5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

体にいい食べ物

1 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/27(水) 13:26
にんにく
キャベツ
大豆、ショウガ
にんじん、パセリ、明日葉、セロリ

たまねぎ、緑茶、うこん
全粒小麦、亜麻、玄米
オレンジ、レモン、グレープフルーツ
トマト、ナス、ピーマン
ブロッコリー、カリフラワー

マスクメロン、バジル、キュウリ、じゃがいも

2 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/27(水) 13:31
『 ピーマン 』

 ピーマンはその形からもわかるようにとうがらしの仲間です。代表的な緑黄色野菜
 であるピーマンには栄養もたっぷりです。カロチン、ビタミンCを多く含み、100g
 あたり80mg のビタミンCを含みます。緑色のピーマンが一番多く出回っていますが
 これはまだ果実が未熟なうちに収穫したものです。完熟させると、赤や黄色、オレ
 ンジのピーマンになります。完熟させたピーマンは未熟なものに比べてカロチンの
 含有量が高くなります。味も甘く、マイルドになるのでピーマンが苦手という方は
 完熟した赤いピーマンを召し上がってはいかがでしょうか?

3 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/27(水) 13:39
『 あずき 』

 お饅頭のあんやおぜんざい、これからの季節だとかき氷・・・和菓子に欠かせない
 お豆といえばあずき。あずきには良質のたんぱく質、ビタミンB1、B2、そして食物
 繊維がたっぷり含まれています。特に食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維を
 含むので満腹感が得られダイエット時に食べると食べ過ぎを防ぎ、便秘にも効果的
 です。また、あずきの皮には「 サポニン 」という成分が含まれ、血液をさらさら
 にする効果があります。

 

4 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/27(水) 13:48
体に悪い食べ物なんてアリマセン!
摂取量とそれぞれのバランスが大切!

5 : :2001/06/27(水) 13:58
体に悪そうな食べ物

牛丼、ハンバーガー、加工肉食品全般、牛乳、スナック菓子

6 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/27(水) 14:16
ラードで揚げたロースかつなんてのも身体に悪そう(好きだけど)

7 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/27(水) 14:33
あれ?

8 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/28(木) 16:30
『 キュウリ 』

 代表的な夏野菜のひとつ「キュウリ」の旬は6月〜8月です。
 みずみずしくしゃっきりとした歯ざわりはたっぷりと水分が含まれているからです。
 栄養成分のほとんどは水分で、ビタミンやミネラルはごくわずかしか含まれていま
 せん。しかし、水分が多く体を冷やす働きがあるので昔から民間療法に用いられて
 きました。また、キュウリに含まれる「イソクエルシトリン」は利尿効果があり、
 手足のむくみの解消や炎症を鎮めてくれます。急性の膀胱炎や二日酔いにも効果的
 です。栄養素を取り入れるというよりも、体の毒素を出してくれるのがキュウリの
 健康効果のようです。「アスコルビナーゼ」というビタミンCを破壊する酵素が含
 まれているので、サラダなどにするときは組み合わせに注意しましょう。

 

9 :もぐもぐ名無しさん:2001/06/29(金) 14:04
『 かぼちゃ 』

 風邪の予防のために冬に食べるイメージが強い「かぼちゃ」。一年中出まわって
 いますが、今がちょうど旬の夏野菜で、ほくほくとした甘みとその豊かな栄養は
 ヘルシーな野菜として人気です。かぼちゃのオレンジ色の色素であるカロチンは
 体内でビタミンAとなり、粘膜や皮膚の抵抗力を高めてくれます。この他かぼち
 ゃには、ビタミンB群、C、E、血圧の上昇を抑えるカリウム、食物繊維などが
 多く含まれています。

 さて、ここでおいしいかぼちゃの見分け方をお教えしましょう。かぼちゃは
 収穫時はでんぷんが多く、熟成が必要です。熟成してくると果肉の黄色が赤みを
 帯びてくるので、それを目安としてください。外見だけで見分けるには、ヘタの
 部分がコルク状になり、たてにひびが入っていて、皮が分厚く、ずっしり重いも
 のを選ぶと良いでしょう。

 

10 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/01(日) 14:48
『 なす 』

 代表的な夏野菜のひとつである「 なす 」の原産地はインド。夏の暑い気温を好む
 元気な野菜です。焼きなすに揚げなす、なすの漬物・・・比較的、調理法を選ば
 ず、他の食材とも相性のよいなすは夏になると食卓に欠かせない人気ものです。
 栄養成分をみてみると、主成分は水分と糖質。ビタミン類はあまり多く含まれて
 いません。しかし、なすの皮の紫の色素には「 アントシアニン 」や「 ポリフェ
 ノール 」を多く含んでおり、生体調節機能に優れています。また、発ガン物質
 の抑制効果が非常に高い野菜なのも見逃せません。しなびやすいので、ラップに
 包んで冷暗所に保存するようにします。また、5℃以下に冷やすと痛みやすいので
 冷やしすぎに注意しましょう。

