナーが家にいてくれたら、キャワイくてキャワイくて
溺愛しちゃうよ^▽^毎日おにぎり作ってあげて、一緒に遊ぶ♪どこへでも連れてっちゃうよ〜
ポケットやバッグに忍ばせて・・・自転車のカゴに乗せて・・・

129 :もぐもぐ名無しさん:01/09/23 09:15
>128
げえ、同じ女なのにこんな可愛い感想かけるなんて・・
純粋でいいなぁ。可愛い子なんだろうなぁ。
でも、私もおにぎりモナーがいたらソッコウポケット入れて
もって帰っちゃうなぁ。。
誰が考えた話か知らないけど、ちょっと寂しくナターヨ。

130 :コピペ:01/09/23 17:59
 数日経ったが、俺は、あのワッショイのことがしばらく忘れられなかった。
最後の暖かいワッショイに触れたときの感触が忘れられない。
あのさわさわした柔らかい体の感触が今でも指に残っている。
俺の指に今も残っている、最後の命の温もり…、か…

 ちゃんとおにぎりを握ってやるべきだったのかも知れない。
俺は、ワッショイがおにぎりしか食べれないことを薄々気づいていた。
あの時、ワッショイの命を奪ったのは、俺なのかもな…
だが、過ぎ去ったことだ…もう、永遠にあの瞬間に戻ることはできない。

ある日、昼休みに公園に行くと、モナーがいた。モナーは俺に話しかけてきた。

「ワショーイを見なかったモナ?」

 あのワッショイのことだな、と俺は直感した。

「数日前までいたけど、もう死んだよ」

 俺の答えを聞いたモナーは、とても悲しい顔になった。いつも2ちゃんねるで見
ているモナーとは思えなかった。
いつもマターリしている顔しか思い浮かばないのだから。

131 :コピペ:01/09/23 18:00
モナーが俺に聞いてきた。

「わかったモナ…。おはかはあるモナ?」

墓は作らなかった。
俺はモナーにそう言うと、ワッショイを埋めたところに連れていった。
すでに地も固まって、ワッショイを埋めた場所は判別し難くなっていた。
わずかに土が盛りあがった跡と俺の記憶を頼りにようやく見つけられる程に。

モナーは半分笑っているような、半分泣いているような顔だった。

「このワショーイは友達だったモナ。最近どこかに行っちゃって、探し
てたんだモナ」

 モナーは、片手に持っていたコンビニの袋を思い出したように触った。
おにぎりが入っている。

「このおにぎり、一緒に食べようと思って、持ってきたんだモナ。
でも…もう、一緒に食べられないモナ…」

 モナーは顔を覆って、シクシクと泣いた。
俺は、モナーの背中を撫でてやった。
抑えていた感情が漏れ出すような、溢れんばかりの水がコップから漏れ出すような、
嗚咽混じりの泣き声が聞こえる。
モナーは、いつものマターリ顔のまま、肩を振るわせ泣いていた。

132 :コピペ:01/09/23 18:01
「モナー…すまない。」
俺は胸を締めつけられる中、乾いた喉から謝罪の言葉を絞りだした。

「いいモナ…」
モナーは、いつものマターリ顔で答えた。
細い目からは涙がこぼれていた。

133 :コピペ:01/09/23 18:02
モナーが落ち着きを取り戻した後、俺とモナーはベンチに座った。

「食べるモナ?」

 モナーはコンビニの袋からワッショイにあげるはずのおにぎりを取り出した。
俺は、少し気が引けたが、モナーからおにぎりを受け取る。

「ありがとう…」

俺は、モナーに礼の言葉を言うと、おにぎりの袋をゆっくりと開けた。

「ワショーイはキミから餌を貰って嬉しかったモナ。」

「でも、おにぎりじゃないと食べれないんだろ。」

「いいモナ。ワショーイは誰からも餌を貰えなかったモナ。」

確かに俺が弁当を置く前に、誰かが餌をやった痕跡は無かった。

「キミのやさしさを最後に貰えて、ワショーイは嬉しかったと思うモナ。」

「…そうか」

「おにぎり、食べよモナ」

俺は、モナーと一緒におにぎりを食べた。
おにぎりを食べていると、あのワッショイのことが思い出され、
咀嚼するたびに涙が出てきた。

134 :コピペ:01/09/23 18:03
「ありがとうモナ」

 モナーは、俺に礼をいうと、公園から去っていった。
だが、俺は、何もしていない。 俺は、罪悪感に捕らわれていた。
俺があの時ワッショイにおにぎりを握ってやっていれば、
モナーは、あんな悲しい顔にはならなかった。