11 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/01(日) 19:55
DHAとEPAは、青菜やマグロなど脂肪の多い魚に多く含まれています。
たとえばマグロには、100gあたり、DHAが2877mg、
EPAが1972mgも含まれています。
DHAとEPAを多く含み、
血液をサラサラにする効果がある魚と野菜をいくつか挙げてみます。
魚では、養殖マダイ、ハマチ、サバ、本マグロ(トロ)、
ウナギ、サンマ、マイワシ、ブリなど、
野菜では、ニンニク・ホウレンソウ・パセリ・ニラ・
ネギ・カブ・アサツキ・ニンジンなどです。
ちなみに、血栓を防ぐのには、魚と野菜を1対1の割合にして食べると、
最も良い効果があるといわれています。

12 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/02(月) 13:47
『 オクラ 』

 夏野菜には、暑さで参ってしまった体を元気にする栄養がいっぱいです。
 オクラもそんな野菜のひとつ。カロチン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、
 カリウム、食物繊維、ムチン(複合たんぱく質)などが多く含まれています。
 あのネバネバ物質は食物繊維とムチンによってつくられたもの。その繊維量は
 100gあたり4.9gもあるそうです。ムチンには、たんぱく質の消化吸収を助けるので
 肉を食べる時の付け合わせにオクラを使ってみるのも良いかもしれませんね。
 もちろん、夏バテで弱った胃腸の働きも助けてくれます。

 

13 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/03(火) 14:11
『 トマト 』

 トマトのあの赤い色は、リコピンという成分。トマトは他の野菜と違い、このリコ
 ピンを大量に含む点が最大の特長です。当初、リコピンは、β-カロチンと同じ
 カロチノイドの仲間でありながら、β-カロチンのようなビタミンAに変わると
 いった際立った長所がなかったために、重要な研究対象にはなりませんでした。
 ところが、近年、リコピンにはβ-カロチンの2倍、ビタミンEの100倍に相当する
 活性酸素の消去能力が認められ、ガン予防の健康食品として、にわかに注目を集め
 ました。この他、トマトにはビタミンCやカルシウムなども豊富に含まれています。
 夏の陽をたっぷりあびたトマトをたっぷり頂けば暑い日も元気が出るはず!

14 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/03(火) 16:14
おかゆ。

15 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/03(火) 16:36
1はアメリカの公的機関のなんだったかの分類だな。

16 :健康好き:2001/07/03(火) 16:47
>>12
サキュー!
食べてみるよ(*^。^*)
そういえばみんなうなぎ食べてスタミナ付けるって言ってるけど、
あれはあくまでスタミナの成分(名前忘れた)を取り込みやすくしてるだけ。
米などを一緒に取らないと効果ないよきを付けてね=うな丼など・・・・。

17 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/03(火) 18:44
サキュー!

18 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/03(火) 22:19
天一こってりスープ.

19 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/04(水) 01:47
ゴーヤ

20 :健康好き:2001/07/04(水) 09:04
サキューを流行らす!!
イッツサキューーーーーー!!!

21 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/05(木) 07:12
『 枝豆 』

 まだ若い大豆を枝ごと取って食用にすることからその名がついた枝豆。成長過程
 のその実には、大豆になるための栄養がぎゅっと蓄積されています。たんぱく質
 や大豆にはないビタミンCが多く、食物繊維やリノール酸も豊富に含まれ、しか
 も低カロリー。また、健康補助食として注目されている、リン脂質の一種である
 レシチンは、細胞が生まれ変わるために必要な酵素や栄養素をたっぷりと含む枝
 豆。10年後の健康のために、常食したいものです。
 枝豆といえば、夏のビールのお共に欠かせない存在。そのままおつまみに頂くの
 も最高ですが、たまには目先を変えて、お料理の主役にしてみては。
 

22 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/06(金) 13:54
『 にんじん 』

 緑黄色野菜の代表選手といえば、「にんじん」。疲労に効くビタミンB1、C、鉄、
 カルシウム、食物繊維も含まれ、栄養豊かな野菜です。中でも注目すべき栄養素は
 ”ビタミンA”。野菜の中では体の中でビタミンAに変換されるプロビタミンAは
 βカロチンとして存在していますが、そのβカロチンを最も多く含む野菜のひとつ
 です。目と肌の味方、ビタミンAはもともと、夜盲症を改善するビタミンとして
 発見され、動物の成長や視力には欠かせないビタミンです。
 昔、士官学校の試験で視力不足を指摘されたアメリカの青年が、にんじんジュース
 を数週間飲みつづけたことで試験をクリアしたという逸話もあるほど。私達もクリ
 アな視界を保つために、にんじんを積極的に頂きたいものです。

23 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/10(火) 22:32
『 わさび 』

 この季節、おいしいざるそばに欠かせないのが「わさび」。その殺菌・防腐効果か
 ら夏は大活躍、お刺身やお寿司などなまものを頂くときは特にありがたい存在です。
 しかし、わさびの効能はそれだけではありません。わさびにある「ベルオキシタ
 ーゼ」という酵素は、体内に侵入した異物のもつ毒素を解毒する作用があり、さら
 に染色体異常や放射線から体を保護する実験結果が報告されています。
 また、わさび漬けは酒粕の酵素との相乗効果で血小板の過度の凝集を抑え、動脈
 硬化を防いでくれるそうです。

24 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/10(火) 22:38
わさびの殺菌効果とか言うけどさ、刺身につける量くらいでは意味が無いらしいね。

25 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/11(水) 15:24
お酢系

26 :やらず屋:2001/07/11(水) 15:45
やっぱ豆腐でしょう。しかもにがりで作ったやつね。たまにGDL
で作ったやつあるけど、それは、酸性のソーダで作ったやつで、
あまりよろしくないですね。気よ付けよう。

27 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/12(木) 11:01
この板すごい奴がいるね。打つの大変そうだが。

28 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/12(木) 12:47
食品について書くのはいいが、議論したいんじゃないのか?

29 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/12(木) 15:09
『 にがうり(ゴーヤ) 』

 今や人気キャラクターのモチーフにもなっているにがうり。沖縄では「ゴーヤ」と
 呼ばれていて、こちらの名前のほうがなじみがある方も多いのでは?
 栄養面では、100g 中120mg のビタミンCを含みます。このビタミンは加熱しても
 壊れにくいため、調理して頂いても安心です。独特の苦味は「モモルデシン」とい
 う成分で食欲を増進させる効果があります。苦味が苦手な人はレモンをふりかけた
 り、塩を少々ふりかけるとやわらかい味で頂くことができます。

30 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/12(木) 15:25
トマトがいい

 7月も半ばになると夏本番! 暑さも本番・・・そろそろ夏バテの自覚症状が出て
 きた人もいるのでは? 夏の疲れや体力の低下には夏野菜がオススメ。トマトには
 果実に多く含まれるクエン酸やリンゴ酸などがたっぷり。またCを始めとする多く
 のビタミン類を含んでいるため、ヨーロッパでは「トマトが赤くなると、医者が青
 くなる」と言われています。トマトの独特の酸っぱさは胃を刺激し、胃液の分泌を
 促すので、食欲を増進させます。肉料理などと合わせれば、クエン酸が脂っこさを
 解消してくれて、食後もスッキリ!

31 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/12(木) 17:26
トマトは皮をむく食べ物です。

32 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/15(日) 21:14
『 とうもろこし 』

 中南米・メキシコのインディオが栽培を始めたという「とうもろこし」。日本では
 北海道が主な産地です。栄養的には大部分が炭水化物で、ビタミンB群とビタミンA
 も多く含み、各種ミネラルも含んでいます。また、胚から搾取するコーン油には
 不飽和脂肪酸が多く含まれており、コレステロールを下げる働きがあり、
 ビタミンEも多く含んでいます。とうもろこしは、収穫後一日で栄養や風味が
 落ちると言われていますので、新鮮なうちに茹でて冷凍保存するようにしましょう。

33 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/16(月) 14:20
『 うなぎ 』

 夏のスタミナ食といえば、「うなぎ」。今では夏の元気を養うために土用の丑の日
 にうなぎを食べる習慣がありますが、その始まりは江戸時代にとあるうなぎやが
 平賀源内に商売繁盛の秘訣をたずねたところ、お店に「土用の丑の日」という看板
 を下げるようアドバイスしたことからと言われています。ひょんなきっかけから
 夏のスタミナ食として普及しましたが、栄養豊かな食材であることも事実です。
 ビタミンB1、B2、A、たんぱく質、良質な脂肪を含み、さらにEPAやカルシウムも
 豊富に含まれます。疲労回復効果が高いうなぎを食べて、今年も夏を元気に乗り
 切りたいですね。ところで、家庭でうなぎをおいしく食べるコツをご紹介します。
 ポイントはふっくらやわらかに仕上がるように温めること。お酒を少々ふりかけて
 から温めればやわらかくなります。

34 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/19(木) 16:28
『 ほうれんそう 』

 緑黄色野菜の中でも、ミネラルの含有量、栄養価のバランスに長けているのがほう
 れん草。カロチンやビタミンC、鉄分が豊富です。中でも目を見張るのが鉄分の多
 さで、ほうれん草を 100g 食べると、一日に必要な1/3 量を摂取することができ、
 貧血気味の方には特にお勧めしたい野菜です。またカロチンやビタミンCには抗酸
 化作用があり、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの成人病を引き起こす原因となる
 過酸化脂質を抑制する効果があります。つまり、ほうれん草は成人病をダブルで防
 ぐ効果のある物質をたっぷり含む野菜といえます。ほうれん草には蓚酸(しゅうさ
 ん)が多く含まれるので、結石を引き起こすと言われますが、これは相当量を毎日
 食べない限り問題はありません。
 生活習慣病予防には、ほうれん草。血液をサラサラにしてくれる玉ねぎをプラス
 するとさらに効果倍増です。

35 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/19(木) 16:47
ミロを毎日飲んでますが、ミロはダメですか?

36 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/19(木) 19:59
>>35 とにかく続けてミロ!