 俺は、ワッショイを埋めた場所に行き、手頃な板を見つけて、
「ワッショイのはか」と書いた。
これでワッショイのことを忘れずに済む。ここにワッショイが
いたことをここに来るすべての人が知ってくれる。

 俺は、公園から去る。おにぎりワッショイという声はもう聞こえなかった。
俺は振り返らずに、会社へ戻った。

 時計は昼休みが終わる時間を指していた。

135 :もぐもぐ名無しさん:01/09/23 18:53
 | 先生!おなかすきました!
 \__ __________
      V
    /■\∩
    ( ;´Д` )ノ ワッショーイ
  _(つ   ノ_
  \ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   ||\        \
   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||      ||

136 :もぐもぐ名無しさん:01/09/23 19:34
>134
ええ??
ちょ。ちょっとまって!
これでおしまい??

137 :( ´∀`):01/09/23 22:55
 | 先生! >>130-134は切な過ぎます!
 \__ __________
      V
    /■\∩
    ( ´∀`)ノ
  _(つ   ノ_
  \ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   ||\        \
   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||      ||

138 :もぐもぐ名無しさん:01/09/24 00:46
>>129 正直31才です 夢ぶち壊し?いん〜や幾つになっても純粋な心は
忘れないでいますヨ☆☆☆ モナーがおにぎりモナーを探していて一緒に食べよう
とおにぎりを持っていて、知らせを聞いて・・・悲しいですぅ。。。
モナーは友達思いなんだネ (それにしてもモナー語はカワユイ!)
続きがあるなら読みたいモナ。。。

139 :もぐもぐ名無しさん:01/09/24 02:20
http://isweb35.infoseek.co.jp/diary/kouki711/
 | 先生! 助けてください!
 \__ __________
      V
    /■\∩
    (;´∀`)ノ
  _(つ   ノ_
  \ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   ||\        \
   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||      ||

140 :最後はハッピーエンドにしてやる:01/09/24 10:02
あの日、モナーはワッショイの墓でわんわん泣いた。涙がぽたぽ
た墓の土にしみこんでいった。それを見ていたおにぎりの神様は
「こんなかわいいワッショイはまだ死ぬには早すぎる」と
モナーの涙を使って生き返らせることにしました。モナーが
立ち去ってからもモナーの涙はどんどん墓へしみこんでいく、
そしてその涙がワッショイに届いた時、奇跡は起きた。
土がむくむく盛り上がりワッショイワッショイと声が聞こえ
るではありませんか!ポコーン!と土から出てきてワッショイ
復活です。ワッショイワッショイ踊っています。その後
モナーと再会、今ではまた公園でモナーといっしょにワッショ
イしています。あなたの街の公園でワッショイとモナーが
ワッショイワッショイしてるかもしれませんよ?その時は
おにぎりを差し入れてあげてください。
今日もどこかでワッショイワッショイ、、    ワショーイ!
                      おしまい

141 :138:01/09/24 23:33
>>140わーい!ありがと〜ハッピーエンドにしてくれて!ワッショイは生き返った
のですね。。。よかった。。。 贅沢言えばハッピーエンドの絵も書いてくれると
もっと良かったモナ〜 
公園で見かけたら、おにぎりをあげます。。。

142 :餃子の正嗣は170ゑん:01/09/25 01:05
   | おにぎり温める?    |
   \_______ __/
     ____     ∨
    ∠ ___/|
    |≡≡| :.| .|  ∧□∧
  =|≡≡|○|/= (´∀` )=
  __ ∧ ∧__/■\_⊂)_
    (   ,,) (´∀` )
  ― /   |つ――――――
   ( _ ノ
  /U-U――――――――
   _∧____
 /         \
 |  たのんます!  |

143 :餃子の正嗣は170ゑん:01/09/25 01:05
     うぃ〜ん
     ____
    ∠ ___/|
    |≡≡| :.| .|  ∧□∧
  =|≡≡|○|/= (∀`  )=
  __ ∧ ∧______(____)_
    (   ,,)
  ― /   |つ――――――
   ( _ ノ
  /U-U――――――――

144 :餃子の正嗣は170ゑん:01/09/25 01:05
   \ チーン /
     ____
    ∠ ___/|
    |≡≡| :.| .|  ∧□∧
  =|≡≡|○|/= (∀`  )=
  __ ∧ ∧______(____)_
    (   ,,)
  ― /   |つ――――――
   ( _ ノ
  /U-U――――――――