37 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/19(木) 20:16
「ミルミル」は飲み続けてたらお腹こわした。
連続摂取記録1ヶ月

38 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 05:43
『 ゼリー 』

 暑い日はこってりと甘いお菓子よりも、ぷるるんと冷えたゼリーが食べたくなり
 ませんか? ゼリーを固める元であるゼラチンは、動物の骨や皮に含まれている
 たんぱく質の一種コラーゲンよりつくられています。このコラーゲンは皮膚の
 70%を構成する成分で、化粧品などでその美容効果を期待されていますが、カル
 シウム間の結合や骨の強度、柔軟性を保つ役割を担っています。この他、内臓や
 血管、目にもコラーゲンは必須の成分です。身体に欠かせないコラーゲンから作
 られるゼラチンにはトリプトファンを除く18種の必須アミノ酸が含まれ、また
 10 gあたり 34キロカロリーと低カロリー。夏の涼しいデザート「ゼリー」が
 隠れた健康食品だったなんてうれしい限りですね!

39 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 05:45
カボチャは、肺がん、食道がん、喉頭がん、膀胱がんなど多種類のがん
のリスクを下げることができるといわれます。特にタバコの害による肺が
んに効果をあらわすので、喫煙の習慣をやめられない人、周囲に喫煙者が
いる人は、カボチャやニンジンに代表される緑黄色野菜を努めて食べるこ
とが肝要です。
 カボチャは荒れた土地でも育ちます。しかも栄養的にも優れています。
でんぷん質に富み、甘味があって美味。江戸時代には飢饉のさいの救荒食
になりましたし、戦中、戦後の食料難の時期には代用食として、サツマイ
モとともに大事な役割を果たしてきました。
 カボチャの花は南瓜花(なんかか)といって、ス−プの具にするとおい
しく、その上、熱を下げる、下痢を治す、痰を去る、乳の出をよくするな
どの薬効があります。またカボチャで見逃してならないのは、種子です。
種子には動脈硬化を予防するリノ−ル酸が含まれています。日本では種子
を捨てるのがほとんどのようですが、種子だけではなく、綿の部分もぜひ
利用したいもの。綿には果肉の5倍ものカロチンがあります。綿のところ
は実といっしょに煮て食べたり、みそ汁の実にしてもおいしいものです。
また、種子にはタンパク質、ビタミンA、B群、Eなどが多く含まれてい
て、高血圧や、前立腺肥大の予防にも効果があります。
 カボチャが糖尿病に効能があるのは、カロチンが多く、カロリ−が少な
いので、肝臓や膵臓の負担が軽いこと、また、カボチャとコンブと小豆を
いっしょに煮て常食すると膵臓の機能が強化されて、インシュリンの分泌
が促されるといわれています。
 カボチャの中でも,特に色の濃い栗カボチャがよいといわれるのは、色
の濃い物ほどビタミンAのもとになるカロチンが多く含まれているからで
す。
 表面につやがなく、ひび割れしているものが完熟品で、カロチンも豊富
です。ずっしりと重く、ふっくらした形のものがよく、切ったものを買う
ときは、赤みの濃いものほど完熟度が高い。

40 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 05:48
ショウガ!
新陳代謝が良くなって、脂肪が燃えるし体に良いよ。

41 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 09:51
りんご

42 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 10:33
ごま

43 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 10:44
マンゴー

44 : :2001/07/24(火) 10:46
冷凍バナナ

45 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 13:30
>>44
負け!

46 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 13:43
なんか勉強になった。
文章も読みやすくていいね。
続けて欲しいです。

47 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/24(火) 13:45
『 イカ 』

 イカは低カロリー&高タンパクな食品のひとつで、その他タウリン、DHA、EPAなど
 有用な成分が含まれている健康食品です。「タウリン」はアミノ酸の一種で疲労
 回復・強壮作用・コレステロール値の低下などの効用があるのはご存知のとおり。
 DHA(ドコサヘキサエン酸)は頭の働きをよくし、EPA(エイコサペンタエン酸)は
 血液をキレイにする働きがあります。その淡白な味からは想像できないくらい栄養
 たっぷりの「イカ」をもっと毎日のメニューに取り込む工夫をしたいものですね。

48 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/25(水) 17:29
カルボーン

49 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/28(土) 20:44
『 にんにく 』

 スタミナ食品としてすぐに思いつくのが「にんにく」。その強壮効果はご存知の
 とおりで、夏バテが気になる人はガーリック料理で精をつけたいものです。
 主成分である「アリシン」はビタミンB1と結合して神経症や疲労回復にも効果が
 あります。ビタミンB1が多く含まれる夏野菜や豚肉の料理ににんにくを調味料と
 して加えると、さらに効果が期待できるというわけです。
 また、「サチバミン複合体」には体力・肝機能・精力の増進に効果があり、血圧
 を正常にする働きがあります。私たちを元気にしてくれるにんにくですが、食べ
 過ぎには注意が必要です。一日の所要量は一片が目安で、胃腸への刺激が強いので
 体調が悪いときは控えめにするようにしましょう。

50 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/29(日) 16:49
※ミネラルの種類は?※
一般的なミネラル類の代表として、カルシウムやマグネシウムなどが
あげられます。また他の重要なミネラル類として、亜鉛、クロム、マンガン、
セレン等、主要ミネラルから微量ミネラルまで、色々な種類が上げられます。

※これらの効能は?どんな食品に含まれているの?※
カルシウム:歯・骨の形成維持、心臓の規則的鼓動の維持、
不眠症を和らげる
(牛乳などの乳製品、大豆などの豆類に多く含まれる)

マグネシウム:循環系の働きを正常に保ち、心臓発作などの予防
神経の高揚をおさえ、不安・不眠の解消に役立つ。
カルシウムとの組み合わせで、自然の安定剤として働く。
(穀類や豆類、バナナなどに多く含まれる)

亜鉛 :遺伝子やたんぱく質の合成に働く。また老化を早める活性酸素
の働きを消す酵素の働きを助ける。味覚異常を防ぐ。
(魚介類 牡蠣、レバー、小麦胚芽、牛乳等に多く含まれる)

クロム :インシュリンと一緒に糖代謝を行う。高血圧予防や糖尿病の
予防の働きがある。
(玄米、ひじき、小麦胚芽、ビール酵母などに多く含まれる)

マンガン :疲労をとる働きがあり筋肉の反射を助ける。また記憶力を高め
神経のイライラを和らげる働きがある。
(玄米、ナッツ類、緑色野菜など)

セレン :ビタミンEと共に抗酸化物質であり、酸化による老化防止、
組織の 硬化を防ぐ働きがある。(動脈硬化など)
(魚介類、レバー、ブロッコリー、小麦胚芽などに多く含まれる)

※これらのミネラル類が不足する事で起こる障害は?※
カルシウム不足で起こる障害としては、骨粗しょう症や骨折し易くなる、
イライラがたまるなど、 マグネシウム不足で起こる障害としては、疲労が
たまり易い、高血圧になりやすいなどが上げられます。

こういったミネラル類は、体の中で自然と造られるものではありません。
ですから、毎日のしっかりとした食事から摂取する事になります。

51 :たると:2001/07/29(日) 20:13
注意しなければ、いけないのは、
コレステロールを必要以上に敬遠してはいけないと言う事にゃーの。
血栓症や、ガンになっちゃうにゃーの。

52 :ずんびぃ。:2001/07/30(月) 04:37
ドブ川の水を手ですくって、有りがたくいただきなさい。
ああ〜んまい ふぁ〜うまいべら。 えへらべらぼ〜!!!!!!

53 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/30(月) 07:11
『 イワシ 』

 イワシをはじめとする青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコ
 サペンタエン酸)といった多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。DHAは
 血栓の予防に効果があり、とくに脳の血流をよくしてくれます。EPAは血液中の
 血小板の凝集を抑制するので血液粘性を低下させ、コレステロール値も低くなりま
 す。これらの成分は人や動物の体内では作れない物質なので、青魚をバランスよく
 摂りましょう。
 イワシにオリーブオイルを加えれば、さらに血液サラサラ効果が倍増! オリーブ
 オイルに含まれているリノール酸やリノレン酸がコレステロール値を下げて動脈
 硬化の予防に効果があります。

54 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/31(火) 07:08
食事からとる1日のコレステロールは、500〜600mgが適正量と言われて
います。ただし、コレステロール値が高めの人は、1日300mg以下にお
さえるようにしたいもの。
そのためには、コレステロールが多い食品を食べ過ぎないことが大切
です。コレステロールは、たまごや魚肉類(特に内蔵)の脂肪に多く
含まれています。
≪コレステロールが多い食品の例≫
・卵黄(1個分)286mg ・うなぎ(50g)120mg
・いか刺し(50g)150mg ・鶏レバー(50g)185mg
・すじこ(15g)76.5mg ・バター(10g)21mg
・するめいか(1/4枚程度)245mg ・カステラ(50g)95mg
これを見ても分かるように、たまごはコレステロールが多い食品の代表
的存在。ならば、たまごなんて止めてしまえ、と思う人もいるかもしれ
ませんが、たまごには良質のたんぱく質やビタミンA、B2が豊富に含ま
れており、できれば1日1個は食べたいところ。どうしてもコレステロー
ルが気になるという人は、うずらのたまご(5〜6個で鶏卵1個分)で調
節してみてはいかがでしょうか。
また、コレステロールはとかく悪者として扱われがちですが、細胞膜や
ホルモンの材料になるなど、身体にとって重要なものでもあります。
不足すると血管壁に障害が起こるなどのトラブルのもとになるので、
とり過ぎも問題ですが、極端にコレステロールの摂取をひかえ過ぎて
不足状態に陥らないよう気をつけましょう。

食物繊維をとろう!

食物繊維には、小腸内でコレステロールが原料となっている「胆汁酸」
を吸着して、再吸収される量を減らし、血液中のコレステロールを下げ
るはたらきがあるので、意識してとるようにしてみましょう。
食物繊維は野菜や豆類、海藻などに多く含まれています。
ヒジキと大豆の煮物や根菜類の煮物なんて、まさにオススメ!