145 :餃子の正嗣は170ゑん:01/09/25 01:07
  \ オニギリワッショイ!! /

    +  /■\  +
      (´∀`∩)
   ((  (つ  丿 ))  +
  +   ( ヽノ
     _し(_)_
    ∠ ___/|
  /| |≡| :.| .|  ∧□∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |∠ ̄|○|/= (´∀` ) < ヤパーリね
  |/ ∧∧_____(____)_ \_____
    (#゚Д゚)
  ― / つ つ ))―――――
   ( _ ノ
  /U-U――――――――

   _∧_____
 /           \
 |  昼飯返せゴルァ! |

146 :もぐもぐ名無しさん:01/09/26 08:08
 | おはようございまーす ワショーイ!
 \__ __________
      V
    /■\∩
    ( ´∀`)ノ
  _(つ   ノ_
  \ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   ||\        \
   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||      ||

147 :もぐもぐ名無しさん:01/09/26 09:50
<< 145 かわゆい!

148 :もぐもぐ名無しさん:01/09/26 11:42
         おにぎりワッショイ!!
     \\  おにぎりワッショイ!! //
 +   + \\ おにぎりワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´ー`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
       (_)し' し(_) (_)_)

149 :もぐもぐ名無しさん:01/09/26 19:00
            シュパーツ!!
            ┌---┐
           ⊂@==
          ξヽ(∀` )    /■\   /■\
オニギリ \  /■\  丿 )  (´∀` )  (´∀` )
 ポッポー! (´∀` )□∪□□─|∪∪ ̄|─|∪∪ ̄|
     /  ◎    ◎     ̄◎ ̄    ̄◎ ̄

150 :もぐもぐ名無しさん:01/09/26 21:39
>149
激(・∀・)イイ!!

151 :( ´∀`):01/09/26 22:33
>>149

(・∀・)ウヒャヒャ!

152 :コピペ:01/09/26 22:39
   ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`) <  ここにおにぎりがあります。
_ ( つ_ つ_ \____________
\        \
  \   △   \
   \        \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

オ-マーエーモーナー
   ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`) < おまじないをかけます。
_ ( つ_ つ_ \____________
\        \
  \   ■   \
   \        \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´)ー`)■ < はいっ、おにぎりが消えました〜。
__( つ_ つ   \____________
\        \      オオオオオーーー
  \       \                 ゴルァ!!ツマンネーゾ
   \        \        パチパチパチ   ∧_∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  オイシイカ!!          (     )

153 :もぐもぐ名無しさん:01/09/27 06:03
>>152
モナーの食べっぷりカワイーーーーー!!!
もうどーーーしよ!!ってくらいかわいいね!
モナーワッショイ

154 :もぐもぐ名無しさん:01/09/27 11:53
 | もうすぐお昼です! ワショーイ
 \__ __________
      V
    /■\∩
    ( ´∀`)ノ
  _(つ   ノ_
  \ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   ||\        \
   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||      ||

155 :これはちょっと・・・:01/09/27 22:05

                                         ワショーイ ワショーイ
             =≡ =≡  /■\        =≡  =≡ =≡ /■\   ∩
           =≡ =≡   ( ´∀`)<アハハハハマテヨー =≡ =≡ ( ´∀`)  | |
         =≡ =≡___/   /       =≡ =≡  ___|   |__| |
    =≡ =≡    /__       ̄ ̄ ̄ ̄つ =≡ =≡  | ___    ___|
  =≡  =≡   ⊂ /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄   =≡ =≡  .| |   |   |
     =≡  =≡   ./   /          =≡ =≡  | |   |   |___
   =≡  =≡    /      ̄ ̄\      =≡  =≡  ∪   |  ___ |
=≡   =≡    / / ̄ ̄ ̄ ̄) .)      =≡  =≡     |  |    | .|
 =≡ =≡    / /      / /       =≡  =≡   __|  |    |  |
  =≡ =≡ / /       (   ̄)     =≡ =≡   |⌒     .|    | |
 =≡ =≡  (   ̄)         ̄ ̄      =≡  =≡  | / ̄ ̄ ̄     (   ̄)
          ̄ ̄                 =≡ =≡   .レ            ̄ ̄

156 :もぐもぐ名無しさん:01/09/27 22:12
>155
お、恐ろしいです・・。
モナーに首はいらないモナー

157 :もぐもぐ名無しさん:01/09/28 00:41
>155かわいくなーい(涙
この体型はダメ
そっか、モナーは首がなかったんだね 今気付いたよ
それにしてもモナーワッショイはかわゆいの〜うぅぅ。。。。。。

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>132-133,
 >>174,>>187-189
 >>198-199,>>212,>>220 ">>>1shine!!! >>1shine!!! >>1shine!!! >>1shine!!! >>1shine!!
>>1shine!!! >&@顏/test/read.cgi/food/999396473/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)