55 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/31(火) 20:33
味噌の主成分は水分・炭水化物・タンパク質・脂質・灰分で、その他にもビタミンや
ミネラルも含まれています。
味噌は栄養豊富な食品であり味噌は我々の食卓に欠かせない食品の1つです。

【味噌に含まれる栄養素】
・タンパク質:コレステロールの低下・血管の弾力性を保持し脳卒中を防止します
・ビタミンB2:体内の酸化還元を促進します
・ビタミンB12:造血作用や神経疲労を防止します
・ビタミンE:過酸化脂質の生成を防止し老化を防止します
・酵素:胃の消化を助けます
・サポニン:過酸化脂質の生成防止・血中コレステロールの低下
      動脈硬化の防止・肝障害の防止
・トリプシンインヒビター:抗ガン作用があり糖尿病を防止します
・イソフラボン:酸化防止、肩こりを解消します
・レシチン:コレステロールの低下、動脈硬化の予防、ボケ防止
・コリン:脂肪肝の防止、老化防止
・プロスタグラディンE:高血圧症の防止
・褐色色素:過酸化脂質の生成防止、老化防止
・食物繊維:コレステロールの低下、大腸ガンの予防

56 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/31(火) 20:34
味噌の主原料である大豆のタンパク質は、質的には非常に優れている反面、
「煮たり」「煎ったり」という通常の調理方法では消化吸収が悪いという欠点が
あります。
しかし、大豆を味噌に製造すると、この大豆タンパク質が酵素によって加水分解
され、約60%が水分に溶け約30%がアミノ酸になっています。
また、炭水化物もブドウ糖化しています。
私達の体内における消化作用も消化液に含まれる酵素による分解作用です。
つまり、大豆を味噌という形で摂取することは、タンパク質をより消化しやすい
状態で取り込むことになります。従って味噌は大豆そのものを摂取するよりも、
栄養素の消化吸収率が高くなるのです。

【味噌の機能性】
・ガンの予防・防止効果
・胃潰瘍の防止効果
・老化防止効果
・消化吸収促進作用
・毒素分解作用
・美容効果
・タバコの害を防止
・整腸作用効果
・放射性物質除去

味噌汁を毎日飲む人ほど胃ガンによる死亡率が低くなると言うデータが発表
されています。
男性の場合、毎日味噌汁を飲む人は全く味噌汁を飲まない人と比較して
胃ガンによる死亡率が約33%も低いと報告されています。
味噌の中には酵素や酵母の働きにより、脂肪酸エチルという物質ができています。
この脂肪酸エチルがガンを引き起こす物質の力を失効させます。
この他にも、味噌の酵母や乳酸菌、麹菌などに変異原性物質を除去する効果が
あることがわかっています。
それ以外にも大豆のタンパク質やフラポノイドがガンに有効なのではないか?
という意見も数多くあります。

57 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/31(火) 20:39
『 キウイ 』

 南国を思わせるフルーツ、キウイ。キウイと言えば、ニュージーランドを思い出す
 人が多いと思いますが、意外にも中国が原産の果物です。
 キウイの栄養をみてみると、ビタミンCがみかんの約2倍、ビタミンE、カリウム、
 食物繊維も豊富で、美容や疲労回復に効果があります。日焼けが気になる夏のお肌
 のためにビタミンCたっぷりのキウイを積極的に食べたいものです。
 味と栄養だけでなく、保存がきくのもキウイの魅力です。果物の保存期間は短いも
 のが多いですが、キウイは家庭の冷蔵庫でも 3〜4ヶ月くらい持ちます。本格的に
 冷蔵すれば半年も持ちます。なんだかうれしいことですね。

58 :もぐもぐ名無しさん:2001/07/31(火) 20:53
ここコピーしよっと。

59 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/01(水) 03:32
たばこを食え!

60 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/02(木) 16:15
『 モロヘイヤ 』

 エジプトが原産の野菜「モロヘイヤ」はエジプトが原産の野菜なので、日本では
 夏場に収穫される緑黄色野菜です。ビタミンやミネラルを豊富に含み、カロチンは
 ほうれん草の約3倍、カルシウムはブロッコリーの約5倍、ビタミンCはみかんの
 約2倍含まれています。また、毛細血管を強化するルチン(ビタミンP)も豊富に
 含まれ、ビタミンCとの相乗効果で血管の老化を最小限に食い止めてくれます。

61 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/02(木) 16:22
『 いんげん 』

 いんげん豆には食物繊維のほかカルシウムも豊富で、骨の老化が心配されるお年寄
 りや成長期の子供にもおすすめ。その他、ビタミンB1、B2、たんぱく質、鉄、カリ
 ウムなどが含まれています。中国では菜豆(さいとう)とも呼ばれ、『本草網目』
 によると、「気を下し、五臓を補い、嘔吐を直し、久しく服すれば頭髪が白くなら
 ぬ」と記されています。また、糖の吸収速度を穏やかにし、急激な血糖値の上昇を
 抑制し、コレステロールの吸収を抑える効果も。腸の活動を活発にして、便、発ガ
 ン性物質、腸内の有害な物質を速やかに体外に排出し、体を元気にしてくれるパワ
 フルな食材です。

62 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/04(土) 06:48
☆干し椎茸のほうが栄養価が高い

椎茸は単に味がいいだけでなく、栄養価の高いことでも知られていますよね。
しかも、生より干したもののほうが、栄養価があるんです。
椎茸には良質の蛋白質が約20%あり、カリウムや燐酸などあらゆるミネラルを含
み、その他、ビタミンB1、B2、B6なども持っているんです。ことに、日光
に照らされると紫外線の作用でビタミンDに変わる、エルゴステリンという物質
を大量に含んでいますので、乾燥椎茸のほうが生のものより遥かに栄養価が高い
んです。
現在、椎茸の多くは人口栽培で作られていますが、火力による人口乾燥のもの
ではなく、日光による自然乾燥のものを選んで使うようにしたいものですね。

63 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/06(月) 14:01
【鉄分を多く含む食品】
・煮干し、レバー、しじみ、ヤツメウナギ、アユ、アサリ、卵、サバ
・焼き海苔、ごま、切り干し大根、大豆、豆腐、パセリ、湯葉、ほうれん草

64 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/08(水) 13:54
『 キムチ 』

 韓国料理=スタミナのイメージですが、韓国料理の代表キムチはまさにスタミナ
 のもと。豊富なビタミンをはじめ様々な栄養がつまった総合保養食品です。キムチ
 の主な副材料の唐辛子には、胃液の分泌促進、消化を助けるカプサイシンが多く、
 ビタミンAとCの含有量も多いため、抗酸化作用を通じて老化を抑制します。
 また。にんにくに含まれているスコルジニンにはスタミナの増進効果があり、アリ
 シン成分は、ビタミンB1の吸収を促進して生理代謝を活性化する効果を持ってい
 るので、キムチを食べれば疲れ知らず、というわけです。

65 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/13(月) 21:56
『 オカヒジキ 』

 海のヒジキに似ているところから、この名前がついた「オカヒジキ」。
 同じく海草のミルにも似ているので「みる菜」とも言われています。
 若い茎葉を食べますが、しゃきしゃきとした歯ざわりが魅力です。ビタミンA、
 カルシウム、カリウム、鉄分などを豊富に含む健康野菜です。栄養野菜として
 おなじみのほうれん草と比べると、ほぼ同量のビタミンAが含まれています。
 たっぷりのお湯でさっとゆでて、おひたしや和えもの、酢のものなどにするとおい
 しく頂けます。シャキシャキとした食感と鮮やかな色を損なわないよう、ゆですぎ
 に注意しましょう。

66 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/14(火) 14:17
『 タコ 』

 プリプリとした食感のタコは一年中おいしく食べられるシーフードです。
 その種類はなんと200以上と言われ、世界中の海でとれますが、地中海諸国を除い
 た欧米ではタコを食べる習慣があまりないそうです。
 脂肪分が少ないタコは低カロリーで消化に時間がかかるので、ダイエットに最適な
 食品です。タウリンを多く含むので、血液中のコレステロールを下げ、血圧を正常
 化する働きがあります。

67 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/16(木) 17:13
『 すもも 』

 すももには中国が原産のニホンスモモ、プル−ンが含まれるヨーロッパスモモ、
 アメリカスモモなどの種類があります。ミラクルフルーツと呼ばれるプル−ンが
 体によいことは有名ですが、他のスモモにも食物繊維、糖質、ミネラルが含まれ
 疲労回復・食欲増進につながり、夏バテにぴったりのフルーツです。
 食物繊維が多く含まれるので便秘・整腸作用がありますが、一度に多く食べ過ぎる
 と効きすぎますのでご注意を。

68 :もぐもぐ名無しさん:2001/08/23(木) 17:28
『 なし 』

 幸水、豊水、二十世紀などの日本梨は皮の色で赤梨、青梨に分けられます。
 どの品種にも言えることですが、果皮に張りがあり傷のないもの、果柄(ツル)が
 ピンとしているものが良質です。青々としたものより少し黄色いほうが熟していて
 甘さがあります。
 なしには水分がたっぷりと含まれ、体を冷やす働きがあります。熱を下げ、のどの
 渇きや痛みを鎮め、便通もよくなると言われています。

69 :もぐもぐ名無しさん:01/08/26 22:21 ID:eoRhjsi.
『 たまねぎ 』   

 赤玉ねぎ、葉玉ねぎ、白玉ねぎ、黄玉ねぎ・・・玉ねぎの種類はいろいろあります
 が、私たちがよく目にしている玉ねぎは「黄玉ねぎ」です。
 疲労・食欲不振・不眠・精神安定に効果があります。スタミナ食として食べるなら
 生食がおすすめです。独特の臭いと辛みは「硫化アリル」という成分で、消化を
 助け、新陳代謝を盛んにします。
 調理の際に涙が出ないようにするには、繊維をつぶさないように切ることです。
 玉ねぎをよく冷やしてから、よく切れる包丁で切ります。

70 :もぐもぐ名無しさん:01/08/31 22:02 ID:wWOVE0O.
good

71 :名無しさん:01/09/04 23:34 ID:A5q1ilrk
犬肉

72 :もぐもぐ名無しさん:01/09/06 19:44 ID:CzviJokU

 『 しそ 』

 薬味として登場することが多いシソですが、実は主役を張れるほど栄養価は抜群に
 高く、ガン予防の効果で知られるβカロチンが極めて豊富で、ビタミンA効力は、
 かぼちゃの10倍に匹敵します。特有の芳香はベリルアルデヒドと呼ばれ、強い防腐
 作用と食中毒の予防、食欲増進、胃を丈夫にするなどの効果もあります。近年注目
 されているのは、青ジソの成分に免疫力を強化する生体調節機能があること。風邪
 の予防に効き目があることがからも分かるように、常食すれば元気いっぱいになる
 食材です。

73 :もぐもぐ名無しさん:01/09/12 06:29
 

74 :もぐもぐ名無しさん:01/09/13 21:42

 マグロのお刺身・・・マグロには魚に最も多いアミノ酸のひとつで
あるヒスチジンが含まれています。摂取すると脳で満腹感をもたら
すヒスタミンという物質に変化します。
ストレスでついドカ食いしてしまう方はヒスチジンの多い食事に
気を使ってみましょう。

 納豆・・・・納豆はその臭さから少し敬遠される方もいらっしゃる
と思いますが立派な健康食品です。納豆はご存知のとうり大豆から
作られます。大豆にはポリフェノールの1つであるイソフラボンが
多く含まれています。納豆1パック分ほどのイソフラボンでストレ
スホルモンを軽減する効果を得ることができます。

 ワカメのお味噌汁・・・・海草であるワカメには多くのミネラルが
含まれています。特にストレスによって消耗されるマグネシウムな
ども含まれておりまたいろいろな食材を使うことによって色々なバ
リエージョンが広がり季節感も楽しめると思います。

 お米・・・・特に発芽玄米。発芽玄米には興奮を抑えるアミノ酸GA
BAが含まれています。ギャバは脳の中で興奮を抑える神経伝達物質
として働くアミノ酸です。最近ではいろいろな種類のお米を購入する
ことができるようになりました。1度試してみてはいかがでしょう。

 お茶・・・お茶は和食には欠かせない物!緑茶に含まれるテアニンは
お茶のうまみ成分であるアミノ酸の1種。脳をリラックスさせる効果
が高いのです


75 :もぐもぐ名無しさん:01/09/16 19:34
『 ぶどう 』

 黄緑色のマスカット、赤紫色のキャンベル、巨峰・・・ぶどうにも様々な種類が
 ありますが、どのぶどうも甘みの元となっているのは「ぶどう糖」「果糖」です。
 「ぶどう糖」は体の中ですぐにエネルギーとなるので疲労回復・病中病後の栄養
 補給に最適です。また「カリウム」が含まれるので高血圧を防止し、利尿作用や
 むくみをとるのに効果があります。干しぶどうにすると、鉄分が増えるので貧血に
 効果があります。
 これからがぶどうのおいしい季節! ここでぶどうのおいしい見分け方をご紹介。
 果皮に張りがあり、傷のないもの、粒がこぼれ落ちていないもの、試食をするとき
 は房の下のほうが酸味が強いので、この部分が甘ければ間違いありません。

76 :もぐもぐ名無しさん:01/09/19 13:33
『 さんま 』

 やってきました! 秋の味覚「さんま」のおいしい季節が!!
 さんまは江戸時代から、高い効用があることで知られ、「医者いらず」の別名も
 あったほど。人間に必要な必須アミノ酸が多量に含まれているので、虚弱体質の方
 は普段から常食することをおすすめします。ビタミンB群も豊富で、中でもビタ
 ミンB12は、貧血を緩和する効果が高く、妊娠中の方にも最適です。また不飽和
 脂肪酸のDHAやEPAも含まれているので脳の働きを活発にし、老人性痴呆症の予防
 や心臓病に効果があります。通常は取り除いてしまうさんまのはらわたには、胃腸
 病の予防に効くビタミンAがたっぷり含まれているので、新鮮なさんまが手に入った
 ら、ぜひ召し上がってみて!

77 :もぐもぐ名無しさん:01/09/20 14:42
『 柿 』

 日本を代表する果物、「柿」。あの甘い味から想像できないのですが、意外にも
 ビタミンCが多く含まれています。その他、ビタミンB1、B2、カロチン、
 タンニン、カリウムなどを多く含み栄養価に富んだ果物です。
 ビタミンCとタンニンが体の中のアルコール分を外に排出する作用があり、利尿
 作用のあるカリウムを多く含むため、二日酔いに柿を食べるとよいと言われていま
 す。果肉にはタンニンが含まれるので渋みがありますが、熟すと渋みがなくなる
 ものを甘柿、熟しても渋みがぬけないものを渋柿といいます。ただし、渋柿でも
 出荷されるものは渋をぬいてあるので、食べるときに渋みの心配はありません。

78 :もぐもぐ名無しさん:01/09/21 13:59
『 栗 』

 栗はブナ科の落葉樹で、私たちが実として食べている部分は厳密にいえば種の部分
 になります。
 主成分はデンプンで、糖質が高く甘味があります。ビタミンB1、Cを多く含み栄養
 豊かです。カルシウムやカリウムも多く含むので筋肉や骨を丈夫にし、血流を良く
 する働きがあります。
 厚みとつやがあるものが良い栗なので、手で持って重たいものを買い求めるように
 しましょう。

79 :もぐもぐ名無しさん:01/09/26 14:27
『 えび 』

 えびは低カロリー高タンパクの健康食品。中でも遊離アミノ酸の一種である
 「タウリン」が豊富で血中コレステロールの量を抑制し、疲労回復や視力回復
 に効果的です。デスクワークが多い人、とくに毎日パソコンとにらめっこしている
 ような人はえびをたくさん摂りましょう。調理が面倒だという人は、乾燥の桜えび
 をお味噌汁や酢のものに入れるなど、日々食べるようにしたいものです。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)